1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. タイミングが大事!転職するのに適した時期とは?

タイミングが大事!転職するのに適した時期とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職に適した時期には、個人的なタイミングと転職市場から判断するタイミングがある
    ・個人的なタイミングとしては「2年以上の勤続後」や「資格取得や実績を残した後」などが良い
    ・転職市場からすると、求人数が多くなる3月から4月と9月から10月がおすすめ
    ・転職に良いタイミングは個人差もあるので、的確に自己分析し、計画的に進めることが大切

就活を終えて入職したものの、なぜかしっくりこない。あるいは、もっとやりたいことが見つかったというあなた。転職をするなら、辞める時期を見定めることが大切です。勤続期間があまりにも短いと長く続かない人と判断され、思うような転職先が見つからないかもしれません。
転職するのによいタイミングとはいつなのか、このコラムで一緒に学んでいきましょう!

◆個人のタイミング

転職のタイミングといっても、個人的な立場から見た時期と転職市場側によるものとの2種類があります。それぞれについて、以下にまとめましたので、ご覧ください。

【勤続年数は2年以上が好ましい】

転職者自身のタイミングとしては、勤続年数はできれば2年以上あった方がよいでしょう。2年以下の場合だと、「長く続かない人材」「基本的な社会常識が身についていないかもしれない」と能力を過小評価される可能性があります。

【転職回数は多すぎると不利】

面接官が職務履歴書を見た際、短期間で転職回数が多いとどのように感じるでしょうか?「次々と職を変えるのには、仕事を継続できない欠点があるからかもしれない」「勤続期間が短かすぎて、何のスキルも身についていないのではないか」と採用に難色を示すかもしれません。

【異業種への転職は年齢が若い方が有利】

年齢が若いほど、知識やスキルにおいて吸収するスピードが早いとされています。これまでの経験に頼らず異業種への転職する場合は、若い方が有利といえるでしょう。

【第二新卒は転職に有利】

卒業後、新卒入社してから3年未満の第二新卒の時期であれば、企業側にとって「ある程度の社会経験と若さを備えた人材」という魅力があるため、採用したいという気持ちが生まれます。このため、第二新卒は転職に有利です。

【資格取得・実績を残した後に】

転職を急ぐ前に、資格を取得したり、ある程度の実績を残したりすることも大切です。「目標を達成する努力ができる人物」という高評価に繋がるかもしれません。

また、プロジェクトなどを任されている場合など、現在の職場での責任をしっかりと果たしてから転職するのも大切です。上司や同僚に迷惑をかけないというのは最低限のマナーといえます。

特に同業種への転職の場合だと、転職先で良くない噂が広まることも十分考えられます。自分の意思を押し通したせいで、自己中心的な人物と評価されてしまっては、転職先で活躍することが難しくなる可能性も出てきます。


◆転職市場のタイミング

前の項目では、個人的な立場からの転職の時期について触れましたが、次は転職市場の視点から、転職に良い時期を考えてみたいと思います。

【春と秋は求人が増加傾向】

一般的に、3月から4月頃と9月から10月頃にかけては、求人数が増えるといわれています。年度切り替えによる退職者の補充や新規事業の展開時期などと重なるためです。

特に10月は、上半期の業績を見た上で、人材補強のために求人が出されることが多くあります。10月は、下半期に即戦力となってくれる人材の募集と、4月から新人として採用する人材の両方が求められる大切な時期でもあります。

逆に、求人数が少ない時期は、年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期などです。ただし、業界や職種によっても状況は異なります。業種によっては通年募集しているものから急募の求人もあるため、日頃から動向を伺い、しっかりと準備しておくことが大切といえます。


◆転職は計画的に!

転職は「個人と市場のタイミングがうまく合わさって成功するもの」とわかったところで、最後に、転職で大切なことをいくつか付け加えたいと思います。

【在職中、退職後どちらに転職活動するかも考える】

退職後か在職中か、いつ転職活動をするかで、それぞれメリットとデメリットがあります。
メリットについては以下の通りです。

・退職後は、仕事に時間を取られることがないので、就活に十分打ち込むことができる
・在職中は、すぐに転職先が見つからなくても、経済的な面で心配せずに済む

一方、デメリットとしては次のようなことが挙げられます。

・退職後は、転職先が決まらないと経済的に困窮することになる
・在職中は、書類作成や面接時間にかける時間が限られているため、転職活動に制約がかかる

以上のメリット・デメリットを比較して、自分にあった転職方法を見つけると良いでしょう。

【転職に良いタイミングは年齢やその人のキャリアによって異なる】

いずれにしても、転職に良い時期はその人の年齢やキャリアによって大きく異なるため、転職活動の前には的確な自己分析が必要だといえるでしょう。

「今、転職すべきか迷っている」「今の会社で働き続けたくはないが、何から手を付けていいかわからない」などという方は、エージェントの力を借りてみるのも良いかもしれません。

ハタラクティブでは、キャリアアドバイザーが親身になって一人ひとりのご相談にお応えします。転職に良い時期やどんな業種があなたに合うのかなども、的確にアドバイス。就活のプロに客観的な目で分析してもらうことは、転職を成功させる秘訣です。ぜひ、一度ご相談を!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる