5年後の自分がわからないときは?評価されやすい回答を例文付きで解説!

5年後の自分がわからないときは?評価されやすい回答を例文付きで解説!の画像

この記事のまとめ

  • 5年後の自分がわからないときは、OBOG訪問すると将来像を描けるようになる
  • 5年後の自分がわからない人は「今の自分」から考えてみるのも一つの手
  • 面接官が5年後の自分について質問する理由は、長く働く意思があるかを確認するため
  • 「5年後の自分は?」に回答する際は、理由とプロセスを具体的に伝えることが大切

就職・転職活動中の人のなかには、「5年後の自分がわからない」「どのように回答すると好印象?」と疑問に感じる方もいるでしょう。5年後の自分がわからない場合は企業研究やOBOG訪問を行い、「入社後はどうなっていたいか」をイメージしてみるのがおすすめです。
このコラムでは、評価されやすい回答・評価されにくい回答の例文を紹介。また、面接で5年後の自分を質問される理由についてもまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

5年後の自分がわからない!何をすべき?

5年後の自分がわからないときは企業研究や業界研究を行い、どのような人物が求められているかを把握しましょう。また、OBOG訪問で実際に働いている人の話を聞いてみるのもおすすめです。
詳細は以下で解説します。

企業研究・業界研究を徹底的に行う

企業がどのような人材を求めているのかを把握するには、企業研究・業界研究が欠かせません。会社概要だけでなく、将来的に力を入れる予定の事業や同業他社との違い、業界における立ち位置なども徹底的に調べることをおすすめします。
志望企業ならではの特徴や今後の方針がわかれば、求められている人材も見えてくるはずです。面接で5年後の自分について答える際は、企業にマッチしていることをアピールできるような内容にしましょう。

OBOG訪問や先輩社員のインタビュー記事を活用する

5年後の自分がわからないときは、OBOG訪問や先輩社員のインタビュー記事を活用して、実際に志望企業で働いている人の声を聞くのも一つの手です。体験談を参考にする場合は、業務内容やキャリアの変化に着目してみましょう。入社5年程度の先輩社員から話を聞くと、5年後の自分がわからない人も少しずつイメージを掴めるようになるはずです。

「今の自分」からビジョンを描いてみる

5年後の自分がわからないときは、「今の自分から将来のビジョンを描いてみる」という方法もあります。以下の項目を参考にしながら、「5年後の自分はどうなっているか」を想像してノートに書き出してみましょう。

・5年後も今と同じ生活をしたいか否か
・給料の額をいくらぐらいアップさせたいか
・今よりもスキルや専門性を高めたい分野は何か
・家庭の状況は、今と比べてどのように変化するか
・どのような趣味を楽しんでいるか

今の自分と5年後の自分を比較することによって、目標や働き方が見えてくることも。また、面接では「5年後の自分」の代わりに、「10年後の自分」について質問されることもあります。「そんな先のことなんてわからない」という方は、「10年後の自分を考える方法とは?伝え方のポイントや注意点も解説!」のコラムを参考にして、将来をどのように考えるべきかを知りましょう。

企業が面接で「5年後の自分」を質問する4つの理由

企業が面接で「5年後の自分」に関して質問する主な理由は、「キャリアプラン」「長く働く意思」「企業との相性」「志望度の高さ」の4つを確認するためです。
以下で詳しく解説するので、理由を知ったうえで回答の文言を考えてみましょう。

1.キャリアプランが明確であることを確認するため

面接官が「5年後の自分」について質問するのは、応募者がキャリアプランを描けているかを確認するのが目的です。キャリアプランとは、将来携わりたい仕事や身に付けたい技術、あるいは会社での役割などを考える計画のことを指します。
企業は、応募者がどのような目的をもって応募したかを問うことで、有益な人材かどうかを見極めているともいえるでしょう。また、入社後のキャリアプランが明確にあるかどうかは、企業に対する理解度の深さを知ることにも役立っています。

2.長く働く意思があるかを確認するため

企業が「5年後の自分」について質問するのには、応募者に長く働く意思があるかどうかを見極める意味もあるでしょう。多くの企業は、できるだけ長く働いてくれる人材を求めています。入社後すぐに辞めてしまうと企業は大きな損害を被ることになるので、それを回避したいと考えるのは当然です。
5年後の自分はどうなっていたいのかを明確に答えられないと、面接官に「長く勤務する意欲が低いのでは?」と判断されてしまう可能性もあるので、しっかりと回答を準備しましょう。

3.企業との相性を確認するため

面接官は、応募者が考える「5年後の自分」を聞くことにより、企業と応募者の相性を確認しています。応募者の描く将来像と企業の方向性が合わない場合、入社しても早期離職という結果になりかねません。「5年後の自分」に関する質問は、入社後のミスマッチや早期離職を回避するために行われています

4.志望度の高さを確認するため

5年後の自分について面接で聞かれる理由は、応募者の志望度の高さを確認するためです。応募者が将来、会社の中でどのような存在になりたいかを把握できれば、企業にどの程度の興味や関心を持っているかを見極められます。

「5年後の自分」への回答で評価されやすい例文

ここでは、面接で「5年後の自分」について質問されたとき、面接官から評価されやすい2つの回答例を紹介します。

アルバイトの経験を活かした例文

以下は、アルバイトの経験を活かして「5年後の自分」を面接官に伝えるための例文です。アルバイトで何を経験したのか、それを仕事でどのように活かせるのかを答えています。

「5年後は、御社で行っている事業の知識と仕事に必要なスキルを身に付け、新入社員を含めた若手社員の育成を任せられる立場になりたいと考えています。
私は大学の4年間●●でアルバイトをしていました。3年間で業務に必要な知識とスキルを習得し、その後、バイトリーダーとして新人の教育を任されていました。学生時代に培った分析力と新たなことを吸収する力には多少の自信があります。また、入社後の業務に必要である●●と△△の資格も、3年以内に取得することを目指して勉強を進めています。自分自身がスキルアップし、御社の業績に貢献するのはもちろん、若手社員に知識やスキルを伝えることでも御社の業績に貢献できると信じています。また、誰かに何かを教えることによって、自分が学ぶことも多くあると思います。自分のスキルを磨きながら、さらなるステップアップを目指し精進していきたいと考えております」

スキルを活かした例文

以下は、自身が備えているスキルを活かして「5年後の自分」を説明する例文です。企業が求めている語学力のアピールもしつつ、将来について具体的に説明しています。

「入社後は5年以内に海外赴任を経験して、5年後には●●支店もしくは△△支店に赴任し、●●市場の販路拡大に貢献したいと考えています。
私は、高校に入学するまで父の仕事の都合で●●に住んでいました。そこで英語とスペイン語を身につけました。この語学力を仕事に活かすことを希望しています。私は、商品の販路を海外に広げる御社の事業に関心を持ち、現在開発中の●●にも強く興味を抱いています。グローバル化が進むなか、私もぜひ御社のプロジェクトに関わりたいと思っています。まずは、既存のサービスや商品についてきちんと知識を身につけ、プロジェクトに役立つ●●の資格取得を目指します。そして、5年後にはリーダーを任される存在となり、御社に貢献できるようになりたいと考えております」

回答するときは具体的な根拠を示すことが大事!

5年後の自分について面接で回答するときは、目標や理想の自分を明確に伝えてから、その根拠を具体的に示すことが大事です。また、入社から5年間で何を得て、どのように貢献したいかを伝えると、成長意欲を示すこともできるので、高評価が期待できるでしょう。

面接で聞かれることとは?よく質問される項目と回答例を紹介!」のコラムでは、「5年後の自分」のほかに面接でよく聞かれる質問と回答例を紹介しています。面接の準備をする際の参考にしてください。

「5年後の自分」への回答で評価されにくい例文

「5年後の自分」について質問されたときに、面接で評価されにくい回答があります。以下にNG例を2つ紹介するので、回答を考えるときの参考にしてください。

アルバイトの経験を活かしたNG回答例

以下は、アルバイトの経験を活かしたNG回答例です。「アルバイトの経験を活かした例文」で紹介した例文と比べると、「5年後の自分」への回答としては具体性に欠けます。

「5年後には御社の商品を数多く販売して、企業の業績アップに貢献したいと考えています。
私は学生時代に●●でアルバイトをしていたので、接客には多少の自信があります。商品を売る楽しさも知っているので、御社で営業や販売のスキルを身につけてキャリアップしたいと思っております」

サークル活動の経験を活かしたNG回答例

以下は、サークル活動の経験を活かしたNG回答例です。5年後の具体的な姿が面接官に伝わらない文章は、評価されにくいでしょう。

「5年後には何らかの役職について、プロジェクトリーダーを任せられる存在になりたいと考えています。
学生時代は●●サークルでリーダーを任されていたので、統率力には自信があります。営業成績でもトップを目指し、御社の売上に貢献していきたいと思っています」

5年後の自分がわからない方は、「5年後の自分について面接で聞かれる理由は?答え方のポイントや例文を紹介」のコラムでも、わからないときの対処法や回答例を紹介しているので、あわせてご覧ください。

「5年後の自分は?」に回答する際の5つのコツ

「5年後の自分はどうなっていると思うか?」という面接官からの質問に回答する際は、「具体的な説明」「プロセスを明確に」「成長意欲をアピール」「企業とマッチしている点」「プライベートな話を避ける」の5つを意識するのが大切です。
以下で詳しく解説するので、要点を押さえて好印象を与える回答ができるように準備しましょう。

1.将来どうなっていたいかを具体的に伝える

将来の目標と理想の自分について、できるだけ具体的に伝えることがポイントです。たとえば、「5年後には、営業マンとして売上No.1の成績を上げて御社の業績に貢献します」「5年後までには●●の資格を取得し、△△の業務に携わりたいです」などが回答例として挙げられます。このように、数字や資格名を使って具体的に説明すると、より説得力が増すでしょう

2.目標を達成するプロセスを明確に伝える

「5年後の自分」について面接で回答するときは、目標や理想の自分を掲げるだけでなく「どのように達成するか」を伝えることも大切。なぜなら、プロセスが明確に見えていなければ、実現は困難だからです。面接官には目標を達成するために努力していること、活かせる資格やスキル、どのような道のりで目標を達成しようと考えているのかを明確に説明しましょう。

3.成長意欲をしっかりアピールする

面接で「5年後の自分」について聞かれたときは、成長意欲をアピールすることが重要です。入社後どのように成長して会社に貢献したいか、目標達成後も成長し続ける意思があることを面接官に伝えましょう。

4.企業の方向性にマッチさせる

5年後の自分について面接官に伝えるときは、企業が目指している方向性にマッチした回答を心掛けることが大切です。たとえば、海外へ事業拡大を表明している企業に対して、「5年後は国内での業績を上げることが目標です」と回答すると、「企業研究不足なのでは?」とネガティブな印象を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。

5.仕事に関することを伝える

面接での「5年後の自分はどうなっている?」という質問に対して、仕事と掛け離れた回答をするのは避けましょう。面接官が確認したいのは、プライベートではなく仕事に対する目標です。「5年後は結婚して家を購入したいです」のような回答は控え、仕事における5年後のビジョンを伝えましょう。

5年後の自分を伝える際は「結論」から!

面接で質問に回答する際は、まず明確に結論を伝えるのがポイントです。次に、そう思った理由を説明して具体例を挙げると、話がまとまりやすくなります。

「5年後の自分がわからない」「どのように回答すべきかわからない」という方は、プロのエージェントを利用するのも一つの方法です。就職・転職エージェントのハタラクティブでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが、「5年後の自分はどうなっていると思うか」という質問に対する回答方法や「5年後の自分はまだわからない」とお悩みの方に対してマンツーマンでアドバイス。また、自己分析や企業研究、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策などもサポートします。
サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にハタラクティブへご相談ください!

面接で質問される内容に関するQ&A

ここでは、面接で質問される内容に関する疑問にQ&A形式でお答えします。

「キャリアプラン」は何年後の自分を想像すれば良い?

キャリアプランを考えるときは、まずは2年後の自分を想像してみましょう。10年後や5年後の自分はわからないという方でも、2年後であればどのような仕事をしているかをイメージしやすいからです。「面接に役立つキャリアプラン例を業界別に紹介」のコラムでは、業界別にキャリアプランの例を紹介しているので、参考にしながら回答を考えてみてください。

「将来の目標」はプライベートなことでも良いの?

面接でプライベートな目標だけを伝えるのは避けましょう。面接官は、「結婚して子どもは2人欲しい」「出世して収入を倍に増やしたい」という回答を求めている訳ではありません。プライベートと仕事を関連付けて回答することがポイントです。面接で将来の目標を聞かれる理由や答え方のコツは、「「将来の夢は何ですか?」と面接で聞く企業側の目的とは」のコラムで詳しく解説しています。

「入社後の目標」を伝えるときのコツは?

企業の事業内容と自分がやりたいことを結び付けて、入社後の目標を考えるのがポイントです。ただし、「ほかの会社でもできるのでは?」という印象を与えないよう、企業研究をしっかりと行うことが大切。「どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント」のコラムでは、「入社後に何をしたいか?」という質問に対する回答例や注意点などを紹介しているので、あわせてご覧ください。

面接で「わからない」と回答するのはNG?

「わからない」と即答すると、マイナスな印象を与えてしまう場合があります。わからないときは、「少しお時間いただいてもよろしいでしょうか」と言って考える姿勢を見せましょう。それでも回答できないときは素直に謝り、「今後は答えられるようにします」と伝えるのがベター。ハタラクティブでは、若年層の不安や疑問に無料でアドバイスを行っているのでご相談ください。

この記事に関連するタグ