新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント

どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント

公開日:

最終更新日:

どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイントの画像

【このページのまとめ】

  • ・企業が面接で「どんな仕事をしたいか」聞くのは、応募者の意欲や人間性を知るため
    ・「どんな仕事をしたいか」に答える際は具体的な仕事内容や自分の強みを盛り込もう
    ・「どんな仕事をしたいか」が不明確なままだと面接で相手の心証を悪くする恐れもある
    ・「どんな仕事をしたいか」、自己分析や企業研究を元に考えてみよう

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

多くの企業の面接やエントリーシートで投げかけられる「入社したらどんな仕事をしたいか」という質問。回答が思い浮かばず困っている方もいるのではないでしょうか?
このコラムでは、採用担当者がなぜこの質問をするかを解説し、それを踏まえて、どのように回答すれば相手に好印象を与えられるかを考えます。入社後のビジョンを伝えることで、モチベーションの高さやあなたの長所をアピールできるでしょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接で「どんな仕事をしたいか」を聞かれる理由

企業の採用担当者はなぜ「どんな仕事をしたいか」を聞くのでしょうか。下記を参考に、企業側がその質問をする意図について理解しましょう。

 

仕事の理解度を確認するため

どの企業も「当社に興味関心を持っている人を採用したい」と考えるもの。どんな仕事をしたいか質問することで、応募者がきちんと企業研究をしているかどうかを探ろうとしています。
ここで明確なビジョンを語ることができれば、「関心をもって丁寧に企業研究を行い、業務内容を把握している」と判断されるでしょう。反対に、実際の業務や会社の理念とかけ離れた内容を話してしまうと企業研究を怠っているとみなされ、やる気や探求心がないと思われてしまいます。イメージだけで話をせず、きちんと企業のことを知ったうえで回答しましょう。
 

企業と応募者の間にミスマッチがないか確認するため

「どんな仕事をしたいか」が分からないのは、入社後のイメージが十分にできていない証拠ともいえます。どんな仕事をするのか理解していないままなんとなく入社してしまうと、思い通りの働き方ができず、早期退職につながる恐れもあるでしょう。
企業側にとっても、費用や時間をかけて採用した人員がすぐに退職してしまうのは避けたい事態です。応募者の仕事のイメージと実際の業務との間に相違がないか確認するため「どんな仕事をしたいか」を聞きいている場合もあります。
 

仕事に対するモチベーションを確認するため

「どんな仕事をしたいか」という質問には、応募者の仕事に対する姿勢を引き出そうとする意図もあるようです。
多くの企業は、前向きに物事に取り組めるモチベーションの高い人材を求めます。そのため、「なんでもやります」といった漠然とした回答や、「募集要項に記載されていた〇〇業務を行います」といった内容の浅い回答をすると、自分で物事を考えられない人、指示を待つだけの消極的な人と捉えられてしまう恐れも。具体的な仕事内容を述べたり、自分の意見を盛り込んだりした方が仕事に意欲的な人材であると判断してもらえるでしょう。
 

応募者の人間性を確認するため

「どんな仕事をしたいか」という質問の回答には、人間性が表れやすいもの。採用担当者は、回答内容や言い回しから応募者の長所や短所を分析しています。
例えば「しっかりと与えられた業務をこなしたい」という言い回し。一見、責任感があるように見えますが、与えられた業務に責任を持って取り組むことは社会人として当たり前の行為であるともいえます。前後の内容によっては「指示がないと動けない」「指示されたこと以外には目を向けられない」など、自発性がないと判断されてしまう恐れもあるでしょう。
応募者の回答から、マイナス思考とプラス思考のどちらなのか、慎重派なのか物怖じしないタイプなのかを見られることもあり、入社後の配属先を見極められている可能性があります。

このように、企業の採用担当者は応募者の志望度や仕事へのモチベーション、人間性などを見極めるために「どんな仕事をしたいか」という質問を投げかけてくるのです。たった一つの質問と回答ですが、そこからさまざまな角度で応募者を判断しています。

どんな仕事をしたいか答える際のポイント

「どんな仕事をしたいか」に対し、どのような回答をすれば採用担当者に好印象を与えられるのでしょうか。ここでは回答の際に押さえるべきポイントを3つご紹介します。採用担当者がこの質問を投げかける意図も踏まえて回答を考えてみましょう。
 

具体的な仕事内容を述べる

面接で自分をアピールするためには、具体性やオリジナリティのある話をすることが重要です。抽象的で誰にでも答えられるような回答をしてしまうと、採用担当者の印象に残らなかったり、適当な気持ちで面接に臨んでいると捉えられてしまったりする恐れもあります。そのため、「どんな仕事をしたいか」を聞かれた際は、具体的な仕事内容を述べるようにしましょう。
例えば「お客様に信頼される営業をしたい」という回答は漠然としていて、あまり良い印象を与えられません。この場合、「どのような営業をすれば信頼されるか」というところまで掘り下げて答えられると、具体性やオリジナリティが増すはずです。
 

自分の経験や強みを活かせることを伝える

面接では、回答の各所に自分の強みや長所を盛り込むことも大切です。自分の経験や強みをどのように仕事に活かせるかを伝えられると、説得力が増し、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。学生時代や前職での経験などを振り返り、自己分析を行っておくと回答しやすくなります。
未経験職種に応募する場合でも、紐づけられるアピールポイントがあるはずです。例えば事務職から営業職に転職する場合、一見全く別の職種に就くように見えますが、事務職で身に付けたマルチタスクをこなす力や細部まで気配りする力は営業職になっても活かせるでしょう。さまざまな経験を振り返り、応募先企業の仕事に紐づけられるものがないか、くまなく探してみることをおすすめします。
 

やりたいことを実現するための努力もアピールする

入社後の目標を高く設定するのは良いことですが、現在のスキルや経験では実現が難しい仕事もあるでしょう。そのような場合は、実現するためにどのような努力をしているのか、またはするつもりなのかを、具体的にアピールするのがおすすめです。
例えば「どんなお客様ともコミュニケーションが取れるよう英語の勉強をしています」「入社後はスキルアップのため〇〇の資格を取るつもりです」といった回答であれば、入社意欲のほか仕事への理解度を示すこともできます。

「どんな仕事をしたいか」の回答で気を付けること

ここでは、「どんな仕事をしたいか」に回答する際に気を付けるポイントをご紹介します。準備不足やネガティブな言い回しは、相手にマイナスイメージを与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。
 

必ず企業の情報収集をしておく

前項で「具体的な仕事内容を述べる」ことの重要性についてご紹介しましたが、具体的な話をするためには事前の情報収集が欠かせません。必ず会社概要を確認し、業界・企業研究をしておきましょう。十分に応募企業のことを知らないまま面接に臨むと、現実とかけ離れた回答をしてしまい、採用担当者に「志望度が低い」「やる気がない」と見なされてしまう恐れがあります。
応募企業の業界での立ち位置や同業他社まで把握できると、より内容の濃い回答ができるはずです。ほかの応募者よりもオリジナリティのある意見を述べられるでしょう。
 

単純回答は避ける

「どんな仕事をしたいか」という質問に対し、「営業活動がしたい」「事務作業を担当したい」というような単純回答は避けるようにしましょう。採用担当者は「就きたい職種」を聞いているわけではありません。
「自分の長所である〇〇を活かした営業活動がしたい」「事務作業を担当することで御社の〇〇に貢献したい」など、自分の強みやこれまでの経験、応募先企業の特徴を紐づけると具体性がアップします。
 

逆質問「どんな仕事ができるのですか?」は避ける

応募者が企業側に「御社に入社したらどのような仕事ができるのですか?」と逆質問するケースもあるようですが、これでは「御社のことを何も知りません」と述べているようなものです。企業について知ろうとする意欲がない人、指示がないと行動できない人と判断されてしまう恐れがありますので、この逆質問は避けるようにしましょう。
ただし「〇〇で活躍しスキルを積んだのち、△△にも携わってみたいと考えているのですが、御社においてはどのような仕事ができるのでしょうか?」という聞き方であれば、自分の意見を盛り込んでいるので問題ありません。もちろん、自分で調べられる範囲のことは安易に質問せず、事前に情報収集しておくのがベターです。
 

一貫性を持たせる

面接ではさまざまな質問を投げかけられます。志望動機や自己PRなどの内容と「どんな仕事をしたいか」の回答が重なることは全く問題ありません。むしろ、自分の長所や働くことへのイメージが明確になっていたり、しっかりと一貫した意見を持っていたりすることが評価されます。
避けなくてはいけないのは、各回答の方向性がばらばらであること。例えば、自己PRで「長所は一つの仕事に集中して取り組めること」と述べているにもかかわらず、入社後にやりたい仕事については「日々状況が変化する業務を臨機応変にこなしたい」と述べてしまうと、つじつまが合わなくなってしまいます。一貫性がないとせっかくの回答も説得力を欠いてしまうので注意しましょう。
 

前向きな言い回しを心掛ける

多くの企業は「なんとなく」という気持ちで応募してきた人よりも、「ぜひ御社で活躍したい」と思っている人を採用したいと考えています。前向きな姿勢を示すためにも、回答の言い回しには注意しましょう。
例えば「前職と同じ内容で、無理なくできそうだと思ったからこの仕事がしたい」という答え方では、消去法で仕方なく応募したという印象を与えかねません。しかし「前職の経験を活かし、すぐに即戦力になれると思いこの仕事に応募しました。御社では〇〇のスキルも問われるので、新たな知識を身に付けながらさらに成長したいです」という言い回しであれば、前向きな姿勢や今後の成長意欲までアピールできます。
面接で嘘を就くことは避けるべきですが、正直に答えるあまりネガティブな言い回しになってしまいそうであれば、発想を転換したりそれをカバーする意思を添えたりするようにしましょう。

「どんな仕事をしたいか」が不明確なまま就職活動を続けると、面接でつまずく可能性が高くなります。「入社後のイメージは特に考えず、なんとなく応募した」という気持ちが露呈すると内定が遠のいてしまうので、自己分析と企業研究を元にしっかり自分の意見をまとめておきましょう。

「どんな仕事をしたいか」の回答例

「どんな仕事をしたいか」に対する回答のポイントを踏まえ、ここでは3つの例文をご紹介します。
面接やエントリーシートの回答を考える際に、参考にしてみてください。
 

例1.未経験職種へ転職する場合(営業から営業事務へ)

私は営業事務として、営業スタッフが効率よく成果を上げられるようサポートしていきたいです。
前職で営業を経験していたからこそ、どんなサポートが必要かを先回りして考えられる「かゆいところに手が届く」営業事務になれると自負しております。現在は、前職で事務員の方に書類作成を依頼することが多かったことを踏まえ、パソコンスキルを上げるためにMOS資格の取得を目指し勉強中です。入社後は資格を活かし、営業スタッフの提案資料や業績管理データの作成を巻き取るなどしてオフィスから業績アップに貢献したいです。
 

例2.同業種へ転職する場合(法人営業)

私は、営業職を希望しており、特に〇〇業界の新規開拓に注力したいと考えています。前職でも〇〇業界と取引する機会が多かったのですが、当時扱っていた商材ではニーズをカバーしきれませんでした。御社の△△サービスは、〇〇業界の抱える問題の解決を実現できると思います。△△を活用することで〇〇業界にも、ひいては消費者にも大きな価値が提供できるのではないでしょうか。
前職で得た知識と経験は御社でもフル活用する所存です。また御社の△△を提案する際には、より高いプレゼンテーション能力を求められると思うので、引き続き営業スキルの向上に努めます。
 

例3.未経験職種へ就職する場合(販売スタッフ)

私は、お客様に寄り添った提案のできる販売スタッフを目指したいです。
近年、御社では競合他社にはない独自の特徴を備えた商品を数多く展開しています。そこで、単に商品の独自性を伝えるだけではなく、お客様の求めるものを見極め説得力のある提案をすることで、さらに売り上げを伸ばせるのではないかと考えております。
学生時代はコールセンターでアルバイトをしており、毎日さまざまな問い合わせに対応していました。相手が何を求めているのか早急に理解し、適切な担当者につなぐ業務を経験したことで、御社でも洞察力や分析力が発揮できると思います。

いずれの例文でも、応募先企業での業務内容を把握し、自分の長所や経験をやりたい仕事に紐づけることで具体性・説得力を高めています。また、入社後の努力にも触れることで企業からの期待度も高められるでしょう。
自己分析で自分ならではの強みが、企業研究をとおしてその企業ならではの特徴が見えてきます。それらを照らし合わせ、よりオリジナリティのある回答を考えてみましょう。

とはいえ、「自己分析が難しい」「どんな企業が自分に合うのか分からない」という方も少なくないはず。「どんな仕事をしたいか」が思いつかなくて困っているという方は、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントです。丁寧なカウンセリングで希望の働き方をお伺いし、あなたに合った企業の求人をご紹介します。応募書類の添削や面接対策などもプロのアドバイザーが無料でサポートしますので、安心して就職活動を進められます。
「どんな仕事がしたいか」をアドバイザーと一緒に考え、希望がかなえられる就職を目指しましょう。

転職をしたいけれど、どんな仕事がしたいのか分からない方に向けてのQ&A

ここでは、転職をしたいけれどどんな仕事をしたらいいか分からない方に向けて、よくあるお悩みをQ&A方式でまとめました。
 

適職の見つけ方が分かりません。

理想の将来像を具体的に考えてみましょう。「30代は海外で働きたい」「40代までに〇〇円貯蓄しておきたい」といった理想から逆算した仕事探しが可能です。「転職をしたいけれど何がしたいのか分からない!適職が見つかる8つの方法と注意点」のコラムでは、より詳細に適職を見つける方法を掲載していますので参考にしてください。

転職をしたいけれど怖いです。

転職を怖いと感じる理由は、大きく「人間関係」「失敗への不安」「転職後の待遇」「変化に対する不安」に分けられます。あなたにとって何が一番の悩みかを分析し、ひとつずつ解決策を講じましょう。解消法については「転職に関する不安とその解消法」をご確認ください。

転職活動を始めるタイミングは?

タイミングには2つあり、現在の職場を「辞める前」と「辞めた後」です。「おさえておきたい!転職の方法やタイミング」では現在の職場を「辞める前」と「辞めた後」に転職活動をした場合のメリット・デメリットなどが記載されておりますので、ご一読ください。

転職活動の進め方が分かりません。

まずは「転職活動の進め方とは?転職を成功させるコツ」のコラムを参考に、転職活動の全体の流れを理解し、あなたの転職活動の軸を決めましょう。転職サイトや求人サイトはスマートフォンからでも簡単に希望に合った求人を探せるのでとても便利。仕事をしながら就活する方は、就活エージェントを利用するのもおすすめです。ハタラクティブでは、転職活動に関するアドバイスや企業選びのコツを、就活のプロがアドバイスいたします。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?