離職票がもらえない!くれないのは違法?ハローワークへの問い合わせも解説

離職票がもらえない!くれないのは違法?ハローワークへの問い合わせも解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・離職票がもらえない原因には、雇用保険の未加入や企業の認識違いなどがある
  • ・離職票がもらえないときには、早めに企業に問い合わせをする
  • ・企業に問い合わせても離職票がもらえない場合は、ハローワークへ相談をする
  • ・離職票がなかなかもらえない場合でも、「仮手続き」で失業保険の手続きを進められる

退職して、早速失業保険の手続きをしようと思っていたにも関わらず、離職票がもらえずに困っている方もいるでしょう。離職票がもらえない原因には、「雇用保険に入っていない」「企業に必要だと認識されていない」「ハローワークが繁忙期」といったものがあります。そのうち、自分がどの原因に当てはまるのかを早めに特定することが重要。まずは企業に問い合わせてみて、うまくいかなければハローワークへ相談してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

離職票がもらえない原因は?

離職票がもらえない原因には、雇用保険の未加入や企業の認識違い、ハローワークの状況など、さまざまなものが挙げられるでしょう。以下、詳しくご紹介します。

雇用保険に入っていないから

離職票は、雇用保険加入者が失業手当を申請するために使う書類です。よって、雇用保険に入っていない場合には、そもそも離職票を発行する対象にはなりません。
「自分は雇用保険に入っていたはずなのに、離職票が発行されない!」という場合には、早急に企業へ問い合わせることをおすすめします。

離職票が不要だと思われているから

離職票は、雇用保険に入っている人すべてが発行対象となるわけではありません。
先述のとおり、離職票は失業手当を申請するための書類。よって、申請しない人とみなされた場合には、離職票の代わりに「雇用保険資格喪失確認通知書」という書類が送付される場合もあるのです。

雇用保険加入者が退職となった場合、そのまま離職票を発行する企業ほとんどですが、なかには上記のような理由で雇用保険資格喪失確認通知書を発行する企業も。
失業保険を申請したいと考えているなら、すぐに企業へ連絡しましょう。

離職票に関する基本的なことを知りたい方は「離職票の正式名称は?ハローワークで必要な手続き」のコラムをご覧ください。また、雇用保険資格喪失確認通知書については、「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書とは?退職時に必要な手続きも解説!」で詳しくご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

ハローワークの業務が多忙な時期だから

一年のうち、時期によっては退職者が多く、ハローワークの業務が多忙となり、対応に追われている場合があります。そのようなときには、離職票の発行が遅れることも。離職票が発行されない場合には、まず企業に聞いてみましょう。企業側で手続きが済んでいるときには、ハローワークの対応が遅れている可能性があるので、少し待ってみてください。

退職に関して企業側に不満があるから

退職の際に企業ともめてしまったなど、退職者に対して企業側があまり良い印象を抱いていない場合、なかにはあえて離職票を発行せずに困らせようとする企業もあるようです。
企業に離職票を発行したかどうかを確認し、なにかと理由をつけて発行してくれないようであれば、早急にハローワークへ相談しましょう。

企業の認識違いやハローワークの繁忙期など仕方のない理由であれば、離職票の発行にそこまで心配することはありません。しかし、嫌がらせなどで発行してもらえないという場合もあるので、その際には毅然とした対応が必要になるでしょう。

では、企業が離職票を交付してくれない場合、どうすれば良いのでしょうか。
次の項では、離職票を交付しない企業に課せられる罰則や、対処法について解説します。

離職票がもらえない!どうしたら良い?

離職票がもらえないときには、早急に企業やハローワークへ問い合わせをしましょう。

履歴書を交付しない企業に罰則はある?

結論からいうと、正当な理由がないのに離職票を交付しない企業には罰則が課せられます。
離職票を発行するのは、雇用保険法で定められている企業の義務だからです。

交付を拒否すると雇用保険法違反になる

まず、雇用保険法第76条3項では「離職した者は…求職者給付を受けるために必要な証明書の交付を請求することができる」(抜粋)と規定されています。
この規定に則り、証明書の交付を拒んだ場合、事業主には雇用保険法第83条4項により「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が課せられることになるでしょう。

参照元
e-Govポータル
雇用保険法

離職票がもらえない場合はどう対処する?

企業から離職票が発行されない場合には、以下の手順を踏んで対処しましょう。

企業に問い合わせをする

まず、企業になぜ発行してくれないのかについて問い合わせてみてください。企業の認識違いであれば、すぐに発行手続きを取ってくれるはずです。しかし、なにかと理由をつけて発行してもらえないようであれば、すぐにハローワークに相談しましょう。

ハローワークに相談する

企業に連絡しても離職票を発行してもらえない場合、ハローワークに早急に連絡してください。
手続きが遅れると、すべての給付を受けられないことがあります。

仮手続きをする

離職票が届かない間、失業手当の手続きが進められないと、それだけ給付開始までに時間がかかってしまいます。よって、生活の困窮を防ぐためにも、離職票がない状態で申請手続きが進められる「仮手続き」があります。
仮手続きには、ハローワークで登録したのち、退職証明書、社会保険資格喪失証といった離職日が書かれてある書類の持参が必要です。
しかし、仮手続きから4週間後の「認定日」までには離職票を提出する必要がある点に注意しましょう。それまでに離職票が提出できない場合には、失業手当の支給が保留されてしまいます。

離職票がもらえないことに関してはこんなトラブルも!

離職票がもらえないときには、以下のようなトラブルもあります。

正しい退職理由の離職票がもらえない

本当は会社都合退職なのに、自己都合退職扱いになっているなど、正しい退職理由の離職票が発行されない場合があります。そのようなときには、ハローワークに異議申し立てをしてください。異議申立書を離職票とともに提出すればOK。異議申立書に記載された内容をハローワーク側が審査し、審査の結果、退職理由が訂正されることもあります。

企業が雇用保険料を支払わず離職票が発行されない

雇用保険に加入していると思っていたのに、企業が雇用保険料を支払っていなかったために加入していたことにならず、離職票が発行されないということがあります。
その場合には、ハローワークに「雇用保険被保険者の確認請求書」を提出しましょう。

離職票が発行されたら転職活動を開始しよう

離職票が発行されたら、さっそく転職活動を開始しましょう。
そのままハローワークを利用するのも良いですが、転職エージェントを利用するのも一つの手です。転職エージェントの強みは、サービスごとに対象者が違うので、自分に合ったものを選べばスムーズな転職が叶う点にあります。また、担当の就活アドバイザーがきめ細やかに転職活動をバックアップしてくれるので、安心して転職活動ができるのも特徴です。

20代、30代若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、経験が浅く、スキルに不安のある方向けの求人を多く取り揃えております。ハタラクティブで扱う求人は、経験よりも若さにポテンシャルを感じ、今後の企業活動を担っていってもらいたいと考えている企業が多いので、経験不足を不安に思う必要はありません。転職活動が初めてという方も、専任の就活アドバイザーが力強くサポートいたします。ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

離職票がもらえないことに関するQ&A

ここでは、離職票が発行されないことに関してよくあるお悩みと回答をまとめました。

離職票がもらえない…まずなにをすべき?

まずは退職した企業に問い合わせてみましょう。退職後、すぐに離職票を発行してくれる企業もありますが、退職者の申し出がなければ発行しないというところも。よって、離職票が必要なことを早急に企業へ伝えるのが大事です。このコラムの「退職に関して企業側に不満があるから」で述べたように、企業によっては退職者を困らせようと敢えて発行しないという場合もあります。なにかと理由をつけて発行してもらえないときには、ハローワークへ相談しましょう。

離職票がもらえなければ失業保険の手続きはできない?

離職票がない状態でも、失業保険の手続きは可能です。「仮手続き」といって、ハローワーク登録後、社会保険資格喪失証や退職証明書といった離職日が書かれた書類を持参すれば、すぐに失業保険の手続きをしてもらえます。しかし、仮手続きから4週間経っても離職票を発行してもらえなければ、失業手当の支給が保留になってしまうので注意しましょう。

正しい離職理由の離職票がもらえないときは?

ハローワークに「異議申し立て」をしましょう。離職票に異議申立書を添えて提出してください。異議申し立ての内容をハローワークが審査し、認められれば離職理由が変更されます。離職票の離職理由については「退職後のこと考えてる?離職理由と失業保険の関係とは」で詳しくご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

企業が雇用保険料を払っておらず離職票がもらえません

企業の雇用保険料未払いによるものであれば、すぐハローワークに相談しましょう。
「雇用保険被保険者の確認請求書」を提出すると、退職者が雇用保険に加入していたかどうかをハローワーク側が調べます。退職者に雇用保険の加入履歴があるなら、しかるべき手続きをとってくれるはずです。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION