志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう

志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろうの画像

この記事のまとめ

  • 企業が志望動機を聞く理由は、企業側と応募者のニーズがマッチしているかを知るためだといえる
  • 志望企業のみに該当するポジティブな志望動機を考え、働く意欲を伝えよう
  • 他社でも通用する曖昧な内容や、仕事に対する意欲が伝わらない志望動機を書くのは禁物
  • 企業研究を徹底し、入社後の活躍をイメージしてもらえる志望動機を仕上げよう

志望動機は、採用担当者への印象を左右するだけでなく、合否の判断にも影響を与えるポイントといえます。就活や転職の結果に大きく関わる志望動機について、詳しく見ていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

企業が志望動機を聞く理由

志望動機は、面接中に必ずといえるほど聞かれる質問の1つ。応募者の選考の際、どの企業においても重要視しているポイントだといえるでしょう。

企業が志望動機を聞く理由として、主に以下のようなこと挙げられます。

・数ある企業のなかから自社を選んだ理由を知るため
・自社のニーズとマッチした人材か判断するため
・入社後どのように活躍したいのか知るため
・応募者の人柄や意欲を確認するため

上記のなかでも、志望先の企業を選んだ理由についてはよく聞かれる質問だといえます。ほかではなくその企業でなくてはならない理由は、とくに重視される傾向にあるようです。

企業が求めるニーズと、応募者のスキルや人柄が一致していることも大切なポイント。求人情報で提示していた内容にそぐわない場合、企業研究を怠っていると判断されるケースもあります。
たとえキャリアが優秀だとしても、企業ニーズにマッチしていなければ「ほしい人材」だと思ってもらえないかもしれません。

企業が志望動機を聞く理由を把握したうえで、ほかの応募者と差別化を図り良い意味でインパクトを与えられる志望動機を考えましょう。

志望動機の書き方のポイント

志望動機を書くときの1つめのポイントは、応募企業のみに当てはまる理由を書くことです。
オリジナリティがなければ使い回しと思われてしまうことにくわえ熱意も伝わらず、良い印象からかけ離れる恐れも。企業研究を徹底して志望企業ならではの業務内容や魅力をピックアップし、オリジナルの志望動機につなげる必要があります。

2つめのポイントは、転職を控えた方に特に注意してほしい点です。
前職の退職理由と志望動機には、一貫性を持たせることが大切。退職理由がネガティブなものであったとしても、それを新たな環境でどのように変えていきたいのかつじつまが合うように説明します。退職理由に対して志望動機が噛み合っていなければ、本心ではないと思われるでしょう。

応募企業のみに該当するオリジナリティのある内容にくわえ、入社後の活躍をイメージしてもらえる意欲的な志望動機を完成させることが大切です。

志望動機のだめな例

志望動機の書き方のポイントが分かったら、次に志望動機のだめな例をチェックしてください。

他社でもいえるような内容

志望企業だけに該当する内容を伝えることは、志望動機を考えるうえでの大前提ともいえます。採用担当者に「うちでなくても良いのでは?」と思われないようにするためにも、他社にも通用する曖昧な志望動機は禁物です。

意欲が伝わらない内容

志望動機を伝えるときに、ネガティブな退職理由だけで終わらないように気をつけましょう。たとえば「残業が多かったため転職を決意して、貴社に応募させていただきました」といった内容は、前職の不満から逃れたかったことだけが浮き彫りになります。
「学ばせてほしい」という受け身な姿勢も禁物。自ら仕事に臨み戦力になろうとする意欲が伝わらなくなるため注意が必要です。

企業の魅力だけを伝える内容

志望企業の企画商品や経営理念など、企業の魅力だけに偏り仕事内容に触れないのも陥りがちな志望動機といえます。
企業の方針や商品の魅力に関して伝えること自体は間違いではありません。しかし、その内容のみだと仕事でどのように活躍できる人物なのか、企業は判断できないでしょう。
入社後にどのように活躍したいのか、仕事についても言及しておく必要があります。

印象アップにつながる志望動機を書くには、このようにさまざまなポイントを押さえることが大切です。
自分だけで志望動機を考えるのは不安という方は、就職エージェントに相談するのもおすすめ。プロのアドバイスを取り入れることで、ポイントを押さえた魅力的な志望動機に仕上がるでしょう。
若年層の就職支援サービスを行うハタラクティブは、仕事に関する悩みを幅広い角度から手厚くサポート。会社選びはもちろん、志望動機の書き方や面接対策などサービス内容は多岐にわたります。まずは一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ