新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職するにはここが大切!就職活動との違いを押さえよう

転職するにはここが大切!就職活動との違いを押さえよう

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職活動は、就活との違いを把握してから始めよう
    ・在職中と退職後の転職活動は、それぞれにメリット・デメリットがある
    ・転職するときには明確な退職理由を持って同じ後悔をしないことが大切
    ・転職先で妥協できる点と譲れない点をはっきり設定して仕事探しに活かそう

転職活動を行う多くの人は、できることならスムーズに進めて早めに成功させたいと思うでしょう。今回は、就職活動との違いや、在職中・退職後の転職それぞれのメリットとデメリットなど、転職に役立つさまざまな情報を詳しく掘り下げていきます。

◆転職活動と就職活動の違いを知ろう

転職活動を始める前に、まずは就活との違いを知っておくことが大切。就活と同じ気持ちで転職活動に取り組むと、失敗する能性も高まるため注意が必要です。

就活は、インターンや企業説明会、企業エントリーなど大まかな流れに沿って動くことが可能です。しかし転職活動となると、個人のタイミングでスタートさせる必要があります。
学生がほぼ同時に動き出す就活と違い、「転職したい」と思ったら自分でスケジュールを組んで転職活動を進めなければいけません。

職務経歴書の提出を求められる点も、就活との違いの1つです。初めての就職ではポテンシャルを重視されることも多いですが、職歴があればどのような仕事をしどのように活躍してきたのかも見られます。

ほかには、入社後の研修制度の充実度に差があるケースも。社会人経験がある転職の場合、新卒ほどの手厚いサポートや教育は受けられないこともあるようです。転職活動では、キャリアを活かして自ら学んでいく姿勢や、即戦力として期待できるかどうかが重視されるといえるでしょう。


◆転職活動は在職中と退職後どちらにするべき?

転職活動をスタートさせるタイミングは、大きく2つに分けられます。仕事を続けながら転職活動を行うか、辞めてから取り組むべきか、選択に迷う人も多いはず。在職中と退職後、それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで転職活動を行いましょう。

【在職中の転職】

職歴にブランクが生じずに済むのは、仕事を辞めずに転職活動を進めるメリットです。
ブランクがないということは、収入も途切れずに済むということ。経済面の心配をする必要がなくなるため、家賃や光熱費といった定期的な支払いも引き続き対応可能です。
税金や年金、保険などの転職にともなう手続きを会社側が行ってくれるのも、在職中に転職活動を行うメリットといえるでしょう。

上記とは反対にデメリットといえる点は、転職活動に思うように時間をあてられないところ。どうしても今の仕事に追われてしまうため、面接の時間を合わせづらいのも難点です。
急募やできるだけ早期の入社を望んでいる会社では、選考の時点で不利になる可能性もあり得ます。

【退職後の転職】

退職したあとに転職活動を行うことのメリットには、時間的に余裕を持てることが挙げられます。志望する業界や職種の情報収集にじっくり時間をかけられるうえ、面接の日程を調整しやすいのも利点です。
手続きを行えば、雇用保険の給付を受けられることもあります。

デメリットは、収入が途絶えてしまうところです。失業保険の給付は自己都合の退職では、失業保険の給付は3ヶ月間受けることができません。
空白期間があると転職活動の選考において不利になりやすい点も、難点の1つといえます。離職期間が長引くほど、企業側には悪い印象を与えがち。焦りが生じて、再就職先を妥協して決めてしまうケースも考えられます。


◆転職活動を成功させるコツ

納得のいく転職先を見つけるためには、退職理由を明確にさせる必要があります。転職後に同じ後悔を繰り返さないためにも、退職したいと思った理由は明確化させておきましょう。

転職先で譲れない条件と妥協できる点を掲げるも大切です。たとえば残業時間の多さが退職理由の場合は、「残業時間は月に◯時間以内」と具体的な条件を設定すると良いでしょう。

応募企業を絞りすぎないのも、転職成功のコツといえます。本命の会社がある人は、どうしても複数の企業に応募する気になれないかもしれません。
しかし、本命の一社の面接で自分の力を出し切れるとはいえないのが事実。面接に慣れる意味でも、志望する業種や企業をできるだけ広く持つことをおすすめします。

転職活動をスムーズに進めたい人は、転職エージェントを活用するのも1つの方法です。
ハタラクティブでは、経験豊富なプロのアドバイザーが一人ひとりの仕事探しをサポート。自分だけで転職活動を行うよりも、効率良く転職活動を進めることが可能です。
求人サイトに出回っていない非公開求人を扱っているところもハタラクティブの強み。きめ細かいヒアリングや万全の面接対策で、一人ひとりの思い描く転職を叶えるお手伝いをします。
サービスはすべて無料のため、まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ