「3年後の自分」はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「3年後の自分」はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「3年後の自分」という質問は、キャリアプランや仕事への意欲の確認に使われている

    ・3年後の自分がイメージできなければ、キャリア観を明確にしてみよう

    ・OB訪問をして、実際にその企業で3年働く先輩をロールモデルにするのもおすすめ

    ・「3年後の自分」を伝える時は、プライベートな内容や抽象的な表現は避けよう

「3年後の自分」について質問され、回答に困った経験をお持ちの方もいるでしょう。

企業は、この回答から将来のビジョンや入社意欲を確認しているといわれており、回答時にはキャリア観を伝えることが大切です。

当コラムは、「3年後の自分」が想像できない、具体的なイメージが浮かばない方に向けた内容。

考え方のポイント、回答時に注意したいことについてまとめているので、面接対策にご活用ください。

企業が「3年後の自分」について聞く3つの理由

面接やエントリーシートで聞かれることの多い「3年後の自分」。

企業は、この質問からキャリアプラン・入社意欲・仕事の考え方を確認しているといわれています。

 

1.キャリアプランや将来ビジョンの確認

応募者が将来のビジョンを持っているか、どのようなキャリアを考えているのかを確認するケース。

キャリアプランや将来のビジョンを確認し、自社とミスマッチを起こさないかを判断している企業も多いようです。

 

2.仕事に対する考え方

応募者が専門的なスペシャリストを志望しているのか、総合的なゼネラリストを志望しているのかで仕事に対する考え方は変わりますし、若いうちから活躍したいのか、じっくり学びながらスキルを蓄積したいのかといった「仕事に求めるスピード感」も人により異なります。

企業は「3年後の自分」に対する回答から仕事に対する考え方を読み取り、社風や企業文化に合うかチェックしているのでしょう。

 

3.入社意欲の確認

「3年後の自分」を答えるためには、十分な企業研究や職種研究が必要。そのため、きちんと自分の未来像を答えられる応募者は、しっかりと企業研究をしている=入社意欲が高い、と判断されるようです。

「3年後の自分」の考え方

「3年後の自分」の回答が重要だと分かっていても、具体的なイメージが沸かない方もいるでしょう。

ここでは、「3年後の自分」の考え方を紹介しています。以下を参考に、自分の将来について考えてみてください。

 

自分のキャリア観から考える

キャリア観から考えるなら、前項で触れた「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」どちらを目指すかを最初に考えてみましょう。

例えば、スペシャリストを志望する人がジョブローテーションの多い企業に就職するのはミスマッチ。3年後の自分を考えたときも専門性は身につかないと判断できます。

 

さらに一歩踏み込んで、「キャリアアンカー」の考えを取り入れるのもおすすめです。

キャリアアンカーとは、個人のキャリアにおいて軸となる価値観のこと。価値観は以下の8つに分類されています。

 

・管理能力

・技術的、機能的能力

・安全性

・創造性

・自律と独立

・奉仕、社会献身

・純粋な挑戦

・ワークライフバランス

 

この中から、自分の軸となるものを見つけたうえで、企業にも当てはまるものを探しましょう。

自分と企業の共通点を見つけることで、目指すもの・キャリア観を明確化できます。

 

OB・OG訪問から考える

新卒や第二新卒であれば、入社3年目に近いOBやOGを訪問するといいでしょう。

「3年後の自分」のロールモデルを立てることでイメージを具体化することができますし、訪問したOB(OG)を参考にキャリアを積みたいといった回答は、企業側にとっても想像しやすく好アピールになります。

入社後3年間でどのような研修を受けたのか、業務はどう変化したのか、昇進はあるかなどを聞き、3年後の自分を想像してみましょう。 

「3年後の自分」の回答で気をつけたい3つのポイント

自分のなかで3年後の明確なイメージを持っていても、伝え方次第でマイナス印象になる可能性があります。

回答時には、以下の3つのポイントに気をつけてください。

 

1.企業とベクトルを合わせる

採用側は、応募者と企業の方向性が一致しているかを知りたいので、将来の目標と企業の理念や方向性がずれないように心がけましょう。

具体的には、仕事や職種での目標と企業での目標の2つの要素を盛り込んで話すのがポイント。

仕事や職種での目標なら「マーケティングスキルを身につけたい」「技術力を高めたい」など、企業での目標は「後輩や部下たちとチームワークを図り、業績アップを目指したい」といったことが挙げられます。

 

2.プライベートを盛り込まない

採用側が知りたいのはあくまでの仕事上の目標。そのため「結婚して育児も仕事も両立したい」などといったプライベートを含めた内容にならないように注意が必要です。

 

3.抽象的な表現は避ける

「活躍できる人になりたい」「信頼される人になりたい」などの抽象的な内容もあまり好ましくないでしょう。職種研究が十分にされていないと判断される可能性が高くなるためです。

 

将来のビジョンがしっかりとしていれば、入社後に自分が何をしたいのかを具体的に説明できます。

キャリアプランを持っている人は、仕事への意欲が高い傾向があると思われるため、面接前には自分が将来どうなっていたいのか、何がしたいのかをまとめておくようにしましょう。

 

具体的なキャリアプランが浮かばないとお悩みなら、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブには、多くの方の正社員就職をサポートしてきた実績を持つアドバイザーが多数在籍しています。

これまでの経歴やスキルを参考に、あなたの仕事観や希望を確認。キャリアプランに合わせた求人をご紹介することができます。

自分ひとりでは難しい企業研究や面接対策など、就活フェーズに合わせたきめ細やかなサポートも特徴。就職に関するお悩みならお任せください。

今後の働き方、どうする?キャリアについてのお悩みQ&A

自身のキャリアプランを考えることは、モチベーションを保って仕事をし続けるためにとても重要です。ここでは、想定されるキャリアの悩みについてQ&A方式で解決します。

企業が「3年後の自分」を聞く理由はなんですか?

キャリアプランが明確か、仕事の考え方がしっかりしているか、といったことを確認しています。このコラムの「企業が『3年後の自分』について聞く3つの理由」によると、「キャリアプラン・将来ビジョンの確認」「仕事に対する考え方」「入社意欲の確認」といった目的があるようです。企業が求職者を採用するうえで、「将来設計がしっかりできているか」というのは、とても重要な点であることが分かります。
ぜひ「キャリアプランとは?考え方と注意点まとめ」を参考に、ご自身のキャリアプランを明確にしておきましょう。

自分のやりたいことが分かりません。どうしたら良いでしょう。

未来を小刻みに分け、「1年後」「3年後」「5年後」自分がどうなっていたいか、具体的に想像してみましょう。
どんな仕事をしていたいか、どのくらいの給料を得ていたいか…。近い将来を想像し、そのとき自分がどうなっていたいか明確にイメージしてみることで、自ずとすべきことが見えてくるのではないでしょうか。併せて「仕事でやりたいことがわからない!そんなときのヒント集」もご参考ください。

入社半年で転職するのは早すぎますか?

転職する明確な理由がある場合、チャレンジしてみるのも手でしょう。
ただし、入社後3年未満で、特に数ヶ月~1年未満の場合、説得力のある理由がないと転職は難しいと考えられます。短期間で転職を繰り返すのはリスクにもなります。そのため、仕事でもミスや同業種への転職を考えている場合は、早急に判断せず、最低でも1年以上は仕事を続けてみるべきでしょう。ただし、異業種に挑戦したい場合、キャリアを見据えて最善の選択だと自信がある場合は、転職を視野に入れるのも1つの手です。

今の仕事が辛いです。「楽しい仕事」とはどんな仕事でしょう?

ものの見方や視点を変えてみましょう。
ただし、どんな仕事においても、楽しいばかりということはあり得ません。自分が求めている条件と現実が少しずれているだけで「楽しくない」「辛い」と思ってしまうと、新しい職場に転職したとしても、またすぐに辛くなってしまいます。仕事を楽しむには、自身の視点やものの見方を変え、現状を改善させる努力も必要でしょう。達成可能な短期目標を設定すると、成功体験を積み重ねることができ、仕事へのモチベーションに繋がります。ぜひ試してみてください。詳しくは「「楽しい」仕事って何だろう?」をチェックしてみてください。

また、人間関係の悪化や精神的なストレスで、どうしても現在の職場で仕事を続けることが困難である場合、無理をせず転職を考えましょう。

在職中の転職活動に不安がある方は、転職エージェントの活用がおすすめです。
ハタラクティブでは、求人紹介から面接日調整、企業との交渉まで、転職活動のすべてをサポートします。在職中でも効率的な転職活動ができるので、ぜひこれを機にご活用ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ