接客に応募する際の、志望動機のポイントについて

接客

◆接客に向いている人

接客業は、人と人との繋がりを大切にしている仕事です。

飲食店や百貨店、ホテルやレジャー施設など、活躍の場所は幅広くあります。

飲食店やアパレルショップでは、誰がどこを担当しているか全体を冷静に見る能力が必要です。

ハキハキとした受け答えができる人や、正確且つスピーディーに動ける人が接客に向いています。

接客の現場では予測不能なトラブルが起きることも考えられるので、マニュアル通りに全てが解決するわけではありません。

また、接客をしながら他の業務を並行しなければならないこともあり、臨機応変に対応できる人が求められています。

接客業は、商品やサービスのイメージを損なわないように誠実な対応をする責任感のある仕事です。

言葉遣いや業務に対する姿勢がお客様に直接見られているので、いい加減な対応をしてしまうと企業の今後の売上に影響する可能性もあります。

◆未経験者向け、志望動機のコツ

接客業が未経験の方は、何故その職種や店舗を選んだのかを具体的に述べられるようにします。

他の職種でアルバイトや仕事をしてきた場合は、自分が行なってきた業務を振り返り、自分の長所と仕事を結びつけましょう。

「以前御社でサービスを利用したときに丁寧な接客を受け、このような接客ができるようになりたいと思い、志望しました」など、実際に店舗を利用したことを盛り込むと説得力のある志望動機になります。

また、客層や他の店舗との違いを伝えられると、より良いイメージに繋がるかもしれません。

「将来的にはマネジメント業務や店舗運営に携わりたいと考えています」と、キャリアアップしたい気持ちや長く勤めたいという想いを伝えると、熱意を感じ取ってもらえる可能性があります。

◆経験者向け、志望動機のコツ

接客の経験がある方は、商品やサービスについての理解があることが強みになります。

接客業を通して感じたことや学んだことを志望動機として伝えられるようにしましょう。

「前職では○年販売スタッフをしており、担当した商品の売れ行きが○%上がりました」など、経験年数や売上実績など、具体的な数字を盛り込んで前職での活躍をアピールしましょう。

経験者の方はお客のニーズに合った接客ができるかが大切になります。

「前職で培ってきた経験やスキルを活かし、御社の商品をより多くの人に発信して業界に貢献していきたいです」と、よりスキルアップしていきたい姿勢を示すと良いイメージに繋がります。

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

業界一覧

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION