油断大敵!最終面接の『質問』は万全の準備で臨もう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 油断大敵!最終面接の『質問』は万全の準備で臨もう!

公開日:

最終更新日:

最終面接の質問は『経営者』視点であることを意識しましょう!

最終面接の質問には、どのように答えたら良いのでしょうか。
最終面接では社長、役員クラスが面接官になるケースが多くあります。
社長や役員は『経営者』の観点であなたのことを見定めようとします。つまり企業に対して利益を上げられるかどうかという点が重要になってくるわけです。
『わが社を選んだ理由を教えてください』という面接ではよくある質問でも、今一度よく考えて返答することが大切です。
『社風が自分に合っていそうだから』、『この仕事に興味がありやってみたいから』など、深掘りができていない返答はNGになる可能性があります。
自分の持っている能力が具体的に会社に対してどのように貢献できるかを答えるようにしましょう。

また最終面接ということもあり、入社への意思確認は必ずあります。
ここで少しでも躊躇してしまうと、入社を辞退する可能性があると思われかねませんので、強い意志を示す必要があります。弱腰にならないよう堂々と振舞うようにしましょう。

最終面接での逆質問!あなたのしている質問は本当に大丈夫?

最終面接に限りませんが、相手側から『最後に何か質問がありますか』と質問されるケースはよくあることです。
この逆質問に対して、『特にありません』と答えるのは基本的にはタブーです。
何も質問しないという時点でやる気が低いと判断されるリスクがあるので、質問は事前に必ず用意しておきましょう。

質問の内容ですが、待遇面に関するものは最終面接では失礼にあたることを覚えておきましょう。給料やボーナス、残業時間や年間休日などの質問は控えるようにする方が無難です。
企業のホームべージに記載されていることや、自分で少し調べればわかるような安易な質問もしないようにしましょう。
とりあえず質問するだけでは、逆に悪い印象を与えてしまう恐れもあります。
質問の例としては『採用された場合の自分の配属先』、『入社までに準備しておくべきスキル(資格)』、『御社の新規案件に関わるにはどうすれば良いのか』など、自分で調べてもなかなか答えが見つかりにくく、かつ、こちらのやる気が相手に伝わる内容を考えましょう。

最終面接で油断は禁物!より一層気を引き締めて!

最終面接まできたから、もう安心と思うのは避けるべき考え方です。
意思確認程度で済むだろうと高を括っていると、もし想定外の質問をされたときに、慌ててしまうことになってしまうでしょう。
最終面接まで進んだのに、落ちてしまったという話は決して少なくありません。
企業によりけりなので絶対的なデータではありませんが、最終面接であっても4割前後の確率で落ちる可能性があると言われています。
最終面接で圧迫面接にあったとしても、冷静にその圧迫を受け入れましょう。
相手の言っていることを受け入れた上で、理性的に自分の意見を述べるようにします。最終面接まで来ればゴールが近いことも確かです。
最後の最後で逆転負けをしないように気を引き締めて最終面接に挑みましょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ