転職理由は「人間関係」と答えても良い?伝え方のコツを例文付きで解説

転職理由は「人間関係」と答えても良い?伝え方のコツを例文付きで解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職理由が人間関係である事実を、そのまま伝えるのは避けたほうが良い
  • 面接官が転職理由を問うのは、早期退職の防止や応募者の忍耐力を確認するため
  • 転職理由が人間関係の場合は、ポジティブな内容に言い換えて仕事への意欲を示そう
  • 人間関係で退職する前に、第三者に相談したり部署異動を希望したりするのも有効
  • 思いつく限りの対策を講じても現状が改善しなければ、転職を視野に入れよう

人間関係が原因で退職を考えている方のなかには、「転職理由はどう伝えるべき?」と悩む方もいるのではないでしょうか。転職理由が人間関係である事実を伝えてしまうと、企業に採用を躊躇わせる恐れも。前向きな伝え方をするのが重要です。
このコラムでは、「転職理由=人間関係」を伝える際のポイントやポジティブに言い換える例文をご紹介します。面接で転職理由を聞かれた際の受け答えにお悩みの方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職理由を「人間関係が原因で辞めた」としても良い?

結論から言うと、転職理由が人間関係によるものだったとしても、事実をそのまま伝えるのは避けましょう。仕事をこなすうえで人間関係は欠かせない要素の一つです。そのため、転職理由に人間関係を挙げてしまうと、応募先企業に「入社しても人間関係を理由にすぐ辞めるのでは」「本人にトラブルを起こしやすい原因があるのでは」といった懸念を抱かせる恐れがあります。
この項では、面接官の質問意図を理解し、内定獲得につながる転職理由の伝え方を考えましょう。

面接官が転職理由を聞く意図

面接官が転職理由を問う意図は、「自社でもすぐに辞めてしまうのでは」「課題解決力に欠けるのでは」などの不安を払拭するためと考えられます。以下で詳細を把握し、人間関係が原因の転職理由を考える際の参考にしてください。

長く勤めてくれるか知りたい

面接官は、採用後にすぐ退職されるのを防ぎたいと考えているため、できるだけ長く勤務してくれそうな人材を求めています。採用活動や入職対応には、一定の人件費やコストが掛かるものです。せっかく採用しても人間関係を理由にすぐ辞められたのでは、企業にとってマイナスにしかなりません。
面接官に「自社では長く働いてくれそう」と思ってもらえるよう、転職理由は面接官が納得できる前向きな内容を伝えることが大切です。

課題に根気よく取り組む力があるか知りたい

課題を乗り越えようと行動する力があるか否かも、面接でのチェックポイントの一つです。課題をすぐに投げ出してしまうようでは、企業側として仕事を任せづらいと感じてしまいます。
社会に出て働けば、困難や人間関係のトラブルに遭遇する事態は十分にあり得ること。そのため、思うように事が進まない状況に陥ったとき、課題解決へ向けて動けるか、粘り強く仕事に取り組めるかが問われるでしょう。
面接官に「自分に不都合なことがあって仕事を辞めた=課題解決の姿勢が足りない」と解釈されないよう、転職理由には問題解消へ向けた自分なりのアクションも盛り込むのがおすすめです。
職場の人間関係に悩んで転職理由をどう伝えるべきか考えている方は、「人間関係が理由で転職しても大丈夫?」もぜひご覧ください。

人間関係による転職理由の伝え方のポイント4選

人間関係による転職理由を伝える際は、ポジティブな内容に言い換えて、仕事への前向きな意欲を示すのがポイントです。下記を参考に、面接官の納得を得られる転職理由に仕上げましょう。

1.嘘は付かずポジティブに言い換える

転職理由がネガティブに感じられる内容の場合は、ポジティブな理由に変換してから伝えることが大切です。マイナスイメージを避けようと嘘の転職理由を考える方もいるかもしれませんが、嘘は不自然さや入社後のミスマッチに繋がるリスクがあるため、おすすめできません。
転職理由が人間関係によるものであれば、どういう環境下なら退職に至らなかったかを深堀りしたうえで、事実をもとにポジティブな表現にする必要があります。たとえば、「上司の対応が理不尽だった→自主性を発揮できる職場でスキルを高めたい」、「スタッフ間の仲が悪かった→周囲の人と連携を取りながら働きたい」などと言い換えてみると良いでしょう。

2.キャリアビジョンや志望理由と関連付ける

キャリアビジョンや志望動機に転職理由を関連付けるのもポイントの一つです。具体的な将来像や目的があるからこそ転職を決意するに至ったと説明すれば、話の説得力が増します。
逆に具体的なビジョンを持たないまま、人間関係を理由に退職したと面接官に捉えられてしまうと、転職理由への共感や納得が得づらくなり、採用が遠のく恐れがあるため注意しましょう。

3.問題直面時に取った解決行動を具体的に伝える

前述したように、転職理由を述べる際は、前職・現職での問題解決を図るために、自分でどのような行動を起こしたかについても触れると良いでしょう。
転職理由となった人間関係への不満を並べ立てるだけでは、面接官を納得させられません。それどころか、質問意図を汲めていないと見なされ、評価を下げる恐れも。面接官は転職理由に対する回答を通して、応募者の課題解決力の有無を判断しようとしています。「現状を打破すべく行動を起こしたが、問題解決には至らなかった」と説明し、問題と向き合う姿勢があると示してください。

4.反省から学べる自己成長力と仕事への意欲を示す

転職理由を伝えるときは、自身の成長性や仕事への意欲をアピールすることも重要なポイントです。
面接で転職理由に関して受け答えする場面では、自身の未熟さや欠点にまつわる内容への言及が避けられない場合もあります。転職理由を深く掘り下げられ、面接官から仕事能力や人間関係構築力の至らなさを指摘されても、焦ったり落ち込んだりせず冷静に受け止める姿勢を見せましょう。
自分の足りない部分を素直に認めたうえで、「この反省をバネに成長したい、仕事に邁進したい」と前向きな気持ちを伝えることが大切です。

「転職理由=人間関係」をポジティブに言い換える例文

ここでは、転職理由が人間関係だった場合の、ポジティブな言い換え方を例文でご紹介します。人間関係の悩みにありがちな3つのパターン別に掲載しているので、自身の転職理由を考える際の参考にしてください。

例文1:パワハラを受けていた場合

「前職では、現場でお客さまからご意見・ご要望をお伺いしているにも関わらず、顧客ニーズを反映したサービス提供の実現が困難な環境にありました。上司にサービス内容の改善案を提出したり、企画営業への異動を掛け合ったりと自分なりに試みましたが、変化を快く思わない社風だったこともあり、上司の指示だけを忠実に実行するよう指導されるのみでした。顧客の声を汲み取り、より満足度の高いサービス提供ができる仕事に携わりたく、この度の転職を決意した次第です。」

例文2:いじめを受けていた場合

「前職は、社員が個々で作業を進める社風だったため、社員間の繋がりが希薄でした。自身のスキルや自主性は高められましたが、ステップアップするには、チームワーク力が必要と感じ、転職を決意いたしました。チームの連携が、より大きな仕事の達成に重要と考えるからです。
御社のチームワークを要とする環境で経験を積み、仕事における人との関わり方や協調性を身につけたい所存です。将来的には、リーダーとしてメンバーをまとめる立場に就き、会社に貢献したく思っております。」

例文3:業務方針でミスマッチがあった場合

「幅広い客層に対応可能な環境に身を置き、自身のマーケティングスキルを高めたいと考え、転職を決意いたしました。前職の広告代理店では、飲食業界を専門とした営業を行っていたため、顧客のほとんどがレストランや居酒屋でした。サービスを拡販し宣伝効果を上げられるよう、関連性が高い観光業への営業範囲拡大を提案しましたが、人員配置が困難なことから今後も営業方針は変えないと結論付けられました。
自身のキャリアビジョンを振り返り、より効果的なマーケティング戦略を練られるよう、多様なクライアントに触れられる職場で働きたいとの思いが強くなりました。広いフィールドで事業展開をしている御社で、市場ニーズにマッチしたサービス提供に尽力したい所存です。」

転職理由が人間関係の場合のポジティブな言い換え方法を詳しく知りたい方は、「転職理由を面接で聞かれたら本音を伝える?前向きさを示す書き方の例文とは」も併せてご参照ください。

人間関係が理由で転職を考える前にできること

人間関係を転職理由に仕事を辞めたいと思ったときは、退職を決断する前に現状を改善できる方法はないかを探りましょう。
自分にできる限りの対処法を講じないまま仕事を辞めてしまうと、転職先でも同じような理由で悩まされる可能性があります。今の自分にできることを考え、後悔のない転職に繋げましょう。

働くうえで大切なものを考える

入社当時を振り返り、自身がなぜ今の職場を選んだのかを思い出しましょう。「△△の業務に携わりたい」「□□を通じて人の役に立ちたい」など、当初の希望を現在の環境で叶えられているのであれば、転職理由を考える必要性がなくなることもあります。
また、職場はあくまでも仕事をする場所と捉えるのもおすすめです。職場での人間関係は仕事に必要な最低限のコミュニケーションにとどめ、仕事中は業務に集中しようと割り切るのも良いでしょう。

周囲の人に相談する

転職理由にするほど人間関係に悩んでいるときは、家族や友人、信頼できる職場の人など、自分の身近な人に相談してみるのも一つの方法です。
口に出すことで気持ちが楽になったり、それほど思い詰める必要はないと感じられたりする場合があります。また、第三者から思わぬ解決策をアドバイスしてもらえることもあるでしょう。自分だけで問題を抱えず誰かに発信すれば、現状の突破口を見出せる可能性があります。

本人と直接話してみる

なかなか難易度が高い方法ですが、悩みの種になっている本人と直接話すことで、事態が改善することも珍しくありません。中には人の気持ちを察するのが難しい人もいるので、あなたが嫌な気分になっていることにただ気づいていないということも考えられるからです。そのため、状況や人間関係を根本から改善したいと思っている方は、本人と直接話してみるのも効果的だと言えるでしょう。

部署異動を希望する

「ミスを何でも自分のせいにされる」「無視されて業務をスムーズに進められない」など、人間関係が仕事自体に影響を及ぼしている場合は、上司や人事部に部署変更を願い出てみても良いでしょう。仕事で関わる周囲の人間関係が変わることで問題が解消される場合もあります。部署異動が現状改善につながれば職場を辞めなくて済むため、転職理由を考える必要もなくなるでしょう。
人間関係が理由で転職しようか迷っているときの対処法については、「人間関係が辛いから仕事辞めたい…後悔しない転職の方法」でも解説しています。

転職先を選ぶ際は人間関係以外で失敗しないよう注意!

人間関係が理由で転職した場合、人間関係部分は改善されたとしても、その他の給与面や待遇面で現状より悪くなってしまうことも考えられるでしょう。転職を考える際は、人間関係という一つの問題に囚われすぎて、他の条件を蔑ろにしないよう注意することが大切です。また、内定が出ても勢いですぐ決めず、納得のいく仕事ができる企業かどうかきちんと見極めましょう。

それでも人間関係が理由で辞めたければ転職も考えよう

思いつく限りの対策を施しても人間関係による問題を改善できないときは、転職を視野に入れましょう。無理をして仕事を続けてしまうと、心身の体調不良を引き起こしかねません。
そうはいっても、「面接で転職理由を聞かれたらうまく答えられそうにない…」「次の職場でも人間関係に悩まされたらと不安になる…」と転職に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。転職活動の進め方に迷う方には、転職エージェントの活用をおすすめします。

ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とした転職エージェントです。
ハタラクティブでは、110,000人以上の就活相談実績から得た豊富なノウハウを活かし、専任のアドバイザーが親身に転職活動をサポートします。
アドバイザーが現地取材した企業をご紹介しているため、職場の人間関係や雰囲気といった、求人サイトでは知り得ない情報も提供可能。面接の受け答えや応募書類の書き方も、プロの視点からアドバイスいたします。
「人間関係が辛くて仕事を辞めたい」「転職理由が思いつかない」などでお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブをご利用ください。

人間関係が転職理由だった場合のお悩みQ&A

ここでは、人間関係に悩まされて転職を検討している方へ、転職理由に関するお悩みをQ&A形式で解決していきます。

企業が転職理由を問うのはなぜですか?

面接官が転職理由を問うのは、早期退職やトラブルを防止すべく、応募者の仕事に対する姿勢を確かめるためです。主として、ストレス耐性や責任能力、人間関係の構築力、働く意欲などが問われます。詳しくは「転職の理由はどう答える?質問の意図と例文」をご覧ください。

転職理由で嘘をついても良いですか?

人間関係による転職理由を隠そうと、面接の回答で嘘をつくのはおすすめできません。万が一にも嘘がバレれば、企業からの信頼を失ってしまいます。そうなると、選考で不採用になったり、入社後に職場に居づらくなったりするリスクがあるでしょう。仕事を辞めた理由を伝える際の注意点については、「退職理由の面接での適切な伝え方は?例文や印象アップのコツをご紹介」をチェックしてみてください。

面接官の納得を得られる転職理由の伝え方は?

転職理由を伝える際は、志望動機と整合性を持たせて、前向きな内容にすることが大切です。志望動機と絡ませれば、話の説得力が増し、面接官も納得しやすくなります。また、転職理由が人間関係や待遇への不満などネガティブな場合には、ポジティブな言い換え方を工夫し、仕事へのやる気を示しましょう。転職理由の伝え方に関する詳細は、「転職理由別の例文を8つご紹介!伝え方のコツも解説」でご紹介しています。

後悔のない転職をするコツはありますか?

後悔のない転職をするには、転職理由をよく分析したうえで、仕事における自身の強みや弱み、ビジョンを明確にしておくことが重要です。自身の適性や望む働き方を客観的に把握できれば、応募先企業とのミスマッチ防止や面接での効果的なアピールにつながります。ハタラクティブでは各ご利用者に合った求人紹介やアドバイスを実施しているので、人間関係を理由に転職を検討している方はぜひご活用ください。

関連タグ