離職票は失業給付に必要?手続きの流れや手元にない場合の対処法

離職票は失業給付に必要?手続きの流れや手元にない場合の対処法の画像

この記事のまとめ

  • 失業給付金を受給したい場合は、ハローワークへ離職票の提出が必要
  • 失業給付の手続きに必要な離職票は、退職時に会社へ発行を依頼することで受け取れる
  • 離職票を紛失して手元にない場合は、ハローワークか会社で再発行の依頼ができる
  • 離職票は失業給付金の申請時に必要な書類だが、転職時に提示を求められる場合もある

失業給付の手続きを考えている方のなかには、「離職票なしでも大丈夫?」「もらい方は?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。離職票は、失業給付の申請時に必ず提出を求められる書類。退職時に会社へ交付を依頼することで受け取れます。このコラムでは、離職票に関する基本的な知識をまとめました。離職票が手元にない場合の対処法や、離職票の受け取りから失業給付の手続きまでの流れも紹介しているので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

離職票は失業給付に必要?

離職票は失業給付に必要?の画像

会社を退職後に失業給付金を受給したい場合は、離職票の提出が必要です。離職票は、退職後に会社から受け取り、自身でハローワークへ提出します。

離職票とは

離職票とは、ハローワークに失業給付を申請するときに必要となる書類です。正式には「雇用保険被保険者離職票」と呼ばれます。離職票には、以下の2種類があります。

・雇用保険被保険者離職票ー1(雇用保険被保険者資格喪失届):失業給付金の振込先を記載する書類
・雇用保険被保険者離職票ー2(雇用保険被保険者離職証明書):退職理由と直近6ヶ月間の給与が記載された書類

2つの申請書は、勤めていた会社に交付を依頼します。

退職証明書は離職票とは異なる?

離職票は、失業給付の手続きに必要となる公的な書類であるのに対し、退職証明書は、会社が独自に退職者へ発行する退職を証明する書類です。転職時など、退職の証明が必要な場合に使用します。離職票や退職証明書については「退職日が証明できるものって、何があるの?」のコラムでも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

離職票のもらい方と失業給付手続きの流れ

離職票のもらい方と失業給付手続きの流れの画像

この項では、離職票の受け取りから失業給付の手続きまでの手順を紹介します。

1.在職中に雇用保険の加入の有無を確認する

失業給付を受け取るには、離職の日以前の2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12ヶ月以上ある必要があります。在職中に受給要件を満たしているかどうか確認しておくと安心です。

離職票が複数ある場合は合算できる?

雇用保険の加入期間は、離職票が複数ある場合は合算が可能です。ただし、合算する2つの会社の間に、1年以上の無職期間がある場合は合算できません。詳しくは、「加入期間によって条件が変わる?雇用保険の加入対象者と受給額」のコラムをご覧ください。

2.退職時に会社へ離職票の発行をお願いする

退職が決まったら、会社に離職票の発行を依頼しましょう。会社は、退職者から離職票の発行依頼を受けて、雇用保険被保険者資格喪失届と雇用保険被保険者離職証明書をハローワークに提出します。申請書類に問題がなければ、ハローワークから会社宛てに2種類の離職票が発行されるという流れです。

3.離職票を受け取る

会社から2種類の離職票を受け取ります。離職票は、郵送で送られてくるのが一般的ですが、会社から直接受け取る場合もあるようです。離職票が手元に届くまでの期間は、退職日から10日〜2週間が目安となります

4.ハローワークで失業給付受給の手続きをする

退職者は、2種類の離職票をハローワークに提出して失業給付受給の申請を行います。手続きは、退職者の居住地を管轄するハローワークで行う必要があるので注意しましょう。失業給付受給の申請には、2種類の離職票のほかに、個人番号確認書類、身元確認書類、写真(マイナンバーカードを提示する場合は省略可)、本人名義の預金通帳(またはキャッシュカード)の持参が必要です。

失業給付を受けるための要件は?

失業給付は、ハローワークで求職の申込みを行い、就職する積極的な意思があるものの就業できない人を対象にしています。また、就職できる能力を持っている必要があるため、病気や怪我、出産、子育てなどですぐに就業できない場合は、受給要件から外れてしまいます。雇用保険の基本手当を受け取るための要件について詳しく知りたい方は、「あなたは条件を満たしてる?失業保険の受給資格とは?」のコラムも参考にしてください。

参照元
ハローワークインターネットサービス
雇用保険の具体的な手続き

離職票が手元にない場合の対処法

離職票を紛失して手元にない場合は、再発行が可能です。ハローワークまたは退職した会社で再発行の申請を行いましょう。

ハローワークにて自分で離職票の再発行を申請する

ハローワークで再発行の手続きを行う際は、会社の事業所を管轄するハローワークで申請するのがおすすめです。管轄外のハローワークでも手続きは可能ですが、離職票を受け取るまでに時間がかかる場合があります。代理人による再発行の申請はできないので、自分で直接手続きを行いましょう。なお、離職票の再発行は、郵送や電子申請でも可能です。

参照元
ハローワークインターネットサービス
雇用保険被保険者離職票再交付申請書

退職した会社に離職票の再発行を依頼する

退職した会社に再発行をお願いすることもできます。ただし、ハローワークで直接手続きを済ませたほうが、離職票をスムーズに受け取れます。諸事情により会社と連絡が取れない場合や急ぎの場合は、ハローワークで再発行の申請を行いましょう。

転職時に離職票は必要?

離職票は、前述のとおり失業給付の申請時に必要な書類ですが、企業によっては入社手続きの際に提出を求められる場合もあります。ここでは、転職時に必要となる書類を紹介するので転職を検討している方は、参考にしてみてください。

転職先で提出を求められる書類

転職先の入社手続きで必要となる書類は、「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」の3つです。退職時に受け取る書類なので、確認しておきましょう。そのほか、企業によっては離職票や健康診断書、資格・免許の証明書などの提出が求められる場合もあります。

入社手続きに必要な書類については「転職時の必要書類を知っておこう!各種類について詳しくご紹介」のコラムでも解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

離職後は転職エージェントを利用するのがおすすめ

離職後は転職エージェントを利用するのがおすすめの画像

失業給付を受けながら転職先を探そうと考えている方は、ハローワークと併用して転職エージェントも利用するのがおすすめです。ハローワークは求人数が多い反面、自分に合った企業を選びにくい側面も。転職エージェントであれば、就職のプロの視点から適性のある仕事の紹介を受けられるうえ、サポート体制も充実しています。ハローワークと併用して利用することで、自分に合った転職先に出会いやすくなるでしょう。

「転職活動に不安がある」「自分に合った仕事を知りたい」という方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーター、ニートといった若年層を中心に、就職のサポートをしています。未経験を歓迎する求人を多く取り揃えているのが特徴。応募書類の添削や面接対策といったサポート体制も万全なので、就職・転職に不安がある方も安心です。サービスはすべて無料で利用できるので、お気軽にお問い合わせください。

離職票に関するQ&A

ここでは、失業給付に必要な離職票に関してよくある質問をまとめました。

離職票はいつ届く?依頼してから10日過ぎたけど届かない…

離職票は、通常であれば退職日から10日〜2週間を目安に届きます。10日を過ぎても届かない場合でも、あと数日待てば受け取れる可能性が高いでしょう。ただし、2週間を過ぎても離職票が手元に届かない場合は、手続きに何らかの不備が生じている場合も考えられます。ハローワークや離職した会社へ問い合わせて確認しましょう。失業給付における手続きの期限が心配な方は、「退職後にハローワークで行う手続きとは?期限や雇用保険の受給方法を解説!」のコラムを参考にしてください。

ハローワークへの離職票の提出期限は?

ハローワークにおける離職票の提出に期限はありません。ただし、失業給付を申請できる期間は、原則として退職日の翌日から1年以内です。期限を過ぎた場合は、時効期間内の2年間であれば申請が可能とされています。離職票の発行に期限はないですが、失業給付の申請に間に合うように余裕を持って準備しましょう。「離職票の期限は?ハローワークへの提出はいつまで有効?発行の流れも知ろう」では、離職票の有効期限についても解説しているので、こちらもご参照ください。

離職票をもらえる条件は?

会社は、退職者が離職票を求めれば発行の義務があります。そのため、受け取るにあたって条件はありません。会社に問い合わせても対応してもらえない場合は、ハローワークへ相談しましょう。離職票について疑問をお持ちの方は、「離職票の正式名称は?ハローワークで必要な手続き」のコラムをご一読ください。

離職票の使い道は?

離職票は、通常であれば失業給付の手続きに必要となる書類です。ただし、企業によっては転職先で離職票の提示が求められる場合もあるようです。離職票について知りたい方は、「離職票の離職理由はどう書かれる?契約期間満了は?異議申立ての方法も解説」のコラムもチェックしてみてください。

離職後の転職活動が不安…

離職後の転職活動に不安がある方は、転職のプロに相談しながら進めるのがおすすめです。若年層を対象とした就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専属のアドバイザーが一人ひとりに合った求人を紹介します。就職に関する相談をはじめ、履歴書の添削や面接対策も受けられるため、転職に不安がある方も安心です。サービスは無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ