転職先が決まってから退職するには?伝え方や必要な手続きを解説

転職先が決まってから退職するには?伝え方や必要な手続きを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職先が決まってから退職したい人は、まず就業規則を確認する
  • 上司には、転職先が決まったから辞めることを伝えると引き止められにくい
  • 転職先が決まってから退職することには、リスクもある
  • 転職先が決まってから退職したいなら、エージェントを利用するのも手

転職先が決まってから退職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。転職活動中はハードスケジュールですが、職歴にブランクができず収入も安定する方法です。しかし、転職先が決まってから退職するには、手続きや規則を把握しておく必要があります。このコラムではスムーズに退職するためのポイントを解説しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職先が決まってから退職するための手順

転職先が決まってから退職を申し出ようと考えている人は転職活動に取り組むと同時に、退職までの手順を頭に入れておきましょう。以下、退職までの手順を紹介するので参考にしてください。

1.就業規則を確認する

退職する決心がついたら、まず企業の就業規則を確認しましょう。就業規則には、退職する際の決まりが載っています。「退職予定日の△日前までに申告しなければならない」「退職にあたって△△の手続きが必要」など、企業独自のルールを設けている場合があります。
社内ルールは就業規則の確認、または上司や人事部への問い合わせで確かめるしかありません。円満退社には企業規定の遵守が大切なので、転職先が決まってから確認しようと考えている人も、あらかじめ就業規則に目を通しておきましょう。

法律上退職の申し入れは退職日の2週間前でOK

民法の第627条では「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって、終了する」と規定されています。つまり、法的には退職予定日の2週間前までに申し出れば退職は認められるということです。就業規則で「2ヵ月前まで」と定められていても拘束力の強い法律が優先されますが、円満退職には企業の規則を守るほうが無難です。

参照元
e-Gov法令検索
民法

2.上司に退職の意志を報告する

退職意志は、直属の上司に最初に告げましょう。メールやチャット、ちょっとしたタイミングなどで話す時間をとってほしいことを伝えます。この時点で退職意志を伝える必要はないので、まずは上司と1対1で話せる場を設けるのがおすすめです。
上司に時間をとってもらったら、退職したい旨を伝えましょう。このとき、「退職しようか迷っている」という表現をしないように注意してください。上司は相談であると解釈し、引き止めを始める可能性があるからです。あくまで「退職します」という報告なので、自分の意思を変えないようにしましょう。
退職予定日の数ヵ月前に退職を申し出るよう就業規則で決められている場合もあります。転職先が決まってから退職意志を伝えたいと考えてしまいがちですが、会社を離れると決めたなら、早めに伝えたほうが良いでしょう。

3.引き継ぎ・あいさつ・手続き

上司への報告後に退職が認められたら、引き継ぎや手続きなどの準備を始めましょう。まずは、社内外問わずお世話になった人にあいさつをします。お互い気持ちよく退職日を迎えるためにも、あいさつは必須です。なお、転職が決まっていることや転職先の企業名は伝えなくても問題ありません。
自分の担当業務は個人ではなく、部署やチームなど組織に引き継ぐようにします。特定の個人にしか引き継がないと、その人がいないと業務が回らなくなってしまうからです。引き継ぎをきちんと行わなかった場合退職後に問い合わせがくることもあるので、退職前に責任を持って引き継ぎましょう。
社内に持ち込んだ私物は、少しずつ持ち帰ってください。退職後に私物が見つかると企業側は処分して良いのか分からず、トラブルに発展することも。私物はすべて持ち帰り、不要品は自ら処分しましょう。
退職日直前には、貸与物の返却が求められます。具体的には名刺や社員証、制服などです。退職日の直前にすぐ返却できるよう準備しておきましょう。

退職までに行う手続き

企業を退職する際には、多くの手続きが伴います。今までの健康保険や厚生年金を抜けることになるので、あらかじめ確認しておきましょう。退職日の翌日から転職先に勤務することが決まっている場合は、次の企業に引き継がれますが、数日でもブランクができる場合は国民健康保険と国民年金への加入が必要になるので注意しましょう。
税金の計算に必要な「源泉徴収票」は、退職する企業から必ず受けとってください。年度の途中で転職した場合、その年の年末調整は転職先企業でまとめてやってもらうか、自分で確定申告をすることになります。その際に源泉徴収票が必要なので、受け取ったら年末まで大切に保管してください。
また、転職先で雇用保険に加入する際には「雇用保険被保険者証」が必要です。多くの企業では人事や総務がまとめて管理していますが、退職の際に返却されるので忘れずに受けとってください。

4.退職

引き継ぎや手続きが済んでも、退職日まではその企業の社員として責任をもって働きましょう。場合によっては退職日までの数日で有給休暇を利用するため、退職日に出勤しないこともあります。最終出勤日と退職日を誤って認識しないよう注意してください。転職先が決まってから退職をしようと考えている人は、「円満退社成功のための10のコツを解説|どんなメリットがあるの?」のコラムも参考になるでしょう。

転職先を決めてから退職する3つのメリット

転職先が決まってから退職するか、退職後に転職活動を始めるかで悩む人は多いでしょう。ここでは、転職先を決めてから退職するメリットを紹介します。

1.退職理由を詮索されない

転職先が決まってから退職するメリットの一つは、退職理由を深く追求されないことです。転職先を決めずに退職すると面接で「なぜ次の仕事が決まっていないのに退職したのか」とネガティブな印象を抱かれ、退職理由を詮索される可能性があります。転職先が決まってから退職してブランクなく転職すれば転職に合わせて退職したと捉えられるため、ネガティブな印象を抱かれないでしょう。

2.ブランクが生じない

転職先が決まってから退職すれば、職歴にブランクが生じません。今後のキャリア形成やさらなる転職活動を考えた場合、ブランクがないほうが好印象です。退職のタイミングは将来の転職活動にも影響することを頭に入れておきましょう。ブランクの転職への影響については「転職時にブランクがあると不利?面接での回答方法」のコラムもご参照ください。

3.収入が安定する

転職先が決まってから退職すれば、収入が途切れません。退職してから転職活動を始めると、転職先が決まるまで無収入になってしまいます。すぐに転職先が決まれば問題ありませんが、思うように進められず時間が掛かることも。転職先が決まってからの退職であれば収入面を気にせず転職活動ができるため、安心できるといえます。

なお、転職先を決めてから退職するデメリットには、転職活動中にハードスケジュールになることがあるでしょう。仕事を続けながら企業研究や面接対策をし、面接日を調整しなければならないため忙しくなります。転職活動をどのタイミングでするか迷っている方には、「転職活動は退職後と在職中のどちらが良い?見極めポイントと不安解消のコツ」のコラムも参考になるでしょう。

転職先を決めずに退職するメリットとデメリット

転職先が決まってから退職するかどうか悩んでいる人は、先に退職するメリットも把握しておきましょう。特に仕事が忙しく転職活動との両立に自信がない人や、スキルや経験があるため転職先が決まるのにそう時間はかからないだろうと思う人は、先に退職するのも手です。

転職先を決めずに退職するメリット

転職先を決める前に退職すると「転職活動に時間を割ける」「急募の求人にも応募しやすい」といったメリットがあります。以下、詳しく見ていきましょう。

転職活動に時間を掛けられる

転職先が決まっていないまま退職するメリットは、転職活動にじっくりと時間を掛けられることです。応募書類の作成や企業研究、業界研究、面接対策など、万全に準備ができるでしょう。面接日程も調整しやすく、スムーズに就職活動を進められます。

急募求人にも応募できる

先に退職しておけば、急募求人への応募もしやすくなるでしょう。退職日を気にせずに転職活動ができるため、すぐに働いてほしい急募求人で重宝されます。ほかの条件が良くても、在職中では応募しづらい求人となるため、選択肢が広がるでしょう。

デメリットは収入が不安定になること

転職先が決まっていない状況で退職すると、職歴にブランクが生じてしまいます。また、収入がないのでいつまで続くか分からないまま転職活動をするのはリスクがあるでしょう。転職活動が長期化すると金銭的に苦しくなり、妥協して転職先を決めてしまうことも。
失業期間中は失業保険(雇用保険の基本手当)の受給で収入を得られますが、在職中ほどの金額はもらえません。また、失業の理由や状況により給付まで期間が空くこともあるので、退職前に金銭面の計画も立てておくと良いでしょう。

転職先が決まってからスムーズに退職するには?

在職中に転職活動を進め、決まった後スムーズに退職するには以下のポイントを押さえておきましょう。転職先を決めてから退職するには、入社予定日までにすべての手続きを済ませる必要があります。退職手続きが滞らないよう、事前に確認しておきましょう。

引き止めに揺らがない

退職意志を伝えた際、引き止めに合っても揺らがないのが大事です。なかには、これまでより待遇を良くするから残ってほしいと交換条件を出される場合もあるでしょう。しかし、何を言われても「退職する」という強い意志をもって伝えてください。
また、退職理由次第では引き止めを防げます。「給料が低いから」「△△の仕事ができないから」など現職への不満を理由にすると「改善するから残ってほしい」と引き止める余地が生じるので注意。「△△に力を入れている企業でスキルアップしたい」など、他社に行かないとならない理由を述べると引き止められにくくなります。

手続きを進めてもらう

場合によっては、転職先が決まり上司に退職の申し出をしたもののその先の手続きが滞っていることがあります。上層部や人事・総務に退職の話が回っていなければ退職手続きが進みません。他者に任せっきりにせず、自分から行動するのが大切です。「△△の承認はいつごろですか」「△△に必要な書類を持ってきたので、手続きをしてください」など、手続きを進めてもらえるよう自分から働きかけるようにしましょう。

有給消化やボーナス受給にこだわらない

転職先が決まってから退職したいと考えている人の中には、「有給を消化してから退職したい」「次のボーナスを貰ってから退職したい」と思う人も多いでしょう。しかし、これらを気にし過ぎると退職のタイミングを逃す恐れがあります。退職はタイミングが鍵となることもあるので、有給やボーナスなどはあまり重視し過ぎないほうが良いでしょう。

転職先が決まってから退職したいけれど在職中に転職活動が進められるか不安という方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは若年層向けの転職エージェント。スキルや経験に不安のある方にポテンシャル重視の求人をご紹介しています。面接の日程調整といった応募先企業との直接やり取りは専任の就活アドバイザーが行うので、スムーズな転職活動が叶います。また、応募書類の添削や面接対策もいたしますので、忙しい在職中の方も安心です。これらのサービスは無料ですので、お気軽にご相談ください。

転職先が決まってから退職したい人に関するQ&A

ここでは、転職先が決まってから退職したいと考えている方によくあるお悩みをQ&A形式で回答します。

在職中に転職活動をスムーズに進めるコツは?

スケジュール管理を徹底しましょう。在職中でもスムーズに連絡がとれるよう、履歴書の本人希望欄や備考欄に連絡がとりやすい時間帯を記入しておくのも効果的です。また、在職中は収入が途絶えないことから転職先が決まらなくても焦りが少ないでしょうが、転職したいという強い意志でモチベーションを維持することも大切です。在職中の転職活動については「在職中の転職は無理じゃない!成功させるコツとは」のコラムも併せてご覧ください。

退職理由を聞かれたらどう答えるべき?

「他社でないとできないことに挑戦したい」など引き止めにくい前向きな理由を述べましょう。また、今の企業の不満を言わないよう注意してください。詳しくは「退職理由を伝える時の大切なポイント」のコラムでも解説しているので、併せて参考にしてください。

入社予定日までに退職させてくれない場合は?

企業の就業規則に従って退職を申し出るのが一般的ですが、法律上は退職日の2週間前までに申告すれば良いので企業が認めなくても退職できます。できれば円満退職を目指したいものですが、どうしても退職させてくれないなら、退職代行サービスを利用するのも手です。退職法にお悩みの方は「会社を辞めさせてくれない理由とは?違法性はある?対処法と相談先をご紹介」も参考にしてください。

退職予定日までに転職先が決まるか不安

退職を決めたあとの転職活動をスムーズに進められるか不安な方は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。転職エージェントは求人探しや企業とのやりとり、面接日程の調整などを代行してくれるためスムーズな転職活動が叶います。ハタラクティブでは、無料で手厚い転職サポートを受けられますので、どうぞお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ