建設業界の仕事業界図鑑

建設業界とは

道路や橋、病院や住宅など、街を見渡せば多種多様な建設物を目にすることができます。そんな建設物を造っているのが「建設業」に携わる専門の職人たち。一口に建設業と言っても、全部で28業種に分けることができます。それぞれの技術者や技能者が、力を合わせて1つの建設物を造っていく、大変やりがいの大きい仕事です。こちらの記事では、業種とその役割についてご紹介しています。

建設業界の志望動機例

・実際に建築を行っている現場では、特にたくさんの協力会社や専門業者が協力しあって、1つの建物を仕上げていく場合も多いのではないでしょうか。そのためスムーズに完成を目指せるように、コミュニケーションをとり、お互いの業務を理解しながら同じ目標に向かって、みんなと作業を進めていくといった意識で、仕事をしていくということに興味をもっている方は、建設業界に向いている可能性があります。

・建設業界といっても、さまざまな職種や業種が存在しているのではないでしょうか。自分がどのようなところで働きたいのかなどを把握するためにも、まずは企業ごとにリサーチをしながら、特色や傾向を理解することも、自分にマッチする企業を見つけるヒントにつながるでしょう。

【志望動機のポイント】

・ゼネコン系の企業であれば、建物が形になるまでのトータルサポートを行っている企業も多いでしょう。その場合、企業が実際に行っている独自の強みなどを具体的に例えながら、どういったところに魅力を感じたのかを、志望動機にすることも1つの方法かもしれません。

【志望動機の具体例】

・幼少期の頃から、1つのものを作りあげる「ものづくり」に興味をもっていました。特に日本の企業が手がける建物は、丁寧でクオリティーが高く、安全かつ信用もあり、海外においても評価が高いという点にとても魅力を感じています。そういった日本の建設企業の中で、アジアを拠点に海外進出し、実績を積みあげてきている御社の取り組みにとても関心を持ちました。将来的にはアジア以外の海外にも進出し、土地の質や文化などの特性を踏まえながら、日本の建設技術を活かしていける仕事に携わりたいと考えています。以上のことから、他社にはない実績のある海外建設の事業が、御社では可能なのだと確信いたしましたので志望いたします。

建設業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

・人々の暮らしや企業を支えるために、必要な住居や施設を建設していく建築業界は、市場規模がとても大きい傾向にあるようです。そのため労働者も多いですが、まだまだ人手不足なのも現状です。特に建築業界では、専門性のある知識や技術が求められる傾向にあるため、平均勤続年数もほかの業界よりも長めともいえるかもしれません。震災の復興や、オリンピック開催地として選定された場合などは、更なる深刻な人手不足になることが予想されるでしょう。

【今後の動向】

・需要のある建設業界ですが、実際には価格競争が繰り広げられていたり、格安で案件を請け負ってしまうなどで利益率が高いとはあまりいえないかもしれません。今後の動向としては、災害の復興やオリンピックに関する事業の需要が落ち着く頃には、合併することで経営強化を図る企業が増える可能性もあります。とはいえ建設業の場合、技術面などの専門性が重複することも考えられます。近い将来には、合併以外の方法で生き残る方法も、検討する必要があるのかもしれません。

建設業界の仕事内容

大まかな職種と、実際に業務を行っている部門ごとの仕事内容について説明しています。

施工管理

・ゼネコンでは、設計者が書いた設計図を建物として形になるように、サブコンといわれる専門業者に委託し、工事全般の統括をしながら、スケジュールなどの管理なども行う業務が考えられます。

・リフォーム施工では、既に出来上がっている建物の、リフォームを行うための業者手配したり、工事の進捗管理を行ったりする業務ですが、建物の中にお客様や利用者がいる中での工事が多い傾向にあるため、周りに対しての配慮や誠意などが求められることもあるかもしれません。

設計

・設備設計では、電気、ガス、水道、などの設備設計を行う業務は、設計分野で活躍している職種ともいえるのではないでしょうか。快適で安全に利用できる機能的な設計なだけではなく、給排水圧力や必要とされる電力、設計図に沿った配管、ケーブルなどを考慮した設計も大切な要素ともいえます。

照明デザイナー

・照明デザイナーは、明るさや雰囲気に合わせたり、演出のために光を操るデザインを行う業務も設計分野に該当するでしょう。現在では光の効果で癒しにつながる空間や、調和を求めるような施設などにも需要があるようです。

営業

・建築営業では、ゼネコンや設計事務所などの建設関連企業に、自社製品や技術を販売したり、提案したりする業務などが考えられます。

・ショールームスタッフは、家具やアファなどが設置されている、展示場に来場するお客様の対応をする業務といえるでしょう。お客様のニーズに合わせた商品の提案やコスト、実用性などを考慮しながらお客様が居住空間をイメージできるように、提案していくことも必要なのではないでしょうか。色彩感覚や豊富な知識が求められることもあるかもしれません。

コンサルタント

・建築コンサルタントは、事前の土地調査、建築の企画、設計、工事監理などをトータルで行う業務といってもよいでしょう。法人や個人など規模の大きさは関係なく、施工主の代わりに建築に関わる事柄を解決していく仕事ともいえるため、きめ細かな対応が求められることもあるでしょう。

建設業界の今後

バブル崩壊後以降、景気の低迷が続いている建設業界ですが、現在は東京オリンピック関連事業やリニアモーターカー事業などで、国内需要が一気に高まっています。この流れは一時的なものなのでしょうか。それとも、今後も需給バランスを安定させることができるのでしょうか。建設業界全体の現状と課題、今後の流れについて検証しました。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ