新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職を決めたら…転職活動のタイミングはいつが良い?

退職を決めたら…転職活動のタイミングはいつが良い?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・退職の意思を伝えるタイミングは、繁忙期を避けて退職の1カ月から3カ月前が良い
    ・退職理由を聞かれた場合は「○○のような分野の仕事がしたい」など前向きな言葉で伝える
    ・転職活動の時期は、在職中と退職後のどちらもメリットとデメリットがあるので慎重に決めよう
    ・転職活動について再就職先の条件などを家族とよく話し合おう
    ・在職中の会社に迷惑がかからないよう、引継ぎにかかる時間を考えて入社日を決める

退職を決めたあと、「どのように会社に伝えれば良いのか分からない」「どのタイミングで転職活動をするのが良いの?」と悩むところでしょう。
ここでは、会社を辞める時の流れや転職活動をするタイミング、気をつけることを解説しています。

◆退職までの流れ

この項目では退職を決めた後、会社への伝え方や時期など、マナーを押さえた流れを解説しています。

【退職の意思を伝えるタイミング】

会社ごとに就業規則がありますが、おおよそ退職の1カ月から3カ月前が一般的です。なるべく繁忙期は避け、上司の都合がつきやすい時に伝えると良いでしょう。
業務が忙しい時期だと、上司も時間や精神的に余裕がない可能性があり、「話を後回しにされる」「退職を引き留められる」という対応も考えられます。
また、大規模なプロジェクトに関わっている時期も、タイミングとして好ましくありません。「退職する」と伝えたあとは、業務の引継ぎをする必要があるので、スムーズに引継ぎできる期間を持てるように気をつけましょう。

【退職意思を伝える手順】

まずは直属の上司に、「今後の相談がしたい」などと伝え、都合の良い日時を聞きます。一方的に日程を伝えるのではなく、両方のベストなタイミングを相談して決めましょう。

【退職理由の伝え方】

退職する理由は「残業が多い」「給与が上がらない」など人それぞれ異なりますが、会社への不満をストレートに述べるのはやめましょう。
上司の気分を害し、その場の雰囲気が悪くなり話がスムーズに進まなくなってしまうことも。また、勤務時間や待遇面などの改善策を提案され、退職を止められる可能性も考えられます。
退職の理由は、あくまでも「自分自身の意思」としてを伝えることが重要です。
やってみたい仕事があれば、「今後はこの業界で仕事をしたい」「新しい分野に興味がある」などと伝えましょう。

【引継ぎ準備をしよう】

退職の意思を伝えたら、次は取引先への挨拶や業務の引継ぎを行います。
退職日になって「引継ぎが済んでいない」と焦らないよう、余裕を持ったスケジュールを組みましょう。担当の顧客がいる場合は、直接出向く、メールや手紙などの必要に応じた方法で退職する旨を伝え、新しい担当者が決まっていたら紹介します。
また、自分が携わった仕事の段取りや分担などの詳細をまとめ、次の担当者に伝えます。業務で使用する書類やファイルなどの所在もまとめておくと良いでしょう。

◆転職活動は在職中?それとも退職後?

退職を決めたあとの転職活動は、どのタイミングで行うのが良いのでしょうか。
在職中に転職活動をするメリットは、「生活面でお金の心配がなく過ごせる」「キャリアが保てる」などが挙げられます。

収入を得ながら転職活動を行えるので、金銭面に余裕を持って過ごせます。退職後のブランクを空ける心配もないので、志望する企業や業界への転職活動をじっくり行えるでしょう。
デメリットは、「面接の時間が合わない」「十分な活動時間が取れない」などがあります。退職することを在職中の会社に伝えていても、面接のたびに会社を休むことは難しいでしょう。休日や就業後など、活動の時間が限られてしまいがちです。

一方、退職後に行うメリットは、転職活動に時間をかけられることが大きなポイントでしょう。「並行しながらの転職活動は難しい」と感じる人は、集中して転職準備ができます。
デメリットは、収入がないため、金銭面での心配があるでしょう。長期間内定が出ないと貯蓄を切り崩す必要があり、精神面でもプレッシャーがかかってしまいます。
そのような状況だと、「早く再就職しなければ」という思いから、志望する業界や職種などに妥協してしまいがちです。
自分の希望や現在の状況をじっくり考え、慎重に転職活動の時期を決めましょう。

◆転職活動で気をつけるポイント

退職し、転職活動をすることは日常生活において大きな出来事でしょう。再就職先の勤務時間や場所、給与などの希望や条件を、家族とも話し合うことをおすすめします。
また、働きながら転職活動をする場合には周囲への影響を考えて、在職中の会社には分からないようにしましょう。
そのために、「業務中には転職活動関係の連絡はしない」「面接は可能な限り休日や就業時間後に設定する」などの工夫が必要です。
内定が出た場合は、在職中の会社に迷惑がかからないよう、業務の引継ぎに要する時間を考慮して入社日を決めましょう。

一人で転職活動を行う際、企業選びや面接などに不安はつきもの。
ハタラクティブでは、専任の転職アドバイザーがプロの目線であなたの転職活動をサポートします。
応募書類の添削や面接対策など幅広く行っているので、まずはお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ