新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 万が一面接当日に辞退したくなったらどうしたらいい?

万が一面接当日に辞退したくなったらどうしたらいい?

【このページのまとめ】

  • ・面接は企業との約束でありないがしろにできない大切なもの
    ・どうしても当日になって面接を辞退しなければいけないような事態は有り得る
    ・面接を当日になって辞退するような緊急事態でも礼儀に気をつけ社会人として立派に振る舞う
    ・面接に関するトラブル対策や準備のためにプロのエージェントの助けを得ることも一つの良い対策

若い人たちにとって、企業と面接するというのは大変緊張する場面のはずです。そのような場面においては、社会人としてのマナーや大人としての礼儀が試されます。

しかしときに、やむを得ない理由で当日になって面接を辞退しなければいけないような緊急事態が起きることもあるでしょう。その際、どのようにすればひんしゅくを買うことなく面接を辞退することができるのでしょうか。
 

◆当日に面接を辞退することはできる?

面接が開かれるということは、企業にとっても貴重な時間や人件費を割いているということになりますから、面接を受ける側も誠意を示すのは当然のことと言えるかもしれません。そんなときであっても、当日になって面接を辞退することは可能なのでしょうか。
 

中見出しが入ります


・体調不良や、ほかの企業から内定が出たなどの理由で面接を辞退したくなることはある
希望してその会社の面接を受けるにも関わらず、当日になって面接を辞退したいと思うようなシチュエーションというのはそれほど多くはないかもしれません。とはいえときには本格的に体調を崩してしまったり、ほかの企業からの内定が出たりといった理由で、面接をキャンセルしたいと考えることはあるでしょう。
 

中見出しが入ります

・基本的には前日以前、なるべく早めに連絡するのが好ましい
これはどんな場面にも言えることですが、社会人のマナーとしてやはり仕事上の連絡というのはなるべく早いに越したことはないはずです。

面接は、予定された人数に応じて先方の企業も計画を進めています。あらかじめキャンセルや辞退が濃厚になっているようなら、当日まで連絡をズルズル引き伸ばすようなことはせずに、可能な限り早く辞退の連絡を入れるのが好ましいと言えるでしょう。
 

中見出しが入ります


・無断欠席はNG
突然の事情などで致し方なく辞退する場合であっても、無断欠席はNG。志望度の低い企業であったとしても社会人としてきちんと連絡は入れましょう。
ときとして事故や親族の不幸、さらには自分自身の体調不良のため緊急に面接をキャンセルしたい場合もあると考えられます。しかし、そのようなイレギュラーな展開だとしても無断欠席というチョイスは社会人として取ってはならないものです。

仮にその企業が志望度の低い会社だったとしても、社会人としてのマナーを持って対応することは、今後の人生や仕事において大切なこととなります。

 

◆面接当日に辞退する場合の連絡方法

・連絡方法を特に指定されていない場合は電話がポピュラー。面接の担当者に連絡する
面接が取り決まった時点で、面接に関して何か連絡が必要な場合の窓口が知らされるはずです。連絡先はきちんとひかえておき、もしも当日になって面接を辞退するようなことになったら、きちんと電話にて担当者に連絡するようにしましょう。

・連絡がつかなかった場合はほかの人に伝言を頼み、併せてメールでも連絡しておく
多くの場合企業や面接の担当者には電話連絡がつくようになっていますが、何らかの事情で連絡がつかなければ、可能なら他者に伝言を頼み、併せてメールでも連絡を入れておきましょう。「伝言かメールかどちらかで良いだろう」と考えてしまうかもしれませんが、できる限りコンタクトを取る姿勢を示すことが大切です。

・電話やメールでは「本日○時から面接のお時間をいただいている○○と申します」と名乗る(新卒の就職活動の場合は大学名と学部名も)
電話やメールで緊急に面接を辞退する場合は、先方も忙しいスケジュールで動いていることを予想して、完結に物事を伝えるようにしましょう。自分の名前と面接予定時間、新卒で就職活動をしている立場であれば大学と学部も名乗り、どのような理由で当日になって面接を辞退することになったかを短くはっきり伝えてきちんと謝るようにします。

 

◆面接のトラブルや時間調整が大変!という方は

・転職エージェントを活用すれば、面接の時間調整やキャンセルなどはエージェントが代行してくれることも
現在就職活動をサポートする機関や専門家はたくさんいますが、面接のトラブルを避けたいという方もそうしたエージェントを活用することができます。転職エージェントの助けによって面接関連のトラブルを避け、時間調整などをスムーズに行うことで不要なストレスを軽減できるはずです。

・ハタラクティブでは、プロの転職エージェントがマンツーマンで転職活動をサポートしています
どうしたらそんな転職エージェントを見つけることができるのだろう?とお考えの方はぜひハタラクティブへご相談ください。マンツーマンであなたの転職活動をサポートしています。

世の中には人間的にも能力的にも非常に良いものを持っていながら、面接などの対人スキルが必要とされる場面で緊張をしてしまい、なかなか自分の持ち味を出せないという方は多くいます。そのような方は、面接さえ上手に乗り越えることができ、仕事が実際に始まればしっかりと順応していけるはずです。

そうした苦手意識のある面接を不安なく乗り越えるためにも、ハタラクティブのような就活アドバイザーや転職エージェントを活用してみてください。また、不測の事態が起きて当日に面接を辞退するようなことになったとしても、きちんとマナーを持って対処できるよう助けることもできます。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION