美容師から転職を成功させるには?おすすめの職種や履歴書の書き方を解説!

美容師から転職を成功させるには?おすすめの職種や履歴書の書き方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 美容師から転職するなら、ウェディングスタッフや美容部員などがおすすめ
  • 美容師から転職したい主な理由には、長時間労働や身体的負担などがある
  • 美容師から転職する際は仕事で培ったコミュニケーション能力が活かせる
  • 美容師から転職するときに経験を活かせる仕事や業界は豊富にある

美容師から転職したいと考えているものの、「どのような仕事が合っているかわからない」「無事に転職を成功させられるか不安…」という方もいるでしょう。美容師として働いた経験は、多様な仕事で活かせます。このコラムでは、美容師から転職する際におすすめの職種を紹介。転職活動を成功させるためのコツや履歴書の書き方についてもまとめました。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

美容師から転職するなら?おすすめの職種19選

ここでは、美容師から転職する方がその経験やスキルを活かして働ける転職先を紹介します。ブライダル業界やメイクアップアーティストなどの美容業界にくわえ、IT系の業界など美容師から転職して活躍できる場は多様です。

1.ウエディングスタッフ

元美容師の人が結婚式場の美容スタッフに転職して活躍することは多いでしょう。新婦の支度だけでなく、招待客の着付けやヘアセット、成人式の準備を行うこともあるようです。

2.ネイリスト

ネイルサロンで働くネイリストの仕事では、美容師同様にお客さまとの会話の中から好みやライフスタイルを聞き出し、カラーやデザインを提案します。美容師でも必要とされるコミュニケーション能力が重視されるため、美容師から転職すれば経験を活かせるでしょう。

3.アイリスト

アイリストの仕事では、美容師と同様にお客さまとのコミュニケーションから好みや要望を聞き出す必要があります。顔の中でも繊細なパーツである目元をケアする仕事であるため、美容の知識をさらに深めたい方におすすめです。美容師と比較すると認知度は低い傾向にありますが、若年層を中心に需要が高まっている職業といえます。

4.メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの主な仕事は、雑誌やテレビなどのメディアやファッションショーなどのイベントでヘアメイクをすることです。経験やスキルを活かしやすいため、美容師から転職する仕事としておすすめです。作品づくりに関わる仕事なので、ほかのスタッフとのコミュニケーションが重要となり、臨機応変な対応や要望に応えられる高い技術が求められます。

5.美容部員

美容部員は、百貨店やドラッグストアなど店頭でお客さまの悩みに合った商品を提案し販売する仕事です。その場で実際にお客さまに対してメイクすることもあるため、美容師の仕事で身につけた対応力や提案力が活かせます。

6.アパレルの販売員

アパレル販売員の仕事は、来店したお客さまの好みや理想のファッションを聞き出しながら、商品を提案する仕事です。店内レイアウトの提案など、接客以外の場面でも提案力が求められるでしょう。また、経験を積むと売上管理や従業員のシフト調整など、店舗運営のためのマネジメント能力も求められます。

7.ホテルスタッフ

ホテルスタッフの仕事は多くの部門で構成されており、業務内容は多岐にわたります。宿泊客からの多様な要望に対して、臨機応変な対応が求められるため忍耐力が必要になるでしょう。どの部門でも宿泊客への配慮が常に求められるため、美容師から転職すれば仕事で身につけた対人能力が活かせます。

8.飲食店

飲食店のホールスタッフの仕事では、複数のお客さまの要望に一度に対応する必要があるため、臨機応変な対応が必要となります。おすすめのメニューを聞かれたり、料理に対して質問されたりすることもあるため、美容師の仕事で培ったコミュニケーション能力や提案力、対人能力など複数のスキルを活かせます。

9.アミューズメント施設のスタッフ

アミューズメント施設のスタッフの仕事は、接客がメインになるためコミュニケーション能力や対人能力が求められます。美容師から転職すれば、これまでの経験を活かせるのでおすすめです。一方接客だけでなく、清掃やトラブル対応、品出しなど複数の仕事をこなさなければならないことも多いため、忍耐力が必要になるでしょう。

10.美容ディーラーの営業職

美容ディーラーの営業の仕事は、美容室で使用される美容商品を提案する仕事です。美容師の希望に沿う商品を幅広い候補の中から提案する必要があるため、美容の知識や提案力が必要となります。また美容室が取引先となるため、美容師の経験が活かせる仕事といえるでしょう。

11.美容メーカーの営業

美容メーカーの営業職では、自社製品の販売範囲を拡大するために小売店に対して提案する仕事です。各小売店の本部への営業や各店舗でのディスプレイの提案など、実際に訪問する機会が多いため忍耐力や対人能力が求められます。美容師としての美容に関する知識も活かせるでしょう。

12.Webデザイナー

Webデザイナーは、Web広告やバナーをデザインする仕事です。デザインの技術だけでなく希望に合うWebデザインを提供する必要があるため、取引先とのコミュニケーションは必須になります。異業種ではありますが、美容師から転職する方の能力を活かせるでしょう。

13.Webプログラマー

Webプログラマーは、アプリやサイトの作成のためにプログラミングする仕事です。個々のスキルを求められるため、美容師と同様にスキルを身につけたい方に向いているといえるでしょう。またチーム単位で業務を進めていくため、コミュニケーション能力やマネジメント能力も活かせます。

14.ITエンジニア

ITエンジニアの仕事は、Webプログラマーが作成したプログラムをコンピューター上のシステムとして設計、運営する仕事です。システムの作成と修正を何度も繰り返して完成させていくため、忍耐力が必要となります。ほかにも、完成までの期間や業務内容を計画する必要もあるため、マネジメント能力も活かされるでしょう。

15.ITクリエイター

ITクリエイターとは、サイトやゲームなどのWebコンテンツ全体をデザインする仕事です。Webプログラマーなどと連携して業務を進める必要があるため、対人能力やコミュニケーション能力、全体を統括するためのマネジメント能力が求められます。美容師としての経験が役立つでしょう。

16.商品企画

商品企画とは、自社で提供する製品やサービスを企画する仕事です。消費者のニーズやブランドイメージを考慮した企画と提案が求められるため、企画力・提案力とともに流行を察知する情報力も必要です。美容師から転職する人は、お客さまのニーズと流行を押さえたスタイリングの提案の経験があるため、スキルを発揮できるでしょう。

17.営業職

営業職の仕事は取引先の企業に対して新商品を提案したり、販路拡大のために新規の取引先の企業と契約したりする仕事です。また、扱う商品やサービスによっては、個人相手に営業を行うこともあるでしょう。顧客のニーズを汲み取りつつ商品やサービスを売り込むのが主な業務内容であるため、忍耐力や自社製品の魅力を伝えられるコミュニケーション能力が求められます。

18.営業アシスタント

営業アシスタントとは、企業や個人へ訪問する営業スタッフのサポートとして、資料の準備や連絡を担う仕事です。取引先との商談が円滑に行われるように、細やかな配慮が必要となるため、美容師の仕事で培われたコミュニケーション能力や対人能力が活かされます。

19.事務職

事務職では電話応対や書類の作成、整理などの業務が主な仕事です。事務職はあらゆる部署と関わる可能性があるため、さまざまな部署の方とのコミュニケーションが必要となります。美容師から転職を希望される方のコミュニケーション能力が活かせるでしょう。

美容師から未経験の仕事に転職するのは難しい?

美容師は、専門的なスキルを要する職種であるものの、仕事で培われたコミュニケーション能力や対人能力はほかの業種でも役立つ能力です。異業種でも活躍できるスキルが培われているため、ほかの業種へ挑戦することも可能といえるでしょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

美容師から転職したいと思う6つの理由

美容師から転職を希望する理由は、人間関係の悩みや労働環境の問題など人によってそれぞれです。ここでは、美容師から転職したいと思う主な理由を5つご紹介します。

1.手荒れがつらい

シャンプーやカラー剤、パーマ剤といった薬剤が原因で手が荒れてしまい、美容師から転職を考える人は多いようです。肌質により個人差はありますが、1日に何度もお湯とシャンプー剤の影響を受けるため、スキンケアが追いつかない状態になることも。中にはカラー剤やパーマ剤でアレルギーを起こしてしまう方もいるでしょう。

2.腰痛がつらい

立ち仕事のため腰にかかる負担が大きく、腰痛を訴える人が多くいます。姿勢や靴を見直してもなかなか改善せず、人によっては医療機関での治療を要することもあるようです。

3.長時間労働がつらい

美容師は長時間労働というイメージを持つ方もいるでしょう。その原因となっているのが、アシスタントの練習時間。美容師の卵であるアシスタントは、閉店後にカットの練習をするのが一般的だからです。近年では職場環境が改善されてきているとはいえ、勤め先や状況によっては長時間労働になる可能性もあるでしょう。

4.休みが少ない

美容室の中には週休1日で、場合によっては無休で営業しているサロンもあります。もちろん、週休2日制や完全週休2日制を採用している美容室もありますが、顧客からの予約があれば出勤することもあるでしょう。また、閉店日でも練習をしたり、後輩の練習に付き合ったりと完全に休めないという場合もあるようです。

5.給与が低い

国税庁が行った2022年度の「民間給与実態統計調査(20p)」によると、美容師が該当するサービス業の一人あたりの平均年収は377万円でした。一方、同資料(17p)における給与取得者全体の平均年収は458万円であり、平均より81万円ほど低いことがわかります。
美容師はアシスタントから始めてスタイリスト、トップスタイリストというように昇格するのが一般的な流れ。しかし、アシスタントからスタイリストへの昇格が容易ではないため、昇給も必然的に遅くなると考えられるでしょう。また、キャリアアップを図ろうとしても、アシスタント個人の希望だけでは叶わないという側面もあります。

参照元
国税庁
令和4年分民間給与実態統計調査

6.人間関係の悩み

美容師は、店舗という狭い空間の中で少人数で働く場合が多いです。そのため、人間関係で問題や不満を抱えてしまうと、転職を考えるきっかけになることもあるでしょう。また、美容室によっては個人の営業成績などが顕著に出る場合も。スタッフ同士がライバル関係になったり、周囲と比較されたりする環境に居心地の悪さを感じ、美容師から転職しようと思う人もいるようです。

美容師から転職したいと思ったときは、行動に移す前に「転職したいと思ったときにチェックしたいポイント」のコラムもご参照ください。

美容師から転職するときに評価されやすい6つのスキル

ここでは、美容師から転職する方が持つ、転職活動で評価されやすいスキルを紹介します。美容師の仕事は一般的な会社員のものと比べると特徴的ですが、以下のようなスキルは美容師以外の仕事に就いても役立つでしょう。

1.対人能力

美容師は毎日多様な個性を持ったお客さまと関わっているため、対人能力が身につきます。美容師から転職したときも、多くの仕事で対人能力を活かせるでしょう。たとえば企業の営業職では、初めて会う相手企業の方に自社の製品やサービスを提案するため、この対人能力が必要となります。

2.コミュニケーション能力

初めて来店するお客さまの希望を聞きながらサービスを提供する美容師には、会話からその人の好みやなりたい姿などを引き出す必要があるため、コミュニケーション能力が求められます。コミュニケーション能力は美容師以外のサービス業でも必須スキルといえるため、転職先で高く評価されるでしょう。

3.美容に関する知識

専門学校に通い、就職してからも研修など長い時間をかけて身につけた美容に関する知識は、美容師の財産です。ほかの業界ではなかなか身につけられないこれらの知識は、美容部員といった美容に関する業界に転職したときに評価されやすいでしょう。

4.忍耐力

美容師は就職後もスタイリストとしてデビューするまでは、アシスタントとして技術向上をめざす必要があるため、忍耐力が身につきます。根気強く学ぶ姿勢や経験はどのような業界、職種に転職しても評価されるでしょう。

5.提案力や企画力

美容師は来店するお客さま一人ひとりにカラーやカット方法などスタイリングの提案が必要なため、提案力が身につくでしょう。また、最近ではSNSを利用した集客も主流になりつつあり、自分の得意とするスタイリングを提案する企画力も求められます。これらを通して培った能力は、美容師から転職したときにも活かせるでしょう。

6.マネジメント能力

各サロンでの就業人数は少ないため、美容師はカットやカラーといった仕事のほかマネジメント能力が必要な運営の仕事に携わる機会があります。備品の発注や新たなサービスの提案など、店舗運営も大事な業務の一つです。培われたマネジメント能力は美容師から他業界に転職してもチーム運営の場面で評価されるでしょう。

美容師から転職するときに新しい職場でも求められるスキルについては、「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」のコラムもご参照ください。

美容師から転職するときの書類の書き方

転職活動するときには、履歴書や職務経歴書などさまざまな書類が必要になります。ここでは、美容師から転職するときに気をつけたい書類の書き方について押さえておきましょう。

1.履歴書

履歴書は自身の学歴や職歴、保有資格といった基本情報を記す書類を指します。美容師から転職する場合の履歴書は、A4サイズ(見開きでA3サイズ)がおすすめです。また、採用担当者に自身のやる気が伝わるよう丁寧に記載しましょう。そのほかの注意点は以下をご参照ください。

・履歴書全体に記入する年は和暦または西暦で統一する
・住所は正しい記載方法(△丁目△番△号)で建物名も正しく書く
・基本的に学歴は高校から書く
・資格名は正式名称で記載する

また、ついやりがちな間違いは書き損じを修正液や修正テープで直すこと。字を間違えてしまったときは修正液や修正テープで直さず、新しく履歴書を書き直すようにしましょう。履歴書の作成マナーについては、「履歴書作成のルールとは?アプリやパソコンを使用しても評価を得られる?」をチェックしてみてください。

2.職務経歴書

職務経歴書とは、これまでの職務について履歴書よりもさらに詳しく記す書類です。パソコンで作成するのが一般的で、A4用紙2~3枚にまとめましょう。
職務経歴書に決まったフォーマットはありませんが、履歴書と同様に過去から現在に向かって書く「編年体形式」、現在から過去に遡って書く「逆編年体形式」、職務の内容やプロジェクト、分野ごとに記載する「キャリア形式」の3つが基本とされています。美容師から転職する場合は、自分の経歴やアピールしたい内容によって使い分けましょう。

3.志望動機

志望動機では、「美容師から転職したい理由」を伝えるだけでなく、企業が求める人材やスキルを把握したうえで「なぜ美容師という職業を辞めて、その企業で働きたいのか」という点を特にアピールしましょう。また、これまでの経験やスキルをどう役立てるのか、将来どのようなビジョンを描いているかといった点も見られているので、採用担当者が納得できる内容を用意しておくことが重要です。

4.自己PR

美容師から転職するときの自己PRでは、「自分の強み」と「その強みをどう業務で活かせるか」の説明がポイントです。強みを発揮したエピソードを盛り込んで、具体的に説明すると採用担当者も納得しやすいでしょう。「顧客数を前年比△%増やした」「新規のお客さまを月平均△人獲得した」など、数字を用いると説得力が増すのでおすすめです。

美容師から転職を成功させる5つのコツ

ここでは、美容師から転職する方に向けて、転職を成功させるために押さえておきたいコツを5つ紹介します。初めての転職活動には悩みや不安がつきものです。以下を参考に、後悔のない転職を叶えましょう。

1.転職先の業界や会社の特徴をよく調べる

美容師から転職するときに行っておきたいのが、転職先候補の企業や業界について詳しく調べること。いわゆる「業界研究」「企業研究」です。曖昧なイメージや勝手な印象だけで転職するのはミスマッチの要因になります。特に、「仕事がきつい、休みが少ない」という理由で転職するなら十分な研究を行いましょう。

2.転職理由を明確にする

美容師から転職して販売職に就きたい場合、「販売経験がない」という経歴は美容師として培った提案力や忍耐力でフォローが可能です。「美容師経験で得た提案力のスキルを活用して、顧客のニーズに合う商品や、それを超える提案を行っていきたいです」のように、自ら動いて仕事を得る気概があるというアピールにつなげましょう。

3.転職理由を明確にする

「なぜ美容師から転職したいのか」といった転職理由を明確にする必要があります。転職することで現状をよい方向へ変化させたいのであれば、転職そのものを目的とすることは避けたほうがよいでしょう。実現したい将来像や生活など、自身の転職する目的をはっきりさせたうえで活動を始めるのが、転職成功のカギといえます。

4.美容師を辞めるリスクを考える

美容師資格は一度取得すれば更新の必要がないため、資格があれば再就職できます。しかし、美容師は技術職なので、現場から離れればスキルが落ちる可能性はあるでしょう。技術が落ちれば、再就職は難しくなる場合も。これらを踏まえて美容師から転職するかどうかを検討することが大切です。

5.転職エージェントなどのサービスを利用する

美容師から転職したい気持ちはあっても「転職活動のやり方に自信がない」「自分に合った仕事がわからない」と悩んでいる方は、転職エージェントのサービスを利用するのがおすすめです。転職エージェントでは、就職・転職活動のノウハウを持ったプロが自分に合った仕事を紹介してくれます。履歴書の作成や面接対策などのサポートもしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

転職を成功させるためのコツについてさらに詳しく知りたい方は、「転職準備は転職の成否に影響大!大切なポイントを紹介」のコラムもあわせてご覧ください。

これまでの経験を活かして美容師からの転職を叶えよう

美容師として働く中で身につけた「コミュニケーション能力」や「提案力」などを活かせる職場は多くあります。転職活動の中でも、エージェントとの面談や採用面接の場で「コミュニケーション能力」などは重要です。美容師から転職するのであれば、自分の時間をかけて身につけたスキルや経験を活かせる転職活動をすると良いでしょう。

若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、企業への取材を実施し、求職者が安心できる正社員求人を紹介しています。また、求職者一人ひとりにアドバイザーがつくため、就職・転職活動における疑問や不安を気軽に相談可能です。
既卒や第二新卒、フリーターなど社会人経験がない・浅いことから就職活動が不安な方も、安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

美容師から転職する際によくあるQ&A

最後に、美容師からの転職に関してよくある質問に回答をしていきます。

美容師から転職する際の履歴書を書くコツは?

美容師から転職する場合、履歴書の自己PRや志望動機では、応募先企業で活かせる自身の経験やスキルをアピールするのがおすすめです。

また、誤字脱字がないよう丁寧に書くことも履歴書作成の基本です。文章は結論から簡潔に記載し、採用担当者が見やすいレイアウトを心がけましょう。詳しくは、「履歴書の書き方!【見本付き】職歴・学歴・志望動機などの作成方法を解説」もぜひ参考にしてみてください。

美容師から転職する理由はどのように答えればいい?

嘘をつく必要はありませんが、美容師から転職する理由はポジティブな言い方にしましょう。前職批判と捉えられると、採用が遠のくリスクがあります。

また、転職をして「この会社でどのような活躍が出来るか」を具体的に説明出来るようにしておきましょう。ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが求人紹介をはじめ、選考対策のアドバイスも行っています。ぜひ一度ご活用ください。

この記事に関連するタグ