新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職成功の鍵!一次面接と二次面接、最終面接の違いとは

転職成功の鍵!一次面接と二次面接、最終面接の違いとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・一次面接、二次面接、最終面接ではチェックされている点が違うため、それぞれの対策が必要
    ・一次面接では、基本的なマナーや人柄、コミュニケーション能力の有無などが見られている
    ・二次面接では、即戦力となるスキルがあるか、部署の雰囲気と合うかなどが見られている
    ・最終面接では、企業理念への共感や事業への理解の深さ、会社とのマッチ度が見られている
    ・質問への回答がブレないよう、一貫性を持たせながら面接の段階ごとに志望動機などをブラッシュアップさせることが大切
転職活動の面接は複数回受けるのが一般的ですが、それぞれの面接でチェックされている点が違うことをご存知ですか?
一次面接は受かるのに二次で落ちてしまうという方は、面接ごとにきちんとした対策を行う必要があるでしょう。
このコラムでは、一次面接や二次面接、最終面接の違い、面接の段階によって変わる面接官が何を見ているのか、応募者が対策すべき点をまとめました。最終面接まで進めないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆一次面接で見られていること

一次面接で面接官となるのは、人事担当者であることが多いとされています。

このときにチェックされるのは、履歴書や職務経歴書といった応募書類の内容と応募者の経歴や能力に相違がないか。また、書類上では分からない人柄や基本的なビジネスマナー、コミュニケーション能力の有無なども見られています。
二次面接に進んでも問題のない応募者であるかを判断し、絞り込むことを目的とした面接といえるでしょう。

一次面接に臨む際は、髪型や服装といった身だしなみや、挨拶、話し方などの基本的なマナーをきちんと確認しておくことが大切です。

◆二次面接で見られていること

社会人としての基本を見られる一次面接と異なり、二次面接では、より実務に関する点をチェックし最終面接に進む応募者を選んでいきます。

そのため、面接官となるのは入社後に配属される予定の部署の担当者や責任者であることが多いようです。

知識の深さや実務経験、スキルなどから即戦力として働けるのかをチェックされることはもちろんですが、仕事に対する考え方や希望する働き方などから、部署の雰囲気に合う人物かどうかも見られています。
このように、二次面接では現場の担当者・責任者が「採用したい人物か」を判断しているため、この面接を通過できるかどうかが転職活動にとって重要だということが分かるのではないでしょうか。

また、スキルやキャリアの確認だけでなく、志望度の高さも確認されることがあります。一次面接での質問を繰り返されたり、回答を深掘りされたりということもありますので、志望動機などの重要な回答はブラッシュアップさせておくことが大切です。

◆最終面接では何が評価される?

二次面接を通過したということは、現場の担当者が一緒に働きたいと思っているということ。そうした応募者の中から実際に採用する人物を決めるのが最終面接です。

面接官は、配属予定部署の責任者や会社の役員などの上層部が担当するのが一般的。企業理念や事業への理解の深さ、志望度の高さが重要視されます。
そのため、会社のビジョンにマッチしたキャリアビジョンを持っているか、その会社でなければならない説得力のある志望動機、入社意欲を確認されますので、回答は必ず準備しておきましょう。

一次や二次面接でされた質問を問われることもありますが、一貫性を持たせつつ、より企業理念への共感を感じられる内容にまとめるようにします。
面接の段階によって回答のブラッシュアップは必要です。しかし、芯がぶれてしまっては逆効果。二次面接を受ける際にも注意すべき点ですが、先の面接で回答した内容に矛盾が生じないよう、必ず確認してから次の面接に挑むことが大切です。

最終面接では、それまでの面接と異なり、企業や事業に関する質問が多くなる傾向があります。企業に対する思いやマッチ度が内定への鍵となりますので、最終面接を受ける際には、より丁寧に企業研究を行い、企業への理解を深めておきましょう。


今回は、転職活動の一次面接から最終面接までの違いや注意点をまとめましたが、いかがでしたか?

同じ面接といっても、一次面接や二次面接、最終面接ではチェックされている点が異なることが分かります。このような違いをきちんと理解し対策を行うことが転職活動の成功へとつながるでしょう。
しかし、こうした丁寧な企業研究や面接対策を一人で行うのはとても時間がかかりますし、初めての転職活動であれば、何から始めればいいか分からないという方もいるのではないでしょうか。そういった場合は、転職のプロに相談してみるのも内定獲得への近道です。

20代に特化した就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、若年層の転職をサポートしています。
マンツーマンで行うカウンセリングで、どんな仕事や働き方を希望するのかを考えるところから転職活動をスタート。
きちんと取材を行い、仕事内容や社内の雰囲気などを把握している企業のみをご紹介していきますので、入社後のミスマッチも防ぐことができます。

また、面接対策は企業の特徴ごとに行いますので、面接が苦手という方も安心です。
企業とのやりとりの代行や入社後のフォローがあるのも、転職支援サービスを利用するメリット。
転職はしたいけど忙しい、一人では不安という方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ