新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 諭旨解雇は懲戒処分の1つ!退職金や失業保険はどうなる?

諭旨解雇は懲戒処分の1つ!退職金や失業保険はどうなる?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・諭旨解雇とは、会社側の配慮で懲戒解雇より低い措置で処分になること
    ・会社側と労働者側が合意の上で決定するもので、退職金が受け取れる可能性は高い
    ・雇用保険上は「自己都合退職」となるので、失業給付を受給することもできる
    ・諭旨解雇は再就職に大きな影響がでないことがほとんど
    ・諭旨解雇について聞かれたら、自分の非を認め今後は真摯に業務に取り組む姿勢を示そう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

社会人として働くなかで、「諭旨(ゆし)解雇」という言葉を聞くこともあるでしょう。諭旨解雇は懲戒処分の1つですが、懲戒解雇などと異なり法律上で定義が定められていないため、会社によって扱いは異なります。諭旨解雇になってしまった場合、どのような待遇になるのでしょうか。再就職の影響など気になるポイントを整理してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

「諭旨解雇」は懲戒解雇の配慮措置

諭旨解雇とは、本来であれば懲戒解雇になる重大な事由があるものの、会社側の配慮で懲戒解雇よりは少しゆるめた条件での解雇の形にするもの。懲戒処分のひとつですが、普通解雇のように解雇の予告または解雇予告手当の支払いをしたうえで解雇にするのが一般的な流れです。

「諭旨」の意味

そもそも「諭旨」とは、趣旨や理由などをよく話して言い聞かせること。つまり、諭旨解雇の場合、会社側が従業員にさとし、言い聞かす意味合いがあるでしょう。

論旨解雇と他の言葉の違い

懲戒解雇との違い

懲戒解雇との大きな違いは、会社側と当事者が話し合いをしているかどうか。懲戒解雇の場合は当事者との話し合いはなく、企業側が一方的に通達するのが一般的で、解雇予告もありません。
一方、諭旨解雇の場合は「諭旨」の意味とおり企業側と当事者である労働者が話し合いを行い、双方が納得したうえで解雇を通達。本来であれば懲戒解雇を言い渡されてもおかしくないところを、当事者のそれまでの功績や実績、反省の度合いなどを汲み取って「温情措置」とする解雇処分を表しています。

諭旨退職との違い

まず確認しておきたいのが、「退職」とは自らの意思で会社を辞めること。「解雇」は会社側が決めることで、本人の意思に関係なく行われます。
以上をふまえると、「諭旨退職」とは、会社と話し合いを行ったうえで自ら退職を決定することといえるでしょう。諭旨解雇よりも強制力が低い点や退職願の提出が必要な点が、諭旨解雇との違いです。

奨励退職や依頼退職との違い

奨励退職とは、「会社として主導はしないものの、日常的な会話やコミュニケーションのなかで退職を促す」こと。あくまでも意思決定は本人に一存しており、会社として強く退職を求める措置ではありません。
また、依頼退職は「労働者側から会社側に、退職を願い出る」こと。会社が雇用を決定しておらず、「自己都合退職」と同義で使用されています。

会社によって対応は異なる

労働基準法では、諭旨解雇に関する明確な定義はありません。さらに、諭旨解雇の基準や、諭旨解雇と諭旨退職どちらを使用するかなどは企業によって異なるのが一般的。なかには諭旨解雇と諭旨退職を同義で使用する企業もあるようです。

懲戒の種類

ここでは、諭旨解雇を含む懲戒処分についてまとめました。諭旨処分や懲戒解雇がどの程度の処分なのか、改めて確認しておきましょう。

1.戒告

「戒告(かいこく)」は懲戒処分のなかでもっとも軽い処分。文書や口頭で該当社員に注意を与えます。注意に対する反省は口頭で伝えれば問題ありません。

2.譴責

「譴責(けんせき)」は、戒告と同様に文書や口頭で注意を受けるもの。ただし、回答は口頭ではなく文書に残す必要がある、いわゆる「始末書」処分です。

3.減給

減給は、支払う予定の給与を一定額差し引く罰。減給できる額は労働基準法によって「1日分の平均賃金の半額まで」と定められています。

4.出勤停止

出勤停止は、一定期間の就労を禁止する処分です。出勤停止中は賃金は発生しませんし、勤続年数にもカウントされないので、給与だけでなくボーナスや退職金にも影響が出るでしょう。期間について法的な定めはありませんが、1週間~1ヶ月が一般的です。

5.降格

降格は、該当社員の役職や等級を下げる処分。役職が下がれば給与も下がることが多く、金銭的ダメージも考えられます。

6.諭旨解雇

諭旨解雇の詳細は、先述のとおりです。諭旨解雇を想定した話し合いを行い、合意に至らなかったり定めた期日までに結論が出なかったりすると、懲戒解雇となることがあります。

7.懲戒解雇

懲戒解雇は、懲戒処分のなかでもっとも重い処分で、企業が懲戒解雇と決定すれば、労働者の意思に関係なく即時解雇されるのが一般的。また、就業規則に記載があれば、退職金の一部または全額が不支給になることもあります。

解雇の4つの種類

ひと口に「解雇」といっても種類はさまざまで、主に普通解雇・整理解雇・諭旨解雇・懲戒解雇の4つに分けられます。それぞれの概要や該当例などを以下にまとめたので、ご参考にしてください。

1.普通解雇

普通解雇は、解雇の中でも懲戒解雇や整理解雇にあてはまらないものを意味し、就業規則にある普通解雇事由に相当する事柄がある場合に行われます。懲戒解雇のように、ある行為に対して制裁として行われるものではなく、適性の欠如や成績不振など、会社が指導を行っても改善されることがない場合に行われることが大半。
最近では、健康上の理由で長期間職場復帰できない場合に、普通解雇という形を取る会社もあります。

2.整理解雇

整理解雇は、会社の経営状態が不振になった場合など、人員削減が必要な際に行われる解雇。俗に言うところの「リストラ」です。
整理解雇の場合は、本人に非がない解雇と見なされるため「会社都合退職」となり、失業給付金にも給付制限がなく、比較的早期に失業給付金受け取ることができます。

3.諭旨解雇

諭旨解雇の解雇理由は当該社員にあるものの、会社側の配慮によって懲戒解雇を免れる解雇です。

4.懲戒解雇

懲戒解雇は、当該社員が会社の不利益になるような特定の行為を行ったことに対して、制裁処置という形で行われる解雇です。業務が妨害されるような悪質な規則違反や、刑事犯罪を起こした場合などがこれに当たります。

諭旨解雇は退職金や失業保険が支払われる

解雇を言い渡されたときに気になるのが退職金や失業保険ですが、基本的に諭旨解雇の場合は両方とも受け取ることが可能です。

懲戒解雇より退職待遇が良いことがほとんど

懲戒解雇の場合、本人に重大な過失があることによって解雇されるため、退職金は支払われないのが一般的。しかし、諭旨解雇は会社に情状酌量してもらった結果の解雇です。そのため基本的には懲戒解雇よりも退職の際の条件は良く、退職金は全額または一部支払いの企業が多数。
さらに、懲戒解雇の場合は解雇予告手当とも無縁ですが、諭旨解雇は場合によっては受け取れることもあるようです。

「自己都合退職」として失業保険も受給可能

諭旨解雇は、失業給付金を受け取ることもできます。ただし、自己都合退職者や懲戒解雇を受けた人と同じ扱いになり、ハローワークに届け出を出してから7日間の待期期間と3か月の給付制限があるため、受給を検討している場合はまずハローワークの窓口に確認しましょう。

諭旨解雇が再就職に影響しない理由

諭旨解雇となった場合、再就職への影響が気になる方もいるでしょう。結論から述べると、諭旨解雇の事実は再就職にほぼ影響しません。詳細は以下をご覧ください。

書類に記載する必要がない

履歴書に記載するときは、単に「退職」と記せばよく、わざわざ内容を書く必要はありません。履歴書に「賞罰」という欄があっても、この欄に記載するのは「確定している有罪判決」や「刑事罰」。懲戒解雇や諭旨解雇はこれらに当てはまらないので、基本的には記載しなくていいでしょう。

面接での申告義務もない

面接でも、申告したくなければ伝えなくてOKです。ただし、諭旨解雇の事実が発覚することを恐れ、該当企業で働いていたこと自体を隠蔽するのは経歴詐称となるため、避けてください。

離職票や退職証明に諭旨解雇が記載されていることもある

口頭で退職理由を聞かれなくても、提出書類の中に離職票や退職証明書がある場合には要注意。諭旨解雇の旨が記されているため、相手企業に知られてしまいます。

ニュースや新聞で世間に広がる可能性も

起こした事柄の内容によっては、ニュースや新聞で報道され世間に詳細が広がることもあります。また、企業間や業界内の噂として知られていることも。自分から発信しなくとも、外部情報から諭旨解雇であることが明らかになる可能性はゼロではありません。

解雇や退職に関して説明や詳細を求められたら、言い訳をせず自分の非をきちんと認めることが大切です。自分が行ってしまったことへの反省と、これからの前向きな気持ちをきちんと伝え、仕事に対して真摯に取り組む姿勢を示しましょう。

再就職で悩んだらプロに相談しよう

再就職先がなかなか見つからない、諭旨解雇について聞かれたら不安など、再就職に関して悩んでいるならハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブでは、多くの就職希望者をサポートしてきた実績を持つ「就職のプロ」が、専任担当者となって再就職支援を行っています。ご希望や適性に合う就職先のご紹介だけでなく、退職理由や自分の強みの伝え方、企業に響くアピールのコツなどをマンツーマンで指導。未経験者歓迎の求人も多く扱っているので、心機一転スタートを考えているなら、ぜひお問い合わせください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?