面接の結果通知は電話でくる?連絡手段と期間について

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 面接コラムTOP
  4. >
  5. 面接の結果通知は電話でくる?連絡手段と期間について

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・合否の結果は、面接後3日~1週間以内に来るのが一般的
    ・採用だと早めの通知、不採用だと連絡が遅くなる傾向にあるが、個人で判断することはできない
    ・採用の場合、意思確認をするため電話やメールの連絡が多い
    ・伝えることが不採用通知のみの場合は郵送になることもある
    ・電話に出れなかった場合は、落ち着き次第折り返すのがベスト
    ・企業とのやり取りをアドバイザーに任せたいなら、ハタラクティブを活用しよう!

面接が終わって一段落ついたかと思えば、結果がくるまで気持ちが落ち着かないという人も多いのではないでしょうか。
結果の連絡に時間がかかり、不安に感じることもあるかもしれません。
当コラムでは、面接結果が通知されるタイミングとその手段について、企業側の意図を踏まえながら解説します。

◆面接結果はどれくらいの期間で通知が来るの?

そもそも、面接の結果が通知されるのにどれくらいの期間を必要とするのでしょうか。
また、その期間によって合否は左右されるのかも気になるところです。この項目では、そんな疑問について解説します。

・面接後3日~1週間以内が一般的

面接結果を連絡するまでの期間は、企業によって異なります。
一般的には、面接が終了してから3日~1週間程度で連絡があることが多いようです。
結果の連絡が早い場合は最終面接日当日の夜に来たり、遅い場合は1ヶ月ほど経過してから採用通知が来たりすることも。
面接が終わったら、焦らずに結果を待つことが大切です。

・合否によって通知が来る期間は変わる?

企業は採用を決定した人から順に連絡を取る傾向があります。
入社してほしい人にできるだけ早く連絡を取ることで、他社に先駆けて優秀な人材を確保しておきたいからです。
また、合格者に内定を辞退された場合に次点で検討していた求職者を採用するためなど、合否通知を送るのにも企業によってさまざまなな理由があります。
これらのことから、採用だと早めの通知、不採用だと連絡が遅くなることも考えられるでしょう。

・個人では判断できない

しかし、通知を待つ期間の長さによって合否の判断をすることはできません。
「採用だと早め、不採用だと遅めの連絡」というのは、あくまでも傾向です。
例えば、少人数採用の場合は求めている人材に近い人を重視するため選考に時間がかかり、合否連絡が遅くなるケースがあります。
面接をしてしばらく経ってから採用通知がくる場合もあるので、連絡が遅くても気にしすぎないようにしましょう。


企業や採用担当者は多くの応募者を選考するため、結果の通知には時間がかかるものです。
可能であれば複数の企業に申し込み、どのような結果が来ても良いように心構えをしておきましょう。

面接の際、合否について特に説明が無かった場合には、「どのくらいの期間で結果がくるか、どんな手段で連絡されるか」を確認することもおすすめです。
面接対策を隅々まで行なって、悔いのないようにベストを尽くしましょう。

◆結果連絡は電話?メール?郵送?

それでは、面接の結果はどのような手段で連絡がくるのでしょうか。

・電話連絡やメールでの連絡が多い

面接の結果は、電話やメールで連絡されることが多いです。
特に採用の場合は、入社に向けての準備やスケジュール調整などのこともあり、内定者と直接やりとりがしたいという理由があります。
電話の場合は直接声を聞くことで応募者の意思確認をできる利点も。
もちろんメールで連絡をする企業もあるので、採用通知を頂いた際にはビジネスマナーをしっかり守って返信しましょう。
面接終了後、一週間程度はこまめに着信やメールをチェックするよう心掛けると迅速な対応ができます。

・不合格だと郵送というケースも

不採用の場合、準備してほしいことや今後のスケジュールなどを伝える必要がないため、履歴書の返送とともに通知を郵送することも考えられます。
中には、合格者のみ電話連絡して不合格者には何も連絡をしない企業も。

また、あまりにも連絡が遅いという場合には、2週間を目安に自分からコンタクトをとるのもいいかもしれません。
合否の判断に迷って連絡が遅れていることも考えられるので、合否の結果を直接聞くことは避けましょう。
あくまでも「結果がいつ頃知らされるか」という尋ね方をするようにします。

◆電話に出れなかった時はどうする?

面接結果が電話で来たとき、就業中や移動中など、どうしても電話に出れないタイミングもあるでしょう。
企業側も予め電話に出れないことは考慮しているので、すぐに電話がとれないのは問題ありません。
気づいた時点ですぐに折り返し連絡をすれば大丈夫です。
留守番電話にメッセージを残したり、別の時間に電話をかけてきたりと、企業の方から対応してくれる場合もあります。

電話を折り返すタイミングが掴めなくとも、すぐに内定を取り消されることはありません。
だからといって、何日も放置すれば社会常識がないと判断され内定を取り消されることもあるので注意が必要です。
企業によっては採用を急いでいる場合もある他、志望度が低いと思われる可能性もあります。

また、自宅の固定電話を連絡先として指定する際は、家族の方にも連絡が入る可能性を伝えておくと良いでしょう。
複数の電話番号を有している企業や、採用担当者の携帯電話から電話がくる場合もあるので注意が必要です。

どの企業から電話がきたのか分からない場合はインターネットで電話番号を検索してみましょう。
知らない番号から電話がかかると不審に思うかもしれませんが、就活や転職中はできれば身に覚えがない番号でも出るようにすると良いかもしれません。
着信が入っていたら、メモをする準備をして落ち着き次第、早急に折り返しをしましょう。


転職エージェントでは、企業とのやりとりはアドバイザーが担当。
アドバイザーを通せば採用に関する問い合わせもしやすいメリットがあります。
プロの手を借りたいという方は、ハタラクティブを活用してみませんか。

若年層に特化したサービスを行っているハタラクティブでは正社員の豊富な求人を取り揃えています。
就活や転職のノウハウをもった専門アドバイザーが、自己分析や面接対策などあなたの活動を総合的にサポート。
あなたに適した職場を一緒に見つけていきましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ