転職活動と退職のタイミングはいつ?

公開日:

最終更新日:

半年ほど続けましたが今の仕事が合わないです。転職は考えたいのですが、いつ動き出せばいいですか?

会社に退職の意向を伝えるのは、最低でも1ヶ月前となります。転職先が決まり始めた段階で退職を願い出るのが一般的です。転職の活動期間は差があるため、現在の仕事と並行して行うのが基本となるでしょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

■一般的な退職の手続きを知ろう

転職活動と退職のタイミングはいつ?

勤めている会社を退職する場合、最低でも1ヶ月前に意向を示す必要があります。その際、退職願を書かなくてはなりません。
あなたが担当していた業務の引継ぎも、退職前にすることの1つです。業務の引継ぎにかかる期間や有給休暇の消化も考慮して、退職日と最終出社日を決めることになります。
このように、円満退社をするためにも様々な手続きが必要になりますから、すぐに会社を辞めるというのは難しいでしょう。

また、会社に返却するものと受け取るものがあります。
返却するものは健康保険証や資料などで、会社から支給されたものや書類がこれにあたります。
会社から受け取るのは、年金手帳のように会社に渡していたものや、離職票などです。各種保険や税金、失業保険の手続きをなど、退職後に転職活動を始める人は、転職先が決まっている人に比べて手続きが多くなります。

手間のかかる手続きを減らすためにも、転職活動を仕事と並行して行い、内定が出るまでは退職の意向は告げずにいた方がよいでしょう。
一般的にも退職連絡は転職が決まり始めたタイミングで行われています。
1ヶ月前には意向を告げることを意識し、退職のタイミングを計算しましょう。

■転職活動を始めてから内定までの流れ

第二新卒で転職活動を始めた場合の流れは、中途採用の就活と大きな違いはないと言えるでしょう。

転職活動の期間は、早い場合は2週間、そうでない場合は2~3ヶ月かかることもあるようです。
「転職先の仕事が同業種or異業種」
「仕事選びの軸を持って転職先を選んでいるか」
これらのポイントが、期間の長さに関わってきます。

まず、同業界や同職種に転職する場合、新卒から1年の勤務でも経験が考慮されます。仕事選びで迷うことも少なく、転職までの期間が短くなるようです。
反対に、他の業界で転職活動をする場合は、経験の差によって応募できる求人数にバラつきがあります。ゆえに、期間が長くなってしまう場合もあるようです。

譲れない条件など、仕事選びの軸も大きなポイントになります。

ブレない軸を持っている場合、転職先の求人を探すのもスムーズになるでしょう。企業選びに迷うことがありません。軸を決めずに就職活動をしている場合は選択肢の幅が広く、転職先を選ぶのにも時間がかかるでしょう。そういったケースでは人によって、転職までの期間が半年以上かかることもあるようです。

期間の長さが良い悪いというわけではなく、自分の状況に合わせた期間を想定して転職活動に臨むのが大切です。
上記のポイントなども参考に1度計画を立ててみるのも良いのではないでしょうか。

■転職活動では退職理由を聞かれます

第二新卒者などの転職者を募集する企業は、ミスマッチを防ぐためにも退職理由を気にします。
今回の場合は「クレーム対応、力仕事を続けられる気がしない」というのが理由ですが、転職活動の際に聞かれる退職理由は、企業に良い印象を与えるために前向きな理由にする必要があります。本音の理由をそのまま伝えずに、ポジティブな内容に変換した建前の理由を答えましょう。

例えば、「お客様と接する時間をもっと増やしたい」、「直接のやり取りする立場ではなく、裏側から仕事を支えたい」などでしょうか。あなたが転職したい仕事に合わせた理由を考えましょう。
また、志望動機に結びつく形の退職理由の方が面接を円滑に進められるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

企業は面接などを通して、「あなたが正社員になってから、どんな活躍をするか」も見極めています。
退職理由をポジティブにすることで、あなたが就職後に何をしたいのか伝わりやすくなることでしょう。
また、就職が決まった後も、正社員として爽やかに勤務を始められます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ