厄年の転職活動は成功する?八方塞がり?男性・女性の年齢も解説!

厄年の転職活動は成功する?八方塞がり?男性・女性の年齢も解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・厄年の転職は「災難が降りかかる」「大きな決断に不向き」とためらう人もいる
  • ・男性の厄年は3回で女性は4回あり、それぞれの大厄は42歳と33歳の年
  • ・厄年を気にし過ぎると、転職活動が失敗する原因になるため注意が必要
  • ・厄年の転職活動を成功させるには、リフレッシュを図って不安を解消すると良い

転職を考えている方のなかには、厄年を迎えたタイミングで転職活動を行っても良いものか不安を覚える方もいるでしょう。厄年は前厄から後厄を含めて3年の期間があり、災厄が降りかかる年といわれています。その年は大きな決断をするのに不向きいう言い伝えもありますが、転職はタイミングが大切。厄年だからといって尻込みせず、良いご縁を引き寄せましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

そもそも厄年とは?

厄年とは「災厄が多く降りかかる年齢」のこと。その由来は不明であるものの、平安時代にはすでにあった概念といわれています。厄年は「前厄」「本厄」「後厄」と3年間続き、男女で該当する年齢が違うのが特徴です。また、神社やお寺によって厄年の年齢が異なる場合もあります。

男性の厄年

男性の厄年は、以下の3つの時期です。

・25歳の本厄を中心に24~26歳
・42歳の本厄を中心に41~43歳
・61歳の本厄を中心に60~62歳

特に、42歳の本厄は「大厄」と呼ばれ、人生で最も注意すべき年とされています。

女性の厄年

男性の厄年が3回である一方、女性の厄年は人生で4回あります。

・19歳の本厄を中心に18~20歳
・33歳の本厄を中心に32~34歳
・37歳の本厄を中心に36~38歳
・61歳の本厄を中心に60~62歳

このうち、女性の大厄は33歳の年です。

厄年の転職活動をためらってしまうのはなぜ?

厄年を迎えた人が転職活動をためらってしまう理由には、以下のことが挙げられます。

災難や不幸が降りかかる年といわれているから

厄年を迎えた人には、災難や不幸が降りかかるとされています。よって、行動を起こす際に「何かトラブルがあったらどうしよう」「転職もうまくいかないんじゃないか」と不安になる人も多いようです。できるだけトラブルを避けたいという心理から、転職活動に尻込みしてしまうのだといえるでしょう。

大きな決断は不向きとされているから

厄年では、一般的に大きな決断をするのに不向きなタイミングだといわれています。大きな決断とは、主に引っ越しや結婚、出産といったライフイベントのこと。昔からの言い伝えでは、厄年にこれらの出来事が重なると良くないとされています。
現代人にとっては、転職も「大きな決断」。そのため、できるだけ避けたいという心理が働くようです。

厄年は転職のような節目に影響する?

昔から、厄年は「人生の節目の年」である場合が多かったという説も。人生の節目で厄を意識し、払うことで幸せな人生を願う風習があったようです。現代における人生の節目「転職」で厄年を意識する人がいるのも、その風習の影響である可能性があります。

男性の厄年と転職のタイミング

男性の本厄である25歳は転職を考える人が多いタイミングです。大卒の場合、就職して3年目に当たる人が多く、職場や仕事に慣れてきてキャリアが具体化する時期といえます。そのため、「ほかにやりたい仕事がある」「スキルアップを目指して転職したい」と考える人もいるでしょう。
また、次の厄年である42歳はキャリアアップやキャリアチェンジを考える時期です。40代半ばを前に「もっとマネジメント経験を積みたい」「独立を目指したい」など、定年までにやりたいことを実行しようとする人が多いでしょう。

女性の厄年と転職のタイミング

女性の場合、前厄と後厄を含めると19~38歳まで厄年が続きます。この間に結婚・出産・育児といったライフイベントの変化を迎える人が多いでしょう。そのため、「結婚前にキャリアを積みたい」「出産後は時短で働ける会社が良い」など、自身のライフイベントに合わせて転職のタイミングを考えることになります。そのほか、結婚相手の転勤など家庭の事情で転職せざるを得ないことも。体調の変化も起こりやすい時期なので、働き方について考え直す人も多いようです。

厄年を気にし過ぎると転職活動が失敗する原因に

厄年を気にするあまり、「転職活動に影響があるのではないか」と悩むのは避けたほうが無難。なぜなら、起こってもいないことで不安になると、そのストレスが転職活動の妨げになるからです。
転職活動では、志望先企業に自分を強くアピールする必要があります。不安を抱いていると、業務への前向きな姿勢や熱意のアピールが採用担当者に伝わりにくく、選考自体に悪影響を及ぼしかねません。厄年であることは気にせず、自信を持って転職活動に臨みましょう。

特に女性の場合は、先述のように30代は32~34歳、36~38歳と6年の間厄年が続きます。厄年を気にし過ぎているとせっかくのチャンスを逃してしまうので、「ライフプランを見直す良いきっかけ」と前向きに考えるのがおすすめです。

厄年には科学的な根拠がないとはいえ、どうしても「災厄が多い年」ということが気になってしまう方もいるでしょう。そのような方は、次の項で紹介する「厄年の転職活動を成功させるコツ」をご一読ください。

厄年の転職活動は成功しやすい?失敗しやすい?

結論からいうと、厄年と転職活動が成功するかどうかはあまり関係がないといえます。なぜなら、厄年とはあくまで「災厄が多く降りかかる」とされる年齢で、「大きな決断を避けるべき時期」ではないからです。「人生の大きな決断に災厄があっては困る」ということから、厄年には大きな決断をしないほうが良い、という言い伝えが生まれた可能性もあるでしょう。

厄年の転職活動が成功しやすくなるには

厄年が気になる方の転職活動では、以下のことを意識してみてください。

断捨離などで心機一転を図る

厄年の転職活動が気になるときには、厄を払うように、思い切って身の回りのものを整理するのがおすすめです。断捨離で多くのものを手放せば、頭の中がすっきりするだけでなく仕事もはかどります。転職にあたっても、まず何をすべきかが明確になるので、改めて転職活動を始めようという気持ちになれるでしょう。

日頃の疲れを取ってリフレッシュする

転職を考えるときは、これまで仕事で頑張ってきて疲れがたまっていることが多いもの。
厄年に限らず転職活動の前は、ゆっくり休んだり、好きなところに出かけたりしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。一度、心身の休息を取ることで、転職活動を始める活力が湧いてくるでしょう。

厄年の転職活動で失敗しやすいパターン

厄年の転職活動で失敗しやすいのは、「厄年で転職活動を避けるべきかも」と考えてタイミングを逃してしまうパターンです。「転職活動はできるだけ若いほうが有利」だといわれています。その理由は「若いほうが覚えが早い」「前職の社風に染まり切っていない」「若いほうが柔軟性がある」など。そのため、厄年が終わるのを待つよりも、転職を決めたその日から活動を始めたほうが成功しやすいと考えられます。

厄年が気になるときは厄払い!前向きに転職活動を

厄年の転職活動が気になるときは、始める前に厄払いをすると良いでしょう。

気になるときには「厄払い」がおすすめ

厄払いとは、神社やお寺で祈祷を受けて厄から身を守ることで、「厄除け」ともいいます。
厄払いで有名な神社やお寺は全国各地にありますが、それ以外のところでも祈祷を受けることは可能です。転職活動を前向きに進めるためにも、気になる方はぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

厄年は仕事が充実する時期!転職活動はどう進める?

本厄とされる年齢は男性で42歳、女性では33歳。一般的には、業務経験をひととおり積んでおり、責任の重い仕事を任されることが多い年齢です。そんな社会人として一人前になっているであろう厄年の年齢をきっかけに、人生をふりかえってみてはいかがでしょうか。忙しいと、それを理由になかなか行動に移せないもの。自分の思い描いていたような人生が送れていないようであれば、厄年を良いきっかけと考え、現状を変えるような行動を始めてみましょう。

しかし、毎日が多忙で思うように転職活動を進められず、悩む方もいるのではないでしょうか。
忙しいなかの転職活動でお悩みの方には、転職エージェントの利用がおすすめです。
転職エージェントでは、求人探しから選考日程のスケジューリング、企業とのやり取りまで、就活アドバイザーがすべて代行してくれます。そのため、今の仕事と両立させながら、効率良く転職活動を進められます。また、就活のプロが厳選した求人で、企業とのミスマッチに悩まされる可能性が低くなるというメリットもあるでしょう。

「厄年に転職活動を進めるのは不安…」と前向きになれない方や、「多忙で転職活動に時間を割けない」とお悩みの方は、20代、30代向けエージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでの転職活動は、就活アドバイザーの丁寧なカウンセリングから始まります。転職に関するお悩みやご希望を伺ったうえで、保有求人のなかからあなたに合ったものを厳選してご紹介。大変な企業とのやり取りや日程調整もすべてアドバイザーが行いますので、スピーディーな転職活動が叶います。まずはご登録だけでもOK。どうぞお気軽にお問い合わせください。

厄年の転職活動に関するQ&A

ここでは、厄年の転職活動について想定される質問と回答についてまとめました。

厄年の転職は運気が下がらないか心配です…

厄年の転職活動が個人の運気を下げるかどうかは分か りません。しかし、心配ばかりしていては理想の仕事にたどりつけないので、まずは一歩を踏み出す勇気も大事です。不安になるときは、転職を希望するに至った理由を改めて考えたうえで、自己分析や企業研究を行い、どんな企業で働きたいのかを明確にしましょう。自己分析の有用性については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

前厄での転職ができず、本厄になりそうです

まずは目の前の転職活動に専念してみてください。前の年に転職先が決まらなかった場合、1月から改めて転職活動をすることになります。1月は、3月に退職する社員が多く出ることを予想した企業が募集を始めるため、求人が多く出やすい時期。転職しやすいときと考え、前向きに取り組みましょう。「タイミングが命!転職時期を考えよう」のコラムで採用ニーズが高まる時期をご紹介していますので、ご一読ください。

 

厄年の転職活動は避けたほうが良いでしょうか

厄年に関わらず、転職したいと思ったら早めに検討するのをおすすめします。転職には年齢や業務の状況など、さまざまな要素が関係するもの。タイミング次第では、転職したいと思っても叶わないこともあります。転職を希望するなら、ぜひ転職活動に取り組んでみてください。ハタラクティブでは、転職に不安のある方を全面的にサポートしていますので、安心して取り組んでいただけるでしょう。

 

転職がうまくいかないのは厄年が原因ですか?

直接の原因が、厄年にある可能性は低いといえます。一般的に、転職がうまくいかない原因としては、企業研究や自己分析などの準備不足や、自己アピールが弱いことなどが挙げられます。「転職がうまくいかない人の12の特徴!企業が実際に重視する点や対処法も」のコラムでは、転職がうまくいかない原因と対策について詳しく解説しています。転職がうまくいかないとお悩みの方は、ぜひご参照ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION