どんな仕事がしたいかわからない…そんな時、どうする?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. どんな仕事がしたいかわからない…そんな時、どうする?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職先が定まらない人は「自分の強みがわからない」「別の会社なら活躍できると思う」「過度に失敗を恐れる」などのタイプに分けられる
    ・やりたい仕事を探すには「転職理由の掘り下げ」「できることから実践する」「やってみて楽しかったことから考える」などの方法がある
    ・転職にはメリットとデメリットの両面があるため過度な期待は持たないようにしよう

今の仕事は辞めたいけれど、次にどんな仕事をしたらいいか転職先を決められないと悩んでいる方は多くいます。やりたい事がなかなか見つからない場合、転職活動はどのように進めていけば良いのでしょうか。
この記事では、自己分析の方法や自分がやりたいと思う仕事の見つけ方などを解説します。進むべき方向を定めたいと悩んでいる方は、ぜひこのコラムを読んでみてください。

◆あなたはどのタイプ?

何の仕事に就きたいのか分からない人は、以下のようなタイプにわかれる傾向にあると言われています。

【自分の長所がわからないタイプ】

大抵のことならそつなくこなせる、という一見何でもできる器用貧乏と呼ばれる人がこのタイプです。器用貧乏の人は、ある程度のことは努力せずにできてしまうため、1つのことを極めようという気持ちが起こりにくくなります。

しかし、器用貧乏のまま放っておくと、将来自分の強みが育たずにプロとして評価してもらうことは難しくなるでしょう。
自分の強みを自覚し、伸ばそうと努力を重ねている人の方が企業にとっては「欲しい人材」に映るからです。

自分が器用貧乏のタイプだと思う人は、何か1つのことを極めようという意思を持って仕事を決めましょう。
つまり、自分の強みをもっと成長させられる仕事や自分の興味をさらに深められる仕事はどのようなものがあるのかという視点で、転職先を探してみるのです。
その上で、業務内容や待遇面などにおける優先順位を書き出し譲れない条件を把握しておくと、就活する際に軸を持って転職を進めることができます。

【別の場所でなら活躍できると思うタイプ】

転職先を決められない人のなかには、今の仕事に向いていないだけで他の会社に行けば活躍できると信じている人も多数います。

別の場所で活躍できるという明確な根拠がある場合は、自分の強みを把握しているわけですから転職先もすぐに思いつくはずです。しかし、転職先が見えてこないという場合は、実は自分の強みが何であるかはっきりとはわかっていないということを表しているのではないでしょうか。

その結果、転職する方がリスクがあるように思えて転職先が決まらないのかもしれません。
このような場合は、転職を急がずに今の職場に留まり眼の前の仕事に向き合って最後までやり抜きましょう。
眼の前の仕事にきっちりと取り組んで実績を積むことで、仕事の面白さに気がついたり適性があると発見できることもあるかもしれません。

強みが何であるかがわからないという場合は、仕事に活かせる資格取得を目指して勉強を始めるのも1つの手段です。資格があるからといって必ずしも活かせる職種に就けるとは言い切れませんが、将来何らかのプラスになると期待できるでしょう。

【失敗するのを過度に恐れるタイプ】

失敗するならチャレンジしないと慎重になりすぎて、やりたい仕事を決められないタイプの人もいます。初めて転職を考える方や、社会に出て日の浅い若年層に多いようです。

このタイプの人は「失敗は絶対に嫌だ」という気持ちを抑えて、まずは挑戦してみるのが大切です。うまく行かなかったら次がある、くらいの気持ちで思い切って転職活動を始めてみましょう。

まずは身近な人で転職した人に意見を聞いてみたり、Webで転職情報について調べてみたりするのがおすすめです。

次に、今の会社では活躍できないということなのであれば、そもそも最初に就職した際にマッチングがうまくいっていなかったのかもしれません。転職先で同じことを繰り返さないように、もう一度自分を客観的に見つめ直し、自分の長所ややりたい仕事は何なのかなど自分自身を深掘りしてみると良いでしょう。

◆やりたい仕事の探し方

やりたい仕事はどのようにすれば見つかるのでしょうか?参考までに、以下をご覧ください。

【転職したいと思う理由を深掘りしよう】

「なぜ転職したいと思ったのか」という問いに対して「仕事が嫌になったから」という答えが出た場合「では、なぜ仕事が嫌になったのか」というように転職の理由を深掘りすると、本当の答えが見つかりやすいと言われています。
仕事の内容から労働条件まで、何が原因で転職という選択にたどり着いたのかを考えることで価値基準が見え、自分に合った転職先を見つけるきっかけとなるでしょう。

【できることから考えてみよう】

なりたい仕事に就くことはハードルが高いと思うのであれば、自分には何ができるのかを探してみましょう。
その結果、得意分野に気がつくことができ、転職先が見つかりやすくなるかもしれません。
「事務ならコツコツ楽しく働ける」「体力があるから身体を動かす仕事は得意」など、強みを自覚することで新たな転職先が発見できるでしょう。

【やってみて楽しかったことから考えてみよう】

「人からありがとうと言われることが、嬉しかった」「プレゼンをして企画が通ったときの喜びが忘れられない」など、仕事をする上でのモチベーションを知ることは重要です。
褒められた点はあなたが得意としていることであり、自信を持てる強みでもあることから転職先を探す上では大切なポイントとなります。

◆したい仕事が見つかったら…

転職を考えてやりたい仕事が見つかった際は、転職することで得られるメリットやデメリットについて比較し、どちらがよりあなたにとって良いのかじっくり考えてみましょう。

現在、年功序列の会社で働いていたとして、転職せずに同じ会社で勤務を続けるのであれば、キャリアや収入アップが目指せるでしょう。
しかし、仕事自体に喜びを感じられないのであれば、結局は退職を選択する可能性もあります。

あるいは、自分の仕事に対して正当な評価がなされていないと感じるのであれば、今すぐに転職先を探して転職するのも良いでしょう。
しかしながら、新しい職場があなたが期待するような評価をしてくれるかどうかは、どのような実績を残せるかにかかっているのです。

転職したとしても、良い面と悪い面は必ずあるもの。要望をすべて満たす仕事はないということを知り、転職に過度な期待を持たないようにするのが大切です。

転職についてお悩みなら、転職エージェントを使ってみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、20代の若年層を対象に転職活動を行っています。職務履歴書や履歴書などの応募書類の書き方から面接対策まで、プロのアドバイザーがサポートするので、安心して転職活動ができるのが魅力。求人数も豊富なので、あなたの個性に合う職場のご紹介もお任せください。
まずはお気軽にご相談を。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ