休職中の転職活動は違法?ばれるとどうなる?リスクや注意点を解説

休職中の転職活動は違法?ばれるとどうなる?リスクや注意点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 休職中に転職活動を行う場合、応募先企業にはその旨を伝えよう
  • よほどの事情がない限り、休職中の転職活動はしない方が良い
  • 体調を崩した原因が会社にある場合は、休職中に転職活動をするのもあり
  • 休職中の転職を成功させるためには、面接での伝え方に工夫が必要

休職中に転職活動を検討している方にとって「違法性があるかどうか」「ばれてしまうことはあるか」といった点は気になるでしょう。よほどの事情がない限り、基本的に休職中の転職活動は避けた方が良いといえます。しかし、場合によっては、転職に向けて早い段階で動き始めた方が良いことも。このコラムでは、転職におすすめの時期や成功のコツについて解説します。今後転職活動をするか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

休職中も転職活動はできる

結論からいうと、休職中の転職活動は違法ではありません。法律には休職中の転職活動への規定はなく、休職中に転職活動を行うかどうかは個人の判断に委ねられています。
とはいえ、やむを得ない事情から現職に籍を置いた状態で仕事から離れているのが「休職」です。現在の勤め先に復職することが前提で休んでいる状態なため、その期間に転職活動を行うのは、本来であればあまりおすすめできることではないでしょう。
次項にて、その理由を解説していきます。

休職中の転職活動がおすすめできない3つの理由

休職中の転職がおすすめできない理由は「健康状態悪化の恐れがある」「応募先企業に疑問に思われる」「処罰される場合がある」の3つです。詳しくは以下をチェックしていきましょう。

1.健康状態悪化の恐れがある

心身の健康を崩したことで休職している場合、体調が万全でない状態で転職活動を行うと、健康状態が悪化する恐れがあります。働けず不安や焦りが出てきてしまいますが、何のために休職しているのかをよく考えましょう。

2.応募先企業に疑問に思われる

「体調が安定しない状態で、採用後問題なく働けるのか?」「仕事ができる状態ならなぜ今の会社に復帰しないのか?」など、応募先の企業から疑問に思われる可能性が高いです。もちろん、企業側が納得できる理由を伝えられないと採用されづらいでしょう。

3.処罰される場合がある

休職中の転職活動が所属先企業によっては処罰の対象となる可能性もあります。休職中に転職活動を行うことは違法ではありませんが、現職の就業規則によっては、休職中の転職を制限している場合も。処罰を受けない場合でも、トラブルに発展する可能性は高いといえるでしょう。どうしても転職活動を行いたい場合は、事前に就業規則を確認しておくことが大事です。

休職中には転職活動に向けた準備をしよう

本格的な転職活動をする前に、休職中に求人を見たり、興味のある仕事について情報収集をしたりするのもおすすめ。休職中に自己分析や企業研究といった準備を進めておけば、復職または退職後の転職活動がスムーズに進むはずです。
休職中はどう過ごすべきか悩んでいる方は「休職中はどう過ごせばいい?休んでいる間の給料はもらえるのかも解説!」のコラムもあわせてご覧ください。復職・転職したい場合の対処法や休職中のよくある悩みについても解説しています。

休職中の転職活動が応募先にばれることはある?

休職中に転職活動をする際、「あえて伝える必要はない」「隠しておけばばれない」と考える方もいるでしょう。しかし、入社後の手続きを通してばれることも。以下で詳しく解説していきます。

源泉徴収票によってばれる

休職中に転職活動を行ったことは、源泉徴収票によってばれることがあります。入社後は企業に源泉徴収票を提出するのが一般的。休職期間中の収入は必然的に少なくなりますが、源泉徴収票には年間給与額が記載されているため、ここから発覚してしまうこともあるでしょう。

同じように、住民税の納税額からばれる場合も。

企業に所属している正社員は基本的に住民税は給与から天引きされます。住民税の金額は前年の所得を参考にしているため、納税額が少ないと休職の可能性を疑われる場合もあるでしょう。

傷病手当の申請や健康診断でばれる

休職中に転職活動していたことは、傷病手当の申請や健康診断でばれることもあります。
休職の理由が疾病や負傷によるものであった場合、転職先で症状が悪化・再発した際は傷病手当などの申請手続きが必要となるでしょう。この際、これまでの受給歴から休職していたことがばれる場合も。また、入社後の健康診断の際に、これまでの病歴などから発覚する可能性もあるでしょう。

友人や知人から話が広がってばれる

友人や知人によって、休職中に転職活動をしていることがバレてしまうことも考えられます。休職中であることを友人や知人に相談する機会もあるはず。友人や知人から情報が漏れてしまい、転職活動していたことがばれてしまう可能性があります。

転職活動のタイミングは復職後・退職後がおすすめ

転職活動のタイミングは復職後・退職後がおすすめです。休職中の転職活動を控える場合に気になるのが、「どのタイミングで転職すれば良いのか?」という点。「復職後」もしくは「退職後」を検討してみてください。

復職後に転職活動を行う場合のメリット

復職後に転職活動を行う場合のメリットは以下のとおりです。

・休職中に転職活動を行うことによるリスクを避けられる
・業務に支障なく働けることを、転職先にアピールできる
・焦らずに、自分のペースで転職活動を進めていける

一方で、仕事をしながら転職活動を行うことになるため、思うようには時間をとれない可能性も。この点は、事前に考慮しておくべきデメリットといえるでしょう。

退職後に転職活動を行う場合のメリット

続いて退職後に転職活動を行う場合のメリットは以下のとおりです。

・日程の融通が利きやすいため、転職活動に集中できる
・休職理由=退職理由となり、転職先企業への説明をスムーズに行える

ただし、転職活動が長引けば、経済面での不安は大きくなってしまうでしょう。また、仕事が決まらない期間が長くなると、面接で不利になるリスクもあります。

休職後の転職活動についてさらに詳しく知りたい方は、「休職後の転職は不利?タイミングと就職成功のポイントを解説」のコラムもあわせてご覧ください。成功のコツも分かりやすく解説しています。

こんなときは休職中に転職活動するのもあり

前項で説明したとおり、基本的に休職中は行わない方が無難ですが、体調不調になった原因が勤め先にある人は、転職活動を始めても良いでしょう
労働環境に明らかに問題があるなら、休職中の転職もやむを得ません。長時間労働やパワハラによるストレスで体調不良になり休職した場合は、体調が回復し復帰しても同じことの繰り返しになってしまう可能性が高いからです。もし仕事ができるくらいまで体調が回復しているなら、無理のない範囲で転職活動を始めましょう。

休職中に転職活動を行うことにはメリットもある

上記のような場合でも「休職中の転職活動は気が引ける」「会社に対して後ろめたさを感じる」という方がいると思いますが、休職中の転職活動にはメリットがあります。
1つ目は、時間を自由に使うことができ、効率良く転職活動ができる点。2つ目は、転職活動がうまくいかなくても、もとの職場に戻れる点です。
復職をしたら転職活動のための時間が確保しづらいですし、退職をしたら金銭面での不安が大きくなります。復職や退職を決める前に、休職中の転職活動を検討してみても良いでしょう。

休職中の転職活動を成功させるための3つのコツ

休職中の転職活動を成功させるには、「嘘はつかない」「ネガティブなイメージをできる限り取り除く」「無理はしない」といった点を意識するのがおすすめです。以下に3つのポイントをまとめるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.嘘はつかない

休職中の転職活動を成功させるには、嘘をつかないことが大事です。
休職中の転職活動が、法律的に見て問題になることはありませんが、応募先企業にとっては「きちんと仕事ができる状態なのか?」「信頼に足る人物なのか?」という点が気になることも。面接で虚偽の発言をすれば、それを理由に内定を取り消されてしまう可能性もあるでしょう。内定取り消しまでいかなくても、自身の評価は確実に下がってしまいます。
転職活動をしても良いのか問われたときには、休職中に転職活動をしなければならない理由をはっきりと伝えましょう。誠実な印象を伝えやすくなります。

2.ネガティブなイメージをできる限り取り除く

休職中の転職活動を成功させるために、ネガティブなイメージはできる限り取り除くことを意識しましょう。休職について、転職希望先に伝えておくことはとても重要。ネガティブなイメージを抱かれないよう伝えるポイントは以下のとおりです。

・復職ではなく転職を選ぶ理由をできるだけ客観的に示す
・今後の業務の遂行に問題がないことをしっかりと伝える
・スキルアップのための休職であった場合は休職理由を明確に伝える

転職先企業の不安を取り除くような受け答えをイメージしてみてください。休職理由を伝える際には、今の職場の悪口にならないように注意しましょう。また、「すべて自分が悪かった」と伝えるのもおすすめできません。「毎月の残業時間が100時間を超えていた」のように、客観的な数値を示すと事実を事実として伝えやすくなります。

3.無理はしない

体調面や精神面での不調が原因で休職している場合、無理をすればさらなる悪化の恐れもあるでしょう。自分では「大丈夫」と思っていても人事担当者に見抜かれ、敬遠される可能性もゼロではありません。転職活動を成功させるためにも無理は禁物です。自分で判断するのが難しいときには、周囲の人の意見も参考にしてみてください。万全の体調で転職活動を行うことが、より確実な方法です。

また、休職中の収入や自身の扱いについて気になる方には「休職手当とは?仕事を休んでいる間の収入や評価はどうなる?」のコラムがおすすめです。休職に関する正しい知識を身につけましょう。

「休職中に転職活動をしたいけど、なかなか踏み出せない」と悩んでいるのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロならではの視点から、的確なアドバイスがもらえるはずです。
ハタラクティブは、若年層向けの就職支援サービスを提供している転職エージェントです。個別でカウンセリングを行い、その人に合った求人をご紹介しているほか、応募書類の添削や面接対策といったサポートも行っています。未経験可の求人を豊富に用意しているので、スキルに不安のある方も安心です。まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ