選考を辞退したい…メールで伝えても大丈夫?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 選考を辞退したい…メールで伝えても大丈夫?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・次の選考までに時間がある場合はメール、前日や当日の場合は電話で辞退しよう

    ・学校や自分のマイナスイメージになるので、無断で辞退するのは避けよう

    ・辞退のメールや電話をするときは、マナーを配慮しよう

    ・転職・就職活動には、さまざまなマナーやルールがある

複数の企業を受けることが多い就職活動では、選考や内定の辞退を伝えなければならないときもあるかもしれません。
辞退は切り出しづらいことかもしれませんが、だからこそ誠実な対応が求められます。
本コラムでは、辞退メールの書き方や例文などを解説していますので、参考にしてください。

◆選考を辞退したいときはどうする?

就職活動では、複数の企業を受ける方が多いのではないでしょうか。
そういった場合、志望度の高い企業から内定を貰ったなどの理由から、内定・選考を辞退する必要が生じるかもしれません。
企業に選考や内定の辞退を申し出る際の連絡手段は、下記のとおりです。

・次の選考までに余裕がある場合はメールで連絡
選考を辞退するとき、基本的には電話で連絡することが望ましいとされています。
しかし、次の選考までに時間がある場合は、メールでの連絡でも支障はないでしょう。
メールでの連絡は文章が残るため、「言った・言わない」のトラブル回避にもなります。
メールで連絡をしたい場合は、なるべく迅速に行動しましょう。

・前日や当日の辞退は電話で連絡
前日や当日などの時間がないときは、メールではすぐに確認できない可能性があるため、電話で辞退の連絡をするのが望ましいです。
昼休み前後や定時前後は避けるなど、時間帯に配慮して電話をかけましょう。

企業も多くの就活生を見ているため、選考の辞退はある程度予測しているようですが、無断で辞退するのは、企業側の迷惑になるので避けましょう。
また、辞退をする企業だからといって、いい加減な気持ちで対応するのは望ましくありません。
新卒の場合、学校のマイナスイメージに繋がる可能性もあります。
マナーを守って連絡することを心がけましょう。


◆選考辞退のメールの書き方

選考の辞退を伝えるメールの例文を下記に挙げていますので、参考にしてください。

【例文】

件名:選考辞退のご連絡 自分の氏名

宛名:
株式会社☓☓☓ △△部
○○○様
(社名は正式名称で書く、(株)などの略称は避ける)

本文:
お世話になっております。
●●●大学●●学部●●学科●年の□□□です。
先日は、○次選考通過のご連絡を頂き、誠にありがとうございました。
誠に身勝手ではございますが、諸般の事情により、今後の選考を辞退させて頂きたく存じます。
貴重なお時間を割いて選考して頂いたにも関わらず、このようなご連絡となり、大変申し訳ございません。
どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
末筆ながら、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

署名:
自分の氏名
〒○○○-○○○○
東京都○○○○○○
TEL: 090-☓☓☓☓-☓☓☓☓
E-mail: xxxx@xxx.co.jp


◆選考を辞退するときはマナーに気をつけよう

選考を辞退する際の連絡は、気が引けてしまう部分もあるかもしれません。
しかし、だからこそ誠実に対応することが大切です。
辞退を決意したら、できるだけ早く企業に連絡することを心がけましょう。

電話で連絡する際、始業時間や昼休憩、定時の時間を考慮し、これらの時間帯は避けましょう。
「辞退する企業だから関係ない」と考えず、そのような場合こそ最後まで相手への配慮を忘れないことが大切です。
このように、就職・転職活動にはさまざまなマナーやルールがあります。

「多すぎて覚えきれない」「どうしたらいいか分からない」というときは、エージェントの力を借りてみませんか?
ハタラクティブでは、書類の書き方から面接でのマナーまで、就職・転職活動における大切なマナーの指導を行っています。
疑問やお悩みの相談も受け付けているので、何かわからないことがあったときは、些細なことでもお気軽にお声掛けください。
就職・転職活動で何をどのように始めたら良いかわからないという方は、ぜひ一度ハタラクティブへ!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ