新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 頻出なのはどんな質問?最終面接対策ポイント

頻出なのはどんな質問?最終面接対策ポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接では、社長や役員などの重役が面接官になることが多い
    ・スキルや経歴よりも、志望度や企業のビジョンとのマッチングなどが重視されやすい
    ・最終面接前には、改めて企業研究を深め、自分のキャリアプランを具体的に描いておくことが大切
    ・最終面接では「弊社が第一志望ですか?」というような志望度を問う質問や、専門性が高い質問をされることが多い傾向

就職活動も大詰め…ついに迎えた最終面接、失敗を防ぐためにもしっかり対策して挑みたい方が多いのではないでしょうか。
このコラムでは、最終面接の特徴や面接対策のポイント、頻出質問の解説をまとめています。
最終面接対策に悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

最終面接の特徴

最終面接はそれまでの1次、2次面接などと違い、社長や役員など会社の重役が面接官になることが多いのが最大の特徴です。
また、応募者のスキルや経歴についてはすでに把握しているため、それよりも企業方針と考え方や行動パターンなどがマッチするかチェックされる傾向にあります。
応募者が企業理念やビジョンを理解した上で、高い入社意欲を持っているか…というのが最終面接で見られるポイントと言えるでしょう。

面接前にしておきたいこと

最終面接では、それまでの面接よりも深掘りした質問があるのが特徴。
業界研究と企業研究を改めて行い、社長の考え方や企業理念、事業展開の方針などについて更に調べておくと良いでしょう。企業のパンフレットや公式Webサイトには必ず目を通しておくべきです。

また、入社後のビジョンを尋ねられることが多いのも最終面接ならでは。
自分のスキルや経験を活かしてどのように働きたいのか、その企業にどう貢献したいのかというキャリアプランを立てておくことも必要です。

その他、これまでの面接で何か疑問や発見がなかったかを振り返っておきましょう。
実際に企業の方と話す中で思ったことや感じたこと、聞いておきたいことなどを面接時に確認すれば、意欲を持ってその企業の面接に挑んでいる姿勢を伝えられます。

最終面接でよく聞かれる質問

最終面接でよく尋ねられる質問と、回答する際のポイントを解説します。

「弊社が第一志望ですか?」「内定が出たら入社しますか?」
第一志望である場合は迷わず答えられますが、複数の企業を受けている場合などはどう答えるべきか悩む質問です。
最終面接では志望度の高さは大きなポイントなので、できれば迷わず「第一志望です」と答えたほうが好印象でしょう。「現段階では第一志望として考えています」というように、言い回しを工夫してみても良いかもしれません。

「○○(わからない、知らない内容)についてどう思いますか」
最終面接では応募者の知識を図るため、レベルの高い質問や業界に精通していないとわからないような質問が行われることがあります。
質問に答えられないと思った場合には、「申し訳ございませんが、不勉強なため○○については意見を述べられるほど存じ上げません」というように、知らないことを素直に告げたほうが、知っているふりをするより好印象です。

「入社後はどの部署に入りたいですか」「どんな仕事をしたいですか」
入社後の具体的な働き方を尋ねられる質問です。自分がどう働きたいかを伝えつつも、「やりたいことしかしない」というような印象にならないよう気をつける必要があります。
「御社に入社できるならどんな仕事でもやります」というような主体性のない回答も、ビジョンがないと捉えられるので避けたほうが良いでしょう。

「何か質問はありますか?」
面接では多くの場合に設けられている逆質問ですが、最終面接の場合は特に重要なポイント。
先程も述べた通り、最終面接の面接官は会社の経営に関わる重役が務めていることがほとんどです。そのため、企業の経営に関わるような質問や、その立場にある人にだからこそ聞けるような質問ができれば評価が高まるのではないでしょうか。

いかがでしたか?このコラムでは、最終面接に向けたポイントをいくつか紹介しました。
これから最終面接に挑むという方も、今まで失敗してしまったことがあるという方も、これらのポイントに注意してぜひ就職・転職活動を成功させてください!
それでも面接が不安…という方は、就職支援サービスのハタラクティブまでぜひご相談を。
ハタラクティブでは利用者の方に寄り添った丁寧なサービスで、内定獲得をサポート。企業に合わせた面接対策も行っています。
ご利用は無料ですので、まずはお気軽にご登録ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ