転職に迷いがあるときの対処法とは?決断する前にリスクも知ろう

転職に迷いがあるときの対処法とは?決断する前にリスクも知ろうの画像

この記事のまとめ

  • 「自分に合う仕事が見つかるか?」といった不安から、転職に迷いが生じる場合がある
  • キャリアビジョンが曖昧な場合は、転職を決断しないほうが良い
  • 転職に迷いがあるうちは、志望動機が曖昧になりやすいため内定をもらうのは難しい
  • 転職のリスクには、「一時的に社会的信用が下がる」「収入が下がる」などがある
  • 転職に迷いがある場合は、働き方を見直したり就活エージェントに相談したりしよう

転職すべきかどうか、迷う20代や30代の社会人の方も多いでしょう。転職をしたからといって必ずしも前よりも良い仕事や職場に出会えるとは限りません。転職に不安や迷いが生じるのは自然なことです。このコラムでは、転職に迷いがあったり内定承諾の決断ができなかったりする場合の対処法を紹介します。また、転職しないほうが良いケースや転職に伴うリスクも解説。このコラムを参考に、転職の迷いを払拭しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職に迷いや不安を感じる理由

転職に迷いや不安を感じる理由の画像

多くの方は、「自分に合う仕事が見つかるか?」「今の仕事を辞めて後悔はしないか」といった理由で現職から転職することに迷いを感じることがあるようです。以下で詳しくみていきましょう。

自分に合う仕事が見つかるか

「自分に合った仕事が見つからなかったらどうしよう…」という不安があり、現職から転職するかどうか迷いを感じることもあるでしょう。求人情報を見た段階では「自分に合う」と思っていても、実際に会社で働いてみると「合わない…」と感じる場合もあります。仕事内容が好きでも、スキル不足で働きがいを感じるのが難しかったり、ストレスを感じたりする可能性もあるでしょう。
さらに、人間関係や職場の雰囲気などは、会社で働いてみないと実際には分かりません。そのため、多少の不満があっても「迷う程度なら転職はやめたほうが良いかな」と考える方も多くいます。

今の仕事を辞めて後悔はないか

転職すると、現職で築いてきた人間関係や得てきた評価が一旦リセットされます。それに対し「後悔するかもしれない…」と思い、転職に迷いが生じる方もいるでしょう。特に、役職についていたり社内での評価が高かったりする場合は、迷いが大きくなるようです。

そのほかにも、「面接が上手くいくか心配」「内定を貰った会社に馴染めるか心配」など、転職に迷いを感じる理由は数多くあるでしょう。「仕事を辞めたいけど転職できるか不安…気がかりの解消法を紹介」では、そのような不安の解決方法を紹介しています。転職に対する不安が大きく、次の一歩を踏み出すか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職に迷いがあり決断しないほうが良い4つのケース

転職に迷いがあり決断しないほうが良い4つのケースの画像

転職するにあたって、目的意識や現状理解が不足している場合は、退職を見送ったほうが良いでしょう。この項目では、転職に迷いがある方の中でも、転職しないほうが良いと思われるケースを4つ紹介します。

1.キャリアビジョンが曖昧

将来の目標や転職で実現したいことが明確にイメージできていない場合は、転職を思いとどまったほうが良いでしょう。キャリアビジョンが曖昧だと、入社後に企業とのミスマッチが起きるケースがあります。転職活動を開始する前に、自分のやりたいことや、なりたい姿を明確にしておくことが大切です。また、それらが明確になることで、転職への迷いも断ち切れるでしょう。

2.現実を理解していない

理想の職種と自分の持っているスキルがかけ離れている場合、転職活動が難航するケースがあります。その場合、転職活動の方法を考え直してみると良いでしょう。
スキルが足りず転職に迷いがあるなら、転職活動をする前に、志望先の企業で活かせる資格を取ったり勉強したりしたほうが賢明です。また、未経験職種への転職を考えている方は、理想の職種を目指す前に、アルバイトや契約社員として働き活かせる経験を積んでおくのも良いでしょう。転職活動を成功させるには、自分の市場価値を見極めることが重要です。理想の仕事に就くために、ときには遠回りする必要もあります。

3.他者に責任転嫁している

現職で抱えている不満や悩みを他者のせいにしがちな方は、転職を考え直したほうが良いでしょう。
特に、「この会社ではスキルアップできない」「この会社ではやりがいを感じられない」などの悩みがある方は要注意です。ほかの会社に転職しても何らかの不満を抱えてしまい、再び転職への迷いが生じるケースがあります。

4.転職理由が定まっていない

「なんとなく今の仕事に飽きた」「なんとなく違う仕事がしたい」など、明確な理由もなく転職活動を始めるのはおすすめしません。転職の動機が弱いと企業から評価されにくく、内定を獲得した後にミスマッチが生じるケースがあります。

転職に迷いがあると内定がもらえない?

迷いがあるまま転職活動をした場合、転職後に後悔する恐れがあるばかりでなく、内定に繋がりにくいといった問題もあります。
企業が求めているのは、しっかりとしたキャリアプランをもち、すぐに会社を辞めてしまうことのない人材です。転職への迷いは、志望動機や自己PRの内容にも大きく影響し、企業の面接官にはすぐに見抜かれてしまうため、面接で苦戦する可能性が高いでしょう。
転職に迷いがあり、転職の理由が明らかでないうちは、転職活動のスタートを見合わせる選択肢もあります。「本当に転職するほどの悩みなのか」「転職してまでやり遂げたいことなのか」などを、今一度考えてみましょう。

転職に迷いを覚える理由は人それぞれです。「仕事を辞めたいと思ったらどうする?原因や対処法を詳しく解説」では、会社を辞めたくなる理由を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

迷いがあるなら転職のリスクを知っておこう

迷いがあるなら転職のリスクを知っておこうの画像

転職するとこれまでとは大きく環境が変化するため、迷いがある方は下記のようなリスクがあることを知っておきましょう。

一時的に社会的信用が低くなる

転職すると現職で積んできた勤続年数がリセットされるため、一時的に社会的信用が低くなり、ローンが組めなくなるケースがあります。また、不動産会社によっては、賃貸契約でも勤続年数を審査の対象にしている会社もあるので、注意が必要です。大手企業に転職した場合や、これまでの経歴によっては問題ない場合もありますが、このような可能性があることも念のため知っておきましょう。

収入が下がる可能性がある

これまでより収入が下がる可能性があることに、転職の迷いを感じる人もいるでしょう。生活に影響が出ないよう、事前に企業の募集要項をよく確認しておいてください。特に、残業代は企業によって規定が異なるケースも多いので、後から「認識が異なっていた」とならないよう、念入りにチェックしておきましょう。

1から人間関係を築く必要がある

転職によって、これまでとは全く違う環境に身を置くことになるため、新たに人間関係を築く必要があります。人間関係が原因で転職を希望している方にとってはメリットですが、転職先の企業にどのような人がいるかは、入社してみないと分かりません。環境をリセットしたからといって人間関係が上手くいく保証はないため、覚悟を持って飛び込む必要があるでしょう。
また、社内だけではなく、社外においても同じです。これまで取引先から得てきた信頼関係や評価が一度にリセットされるため、はじめのうちは心身ともに負担が掛かるでしょう。

年下から教育を受ける場合がある

転職先の企業によっては、年下の上司ができるケースもあります。年下の上司と仕事することに不安があり、転職に迷いがある人もいるでしょう。自分が気にならなくても、相手に気を遣わせてしまい、仕事がスムーズに進まない恐れも。コミュニケーションを十分に取り、お互いに配慮し合う姿勢が大切です。

年齢に見合ったスキルを求められる

年齢とともに求められるスキルも上がるため、20代よりも30代のほうが転職活動のハードルが高くなります。年齢に見合ったキャリアを積んでいないと、希望の会社に転職できなかったり、不利な条件を一部飲まなければいけなかったりするケースもあるでしょう。
しかし、転職に迷いを感じながら行動しないままでいると、採用のハードルはどんどん高くなります。迷いが大きく「どうしたら良いか分からない…」という方は、誰かに相談してみるのも一つの手です。

転職後すぐは制度の適用対象外になりやすい

転職直後は、有給や時短勤務などの制度が対象外になることもあります。入社後しばらく経ってから対象となる企業が多いので、利用したい制度がある際はよく確認しておいてください。

転職“しないこと”のリスクが知りたい方は「転職したことないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?」もチェックしてみましょう。迷いを払拭するためには、多角的な面から転職を検討することが大切です。

転職に迷いがあるときの6つの対処法

転職に迷いがあるときの6つの対処法の画像

転職に迷いがある場合は、以下の6つの方法を試してみましょう。迷いを払拭できたり、転職をスムーズに進められたりする場合があります。内定を獲得して、承諾するか迷ったときの決め方としても参考にしてみてください。

1.情報を整理して優先順位を決める

転職の迷いを払拭するためには、自分の希望や悩みを整理し、転職する条件の優先順位を決めましょう。給与や人間関係、やりがいなどさまざまな希望があるかと思いますが、これらすべてを満たす企業を見つけるのは困難です。自分にとって譲れない優先順位を定めると、方向性が見えやすく、迷うポイントも減るので、転職活動を進めやすくなります。

迷っていることや不安なことを書き出そう

転職に対し、迷っていることや不安なことを紙に書き出してみましょう。迷いや悩みが可視化されると、自分の考えが整理できます。漠然とした不安がなくなれば、転職する決断もしやすくなるでしょう。転職の不安を解消する方法は「仕事を辞めたいけど転職できるか不安…気がかりの解消法を紹介」でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

2.自分の強みを見直す

自分の強みを客観的に見直すと、転職への迷いがなくなる可能性があります。あわせて、希望する職種に見合うスキルが自身にあるのかも考えてみましょう。希望する職種と自分の強みがマッチしていれば、転職活動が上手くいきやすくなります。しかし、マッチしていない場合は、活動が難航することも。転職活動を成功させるには、自分の強みを明確に見極めることが大切です。

3.働きながら転職活動をする

転職に迷いがある場合は、安易に退職せず働きながら転職活動に臨みましょう。退職すると、収入がなくなるため、余裕を持った転職活動ができなくなってしまいます。退職後に転職活動を始めても、すぐに内定が出るとは限りません。心に余裕を持ち、冷静な判断をするためにも、仕事を続けながら転職活動することをおすすめします。

4.働き方を変えてみる

迷いがある方は、転職せずに現職の働き方を変えてみるのも一つの手です。たとえば、「現職では残業が多い」といったケースであれば、上司や先輩に相談してみてください。タスクの量を見直してもらったり、部署異動を検討してもらったりすることで、悩みが解決できることもあります。現職の不満を棚卸しし、働き方を変えることで悩みが解消できるのであれば、転職を見送っても良いでしょう。

5.周囲の人に話しを聞いてもらう

転職に迷いがある人は、家族や同僚、友人など周囲の人に話を聞いてもらうこともおすすめです。気兼ねなく話せる人と対話するなかで、自分の考えが整理されて、転職への決意が固まることがあります。ただし、このとき相手の話をすべて受け止めないようにしましょう。親しい間柄でも、価値観や仕事に対する考え方は人それぞれ異なるもの。相手の意見をすべて参考にすると、自分の考えが曖昧になってしまうので、注意しましょう。

6.転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談して、転職の迷いを解消する方法もあります。特に、「自分に合った企業が見つかるか不安」「一人で転職活動を成功させられるか心配…」といった悩みや迷いを抱える方は、ぜひ相談してみてください。アドバイザーがあなたの適性に合った求人を紹介してくれるのはもちろん、書類選考や面接対策で困ったときもしっかりとサポートしてくれます。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒といった若年層の就職・転職をサポートするサービスです。転職に迷いを抱える方の相談も受けつけており、現職についてや今後のキャリアプランなどアドバイザーがカウンセリングします。
また、希望や適性に合った正社員求人を紹介し、転職を決めた方には書類作成や面接対策で手厚いサポートを実施。内定が決定し入社した後も、定期的にフォローの連絡をしています。未経験OKの正社員求人を多数用意していますので、転職に対する迷いを払拭したい方は、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ