社会人3年目で大手企業に転職したい!成功のコツは?

社会人3年目で大手企業に転職したい!成功のコツは?の画像

この記事のまとめ

  • 大手企業は新卒採用を積極的に行っているので、転職者の採用は少ない傾向がある
  • 新卒3年目での転職の場合、新卒よりも教育コストがかからないことで重宝される
  • 大手企業に転職するメリットは、安定感や大規模な業務に携われることなど
  • 大手企業に新卒3年目で転職しても、年功序列の風土があり活躍できない可能性も
  • 転職を考えているなら、社風や仕事内容など企業規模以外のポイントもチェックしよう

入社3年目で転職を考えたとき、大手企業を視野に入れる方もいるでしょう。入社3年目の転職では第二新卒としての採用ニーズが狙えます。しかし、大手企業は新卒採用に重点を置くため転職が難しいのも事実。第二新卒としての強みをアピールしつつ、採用されやすい業界を狙いましょう。コラムでは、転職のポイントや大手企業で働くメリット・デメリットについてまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

社会人3年目で大手企業への転職は難しい?

大手企業では新卒採用に重点を置くことが多く転職者の採用は少ない傾向にあるため、大手企業への転職というのは少しハードルが高いといえます。
中途採用者には即戦力を求める傾向があるため、中小企業から大手企業へ転職する際はアピールの仕方を工夫するなどの対策が必要です。

社会人3年目は第二新卒

社会人3年目は、転職市場では「第二新卒」に分類されます。第二新卒とは、「「第二新卒」の期間はいつまで?既卒との違いや転職成功のコツを解説」のコラムでも説明しているように、大学などを卒業して新卒就職したものの、短期間で転職を希望する社会人のこと。明確な定義はありませんが、一般的に新卒入社から3年以内の人を指すことが多いため、社会人3年目で転職を希望するなら第二新卒になります。

大手企業とは

一口に「大手企業」といっても定義は定められていませんが、一般的には「資本金が多い」「知名度が高い」「企業規模が大きい」「その業界で最大手」といった観点で判断されるようです。大企業が定義付けされていない理由については、「大手企業とは?基準や定義を紹介!大企業や中小企業との違いも解説」のコラムをご確認ください。

大手企業に転職するメリット・デメリット

大手企業は企業規模や経営基盤が大きいため、安定しているのがメリット。働きやすい環境に取り組んでいたり、規模の大きなプロジェクトに携われたりするのは大きな魅力です。しかし、従業員数が多いため仕事が細分化されており裁量権が少なかったり、入社歴や年齢を重視したりする傾向があるのも事実です。

メリット

大手ならではの安定感や安心感が、大手企業に転職するメリットでしょう。社会的に名の知れた企業が多いため、いち早く働きやすい環境や制度を取り入れていたり、福利厚生が充実したりしているのも魅力。中小企業では取り扱えない大きなプロジェクトなどに携われるチャンスもあるでしょう。

デメリット

大手企業は従業員数が多いため、仕事を割り振るために細分化する傾向が見られます。思ったより裁量権がなかったり、ルーティンワークになりやすかったりする点はデメリットでしょう。また、企業によっては派閥や学閥が存在する、入社歴や年齢を重視されるなど古い体制のことも。中小企業のように、多くの業務を担当することは少ないといえます。

3年目で大手に転職したいときに選ぶべき業界

3年目で大手企業に転職をしたいのであれば、選ぶべき業界は絞っていく必要があります。大企業であればどこでも良いという考えでいると、転職先がなかなか決まらないことに。きちんと自分に合う業界と職種を、自己分析を使って絞りましょう。

インフラ

東京オリンピックを終えてもまだまだ首都圏を中心に再開発やインフラ整備は続いています。そのため。インフラ工事を担当する建設業界への仕事量は多くなっています。しかし、人の数が足りていないため即戦力となる第二新卒の採用が期待できるでしょう。さらに、職人たちの高齢化が進んでいるので、今後は建設業界全体が人手不足に。今後の建設業界を担っていけるような人材を確保したい企業も多く、大きなチャンスをつかめる業界といえるでしょう。

IT

現代の世の中では、インターネットが急速に拡大しています。IT業界での仕事が非常に多くなっているため、人材確保が課題とされている業界です。ITの仕事は経験者や専門的な知識が必要な印象ですが、業界未経験であっても働ける仕事。新卒3年目なら、その若さに期待をして「ポテンシャル重視での採用」も狙えるでしょう。IT業界は、今後も大きな発展が期待できるため、知識を身につけて活躍をしたいというモチベーションさえあれば、挑戦しやすい業界といえます。

入社3年目で大手に転職するポイント

入社3年目で大手企業に転職するには、採用基準を満たせるような即戦力となるスキルや成果を持つことが大切。また、自己分析を徹底して「現職を辞める理由」「転職先を選んだ理由」を明言化できるように深掘りするのもポイントです。

3年間でしっかり経験を積み、スキルをつける

3年間できちんとした経験とスキルを身に着けることです。3年間で身についたスキルや経験、出した結果をアピールすれば、即戦力として活躍できると評価を受ける可能性があります。「社会人3年目で転職しても良い?適している理由と成功のコツを解説」でも述べているように、3年働くことで経験だけでなく忍耐力のアピールにもなるでしょう。転職が一般化しているとはいえ、長く働ける人材を求める企業は多いものです。3年間でしっかりスキルを身に着けて、即戦力として転職を目指しましょう

新卒と同じ気持ちで転職活動を行わない

新卒時と同じ気持ちや同じ姿勢で転職活動をしてはいけません。第二新卒と呼ばれるものの社会人経験のある転職者です。新卒と同じような転職活動をしても、企業から評価を受けるのは難しいでしょう。「第二新卒が転職成功するには?転職活動のポイントもご紹介」でも述べているように、第二新卒はビジネスマナーや業務経験を問われます。また、転職理由もしっかり準備しておきましょう。

自己分析は徹底的に行う

新卒時に行った方も多い自己分析ですが、転職のときも必ず実施しましょう。新卒のときとは違い、「なぜ転職する必要があるのか」「なぜ現職を辞めるのか」を明らかにする必要があります。自己分析を行って、「仕事の内容」「福利厚生」「社風」など、自分が就職先に求めることは何かを明確にし、自分の希望に本当に合うのはどんな会社なのかを考えてみましょう。
大手企業以外にも安定している中小企業はたくさんありますし、自分がやりたいことを実現できる会社もどこかにあるはずです。大手企業に限るのではなく、広い視野を持って転職活動を行うことが大切です。

転職エージェントを利用する

社会人3年目で大手企業への転職を希望するなら、転職エージェントを活用するのがおすすめ。前述したように新卒とは角度の違う質問がされたり、業務経験について深掘りされたりすることも多いため、転職情報に詳しいプロのサポートを受けて対策を行いましょう。
また、第二新卒の採用ニーズは高まっているものの、大手企業の求人は少なく、選考通過率も決して高くないのが実情です。エージェントを活用して、採用されやすい書類を作成したり、好印象を与えられる面接の準備をしたりしましょう。

自己分析や企業の選び方に自信がない方や、第三者の冷静な目線で相談に乗ってもらいたい方はハタラクティブへ相談してください。
経験のある転職アドバイザーがあなたの要望や悩みをしっかりと聞き、最適な判断ができるようにサポートいたします。若年層向けエージェントなので、未経験歓迎の求人も多く扱っています。転職を検討しているならぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ