26歳の男性で転職は早い?キャリアプランを考えよう

26歳の男性で転職は早い?キャリアプランを考えようの画像

この記事のまとめ

  • 26歳は、自分の望む働き方やキャリアが見えてくる時期
  • 実現したいビジョンがある場合は、転職を検討するのも1つの方法
  • 異業種へ転職する際は、年齢が若い人の方がポテンシャル採用のチャンスがある
  • 自己分析や企業研究を入念に行い、計画を立てた上で行動をとろう

26歳の男性で転職を考えている方はいませんか?
このコラムでは、26歳の方が未経験業種に転職する際のポイントや、後悔しない転職のコツをご紹介します。転職のポイントを知りたい方は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆26歳での転職は早い?遅い?

26歳は、転職市場で若い年代と捉えられているため、遅いということはないでしょう。
大卒の場合、26歳は社会人3、4年目にあたり、自分の望む働き方やキャリアが見えてくる時期。実現したいビジョンがある場合は、転職するのも1つの方法です。

26歳であれば、企業に限らず、努力次第で公務員に転職することができます。
ただし、公務員を目指す際は、採用試験の勉強をどのように進めるか事前に考えることが大切。仕事と両立して勉強を進めるのか、もしくは退職後に専念するのかを、自分の状況に合わせて決めましょう。

では、26歳の場合、未経験業種はチャレンジしやすいのでしょうか。民間企業の異業種に転職する際のポイントは、次の項目で確認しましょう。


◆未経験業種に転職できる?

26歳は若手と捉えられるため、未経験分野にチャレンジしやすい年齢といえます。26歳の場合、若さや意欲の高さ、ポテンシャル面でのアピールが可能です。
さらに、社会人3、4年目は、仕事に関するスキルが身についてくる時期。異業種でも、職種が同じ場合は、前職での実績を伝えることで評価される場合もあるようです。

未経験職種への転職を考えている人は、これまでの実績の中から、応募先の企業で活かせる経験・強みをアピールしましょう。

ただし、異業種・未経験業種へチャレンジする場合は、転職活動に時間がかかる場合も。退職せずに、仕事を続けながら転職活動をするのがおすすめです。

異業種への転職は、年齢が若い人の方がポテンシャル採用のチャンスがあります。転職を検討している方は、選択肢が減ることのないよう、なるべく早めに行動をとりましょう。


◆後悔しない転職をするには?

この項目では、転職を成功させるコツをご紹介します。

【計画を立てた上で転職活動を始める】

転職を検討している方は、無計画に行動したり、勢いで会社を辞めたりするのは避けましょう。
たとえば企業研究が不足していると、入社後にミスマッチが起こり、すぐに辞めてしまう恐れがあります。短期間に転職を繰り返す人に対して、採用担当者は「自社でもすぐに辞めてしまうのでは」と不安を抱く可能性があるため、注意が必要です。

【自己分析や企業研究を入念に行う】

自分が取り組みたいことや、転職先に求める条件を明確にした上で、企業選びを行いましょう。希望条件が多い人は、条件に優先順位を付け、業界や職種を絞りすぎず企業探しをすることが大切です。

【複数の求人サービスを利用する】

求人サービスを複数利用することにより、得られる情報量が増加します。また、複数のアドバイザーと話をすることで、より自分に合う担当者に出会え、転職活動がスムーズに進むかもしれません。

ビジョンを実現できる転職となるよう、事前準備をしっかり行った上で行動をとりましょう。


◆1人での転職が不安なら、ハタラクティブに相談を!

転職を考えている人の中には、「1人での転職活動に不安がある」「条件に合う求人がなかなか見つからない」という方がいるかもしれません。その場合、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行うサービス。経験豊富なアドバイザーが、カウンセリングで適性を把握し、厳選した1,500件以上の求人からあなたに合うお仕事をご紹介します。

当サービスは、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施。未経験OKの求人も多数ご用意しています。

サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。