医療事務や病院受付に転職したい…志望動機の書き方とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 医療事務や病院受付に転職したい…志望動機の書き方とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・医療事務は、事務職だけではなく、患者さんに直接関わる業務も多い 
    ・志望動機は、志望した理由や将来の目標、アピールできる能力などをまとめる 
    ・読みやすさを重視しながら、自分にしか書けない志望動機を考えよう

医療事務は、若い女性を中心に人気のある仕事です。未経験でも働きやすいため、異業種から転職する人も多く、今後も更に人気が高まっていくことが予想されます。 
医療事務に転職を考えている人の中には、履歴書の作成で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 
ここでは、志望動機の考え方や書き方のポイントについて解説します。

◆医療事務の仕事とは

医療事務とは、病院やクリニックといった医療機関で働く事務職のこと。業務内容は大きく「受付・会計」「クラーク」「レセプト」の3つに分けられます。

【受付・会計業務】

受付・会計の業務では、来院した方から保険証を預かったり、受診する科へ案内したり、診療後の会計を行います。初診の方のカルテや診察券の作成も仕事のひとつ。
院内では、最初と最後に患者さんに接する仕事なので、接客業のスキルも求められます。

【クラーク業務】

クラークの業務は、患者さんと医師・看護師の橋渡しをする「外来クラーク」と、入院病棟の事務作業を行う「病棟クラーク」の2種類です。
外来クラークは、電話対応、カルテやレントゲン、検査データの準備などを行います。
病棟クラークは、入退院の手続きや手術スケジュールの管理など、入院病棟での事務作業に携わるため、患者さんやそのご家族の対応も仕事のひとつです。

【レセプト業務】

レセプト業務とは、「レセプト(診療報酬明細書)」を作成し、審査支払機関に診療費用の請求を行う業務です。
レセプトに記載されている傷病名や処置内容、使用した薬などに整合性がとれているかチェックしなくてはいけないため、作業の正確性や医療の知識が求められます。

医療に関わる仕事なので、特別な資格が必要だと思われがちですが、医療事務は無資格でも働ける仕事です。しかし、民間の資格や検定があるので、スキルを身につけるために受検してみるのも良いでしょう。
また、資格を持っていることで、採用時に有利になる可能性もあります。
患者さんだけではなく、医師や看護師とも関わる仕事なので、接客業・販売業の経験がある人やコミュニケーション能力の高い人に向いている仕事と言えるでしょう。



◆志望動機を考えるポイント

医療事務に転職するとき、志望動機をどのように書いたら良いのか悩む人もいるでしょう。
採用される志望動機を書くためには、「応募者の何を知りたいか」ということを、採用担当者の立場になって考えてみてください。

【その病院を選んだ理由】

病院やクリニックの数は増加しており、いろいろなエリアに立地しています。その中からその病院を選んだ理由を明確にすることで、志望動機に説得力を持たせられるでしょう。
「家族が入院したとき、丁寧に対応してもらえて安心できた」「自分が通院していたときに、スタッフが活き活きと働いていて魅力を感じた」など、その病院ならではのエピソードがあれば、より意欲をアピールできます。

【医療事務をやりたい理由】

「人に安心感を与えられる仕事がしたいと思ったから」「年齢に関わらず長期的に勤務できるから」など、医療事務に応募しようと思った経緯や、資格を取得した理由を考えます。
具体的なエピソードを交えてまとめれば、より印象付けることができるでしょう。

【将来のビジョンについて】

医療事務の仕事を通じて、将来的にどうなりたいか、目標を述べます。
「迅速に対応することで、混雑を軽減し待ち時間を減らしたい」や「○○で培ったコミュニケーション能力を活かして、患者さんの不安を取り除けるようになりたい」など、具体的にまとめられると良いでしょう。
また、応募する病院の基本理念を調べておくのもおすすめ。少人数体制の病院なら「幅広い業務に携わってスキルアップしたい」、地域に密着している病院であれば「患者さんに寄り添い、地域に貢献したい」など、理念に基づいたビジョンが考えられます。

【仕事に活かせる能力】

未経験の人は、前職の業務の中で、医療事務の業務に通じるものがあるか考えてみましょう。接客業や販売業であれば、コミュニケーション能力や会計業務、事務職ならパソコン操作や電話対応などがアピールポイントになります。
ほかにも、人の話を我慢強く聞くことができる、気配りができる、高齢者や子どもの対応ができるといった長所も、仕事に役立つ強みになるでしょう。




◆志望動機作成のコツ

前項を参考に、志望動機の内容を考えたら実際に作成してみましょう。
志望動機をまとめるときには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

【結論を簡潔に伝える】

志望動機は、結論である「志望した理由」から書き出すのがポイント。最初に結論を簡潔に書くことで、その後の全体像を想像しやすく、志望動機の全体像が伝わりやすくなるのです。
また、最初に結論を書き、その後具体的な理由を説明する方法なら、文章を書き慣れていない人でもまとめやすいというメリットもあります。

【根拠を述べる】

志望動機には、具体的なエピソードを交えることで、説得力が高まるだけではなく、入社後の姿をイメージしやすくなります。
「○○に興味がある」「○○のスキルを持っている」だけではなく、根拠となるエピソードを盛り込むことで、自分にしか書けない志望動機が作成できるでしょう。

【分かりやすくまとめる】

採用担当者は、短い時間で複数の応募書類を確認しなくてはいけません。長々とした文章や、回りくどい表現を使っていると、言いたいことが伝わらずに悪い印象を与えてしまうでしょう。
志望動機を書くときは、補足説明がいるような内容にならないよう注意することが大切です。

志望動機を含める面接対策をするなら、ハタラクティブがお手伝いします。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが転職活動をサポート。履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削や、面接対策を行っています。
転職活動を始めようと思っている方、転職について悩んでいる方は、お気軽にハタラクティブにご連絡ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ