離職票の期限は?10日過ぎたのに届かないときの対処法や発行の流れを解説

離職票の期限は?10日過ぎたのに届かないときの対処法や発行の流れを解説の画像

この記事のまとめ

  • 離職票とは、雇用保険の基本手当の受給手続きに必要な書類
  • 離職票が届く時期は、退職日の翌日から10日~2週間が目安
  • 離職票自体に有効期限はないが、基本手当の受給期間は退職日翌日から1年間が原則
  • 基本手当を受給する場合、退職日の翌日から1年以内に手続きしよう
  • 離職票が届かず10日~2週間過ぎたときは、会社やハローワークに相談しよう

退職後に受け取る離職票について、「有効期限はあるの?」「会社から送られてこないまま10日過ぎた...」と不安を抱く方もいるでしょう。離職票自体に有効期限はありませんが、基本手当の受給を希望するなら1年以内にハローワークへの提出が必要です。よって、離職票が届かなければ早めに問い合わせましょう。
このコラムでは、離職票の期限や発行の流れなどをご紹介します。参考のうえ手続きをスムーズに進めましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

離職票とは?有効期限はある?

離職票とは?有効期限はある?の画像

離職票とは、ハローワークで雇用保険の基本手当(失業手当)を受給する手続きに必要な書類です。交付される離職票は、基本手当の振込先を記載する「雇用保険被保険者離職票ー1」と、退職理由を記載する「雇用保険被保険者離職票ー2」の2種類。これらは退職後に会社からセットで受け取るため、大切に保管しましょう。

離職票に有効期限はある?

離職票に有効期限はありません。ただし、雇用保険の基本手当を受給する場合、退職日の翌日から1年以内にハローワークで手続きする必要があります。1年の提出期限を過ぎたら基本的には申請できないので注意しましょう。

なぜ受給手続きの期限は退職から1年以内?

基本手当の受給期間は退職日の翌日から1年間が原則です。そのため、受給手続きの期限も退職日翌日から1年以内とされています。

雇用保険の基本手当とは

雇用保険とは、失業者の生活・雇用の安定を目的とした保険のことで、正社員であれば勤め先で加入するのが基本です。雇用保険で受給できる手当のうち、基本手当(失業手当)は再就職を目指す失業者の経済的な不安を軽減するために支給されます。一定の条件を満たすことで、再就職までの間は給付金を受け取れるのがメリットです。

雇用保険の基本手当(失業手当)を受給する期間は、各失業者の退職理由や年齢などをもとに決まるため、全員一律ではありません。たとえば、自己都合退職の場合、「雇用保険の加入期間」によって受給期間が変わります。一方、倒産や解雇といった会社都合退職なら、「雇用保険の加入期間+退職時の年齢」によって受給期間が変わるのが特徴。

受給期間の詳細は、「失業手当の受給期間は?満了後に延長できる?申請方法も解説」をチェックしてみてください。

離職票と離職証明書の違い

「離職票」は退職者がハローワークに提出する書類を指します。前述したとおり、雇用保険の失業手当を受給する際の手続きに必要です。それに対して、「離職証明書」は退職者が勤めていた会社側がハローワークに提出する書類を指します。会社側は離職証明書を提出して、ハローワークから離職票を発行してもらうのが流れです。

未経験OK多数!求人を見てみる

離職票はいつごろ発行される?

会社によって異なりますが、離職票が発行され自身の手元に届くまでには、退職日の翌日から10日~2週間ほど掛かるといわれています。離職票が手元に届くまでの流れは、以下のとおりです。

1.社員の退職日翌日から10日以内を期限に、会社は「離職証明書」をハローワークに提出する
2.ハローワークが会社に「離職票」を送付する
3.会社は退職した社員に「離職票」を送付または手渡しする

厚生労働省の「雇用保険被保険者離職証明書についての注意(1p)」によると、会社側が離職証明書をハローワークに提出する期限は10日以内とされていますが、退職者が離職証明書の発行を希望しない場合は提出しなくて良いとされています。よって、再就職の意思がない旨を伝えた場合、会社側が離職票発行の手続きを行わない可能性があるため注意しましょう。

また、会社がハローワークに送る「離職証明書」は、退職前に離職者本人が記名押印あるいは自筆で署名することになっています。離職証明書には退職理由の欄があるため、記載内容を確認したうえで記名押印または署名をしましょう。
離職票の退職理由に関しては、「離職票の離職理由はどう書かれる?契約期間満了は?異議申立ての方法も解説」を参考にして、間違いないか確認してください。

離職票の貰い方について詳しく知りたい方は、「離職票のもらい方とは?退職証明書と離職証明書との違いについても解説!」もあわせてご覧ください。

参照元
厚生労働省
トップページ

離職票の交付を申請する期限は?

ハローワークにおける離職票の交付手続きに期限はありません。ただし、前述のとおり、雇用保険の基本手当(失業手当)を受給できるのは退職日の翌日から1年間。この期間を過ぎると、基本手当を受け取れなくなるため注意しましょう。

「離職票を貰わなかったけどやっぱり欲しい!」ときは?

離職票を発行したい場合は、退職した会社に「離職証明書」の発行を依頼しましょう。また、離職票の再発行についても同様です。

離職票が10日~2週間過ぎても届かないときの対処法

離職票が10日~2週間過ぎても届かないときの対処法の画像

「退職してから10日~2週間過ぎているのに離職票が届かない…」という方は、会社に連絡を取るか、ハローワークに相談しましょう。ここでは離職票が届かないときの対処法をまとめたので、いざというときでも焦らず行動できるよう確認しておいてください。

退職した会社に確認を取る

「離職票が10日~2週間過ぎたのに届かない」「会社から離職証明書や離職票についての言及がなかったので不安…」という方は、会社に連絡して確認を取りましょう。
もし「退職後はしばらく就職しないつもりでいる」と職場に伝えていた場合、会社は離職証明書の作成義務がないため、離職票の発行手続きをしていない可能性も考えられます。仕事探しをしている間に基本手当を受給したいのであれば、再就職を目指している旨を会社に伝え、離職票の発行手続きを進めてもらうことが必要です。

ハローワークに相談する

「会社に離職票の発行を依頼したにも関わらず、なかなか届かない…」という場合は、ハローワークの力を借りましょう。退職者から離職票の交付申請を受けている場合、離職票の発行手続きを行うのが会社の義務です。ハローワークに相談すれば、離職証明書の送付を会社に催促してくれます。
離職票が目安の期限を過ぎても届かないときの対処法については、「離職票がもらえない!くれないのは違法?ハローワークへの問い合わせも解説」もぜひ参考にしてみてください。

離職票なしで仮手続きを進められる場合がある

失業保険の受給手続きは、離職票なしで進める方法もあります。離職日の翌日から12日以上離職票が届かない場合、退職証明書など退職日がわかる書類があれば、離職票が手元になくても仮手続きが可能です。ただし、仮手続きが可能であるかどうかはハローワークによって異なるので、事前に管轄のハローワークへ手続きの流れや必要書類を確認しましょう。

離職票は、手続き次第では手元に届くまで1ヶ月以上かかる場合があります。離職票が届くのを待っていては、失業保険の受給開始が遅れて経済的に不安を抱えてしまう恐れも。就職活動を不安なく円滑に進められるよう、離職票について正しく理解しておきましょう。

「離職票以外にも、退職や仕事探しで必要な書類や手続きってあるの?「早く再就職したいけれど、内定をもらえるか不安…」という方は、就職・転職エージェントに相談するのがおすすめ。
ハタラクティブでは、20代のフリーターや既卒、第二新卒などを対象に、求人紹介や選考対策のサポートを行っています。カウンセリングを通して、専任のキャリアアドバイザーが適性や要望に沿った求人をご提案。実際に取材した企業の求人を取り扱っているため、仕事内容の詳細や社風といったリアルな情報もお伝えできます。
また、履歴書の書き方や面接応対のアドバイス、選考日程の調整代行などにも対応しているので、「仕事探しに自信がない」といった場合も安心です。
サービスはすべて無料で受けられます。前職の退職に関することや、就職活動上で発生する手続きに関する相談や疑問にもお答えしているので、お悩みの方はぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

離職票が10日過ぎたのに届かないときに関するQ&A

ここでは、離職票の概要や期限にまつわるお悩みをQ&A方式で解決します。

離職票とは何ですか?

離職票とは、ハローワークで失業手当の給付手続きをする際に必要な書類です。退職者が離職票の交付を希望している場合、会社側がハローワークに「離職証明書」を提出して離職票の発行手続きを行います。離職票については、「離職票の正式名称は?ハローワークで必要な手続き」もあわせてご覧ください。

離職票に期限はある?使わなかった場合どうする?

離職票に有効期限はありません。ただし、このコラムの「離職票に有効期限はある?」でも説明しているように、失業手当の受給期間は原則として退職した翌日から1年間です。そのため、ハローワークへ離職票を提出する期限も1年以内とされています。
離職票を使わず再就職できた場合も、早期退職した場合必要となる場合があるので、1年間は保管しておいた方が良いでしょう。

退職時に離職票の発行は必ず依頼すべき?

退職後にハローワークから失業手当を受給する予定がなければ、必ずしも離職票の発行を依頼する必要はありません。「転職先が決定している」「求職活動をする予定がない」という場合は、離職票を受け取らなくても問題ないでしょう。

離職票が10日以内に届かないと会社側に罰則はある?

会社側は退職する社員に再就職の意思がある場合、その社員が退職後10日以内に離職証明書をハローワークに提出する必要があります。その後ハローワーク側が離職票を会社へ発行し、手渡しまたは郵送で手元へ届けられるため、10日以上離職票が届かなくても会社側に罰則があったり、遅いからといって損害賠償の請求はできません。
離職票が届かずお困りの場合は、「離職票は失業給付に必要?手続きの流れや手元にない場合の対処法」もご参照ください。

離職票をハローワークに提出しないとどうなる?

離職票をハローワークに提出しないと、失業保険の手当を受給できません。失業保険の受給を希望しない場合や退職時に次の就職先が決まっている場合は、提出しなくても問題ないでしょう。
「次の就職先を早めに見つけたい」方は、ハタラクティブをご利用ください。キャリアアドバイザーがマンツーマンで、求人紹介から選考対策、入社後のアフターフォローまで行っています。

この記事に関連するタグ