美容師から転職したい人におすすめの業界とは?スキルや経験は活かせる?

美容師から転職したい人におすすめの業界とは?スキルや経験は活かせる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・美容師から転職したい理由の多くは長時間労働や身体的負担
  • ・美容師から転職する際は仕事で培ったコミュニケーション力が活かせる
  • ・美容師から転職するときに経験を活かせる転職先や業界は豊富にある

華やかなイメージが強く憧れる方も多い美容師ですが、実際は忍耐と努力が求められる仕事です。晴れて美容師になっても、過酷な労働環境や身体的負担から離職を考える人が多いのが実情。では、美容師から転職する場合、どのような仕事があるのでしょうか。このコラムでは、美容師から転職したい方に向けて転職活動のポイントや、経験を活かせる業界や職種を紹介しています。美容師から転職を考えている方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

美容師から転職したいと思う5つの理由

ここでは、美容師からの転職したいと思う5つの理由をご紹介します。美容師から転職を希望する理由は、人間関係の悩みや労働環境の問題など人によってさまざまです。美容師として働いており、これから転職しようと考えている方が挙げることの多い理由には、以下のようなものがあります。

1.手荒れがつらい

シャンプーやカラー剤、パーマ剤といった薬剤が原因で手が荒れてしまい、美容師から転職を考える人は多いようです。
1日に何度もお湯とシャンプー剤の影響を受けるため、スキンケアが追いつかない状態になるとのこと。なかにはカラー剤やパーマ剤でアレルギーを起こしてしまう方もいるでしょう。肌質により個人差はありますが、手荒れで悩んでいる美容師がいるのは事実です。

2.腰痛がつらい

立ち仕事のため腰にかかる負担が大きく、腰痛を訴える人が多くいます。姿勢や靴を見直してもなかなか改善せず、人によっては医療機関での治療を要することがあるようです。

3.長時間労働がきつい

美容師は長時間労働、というイメージは昔からあります。その原因となっているのが、アシスタントの練習時間。美容師の卵であるアシスタントは、閉店後にカットの練習をするのが一般的だからです。近年では職場環境が改善されてきているとはいえ、美容師は長時間労働化しやすい仕事といえるでしょう。

4.休みが少ない

ほとんどの美容室は週休1日で、なかには無休で営業しているるサロンもあります。もちろん、週休2日制や完全週休2日制を採用している美容室もありますが、顧客からの予約があれば出勤することもあるでしょう。また、閉店日でも練習をしたり、後輩の練習に付き合ったりと、完全に休めないという場合も多いようです。

5.給与が低い

国税庁が行った令和元年度の「民間給与実態統計調査」によると、美容師が該当するサービス業平均年収は359万円でした。一方、給与所得者全体の平均年収は436万円であり、平均より77万円ほど低いことが分かります。
一般的に、美容師はアシスタントから始めてスタイリスト、トップスタイリストというように昇格します。しかし、アシスタントからスタイリストへの昇格が簡単ではないため、昇給も必然的に遅くなると考えられるでしょう。また、キャリアアップを図ろうとしても、アシスタント個人の希望だけでは叶わないという面もあります。

参照元
令和元年分 民間給与実態統計調査
Ⅱ 1年を通じて勤務した給与所得者 2 平均給与
第8表 業種別及び給与階級別の総括表(続)その3 平均給与

美容師から転職したいと思った時は、行動に移す前に「転職したいと思ったときにチェックしたいポイント」のコラムもご参照ください。

美容師から転職しても評価される6つのスキル

ここでは、美容師から転職する方が持つ、転職活動で評価されるスキルを紹介します。美容師の仕事は一般的な会社員のものと比べると特徴的ですが、以下のようなスキルは美容師以外の仕事に就いても役立つでしょう。

1.対人能力

美容師は毎日多様な個性を持ったお客様と関わっているため、対人能力が身につきます。対人能力は美容師のようなサービス業以外でも多くの仕事で活かされるでしょう。たとえば企業の営業職では、初めて会う相手企業の方に自社の製品やサービスを提案するため、この対人能力が必要となります。

2.コミュニケーション能力

初めて来店されるお客様の希望を聞きながらサービスを提供する美容師には、会話からその人の好みやなりたい姿などを引き出す必要があるため、コミュニケーション能力が求められます。コミュニケーション能力は美容師以外のサービス業などでも必須スキルであるため、高く評価されるでしょう。

3.美容に関する知識

専門学校に通い、就職してからも研修など長い時間をかけて身につけた美容に関する知識は、美容師の財産です。ほかの業界ではなかなか身につけられないこれらの知識は、美容部員など美容に関する業界で評価されるでしょう。

4.忍耐力

美容師には忍耐力がある人が多いです。美容師は就職してからも、スタイリストとしてデビューするまではアシスタントとして技術向上を目指す必要があり、忍耐力が身につきます。根気強く学ぶ姿勢や経験はどのようなな業界、職種でも評価されるでしょう。

5.提案力や企画力

美容師は来店するお客様一人ひとりにカラーやカット方法などスタイリングの提案が必要であるため、提案力が身についているでしょう。また、最近ではSNSを利用した集客も多く、自分の得意とするスタイリングを提案する企画力も求められます。その結果培われたこれらの能力は、転職においても評価されるでしょう。

6.マネジメント能力

各サロンでの就業人数は少ないため、美容師はカットやカラーといった仕事のほかマネジメント能力が必要な運営の仕事に携わる機会があります。備品の発注や新たなサービスの提案など、店舗運営も大事な業務の1つです。培われたマネジメント能力は、他業界であってもチーム運営の場面で評価されるでしょう。

美容師から転職する際新しい職場でも求められるスキルについては「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」のコラムもご参照ください。

美容師のおすすめ転職先19選

ここでは、美容師から転職する方がその経験やスキルを活かして働ける転職先を紹介します。ブライダル業界やメイクアップアーティストなどの美容業界だけでなく、IT系の業界などその活躍の場は様々です。

1.ウエディングスタッフ

元美容師の人が結婚式場の美容スタッフとして活躍することは多いでしょう。新婦の支度だけでなく、招待客の着付けやヘアセット、成人式の準備を行うこともあるようです。

2.ネイルサロン

ネイルサロンで働くネイリストの仕事では、美容師同様にお客様との会話の中から好みやライフスタイルを聞き出し、カラーやデザインを提案します。美容師でも必要とされるコミュニケーション力が重視されるため、経験を活かせるでしょう。

3.アイサロン

アイリストの仕事では、美容師と同様にお客様とのコミュニケーションから好みや要望を聞きだす必要があります。顔の中でも繊細なパーツである目元をケアする仕事であるため、美容の知識をさらに深めたい方におすすめです。美容師と比較すると認知度は低い傾向にありますが、若年層を中心に需要が高まっている職業といえます。

4.メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事は、雑誌やテレビなどのメディアや、ファッションショーなどのイベントでヘアメイクをするものです。作品づくりに関わる仕事のため、ほかのスタッフとのコミュニケーションが重要となり、美容師の仕事以上に臨機応変な対応や要望に応えられる高い技術が求められます。

5.美容部員

美容部員は百貨店やドラッグストアなど、店頭でお客様の悩みに合った商品を提案し販売する仕事です。その場で実際にお客様に対してメイクすることもあるため、美容師の仕事で身につけた対応力や提案力が活かせます。

6.アパレルの販売員

アパレル販売員の仕事は、来店したお客様の好みや理想のファッションを聞き出しながら、商品を提案する仕事です。店内レイアウトの提案など、接客以外の場面でも提案力が求められるでしょう。また、経験を積むと売上管理や従業員のシフト調整など、店舗運営のためのマネジメント能力も求められます。

7.ホテルスタッフ

ホテルスタッフの仕事は多くの部門で構成されており、業務内容は多岐にわたります。宿泊客からの多様な要望に対して、臨機応変な対応が求められるため忍耐力が必要になるでしょう。どの部門でも宿泊客への配慮が常に求められるため、美容師の仕事で身につけた対人能力が活かせます。

8.飲食店

飲食店のホールスタッフの仕事では、複数のお客様の要望に一度に対応する必要があるため、臨機応変な対応が必要となります。おすすめのメニューを聞かれたり、料理に対して質問されたりすることもあるため、コミュニケーション能力や提案力、対人能力など複数のスキルを活かせます。

9.アミューズメント施設のスタッフ

アミューズメント施設のスタッフの仕事は接客がメインとなるため、コミュニケーション力や対人能力が求められます。一方で、接客だけでなく清掃やトラブル対応、品出しなど複数の仕事をこなさなければならないことも多いため、忍耐力が必要になるでしょう。

10.美容ディーラーの営業職

美容ディーラーの営業の仕事は、美容室で使用される美容商品を提案する仕事です。美容師の希望に沿う商品を幅広い候補の中から提案する必要があるため、美容の知識や提案力が必要となります。また、美容室が取引先となるため、美容師の経験が活かせる仕事といえるでしょう。

11.美容メーカーの営業職

美容メーカーの営業職では、自社製品の販売範囲を拡大するために小売店に対して提案する仕事です。各小売店の本部への営業や、各店舗でのディスプレイの提案など、実際に訪問する機会が多いため忍耐力や対人能力が求められます。美容に関する知識も活かせるでしょう。

12.Webデザイナー

Webデザイナーは、Web広告やバナーをデザインする仕事です。デザインの技術だけでなく希望に合うWebデザインを提供する必要があるため、取引先とのコミュニケーションは必須。異業種ではありますが、美容師から転職する方の能力を活かせるでしょう。

13.Webプログラマー

Webプログラマーはアプリやサイト作成のためにプログラミングする仕事です。個々のスキルを求められるため、美容師と同様にスキルを身につけたい方に向いているといえるでしょう。また、チーム単位で業務を進めていくため、コミュニケーション力やマネジメント能力も活かせます。

14.ITエンジニア

ITエンジニアの仕事は、Webプログラマーが作成したプログラムをコンピューター上のシステムとして設計、運用する仕事です。システムの作成と修正を何度も繰り返して完成させていくため、忍耐力が必要となります。他にも、完成までの期間や業務内容を計画する必要もあるため、マネジメント能力も活かされるでしょう。

15.ITクリエイター

ITクリエイターとはサイトやゲームなどのWebコンテンツ全体をデザインする仕事です。Webプログラマーなどと連携して業務を進める必要があるため、対人能力やコミュニケーション力、全体を統括するためのマネジメント能力が求められます。

16.商品企画

商品企画とは自社で提供する製品やサービスを企画する仕事です。消費者のニーズやブランドイメージを考慮した企画と提案が求められるため、企画力・提案力とともに、流行を察知する情報力も必要です。美容師から転職する人は、お客様のニーズと流行を抑えたスタイリングの提案の経験があるため、スキルを発揮できるでしょう。

17.営業職

営業職の仕事は取引先の企業に対して新商品を提案したり、販路拡大のために新規の取引先企業と契約したりする仕事です。企業への訪問が主な業務内容であるため、忍耐力や自社製品の魅力を伝えられるコミュニケーション能力が求められます。

18.営業アシスタント

営業アシスタントは企業へ訪問する営業職の人のサポートとして、資料の準備や連絡を担う仕事です。取引先との商談が円滑に行われるように、細やかな配慮が必要となるため、美容師の仕事で培われたコミュニケーション力や対人能力が活かされます。

19.事務職

事務職では電話応対や書類の作成、整理などの業務が主な仕事です。事務職はどの部署にも必要な部門であるため、様々な部署の方とのコミュニケーションが必要となります。美容師から転職を希望される方のコミュニケーション能力が活かせるでしょう。

美容師から転職するときの書類の書き方

転職活動をするときには、履歴書や職務経歴書など様々な書類が必要となります。主な内容はどの業界からの転職でも変わりませんが、美容師から転職するときに気をつけたい書類の書き方について紹介します。

1.履歴書

自身の学歴や職歴、保有資格といった基本情報を記した書類。転職の場合は、ほかの書類と同じA4サイズがおすすめです。そのほかの注意点は以下をご参照ください。

・履歴書全体に記入する年は和暦または西暦で統一する
・住所は正しい記載方法(△丁目△番△号)で建物名も正しく書く
・学歴は高校から書く
・資格名は正式名称で記載する

また、ついやってしまいがちな間違いは書き損じを修正液や修正テープで直すこと。字を間違えてしまったときは修正液や修正テープで直さず、新しく書き直すようにしましょう。

2.職務経歴書

職務経歴書とは、これまでの職務について履歴書よりもさらに詳しく記した書類です。パソコンで作成するのが一般的で、A4用紙2~3枚にまとめましょう。
職務経歴書に決まったフォーマットはありませんが、履歴書と同様に過去から現在に向かって書く「編年体形式」、現在から過去に遡って書く「逆編年体形式」、職務の内容やプロジェクト、分野ごとに記載する「キャリア形式」の3つが基本とされています。自分の経歴やアピールしたい内容によって使い分けましょう。

3.志望動機

志望動機では、「なぜその企業に入社したいのか」を伝えるだけでなく、企業が求める人材やスキルを把握したうえで「なぜ美容師という職業を辞めて、その企業で働きたいのか」という点を特にアピールしましょう。また、これまでの経験やスキルをどう役立てるか、将来どんなビジョンを描いているかといった点も見られているので、相手が納得できる内容を用意しておきます。

4.自己PR

自己PRでは、「自分の強み」と、「その強みをどう業務で活かせるか」の説明がポイントです。強みを発揮したエピソードを盛り込んで、具体的に説明すると相手も納得しやすいでしょう。「顧客数を前年比△%増やした」「新規のお客様を月平均△人獲得した」など、数字を用いると説得力が増すのでおすすめです。

美容師から転職を成功させる4つのコツ

ここでは、美容師から転職する方に向けて成功させるために押さえておきたいコツを4つ紹介します。初めての転職活動には悩みや不安がつきものです。また、他業界や他業種への転職を希望する方はさらに不安が大きいでしょう。以下を参考にして、

1.転職先の業界や会社の特徴をよく調べる

美容師に限らず転職するとき必ず行いたいのが、転職先候補の企業や業界について詳しく調べること。いわゆる「業界研究」「企業研究」です。曖昧なイメージや勝手な印象だけで転職するのはミスマッチのもとです。特に、「仕事がきつい、休みが少ない」という理由で転職するなら十分な研究を行いましょう。

2.販売経験がないことをフォローする

美容師も「スキルを販売する仕事」ではありますが、ほかの仕事に比べて受け身になることが多いといわれています。販売職に就きたい場合にこの、「販売経験がない」という経歴は、提案力や忍耐力でフォローが可能です。「美容師経験で得た提案力のスキルを活用して、顧客のニーズに合う商品や、それを超える提案を行っていきたいです」など、自ら動いて仕事を得る気概があるというアピールにつなげましょう。

3.転職理由を明確にする

今の環境のどこに不満を持っているのか、理想はどのような状態なのか、なぜ美容師から転職したいのかといった転職理由を明確にする必要があります。どんな業界からの転職でも同じことがいえますが、転職することで現状を良い方向へ変化させたいのであれば、転職そのものを目的とすることは避けましょう。転職して得たい生活や給与など、目的をはっきりさせてから転職活動を始める必要があります。

4.美容師を辞めるリスクを考える

美容師資格は一度取得すれば更新の必要がないため、資格があれば再就職できます。しかし、美容師は技術職なので、現場から離れればスキルが落ちる可能性もあるでしょう。技術が落ちれば、再就職は難しくなると予想できます。また、美容師を辞めると「人の髪を切る」ことは難しくなるので、再就職に向けて練習するのも厳しいでしょう。これらを踏まえて転職するかを考えてください。

転職を成功させるためのコツについてさらに詳しく知りたい方は、「転職活動の成功のカギは、事前の万全な準備にあり!」のコラムも併せてご覧ください。

美容師としての経験を活かせる転職活動をしよう

美容師として働く中で身につけた「コミュニケーション力」や「提案力」などを活かせる職場は多くあります。転職活動の中でもエージェントとの面談や企業との面接の場で「コミュニケーション力」などは重要です。美容師から転職するのであれば自分の時間をかけて身につけたスキルや経験を活かせる転職活動にしましょう。

若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、企業への取材を実施し、求職者が安心できる正社員求人を紹介しています。また、求職者一人ひとりにアドバイザーがつくため、就職・転職活動における疑問や不安を気軽に相談可能です。既卒や第二新卒、フリーターなど社会人経験がなく就職活動に対する不安が大きい方であっても、安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION