最終面接で落ちるフラグとは?回避するコツや受かるサインも紹介!

最終面接で落ちるフラグとは?回避するコツや受かるサインも紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 最終面接で面接官の反応が薄い場合は、落ちるフラグである可能性が高い
  • 最終面接で入社意欲を十分にアピールできないと、落ちるフラグが立ちやすい
  • 入社後の働き方を最終面接で詳しく説明されるのは、受かるサインといえる
  • 最終面接で落ちるフラグを回避するには、徹底した企業研究を行う必要がある

最終面接で落ちるフラグを知って結果を判断したいと考える人は多いでしょう。最終面接で落ちるフラグは、面接官が肯定的なリアクションをしてくれなかったり、面接が予定よりも早く終わったりすることなどです。このコラムでは、最終面接で落ちるフラグといわれる6つの状況を解説します。最終面接で落ちるフラグにつながりやすい行動や、失敗を避けるためのコツなどもまとめましたので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

最終面接で落ちるフラグ6選

最終面接で応募者の意見に対する面接官のリアクションが薄かったり、否定的な意見を言われたりした場合、「落ちるフラグ」といわれています。また、面接が予定より短い時間で終わってしまう場合も、不採用につながりやすいようです。
ただし、面接官の態度や場の雰囲気が落ちるフラグに当てはまるからといって、必ず不採用になるというわけではないので、あくまでも参考程度に留めておきましょう。

1.面接官のリアクションが薄い

応募者の話に対して面接官のリアクションが薄いのは、落ちるフラグといわれています。具体的な例としては、「話しているときに面接官が相槌を打ってくれない」「意見を述べたあとに首を捻って納得していない様子だった」など。ほかにも、「面接官が自分の言ったことを深掘りしてくれない」という場合もあるようです。
面接官のリアクションが薄い原因としては、応募者の意見が的外れなことや、企業のニーズから逸れていることなどが考えられます。最終面接に進んだからといって気を抜かず、しっかりと対策をして臨むことが大切です。

2.面接官から否定的な意見を言われる

面接官から否定的な意見を言われることも、最終面接で落ちるフラグの一つ。応募者の意見が企業側の考えと食い違うと、面接官からは「自社とのマッチ度は低い」と判断されてしまうでしょう。
たとえば、年功序列制が根強い老舗企業の最終面接で、「成果を評価してもらい若いうちに役職に就くことが目標です」と述べても、面接官からの心証は良くありません。自分が言いたいことだけを主張するのではなく、企業の方針や事業内容に沿った意見を述べる必要があります。

受け答えや書類の内容に関して指摘をされることも

受け答えや書類の内容に関して面接官からアドバイスをされることが、落ちるフラグである場合も。採用が決まっている応募者であれば、この先の就活に関する助言をする必要はないからです。そのため、最終面接で「内定を得るためにはどこを改善するべきか」という話題が出た場合、面接官が「自社で採用する可能性は低い」と考えているといえるでしょう。

3.面接の時間が予定よりも短い

最終面接の時間が当初の予定より短い場合も、落ちるフラグといえるでしょう。不採用が決まっている応募者に掛ける時間を省き、採用予定者の面接のために時間を割きたいと考える企業は多いからです。
ただし、最終面接の時間が短くても必ず不採用というわけではありません。すでに採用が決まっているため簡単な確認しか行われず、短い時間で最終面接が終了する場合もあります。面接の時間が短いことを不安に感じる方は、「面接時間が短いときに考えられるケースとは」のコラムもご一読ください。

4.面接の結果をメールで伝えると言われる

「最終面接の結果をメールで伝える」と言われるのも、落ちるフラグといえます。メールでの連絡は電話に比べて企業側の負担が軽く、ほかの連絡手段に比べて応募者のもとに早く届きやすいからです。ただし、企業の中には先にメールで採用を通知し、後から郵送や電話などで詳細を伝える場合もあります。「結果はメールで伝える」と言われたからといって、不採用だと落ち込み過ぎないようにしましょう。

期日を過ぎても連絡がない場合は会社に確認してみよう

最終面接で「○日以内に連絡します」と言われた場合、その期日を過ぎても連絡がないときは、自分から会社に確認しても構いません。電話やメールで、就業時間内に問い合わせてみましょう。採否を直接聞くことは控え、「選考結果がいつごろ出るのか教えていただきたい」と丁寧な言い回しで伝えることが大切です。面接の結果がいつ分かるのか会社に聞く方法は「最終面接の結果が遅い場合は不合格?日数の目安や対処法を確認しよう」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

5.今後の予定を説明されない

最終面接で今後の予定を説明されないことも、落ちるフラグの一つです。不採用が決定している人に対して、面接官が入社後についての話題を出すことは基本的にありません。仕事についての具体的な説明や、どの部署への配属を希望するかといった深掘りがない場合、採用の可能性は低いといえます。

6.ほかに受けている会社の合否を聞かれない

最終面接で「ほかに受けている会社はあるか」「すでに他社から内定を得ているか」といった確認をされない場合も、落ちるフラグといえます。企業側は、どうしても確保したい人材の選考状況を把握しておきたいと考えるからです。
面接での不採用サインは「面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

落ちる確率は会社の規模や職種によっても変化する

最終面接で落ちる確率は会社の規模や職種によって変化するため、フラグを気にし過ぎないようにしましょう。たとえば、募集人数が少ない求人や高度なスキルが求められる職種ほど、最終面接の通過率は下がります。一次や二次面接を担当した社員からは高評価が得られても、最終面接に参加した社長や幹部社員の意見によって、結果が変わることもあるでしょう。

最終面接で落ちるフラグが立つ6つの行動

この項では、最終面接で落ちるフラグが立つ行動を6つ紹介しています。不採用につながる言動を避け、面接の成功率をアップさせましょう。

1.面接での発言に一貫性がない

最終面接の場で一貫性のない発言をしてしまうと、落ちるフラグが立ちやすいといえます。面接官が「真意が掴めない」「軸がぶれている」といった違和感を抱く可能性があるからです。
最終面接に参加する面接官は、これまでの面接の内容を事前に把握しています。そのため、最終面接で発言する際は、これまでの面接で述べてきた意見との整合性を意識することが大切です。どうしても違う意見を述べたいときは、「今までの考えに加えて、現在はこのように思っている」というように、これまでの意見を打ち消さないように気をつけて伝えましょう。

2.社風にそぐわない発言をする

社風にそぐわない発言をすることも、最終面接で落ちるフラグにつながります。たとえスキルや経歴が優れていても、会社の方針と価値観が合わない人材は、入社後の早期離職や仕事へのモチベーションの低下などが懸念されるからです。事前に企業研究を行い、自身の価値観と志望先企業の社風とのすり合わせを行っておきましょう。

3.入社意欲をアピールできていない

他社でも通用するような志望動機を述べたり、入社後のビジョンが曖昧だったりすると、面接官に「入社意欲が低い」とみなされて落ちるフラグが立ってしまう可能性があります。また、「将来的には独立したいと考えています」のように、退職すること前提の姿勢も、面接官には印象が良くありません。会社が求めているのは、長く勤務して自社に貢献してくれる人材。「絶対に御社に入社したい」という姿勢は、最終面接でも崩さずに熱意を伝えましょう。

4.逆質問の準備が不十分

最終面接の逆質問で面接官に準備不足と判断されると、落ちるフラグが立つ恐れがあります。たとえば、すでに説明されたことやWebサイトに載っている内容を逆質問で聞くと、面接官に「事前の調査が不十分」「自社への関心度が低いのでは」と悪い印象を与えてしまうでしょう。また、「逆質問は特にありません」とだけ返すのも、消極的な姿勢を印象づけてしまうためおすすめできません。
逆質問は、面接において自身のスキルや熱意をアピールできる最後の機会です。内定獲得のために、積極的に活用しましょう。「最終面接の逆質問ではなにを聞く?好印象を与えるコツとは」では、最終面接で使える逆質問例を紹介しているので、参考にしてみてください。

5.言葉遣いや姿勢が乱れている

言葉遣いや姿勢が乱れている応募者は、落ちるフラグが立ちやすいでしょう。挨拶の仕方や敬語の使い方に気を配れないと、面接官にだらしない印象を与えてしまいます。「仕事に真面目に取り組んでくれるだろうか」と、業務姿勢をも疑われることも。
「最終面接まで進んだから内定がもらえるだろう」と過信せず、最後まで言動に気をつけることが大切です。面接のマナーは「面接の流れやマナーを理解しよう!受付・入室・退室の場面別に解説!」で解説しているので、事前に目を通しておきましょう。

6.緊張してしまい自信を持って振る舞えない

緊張して声が小さくなったり回答が上手く出てこなかったりすると、面接官には自信がないように見えるため、印象が下がってしまいます。
最終面接では役職が上の社員が面接官のため、緊張しやすいのが実情です。そのため、面接で述べる志望動機や自己PRを友人や家族に聞いてもらい、人前で話す練習をしておきましょう。頼れる人が身近にいない場合は、ハローワークや就職・転職エージェントの模擬面接を活用するのもおすすめです。周囲の人からアドバイスをもらって自分の話し方に反映させれば、面接当日も自信を持ってアピールできるでしょう。

面接で落ちるフラグが立ちやすい人の特徴は「面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介」のコラムでも紹介しているので、あわせてご覧ください。

最終面接で受かるサインとは?

自分の発言に対して面接官が好意的な反応を示してくれたり、場の雰囲気が和やかだったりするのは最終面接で受かるサインといわれています。ただし、受かるサインがあった場合に必ず採用されるというわけではないので、最終面接の状況を分析するための目安として捉えてみてください。

応募者の発言に対して面接官が共感を示す

応募者の発言に対して面接官が共感を示すと、最終面接を通過する確率は高いといえます。志望動機や入社後のビジョンといった応募者自身の考えに面接官が共感するのは、企業とのマッチ度が高い証拠だからです。
前述したように、最終面接には企業の方針や特徴を深く理解している社長や役員が参加します。そのような状況において面接官側が自身の意見に同意してくれた場合、受かるサインであると考えて良いでしょう。

面接官の態度や場の雰囲気が和やか

面接官の態度や場の雰囲気が和やかな場合も、採用の確率は高いようです。採用したい人材に好意的に接することで、自社への入社意欲を高めてほしいと考える企業は多くあります。
たとえば、面接官が常に笑顔で話を聞いたり返答をしたりしてくれる、最終面接が終わる際に握手を求められるなど。面接官が応募者の意見を深掘りすることも、興味や好意的な気持ちの表れといえるでしょう。

現在の選考状況を詳しく聞かれる

他社の選考状況を詳しく聞かれることも、最終面接に受かるサインの一つです。前述したように、企業側には、採用を検討している応募者の選考の進み具合や内定の有無などを把握して、内定を出した場合入社してくれるかどうかを見極めたいという意図があります。最終面接では「自社から内定が出た場合すぐに承諾できるか」といった質問をされることもあるので、明確な回答ができるようにしっかりと準備しておきましょう。

入社後の働き方を具体的に説明される

「入社後は○○の分野での活躍を期待しています」や「配属先には○○のスキルをもった人が多く所属しています」など、採用後のことについて最終面接で説明された場合、受かる可能性が高いといえます。最終面接で具体的な働き方を解説することで、入社へのモチベーションを高めてもらいたいという企業側の狙いがあるからです。また、自社の事業内容や雰囲気などを事前に知ってもらうことで、入社後にミスマッチを起こすリスクを回避したいという企業側の意図もあります。最終面接で説明を受けた際に戸惑いを見せると、入社後の仕事や待遇に不満があると捉えられる恐れがあるため、事前に企業研究を行い、志望先企業の働き方についてはよく理解しておきましょう。

入社後の上司になる人を面接の場で紹介されることも

採用の可能性が高い場合、最終面接の場で入社後の上司になる人を紹介されることもあるようです。直属の上司となる社員と直接言葉を交わすことで、志望先企業に入社する実感も湧きやすくなるでしょう。

結果を電話で伝えると言われる

最終面接の結果を電話で伝えると言われることも、受かるサインです。企業は内定を出した応募者からなるべく早く返事をもらいたいと考えています。そのため、メールや郵送と違い、応募者本人と確実にコミュニケーションが取れる電話を使って内定を伝える場合が多いようです。さらに、電話口で応募者の内定承諾の意思を確認できたら、すぐに入社予定日や必要書類の案内に移れることも電話連絡のメリットといえるでしょう。

結果がいつ分かるのか面接官に質問するのもアリ

最終面接の結果がいつ分かるのか把握しておきたいときは、面接官に質問しても問題ありません。企業からの連絡がいつ来るのか分かっていれば、不安を抱くことなく過ごせるでしょう。最終面接の結果が分かる時期については、「最終面接後に土日を挟む場合は質問するべき?結果待ちがつらいときは?」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

最終面接で落ちるフラグを回避する4つのコツ

最終面接で落ちるフラグを回避するコツは、「論理的な回答をする」「チェックされるポイントを把握しておく」「企業研究を徹底する」「明るい態度で受け答えする」の4つです。

1.論理的な回答を心掛ける

最終面接では、論理的な回答を心掛けましょう。思いついたことから脈絡なく喋ったり、ほかの回答と矛盾したことを述べたりすると、発言の信憑性が低くなってしまいます。
最終面接で自分の意見を述べる際は、結論から先に伝えることを意識するとまとまりのある文章になるのでおすすめです。「私の長所は○○です」「御社を志望した理由は○○だからです」のように、結論を先に述べることで、面接官が話の要点を理解しやすくなります。最初に結論を示したら、次に根拠となるエピソードや自身の考えを述べて、面接官に分かりやすい文章を組み立てましょう。

2.最終面接でチェックされるポイントを知っておく

最終面接でチェックされるポイントを知っておけば、対策がしやすくなるでしょう。最終面接では、一次・二次面接での評価と照らし合わせながら、応募者本人の価値観やスキルなどが再度チェックされます。絞られた候補者の中から、自社との相性が良い人材をさらに精査することが目的です。
また、最終面接では入社意欲を入念に確認されます。採用活動には金銭や時間といったコストが大きくかかるため、応募者が入社してくれる可能性を事前に見極めようとする企業側の意図があるようです。「入社したい」という意思は、最後まで強くアピールしましょう。

事前にOB・OG訪問を行うのもおすすめ

最終面接の前に、OB・OG訪問を行っておくのもおすすめです。志望先企業で実際に働いている社員と関わることで、会社が求めるスキルや人柄を理解でき、最終面接でのアピールに役立てられるでしょう。OB・OG訪問の流れや聞くべき質問などは「OB訪問を行うメリットと質問するべきこととは?」のコラムで解説しているので、チェックしてみてください。

3.企業研究を徹底して行う

最終面接に臨む前に、企業研究を再度行っておきましょう。社長や役員が参加する最終面接では、業界や事業に関する専門性の高い話題が出る可能性があるからです。また、逆質問においても業界全体や他社を細かく分析した精度の高い質問が求められます。
自分の思い込みから生じた意見を言ったり、調べればすぐに分かることを質問したりすると準備不足を疑われてしまうため、業界誌や四季報などに目を通して企業への理解をさらに深めておくことが大切です。詳しい企業研究のやり方を知りたい方は、「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムをぜひご一読ください。

会社のブログやSNSなども活用する

企業研究を行う際は、会社のブログやSNSなども活用してみると良いでしょう。最終面接に参加する社長や役員が自らの意見を発信していたり、インタビュー記事が載っていたりすることがあるからです。面接官の価値観や思考を把握しやすくなるだけでなく、「インタビューで仰っていた○○事業の立ち上げについて詳しく教えてください」のように、最終面接で好印象な逆質問を考えるのにも役立ちます。

4.明るくハキハキとした態度で受け答えする

最終面接では、明るくハキハキとした態度で受け答えすることを意識しましょう。面接での態度が好印象だと、「入社後も周囲の人と明るくコミュニケーションを取りながら働いてくれるだろう」と期待されます。たとえ緊張しやすい場面であったとしても、言葉に詰まりながら小さい声で話す様子は面接官にネガティブな印象を与えてしまうので、注意が必要です。

最終面接で落ちたと確信したらどうする?

最終面接を終えて「不採用かもしれない…」という思いが強まったら、気持ちを前向きに切り替えて次の選考の準備を行うことが大切です。同じ失敗を繰り返さないためにも、最終面接の振り返りはしっかり行う必要があります。どこを改善すれば良いのか自分一人では分からない場合は、第三者からアドバイスをもらうのもおすすめです。

前向きな気持ちに切り替える

最終面接で落ちたと確信したら、気持ちを前向きに切り替えるように努めましょう。済んだことに対していつまでもネガティブな気持ちを抱いていては、次のステップに進めません。次の選考に自信をもって進むためにも、悩みや不安などを断ち切ることが先決です。
どうしても後ろ向きな感情を捨てきれない人は、散歩やストレッチなどで身体を動かしたり、読書で気分転換をしたりして、一旦就職活動から離れて気持ちをリフレッシュさせてみましょう。就職活動中に気持ちを前向きに切り替える方法を詳しく知りたい方は、「就活がつらい…やめたいと思ったら?うまくいかないときの対処法」のコラムを要チェックです。

手応えがなくても合格の可能性はある

自分自身では手応えを感じられなくても、最終面接に合格する可能性はあります。面接官の人柄や場の雰囲気によって、応募者が感じる印象は変化するからです。たとえば、「面接官の態度がそっけなかったので不採用だと思っていたが、結果は合格だった」という場合が考えられます。企業側から正式な結果が通知されるまでは、落ち込み過ぎないようにしましょう。

最終面接の振り返りを行って次に活かす

気持ちを切り替えたら、最終面接の振り返りを行います。不採用に影響したと考えられる言動や説明不足だと感じた部分などを洗い出し、改善策を考えましょう。自分の話に対する面接官の反応を思い出してみるのも、不採用の原因を突き止めるためには効果的です。次の選考でも同じ結果になることを回避するためにも、失敗の原因はしっかりと把握しておく必要があります。

最終面接でよくある質問を把握しておこう

最終面接でよく聞かれる質問を把握しておけば、事前に対策を立てたうえで自信をもって回答できます。最終面接でよく聞かれるのは、志望動機や入社後のビジョンなど。また、内定が出たら入社する意思はあるかを聞かれることもあるようです。最終面接でよく聞かれる質問の回答例は「最終面接の質問内容と回答例を紹介!上手く答えるためのポイントも解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

第三者に相談してアドバイスをもらう

次の選考に向けて何を改善したら良いのか分からない人は、第三者に相談することをおすすめします。最終面接で述べた自身の意見を家族や友人の前で話し、客観的なアドバイスをもらいましょう。第三者に確認してもらうことで、自分では思いもよらなかったような改善点に気づける可能性があります。

就職・転職エージェントを利用するのも一つの手

就職・転職エージェントを利用して選考対策をするのも一つの手です。就職・転職エージェントとは、専任のアドバイザーが求人紹介から内定獲得までをサポートしてくれるサービスのこと。応募書類の添削や模擬面接なども事前に受けられるので、万全な対策をしたうえで選考に臨めます。

「最終面接で落ちたかもしれない…」「どうすれば選考を通過するのか分からない」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが仕事探しから内定獲得後まで手厚くサポートします。利用者一人ひとりの適性や希望に沿った選考対策を行うので、就職活動や転職活動に不安を抱えている方も安心です。サービスはすべて無料なので、ぜひ一度ご利用ください。

この記事に関連するタグ