新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 内定まであと一歩!最終面接の質問と回答のポイント

内定まであと一歩!最終面接の質問と回答のポイント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接では社長や役員が面接官を務めることが多く、掘り下げた内容の質問をするのが一般的
    ・質問は、なぜ他社ではなく自社なのか、選考状況について、入社後のキャリアプラン…など、入社意欲について問うものが多い
    ・今までの面接で回答した内容と齟齬がないか、企業ニーズとマッチしているか、という点に注意して、説得力のある回答を心がける
    ・逆質問は3つ以上用意し、自分が聞きたいこととでありつつ、アピールに繋がるような内容にしておく
    ・最終面接は顔合わせではなく、あくまで選考の場なので、油断することなく対策をしっかりしておくことが大切

1次・2次面接をクリアして、ついに最終面接の方、よくここまで頑張りました!内定まであと少しですが、油断は禁物。面接の総仕上げとして、抜かりなく対策しておきましょう。
当コラムでは、最終面接でよく聞かれる質問と回答のポイントについてご紹介しています。就活・転職活動のラストスパート、気持ちを新たにして内定を勝ち取りましょう!

◆最終面接でよくある質問

最終面接でされる質問にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、よく聞かれる質問と回答のポイントをご紹介します。

【改めて、弊社を志望された理由を教えてください 】

最終面接の面接官を務めるのは、社長や役員などが一般的。それだけに、志望動機に関する質問は1次・2次面接よりも深掘りして聞かれる可能性は高いでしょう。これまでの面接での回答と齟齬がないことはもちろん、「なぜそう思うのか」という点を詳しく聞かれる傾向が強いようです。
面接官が、応募者の考え方や志望度の強さをより深く理解するための質問なので、今までの回答をブラッシュアップして落ち着いて回答できるようにしておきましょう。

【なぜ他社ではなく弊社を選んだのでしょうか】

既に志望動機の回答に盛り込んでいる方もいるかと思いますが、この質問単体で聞かれた場合にも答えられるようにしておきましょう。
企業独自の商品やサービス、ビジネスモデルなどを絡めながら「志望企業でしか叶わないこと」を伝えると説得力が増します。この質問に対する回答のベースとなるのは、企業研究でまとめた情報でもあります。
企業研究で集めた情報や自分なりに分析したことを見返すと、より企業にニーズに応える形で回答内容を仕上げられるのでおすすめです。

【現在の選考状況について教えてください】

選考状況について聞くのは、志望度の強さを測ること、なんとなくで企業選びをしていないかをチェックするのが目的です。
とは言え、全て話す必要はありません。「◯◯業界(◯◯ができる企業)を中心に、A社やB社を受けていて、A社は2次選考まで進んでいます。他社も受けていますが、御社が第一志望です」という形で一部抜粋し、一定の軸で受けていることを伝えつつ、志望度の強さを表せると良いでしょう。企業選びの基準に触れないまま社名を挙げるだけにしてしまうと「どこでも良いのでは?」という印象になりやすいので避けたほうが賢明です。

【もし内定が出たら弊社で取り組みたい業務は何ですか】

入社後の業務について興味や仕事に対する意欲を測る質問です。企業の事業分野やビジネスモデル、募集職種についての詳しい仕事内容などを前提とした回答をすることで、意欲の強さを伝えることができるでしょう。
仕事の良い面だけでなく、大変さも理解しているという点を盛り込めると、企業や仕事についてよく研究している印象に。企業側のニーズと自分のやりたいことの両方でバランスが取れている回答になるよう、意識しましょう。

最終面接で聞かれる質問は、入社に対する本気度を測るものが多く、これまでの面接で聞かれたことよりも掘り下げて聞かれる傾向が強いようです。中には答えづらいものもあるかもしれませんが、落ち着いて自分なりの考えや意欲を分かりやすく伝えられるかが大切です。
特に志望動機に関連した質問は、今までの面接を思い出しながら、より精度の高い内容で回答できるようにしておきましょう。


◆逆質問は3つ以上用意しよう!

最終面接での逆質問のポイントは以下の通り。自分が知りたいことを聞きつつも、アピールに繋がるようなことを質問しましょう。

〈印象UPの逆質問例〉

・入社までにしておいた方が良いことはありますか
・◯◯様(面接官の方々)が感じる御社の魅力はどのような点ですか
・現在までに最も苦労されたことは何でしょうか
・社員の方に対してどのような姿勢で業務に取り組んでほしいとお考えですか
・御社で活躍されている社員の方に共通することがあれば教えてください

事業や組織の根幹に関わるような質問、入社に対する意欲が伝わるような質問は良い印象を残しやすいようです。質問によっては入社を見越した形になるものもありますが、最終面接では問題ありません。
企業によっては社長が公式ブログやSNSで自分のポリシーや仕事について情報発信しているので、チェックしておくと逆質問を考えるヒントになることも。考え方への共感を示しつつ、自分がどのように貢献していきたいのかを伝えられると良いでしょう。

注意点としては、事前に調べておけば分かることや、面接中の回答で解決できたことは質問しないこと。逆質問の候補を3つ以上用意しておくと安心です。万が一、逆質問全てが面接中に解決した場合は「先程の時間で聞きたいことについては丁寧に回答いただきましたのでありません」と伝えると良いでしょう。


◆「最終面接=顔合わせ」ではない

「最終面接は顔合わせ」「意思確認だから落ちることはない」と油断する人がいますが、考えを改めたほうが賢明です。
あくまで最終面接はまだ選考段階の1つであって、内定が貰えているわけではありません。これまでの面接と同様に、入社意欲やビジョンが一致しているかなどもチェックされています。

前の項目でもお伝えしましたが、掘り下げた内容の質問も多く、何の準備もなしに答えるには少々ハードルが高い場合も。内定まであと一歩という段階だからこそ、気を抜かずに企業研究や自己PRなどの準備は入念にしておきましょう。

面接対策は練習を重ねるほど、落ち着いてスムーズに回答できるようになります。自分の回答内容が説得力があるものか、面接官の意図を汲み取れたものになっているか、客観的な視点で確認しておくことが大切です。

1人で集中して面接を練習するのも良いですが、第三者の手を借りると自分では気づかない点についてアドバイスを貰えることもあるのでおすすめ。
模擬面接も含めて、就職活動・転職活動のサポートをしてほしいなら、ぜひハタラクティブへご相談ください。

求職者の方一人ひとりに就活アドバイザーが付くため、少しでも不安なことや気になることがあればすぐに相談できます。あなたの適性や条件に合わせた求人紹介も、常時1,500件以上の中からご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ