新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 再就職したい!面接対策はどうしたらいい?

再就職したい!面接対策はどうしたらいい?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・再就職の面接では、しっかり面接対策を行うことが大切
    ・「よくある質問」「答えにくい質問」に答えられるように準備しておくこと
    ・態度や話し方なども評価対象となるため、面接マナーには気をつけておく

仕事が自分とマッチしない、人間関係や労働環境に難あり、といった理由で仕事を辞めた際、再就職で気になるのは面接でしょう。
アルバイトや新卒時の面接と違い、転職の回数について聞かれたり、転職の理由について掘り下げられたりします。どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。こちらのコラムで詳しくご紹介していきます。

◆面接でのよくある質問

書類選考が通過すれば面接が待っています。
面接はほとんどの人が緊張してしまうもの。ぶっつけ本番になってしまうと、自分の魅力を十分に伝えられない可能性が高くなります。

そこで押さえて押さえておきたいのが「よくある質問」です。まずは想定される質問と回答のポイントについて理解しておきましょう。

イメージが湧かないという人は、ぜひ下記の内容を参考にしながら、自分に当てはめて考えてみてください。

・自己紹介をしてください

時間を指定されていない場合、だいたい1分程度でシンプルにまとめましょう。
まずは自分の名前と年齢を述べます。それから前職のポジションや仕事内容、実績を伝え、その経験を応募企業でどう活かしたいのか述べるようにするといいでしょう。

・当社を志望した理由を教えてください

多くの企業で聞かれる「志望した理由」。しっかり準備しておかないとあいまいな回答になってしまいます。
応募しようと思ったきっかけから、今までの経験をどう活かし、どのように貢献できるのかまで、根拠と結論が結びつくように伝えましょう。

・キャリアプランを聞かせてください

キャリアプランと企業の方向性が一致しなければ、本人のモチベーションは下がってしまうもの。
採用担当者は、本人の目標と企業の考えがマッチするのかを確かめているようです。

キャリアプランのイメージが湧かない人は、下記の例を参考に考えてみましょう。

例)
「御社の◯◯部門に携わり、柔軟な発想力を活かして新しい企画や新商品の提案を行いたいです。お客さまに今までにない価値を提供していき、実績を残したいと考えております。」

いきなり5年後、10年後はどうなっていたいか?と考えてもなかなか思いつかないものです。
まだキャリアプランを立てていないのであれば、あらかじめ、応募企業で働く場合について考えておきます。
何の部門や分野で、どのようなことを達成したいのかなど、具体的にイメージしておくといいでしょう。

応募企業を決める前にキャリアプランを立てる場合は、まず自分の過去を振り返ってみましょう。
今までやってきたことを見つめ直し、自分がこれからどういった方向に進もうとしているのかを読み取ります。

・長所、短所を教えてください

この質問を通して、仕事へのマッチング度を測り、活躍してくれるのかを見極めているといえます。
応募企業で活かせる長所があればマッチング度は高まるといえるでしょう。短所では改善できる範囲なのか、仕事で支障がないかを見ているといえます。
長所では、その仕事と関連性の強いもの、短所は長所にもいい換えられるもの、もしくは業務に影響がないものを伝えましょう。

◆気をつけたい面接でのマナー

こちらの項目では、当日の面接で気をつけておきたいマナーについてご紹介していきます。
当日のうっかりミスを防ぐためにも、事前にしっかり確認しておきましょう。

面接で大事になるのは、やはり第一印象。身だしなみには相手に清潔感と信頼感を与えられるように整えておきます。 
男性の場合、髪の毛はワックスのつけ過ぎや寝癖に注意。女性は派手な化粧やすっぴんは避け、ナチュラルメイクを心がけます。 
また、においのマナーも大切です。きつい香水やたばこの匂いがついていないか、注意しましょう。

面接には、もちろん遅刻しないように到着します。
ただ、早すぎても相手に気を遣わせてしまうため、5~10分前を目安にしておきましょう。
採用の評価対象となることが多いのは「態度」や「仕草」「話し方」など。
面接中は背筋をピンと伸ばし、相手の目を見て話すようにしましょう。
「あー」「えー」などを多用すると、相手に伝わりにくくなってしまうので、事前に言葉の癖が出ないように練習するのが大切です。

「失礼します」「ありがとうございました」など、入退室の挨拶を「うっかり忘れた」とならないように、冷静な心を保っておくことも大事。

時間があるのであれば、模擬面接を実施してもらうことをおすすめします。

◆答えにくい質問を対策しよう!

先ほどお伝えした「よくある質問」以外にも、回答しにくいものには対策しておく必要があります。こちらで詳しく見ていきましょう。

・ブランクが長い理由は?

ブランクが長いということは、「何かしらの理由があるのでは」と疑っていると考えられます。
無職期間があれば、いかに時間を有効に使っていたかをアピールすることがポイントです。

例)
「自分を見つめ直し適職を探しながらアルバイトをしていた」
「資格取得を目指していた」

ブランクの間に何をして何を学んだかを、しっかり伝えられるように準備しておきます。

・なぜ転職回数が多い?

この質問をする理由には、「またすぐ辞めてしまうのでは?」と不安に思われている可能性があります。
前職に対する愚痴や不満はいわないほうが無難。「うちの会社でも不満があると辞めてしまうのでは」と警戒されてしまうからです。

「◯◯を目指すために経験を積んでいた」「新しい可能性にチャレンジしたかった」など、前向きな回答をするのがポイントです。

転職回数の多さからは、さまざまな業界・業種での経験や、環境に柔軟に適応する能力をアピールできます。相手にポジティブな印象を与えられるよう心がけてみましょう。

・面接対策はハタラクティブへ!

いきなり面接に挑もうと思っても、十分に自分の実力を発揮できない可能性があります。
ハタラクティブでは、就職活動や転職活動の悩みや不安などのヒアリングから、履歴書や職務経歴書のアドバイス、模擬面接の実施まで行っています。就職後にも定期的にフォローの連絡があるので、転職が初めてという方も安心です。
「再就職を考えている」「転職するか迷っている」という方もぜひお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ