転職の最終面接は落ちない?チェックされるポイントとは

転職の最終面接は落ちない?チェックされるポイントとはの画像

この記事のまとめ

  • 転職の最終面接でも面接官に「会社と合わない」と判断されれば落ちることはある
  • 最終面接では「入社意欲があるか」「将来のビジョンを持っているか」などを見られる
  • 模擬面接を繰り返し行い、質問に対してスムーズに答えられるようにしておくことが大切

「転職での最終面接は落ちない」と思う方も多いのではないでしょうか。会社の社長や役員が面接官を務める最終面接は、一次面接や二次面接とは面接官の見るポイントが違います。そのため、たとえ最終面接まで進んでも面接官が「会社と合わない」と判断すれば不採用になることも。このコラムでは、最終面接の面接官の視点や面接対策のコツをご紹介。「最終面接だから大丈夫」と気を抜かずに、準備を万全にしておきましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職の最終面接は落ちないって本当?

最終面接は「最終的な意思確認の場」ともいわれ、内定がほぼ決まっているイメージがありますが、落ちるケースもあります。最終面接で面接官を担当するのは、採用について最終的な決定を下すことができる社長や役員、人事の責任者など。一次面接や二次面接に比べ最終面接は通過率が高い傾向にあるものの、面接官が「うちの会社と合わない」と判断すれば、落ちることもあるので注意が必要です。また、一次面接や二次面接を担当するのは、人事担当者や現場の担当者であることがほとんど。
応募者に比較的近い立場の人が面接官を務めるので「一緒に働く人材としてどうか」という視点で採用を進める傾向があります。しかしながら、最終面接を担当する社長や役員などは「会社や事業全体に貢献できそうな人材か」という広い視野で応募者を見ています。最終面接の対策をするときは、「顔合わせ程度だから落ちないはず」「一次、二次面接を通ったんだから最終面接でも大丈夫」と気を抜かずに、面接官の視点の違いを意識するように心掛けましょう。最終面接に不安がある方は「最終面接まで行ったなら、読んでおきたい攻略法!」もチェックしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

最終面接でチェックされるポイントは?

最終面接では応募者の何をチェックしているのでしょうか。社長や役員、責任者が重視するポイントについてまとめました。役員が面接官を務める役員面接について解説されたこちらの「役員面接とは?定番の質問と答え方」も併せて一読すると、より理解を深められるでしょう。

最終面接で面接官が見るポイント

最終面接の際、面接官がチェックするポイントは以下のとおりです。

・基本的なビジネスマナーが身についているか
・入社意欲や熱意が伝わるか
・将来について明確なビジョンがあるか
・企業の価値観や方向性と合致しているか
・またすぐに転職しないか

最終面接では一次面接や二次面接に比べ、将来のビジョンや入社後の働き方など、やや突っ込んだ内容を問われる可能性があるので、自分の価値観や将来携わりたいことなどを明確にしておくと良いでしょう。また、面接官によっては終始雑談のような面接になるケースがあります。中には、場の空気が和んで自分の話をしすぎてしまったり、礼儀や敬語が疎かになってしまったりする人も。このように、最終面接では話が弾むことがありますが、社会人のマナーとして節度をわきまえるのも重要です。「面接の場」という意識を持って、丁寧な受け答えを心掛けましょう。最終面接のチェックポイントについては「最終面接での転職希望者の注意点」でも解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

最終面接対策はしっかりやろう!

最終面接を担当する面接官の立場や視点が分かったら、実際に面接対策をしてみましょう。

最終面接対策のコツ

最終面接対策のコツとして、以下のことが挙げられます。

・質問されそうな内容に対して回答を準備する
・一次、二次面接を振り返り、回答の方向性がぶれないように確認する
・会社の経営方針や価値観、求める人物像について今一度確認する
・ニュースや新聞を見て時事問題に備える
・経営者の視点を考慮した逆質問を用意する
・模擬面接を繰り返し行う

一次面接や二次面接を担当する現場の社員とは違い、最終面接を担当する社長や役員は業務内容の詳細やスケジュールなど、現場のことを把握していないことがあります。最終面接の逆質問を用意するときは「〇〇の詳しい業務内容を教えてください」というような現場の人向けのものではなく、「〇〇の経営で一番大切にしていることは何ですか」というような、経営者視点の逆質問を用意しておくと良いでしょう。また、最終面接前には模擬面接を繰り返し行い、面接の空気に慣れておくことが大切です。

第三者目線でのアドバイスが欲しい方や効果的な模擬面接がしたい方は、転職エージェントを活用してみませんか?ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが就職・転職活動のお悩み相談やニーズに合った求人紹介、応募書類の添削、面接のアドバイスなど幅広く対応しています。これから就職や転職を考えている方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ