新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職を決めたら…知っておきたい退職のタイミング

転職を決めたら…知っておきたい退職のタイミング

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職活動のタイミングは、在職中と退職後どちらでも可能
    ・在職中と退職後双方のメリット、デメリットを知って自分に合う転職活動をしよう
    ・退職の意思を伝える時は円満に退職できるようにいくつかのポイントをおさえておこう
    ・円満な退職を望むなら退職時のマナーや手順も忘れずに

転職することを決断すれば、あとは様々なタイミングを図って行動に移すのみ!とは言っても、そのタイミングがなかなか難しいもの。そこで、今回は転職のタイミング、退職のタイミングについてまとめてみました。

◆転職活動のタイミング…在職中or退職後?

転職を検討した時に、就職先を先に決めておくか、それとも退職後に探すか悩ましいところです。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、自身に合うタイミングを考えてみましょう。

【在職中】

・メリット

仕事をしながらの転職活動は、経済面の心配がありません。よって焦る必要がなく、自分のペースで仕事探しができます。加えて、経歴に間を開けることなく次に進めることが企業側への好印象にも繋がるでしょう。
場合によっては、就職先がなかなか決まらなくても今の職場に留まることが可能です。

・デメリット

あくまで在職中の仕事がメインのため、転職活動の時間は限られます。
いざ面接日程が決まったとしても、面接時間を捻出できなければ次に進めないので、スケジュール管理を徹底する必要があるようです。また、準備にかける時間もないため、十分な対策をしないまま面接日を迎えてしまうことも。
中には、次の転職が決まるまで長い期間を要したというケースがあります。

【退職後】

・メリット

退職後は時間の束縛がないことが最大のメリットといえるでしょう。
転職活動に集中して時間をフル活用できます。また、その仕事に就いた後のキャリアなど今後の展望を考える時間もあり、将来を十分に考慮して納得できる就職先を探せます。
条件によっては失業手当や支援金を受給することが可能です。

・デメリット

働いていた時と違い、収入がない状況での転職活動は困窮が懸念されます。
給料が発生しない中、僅かなりとも支出は発生するため、前もって貯蓄しておかないと生活が厳しくなるでしょう。
生活が厳しくなっていくと、転職先をどうしても妥協せざるを得ない…なんてことになってしまうことも。
納得のいく転職にするためには、貯金をしておくとも大切です。
加えて、退職から次の転職先までブランクが開くと応募企業への不信感繋がる可能性があるので、ゆっくりし過ぎても決まりづらくなっていきます。

経済的安定や職歴へのブランクを考えると、在職中の方がリスクが少ないように感じます。
ですが、ゆっくり自身を見つめて慎重に転職活動を行いたいとお考えの方には退職後の方が時間に余裕があります。
全体を通して、今の状況と自分のビジョンに合った方を探しましょう。


◆退職を申し出るタイミング…円満退職するには?

実際に退職するとなったら「誰に伝えたらいいの?」「いつどうやって伝えたらいい?」「なんて言ったらいいの?」など、実際は経験しないとよく分からないことも多いでしょう。
そこで、退職を伝えるタイミングをまとめてみました。

・一般的には1~2ヶ月前に退職の意思表示をする
※それぞれの職場の就業規則によるので事前に確認しておく
・繁忙期を避ける
・大きなプロジェクトや担当を任命された後は避ける(任命を受ける前に伝えよう)
・引継ぎにかかる時間を考慮して伝えよう

【退職時のマナーや手順を知ろう】

円満に退職するには、マナーや手順を守って行うことも大切です。

・上司には事前にアポを取っておこう
・退職意思はまずはじめに直属の上司に伝える
・職場の人を不快にさせるネガティブな退職理由はNG
・退職については上司と公表のタイミングを決める
(職場のモチベーション低下や現場の混乱を招く恐れがあるため)
・引継ぎ内容は文書にまとめ、できれば時間をとって直接説明する
・職場の人、取引先や顧客への挨拶を忘れずに

転職をするには、現在の状況を踏まえた上で進めた方がより効率的といえます。
あとは、そこで培ってきたものを次にどう活かすのか、これまで構築してきた人間関係をいかにそのままに次のステップへと進むのかを考えるともっと将来のビジョンが切り開けるかもしれません。
ハタラクティブでは、在職中、退職後どんな状況の方でも、その方に応じた転職活動の進め方で新しいステップをサポートしています。
一人ではスムーズに解決できないことが、相談一つで解決することも。
ぜひ一度ご利用ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ