5年後の自分について面接で聞かれたら答えは「わからない」で良いの?

5年後の自分について面接で聞かれたら答えは「わからない」で良いの?の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業が面接で「5年後の自分」について質問するのは、意欲や目標などを確認するため
  • ・面接で「5年後の自分」について質問されたときは仕事に関係することだけを話す
  • ・「5年後の自分」について話すときには、明確な将来像を冒頭で伝えよう
  • ・「5年後の自分」の質問への対応策として自己分析や企業研究が挙げられる
  • ・「5年後の自分」への回答が見つからない場合はエージェントを利用するのもおすすめ

「5年後の自分の質問への正しい回答は?」「5年後の自分のことなどわからない」など、面接での良くある質問に対して疑問を抱えている方も多いと思います。
企業が面接で「5年後の自分」について質問するのは、働く意欲や明確な目的などがあることを確認するためです。
このコラムでは、面接で「5年後の自分」について聞かれたときの回答ポイントや具体的な例文などを紹介しています。
就活を成功させたい方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

企業が面接で5年後の自分について質問する4つの理由

「5年後の自分」について企業が面接で質問する主な理由は、以下の4つです。質問の意図をきちんと理解しておきましょう。

1.キャリアプランが明確であることを確認するため

企業が採用面接で「5年後の自分」について質問するのには、応募者がキャリアプランを明確に描けているかを確認する目的があります。キャリアプランとは、将来自分がどのような仕事をしたいか、どんな技術を身に付けたいか、会社の中でこういった立場になりたいかなどを具体的に考え、それを実現するための目標や道筋を計画することです。
企業側は応募者がどのような目的をもって自社に応募してきたかを問うことで、自社にとって有益な人材かどうかを見極めているともいえるでしょう。また、入社後のキャリプランの有無は、企業に対する理解度の深さを知ることにも役立っています。

2.長く働く意思があるかを確認するため

企業が「5年後の自分」について質問するのは、応募者に長く働く意思があるかどうかを見極める意味もあるでしょう。企業側としては、できるだけ長く働いてくれる人材を求めています。すぐに辞められてしまうと大きな損害を被ることになってしまうため、それを回避したいと考えるのは当然です。5年後の自分について明確な回答ができない場合は、長く勤務する意欲が低いと判断されてしまう可能性もゼロではないでしょう。

「5年も働くかわからない」という心境が正直なものだったとしても、何も考えずに選考に臨むのはあまりおすすめできません。目標がないまま入社できたとしても、仕事を長く続けることはかなり難しくなってしまう可能性があります。「仮に5年間働くとしたら」という前提のもと、その会社でどうなりたいかを明確にしておきましょう。

3.企業との相性を確認するため

面接で「5年後の自分」について聞くことにより、企業と応募者の相性を確認することもできます。
応募者の描く将来像が企業の方向性とかみ合っていない場合、早期離職してしまう可能性が非常に高い現実があります。キャリアビジョンに対する質問は、採用後のミスマッチを回避する意味でも役立っているといえるでしょう。

4.志望度の高さを確認するため

「5年後の自分」を面接で尋ねる最後の理由は、応募者の企業に対する志望度の高さを確認するためです。
将来会社の中でどのような存在になりたいかを知ることができれば、応募者の意気込みが分かり、応募先の企業にどの程度の興味や関心を持っているかを見極められます。
5年後の自分について想像もつかない方には、面接でその質問をされたときの対処法などを紹介しているコラム「5年後の自分がわからない!面接で聞かれる理由や回答例を解説」もあわせてご覧ください。

キャリアビジョンは1年後、3年後、5年後、10年後といった区切りで考えるのが一般的です。もし3年後の自分について面接で質問された場合の対処法を知りたい方は、「『3年後の自分』はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法」を、10年後の自分をどう考えていいか知りたい方には、面接で役立つ例文などを紹介しているコラム「10年後の自分を考える方法とは?伝え方のポイントや注意点も解説!」を参考にしてみてください。

「5年後の自分」に回答するときの5つのポイント

前記したように、この質問には求職者が自社にとってふさわしい人材かを見極める意図があります。好印象を残すための5つのポイントを以下に紹介しますので、要点を押さえて回答できるように準備しておきましょう。

1.目標を具体的に伝える

将来の目標と理想の自分について答できるだけ具体的に伝えることがポイントです。
「5年後には営業マンとして売上No.1の成績を上げて御社の業績に貢献します」「5年後にはファイナルシャルプランナーの資格を取得して○○の仕事に携わっていたいです」など、数字や資格名などを使って答えましょう。

2.目標を達成するプロセスを明確に伝える

「5年後の自分」についての質問を面接で受けたときには、具体的な目標や理想の自分を掲げるだけではなく、それをどうやって達成できるかのプロセスを明確に伝えることも大きなポイントです。
すでに将来の目標に対して努力していることや所有している資格やスキルがある場合は、そのことも付け加えれば評価アップにつながるでしょう。

3.成長意欲をしっかりアピールする

面接で「5年後の自分」について聞かれたときには、成長意欲をアピールすることもポイントです。目標を達成して終わりではなく、その後も成長し続ける意志があることを面接官に伝えましょう。

4.企業の方向性にマッチさせる

面接で「5年後の自分」について聞かれたときには、企業が目指している方向性に合わせた回答を心掛けることが重要です。どれだけ立派な目標を掲げて完璧な回答ができたと思っても、それが応募先企業の方針に全く沿っていなければ評価を下げてしまいます。
たとえば、今後海外市場に店舗を展開していくことを大々的に表明している企業に対して、国内だけの業績をアップさせる取り組みをしていく目標を掲げてしまうと、企業研究不足と捉えられてしまう可能性があります。

5.仕事に関することを伝える

「5年後の自分」について面接で聞かれたときには、仕事に関することを伝えるのがポイントです。
企業がこの質問で確認したいのは、プライベートではなく仕事に対する目標についてです。「5年後は結婚して家を購入したいです」といったような回答は控え、仕事に対するビジョンを伝えるようにしましょう。

面接では自分が想い描く将来像を冒頭で伝えてください。そうすることにより、面接官に自分が言いたいことの大枠を理解してもらいやすくなり、その後の内容をスムーズに伝えることが可能になります。結論から述べて、次に理由、具体例をもってくることで、話がまとまりやすくなるのもメリット。「結局何が言いたいのかわからなかった」といった自体を防げます。

「5年後の自分」への回答で評価される2つの例文

面接で「5年後の自分」について質問されたときに面接官に評価されやすい2つの回答例を紹介します。

1.アルバイトの経験を活かした回答例

「5年後には御社で行っている事業に関する知識と仕事に必要なスキルを身に付け、新入社員を含めた若手社員の育成を任せられる立場になりたいと考えています。私は大学の4年間○○でアルバイトをしていました。3年間で業務に必要な知識とスキルを習得し、その後バイトリーダーとして新人の教育を任されていました。学生時代に培った学力や分析力を活かして、情報収集をしたり、速やかに知識を吸収したりすることには自信があり、入社後の業務に必要である○○と○○の資格も3年以内には取得したいと考えています。自分自身がスキルアップをして御社の業績に貢献することは当然ですが、自分が身につけた知識やスキルを若手社員に教えて、適切な仕事をしてもらうことでも御社の業績に貢献できると信じています。また、若手社員への教育から自身が学べることもたくさんあると思うので、自分のスキルも磨きながらさらなるステップアップをしていきたいと考えております。」

2.サークル活動の経験を活かした回答例

「入社5年以内には海外赴任を経験して、5年後には○○支店もしくは○○支店に赴任し、○○市場の販路拡大に貢献したいと考えています。私は高校に入学するまで父の仕事の都合で○○に住んでいました。そこで英語とスペイン語を身につけました。この語学力を仕事に活かすことを希望しています。グローバル化が進む中、私は御社の商品を海外に広げることに感心を持ち、さらに御社で現在開発中の○○にも強い興味を抱いていて、ぜひともプロジェクトに関わりたいと思っています。まずは既存のサービスや商品について詳しく勉強し、プロジェクト成功に役立つと思われる○○の資格を取得して、5年後にはリーダーを任される存在となり、御社の業績に大いに貢献できるようになりたいと考えております。」

前項でも紹介しましたが、「5年後の自分」について質問されたときには、5年後の目標と理想の自分を明確にして、その根拠を具体的に伝えなければいけません。
また、5年間の経験から何を得て、どのようにして企業に貢献できるかを伝え、成長意欲も付け加えることができれば、面接官から高い評価を得ることができるでしょう。
キャリアプランを面接で質問されたときの正しい答え方を知りたい方は、面接で役立つ例文なども書かれているコラム「キャリアプランを面接で質問されたときの答え方は?例文もご紹介!」をチェックしてみてください。

「5年後の自分」への回答で評価されない2つの例文

「5年後の自分」について質問があった場合に、面接で落とされやすいNG回答例を2つ紹介します。

1.アルバイトの経験を活かしたNG回答例

「5年後には御社の商品をたくさん売って企業の業績アップに貢献したいと考えています。私は学生時代に○○でアルバイトをしていたので、接客には自信があります。商品を売る楽しさも知っているので、御社で営業や販売のスキルを身につけてキャリアップしたいと思っております。」

2.サークル活動の経験を活かしたNG回答例

「5年後には何らかの役職について、プロジェクトリーダーを任せられる存在になりたいと考えています。学生時代は○○サークルでリーダーを任されていたので、統率力には自信があります。営業成績でもトップを目指し、御社の売上に貢献していきたいと思っています。」

NG回答例では、5年後の自分について目標達成に具体性がなく、その根拠も曖昧です。企業にどうやって貢献できるかも、伝わりにくくなっています。

面接で「5年後の自分」について深堀されることもある

面接では、「5年後にはどのようになっていたいですか?」などと質問した後に、5年後の自分について深堀されることもあります
5年後の自分に関する回答は完璧に準備していたつもりでも、その後に予期せぬ追加の質問があれば動揺してしまう可能性が高いので、深堀質問についてもしっかり対策しておきましょう。

具体的には、面接官が「5年後の自分」についての回答を聞いた後に以下のような質問を加えて行うケースがあるので、それに対する回答も用意しておく必要があります。

・どうしてそうなりたいか答えてください
・5年後の自分になるためにどのようなことに取り組みますか?
・5年後の自分になるための過程を詳しく教えてください。
・3年後の自分についても教えてください。
・5年後の将来像を踏まえて10年後はどうなっていますか?

仕事に対する想いや働く理由を聞かれたときにどう回答すれば良いかわからない方には「『あなたにとって仕事とは』と面接で聞かれたら?回答の注意点や例文をご紹介」なぜ働くのかという質問の回答例が書かれているコラム「『なぜ働くのか』と面接で聞かれたら?理由の見つけ方と回答法もご紹介」などもあわせて参考にすることをおすすめします。

「5年後の自分」の質問のためにすべき3つのこと

面接で「5年後の自分」について質問されたときのためにすべきことはいろいろありますが、ここではすぐにできることを3つ紹介します。

1.自己分析をする

「5年後の自分」を見つけるには、自己分析を行うことが有効です。過去の自分の考え方や多くの体験談などを振り返ることで、現在の自分を形成している価値観や思考、自分の強みや弱みを知ることができます。自分のことがよくわからないという方は、家族や友人などに尋ねるのも有効です。自分が気づいていない客観的な要素を引き出せるでしょう。

2.企業研究をする

「5年後の自分」の質問に対する正しい回答をするために企業研究は欠かせません。自分が希望する将来像がその企業では実現できないこともあるため、実際に5年後任せれそうな仕事やポジションがあるのかを調べておきましょう。思い描く将来像が企業が求める人材とマッチしていないと、採用の可能性を下げることになってしまいます。

3.OB・OG訪問をする

「5年後の自分」が特定の企業で何ができるのかを知るためには、OB・OG訪問をすることをおすすめします。実際にそこで働いている社員の話を聞くことができれば、どのような回答をすれば採用率がアップするかを理解できる可能性が高く、正解の回答を得ることもできるでしょう。OB・OG訪問ができない場合は、採用HPやインタビュー記事を読むことによりヒントが得られることもあります。

「5年後の自分」についてイメージできない、正しい回答を見いだせないという場合は、プロのエージェントを利用することも有効な方法です。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが「5年後の自分の質問への正しい回答は?」「5年後の自分のことなどわからない」などの疑問や不安にしっかり応えて、あなたの就活をフルサポートします。
自己分析や企業研究のお手伝いもして、面倒な履歴書や職務経歴書の作成や面接対策などの指導も行い、理想の職場を紹介することも可能です。
登録も利用も完全無料なので、まずはお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION