新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の面接対策に役立つコラム!よくある質問を徹底解説

転職の面接対策に役立つコラム!よくある質問を徹底解説

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・中途採用の面接での質問は、今までの職歴に関する内容が多い傾向にある
    ・応募先の企業で活躍する様子がイメージできるような、ポジティブな内容をアピールするのがおすすめ
    ・逆質問の機会も自己PRのチャンスと思い、仕事への意欲が伝わるものをいくつか用意しておこう

転職の際は、就活と比較すると面接時の質問内容に違いがあります。今回のコラムでお伝えするのは、転職の面接でよくある質問について。逆質問に関することにも触れているため、転職を考えている方はぜひチェックしてください。

◆面接でよくある質問一覧

中途採用の面接では、どのようなことが多く聞かれるのでしょうか。
よくある質問の例を以下にまとめています。

・転職の理由を教えてください
・仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?
・これまでの仕事で最も誇れる実績を教えてください
・これまでの仕事で失敗した経験はありますか?
・転職先を選ぶ基準は何ですか?
・残業や休日出勤の許容範囲はどれくらいですか?
・他社ではなく当社を志望する理由を教えてください

転職するということは、職務経歴があるということ。そのため、面接では今までの仕事に関することについて触れられる傾向にあるようです。

次の項目では、質問に対する回答のポイントを解説します。


◆面接対策と回答のポイント

面接で頻繁に挙げられる質問と回答を用意しておくことも、転職成功への近道といえます。

【自己紹介】

転職のときに限らず、面接の序盤では必ず聞かれる内容です。
転職の面接では初めに氏名を名乗り、職務経歴を簡潔に話しましょう。転職回数が多い方はすべての職務経歴を話すのではなく、応募先の企業で活かせる経歴に重点を置きます。
1分程度で伝えられる内容にまとめておくと良いでしょう。

【自己PR】

長所やスキルなど、自分をアピールする機会です。
自己PRでは、長所について聞かれるだけでなく、短所について聞かれるケースもあるかもしれません。短所を聞かれた際、単に短所だけを述べるのは禁物。短所を自覚したうえで、改善に持っていこうと努力していることを伝えるのも効果的だといえます。

【志望動機】

志望動機を答えるときに大切なのが、企業研究や求人内容をしっかりと把握しておくこと。
他社の批判はせず、応募企業の魅力や優れている点を拾い上げて志望動機につなげます。そのうえで、入社後の活躍をイメージしてもらえるような具体的な目標を述べるのもおすすめです。

【退職理由】

前職の退職理由も、転職の面接ならではの質問といえます。
注意すべき点は、ネガティブな理由を伝えないようにすることです。人間関係や待遇面の不満が理由で辞めたとしても、そのまま伝えてはマイナスイメージにつながる可能性があります。
「目標を達成するための転職」「将来を見据えた転職」だと受け取ってもらえるような、ポジティブな理由を話すことが大切です。


◆逆質問の対策

面接の終盤によくあるのが逆質問です。面接官から、最後に何か質問はないか聞かれるケースも多いでしょう。

「特にありません」と答えるのも、逆質問で避けた方が良い内容の1つ。面接を通じて十分に自分をアピールできたり、知りたいことをすべて聞けたりした場合でも、「特にありません」だけで終わらせるのはもったいないといえます。
逆質問は必須ではないにしろ、何かしらの質問を用意しておいた方が意欲のある人という印象を与えやすいでしょう。

給与や待遇面に関する逆質問にも注意が必要です。求人内容にしっかり掲載されている場合は確認不足と受け取られ、良い印象からは遠のいてしまいます。
もっと詳しい情報を聞きたいときはストレートに質問せず、まずは入社意欲を示しましょう。そのうえで、前職の条件と比較する形で質問を切り出すのがベターといえます。

逆質問は、2~3つほどは用意しておくことをおすすめします
グループ面接の際はほかの応募者と被ったり、面接中の説明で解決したりするケースもあるためです。

【逆質問の良い例】

以下に挙げるのは、面接官に効果的に意欲を伝えることができる、逆質問の望ましい例です。

「御社で活躍するにあたり、心がけておくべきことがあれば教えてください」
「長年携わった営業職を通じて、高いコミュニケーション能力が備わったと自負しております。御社でさらに活躍するために、ほかにはどのようなスキルが求められますか?」

このように、入社に対する意欲の高さが伝わり、入社後の活躍をイメージしてもらえる内容がおすすめです。

面接対策をもっと万全にしておきたい方は、プロの手を借りるのも良いでしょう。
ハタラクティブでは、経験豊富なプロのアドバイザーが一人ひとりの就活・転職をサポートします。
スムーズな転職活動は、ハタラクティブにお任せください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ