聞き上手に向いてる仕事は?より強みを活かすポイントも紹介

聞き上手に向いてる仕事は?より強みを活かすポイントも紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・聞き上手な人に向いてる仕事には営業職や販売職、コンサルタントなどが挙げられる
  • ・聞き上手には、仕事においては歓迎されない「消極的」「受け身」といった側面もある
  • ・仕事の面接で聞き上手をアピールするなら、気配りの良さなどを組み合わせると効果的
  • ・聞き上手をより仕事に活かすには、自ら情報発信する力を身に付けるのが大切

聞き上手な人のなかには、どのような仕事が向いているか気になる方もいるでしょう。聞き上手な人の多くは、相手のニーズを汲み取る力に長けており、情報を吸収・整理するのも得意です。そのため、営業職や販売職などが適しているといえます。
このコラムでは、聞き上手に向いている仕事を5つ紹介。また、聞き上手をより仕事に活かすポイントも解説しています。短所になりうる点も理解したうえで、活躍の場を探しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

聞き上手に向いてる仕事5選

聞き上手な人は、相手のニーズや気持ちを汲み取るのが得意なため、営業職やコンサルタントといった仕事に向いています。ここでは、聞き上手を強みとして活かしやすい仕事を5つご紹介。仕事選びの参考にしてみてください。

1.営業職

営業職は、聞き上手な人に向いている仕事の一つです。一見、営業の仕事は自社の商品やサービスをアピールすることがメインのように思えます。しかし、顧客のニーズをきちんと理解しなければ最適な提案や営業トークができないため、ヒアリング力が求められるのです。
営業職のなかでも、提案型営業や広告・人材などの無形商材を扱う営業は特に聞き上手を活かせる仕事といえます。

提案力やノルマを追うメンタルも必要
営業職は提案力も必要な仕事です。聞き上手を活かして顧客のニーズを汲み取った後は、相手に納得感を与える提案をしなければなりません。また、営業には少なからずノルマや目標が課せられることがほとんどです。売り上げが不足している場合は、プレッシャーを感じたり、営業手法を工夫する必要が生じたりするでしょう。
そのため、営業職への就職を考えている方は、教育制度の充実度やノルマの厳しさなどを考慮しながら企業を選ぶのがおすすめです。

2.販売職

販売職も、聞き上手が活かせる仕事の一つです。営業職と同様に、来店したお客さまのニーズをヒアリングした上で商品を勧める必要があります。ファッションやコスメなど、自分が好きなものを扱う販売店に就職すれば、お客さまの要望を聞くだけでなく、おすすめの商品を提案することも上手くいきやすいでしょう。

商品知識や体力も欠かせない
販売職の仕事には商品知識が欠かせません。聞き上手な点が活かせても、商品知識が足りなければ、お客さまに商品の魅力は伝わらないでしょう。販売するものによっては、専門知識が求められたり、商品の移り変わりが早かったりする場合も。そのため、常に最新の知識を取り入れ、どんなことでもお客さまに説明できるようにしておく必要があります。
また、販売職には体力も重要です。基本的には立ち仕事で、繁忙期には休憩を取りそびれたり、残業したりする可能性もあることは覚えておきましょう。

3.コンサルタント

聞き上手な人にはコンサルタントの仕事も向いています。経営コンサルタントや採用コンサルタント、ITコンサルタントなど種類はさまざまですが、いずれも顧客の悩みや問題を解決に導くのが役目です。聞き上手な人であれば、顧客が抱える問題をヒアリングしやすいでしょう。顧客自身も気付いていなかった問題点を引き出せれば、より質の高い解決策を提案できます。

問題解決には論理的思考力が重要
コンサルタントの仕事には論理的思考力も必要です。単に悩みを聞くだけでは、顧客の問題は解消されません。聞き上手な人のなかでも、複雑な話を整理するのが得意な方や、疑問点を明確にして解決策を講じられる方に向いているでしょう。

4.カスタマーサポート

カスタマーサポートも聞き上手な人に向いている仕事です。カスタマーサポートは、商品・サービスに関する電話やメールでの問い合わせに対応します。コールセンターやヘルプデスクと呼ばれることもある、企業の窓口に立つ役割です。
電話やメールはお客さまの顔が見えず、人によっては伝わりにくい話し方をする場合もあります。しかし、聞き上手な人であれば落ち着いて相手の悩みや相談事を把握し、解決方法を案内できるでしょう。

クレームを受ける可能性もある
カスタマーサポートの仕事では、お客さまからのクレームを受けなければならない場合もあります。時には、感情をむき出しにして不満をぶつけてくる人と向き合う可能性もあるでしょう。そのため、聞き上手な人のなかでも、繊細な人や相手の言葉を真に受けすぎてしまう方は注意が必要です。相手に感情移入しすぎず、気持ちを切り替えながらストレスを溜めないようにしましょう。

5.カウンセラー

聞き上手な人は、カウンセラーとしても活躍できるでしょう。相手の悩みをヒアリングし、気持ちに寄り添いながら心の負担を軽減していくカウンセラーの仕事には、傾聴力が欠かせません。
カウンセラーの職場として医療機関を想像する人も多いようですが、実際は学校や企業、福祉施設と多岐にわたります。また、カウンセリングのニーズもいじめや子育て、ペットロスなど多様化しているため、知識を身に付ければ活躍の場は多い仕事といえるでしょう。

信頼されるには資格の取得が必要
カウンセラーは、無資格でも始められる仕事です。しかし、幅広い相談者の悩みを解消するには、聞き上手であるだけでは不十分といえます。専門知識を身に付け、相談者からの信頼を得るためにも資格は取得しておくべきでしょう。
大学や専門学校に通うのが望ましいですが、通学が難しい方は通信教育を利用するのがおすすめ。自宅にいながらカウンセリングの知識を学ぶことができ、資格取得も目指せます。

適職の見つけ方は「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」で詳しく紹介しています。上記で紹介した仕事のほかにも選択肢を広げたい方は、ぜひご一読ください。

仕事探しの前に聞き上手の特徴を把握しよう

聞き上手を活かせる仕事への就職を目指すのであれば、改めて聞き上手の特徴を理解しておく必要があります。基本的に聞き上手は「強み」ですが、アピールの仕方によっては「弱み」に見えてしまう可能性も。以下で聞き上手のメリット・デメリットを紹介するので、就職前に自分の性格を分析してみましょう。

聞き上手のメリット

聞き上手には、相手のニーズを汲み取りやすい、情報の吸収力や理解力が高いといったメリットがあります。以下で聞き上手のメリットを詳しく紹介するので、自身の強みと照らし合わせてみてください。

相手のニーズを汲み取れる

聞き上手な人は、相手のニーズを汲み取りやすい傾向があります。相手が何を求めているのか把握するヒアリング力は、仕事でも大いに役立つでしょう。キャッチしたニーズを提案や問題解決に的確に活かせば、売り上げや顧客満足度のアップを図れます。

成長に必要な情報を吸収できる

聞き上手な人は、成長に必要な情報の選別・吸収が得意なようです。仕事では、周囲の人の話から有益な知識を得て自身に活かせるため、スキルアップのスピードも速いでしょう。あまり人の話を聞かない人や自分の考えを優先させる人が、取りこぼしてしまう学びの機会を逃さずに成長できるのは、大きなメリットといえます。

理解力が高い

理解力が高いのも、聞き上手のメリットといえるでしょう。自然に相手の話したいことや要件を把握でき、返答にもズレが生じにくいようです。そのため、「会話しやすい人」と評価されることも多く、コミュニケーションが必要な仕事において歓迎される人材といえます。

協調性が高い

協調性の高さも、聞き上手のメリットの一つです。聞き上手な人は、まんべんなく周囲の意見を聞いて、それぞれのニーズを理解できます。そのため、チームワークが必要な仕事では、意見をまとめて調和させられる人材として重宝されるでしょう。

聞き上手のデメリット

聞き上手は強みとしてアピールできる一方、弱みにも転じる可能性があります。自分の性格が以下のデメリットに当てはまると感じる人は改善を図ったり、就職活動での自己PRの仕方に注意したりしましょう。

自分から話を切り出すのが苦手

聞き上手な人は、自分から話を切り出すのは苦手な傾向があります。相手の話を聞いたうえで意見を述べたり、共感したりするのは得意でも、いざ自分から話すとなるとためらってしまうという人も少なくないでしょう。自発的な発言が必要な仕事や職場では、「消極的」「引っ込み思案」と思われてしまう可能性があります。

周囲に同調しすぎてしまう可能性もある

周囲に同調しすぎてしまう可能性があるのも、聞き上手のデメリットの一つです。先述のとおり、聞き上手な人は周囲の意見をしっかり取り入れ、調和させられます。それゆえ、その場の雰囲気に従ってしまったり、自分の意見を飲み込んでしまう場合もあるでしょう。仕事に限らず、周囲に同調しすぎるのはストレスにつながる恐れもあります。自分が辛くならないよう、相手との間に線引きする、言うべきことはきちんと発信するといった工夫を心がけましょう。
より自分の特徴を把握したい方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考にしてください。聞き上手以外にも仕事に活かせる長所が見つかる可能性があります。

仕事の面接で聞き上手をアピールするには

ここでは、仕事の面接で聞き上手をアピールするポイントを解説します。先述のとおり、聞き上手はデメリットに転じる可能性も。せっかくのアピールポイントが採用担当者に「弱み」として捉えられないように工夫しましょう。

気配りやまとめの上手さを組み合わせるとベター

仕事の面接で聞き上手をアピールする際は、気配りやまとめの上手さを組み合わせると、採用担当者により好印象を与えられるでしょう。
聞き上手な人は、相手のニーズを汲み取る力に長けているため、自然に相手を気遣いやすいといえます。また、「聞き上手のメリット」でも解説したとおり、相手の話を的確に理解したり、複数の意見を整理したりするのが得意な傾向にあり、物事のまとめ役にも適任です。これらの特徴は、仕事でも大いに活かせるでしょう。
そのため、気配りの良さを発揮した経験や、チームワークを円滑に進めた経験がある方は、聞き上手とあわせて積極的にアピールするのがおすすめです。

受け身だと思われないようにする

聞き上手な人に対し、「周囲の意見ばかり重視して、自分自身は受け身なのではないか」と感じてしまう採用担当者もいるでしょう。仕事において、受け身の姿勢はあまり歓迎されません。そのため、面接で聞き上手をアピールする場合は、必要に応じて自分の意見を主張できることや自発的に行動できることを補足するのが得策です。
面接における自己PRのコツは「自己PRのポイント!面接官に熱意を伝えるコツ」で詳しく解説しています。聞き上手が活かせる仕事を見つけ、これから面接に臨む方は参考にしてみてください。

聞き上手をより仕事に活かすには

どれほど聞き上手であっても、単に人の話を聞くだけでは仕事に活かせません。聞き上手な人が仕事で活躍するには、自ら知識や情報をアウトプットする必要があります。発信力を高めれば、聞き上手がより武器として活きるでしょう。

商品やサービスの知識を十分身に付ける

聞き上手な人は、仕事で扱う商品やサービスの知識を十分身に付けることで、より活躍できるでしょう。特に、「聞き上手に向いてる仕事5選」で解説した営業職・販売職においては商品知識が重要です。せっかく相手のニーズを的確に把握しても、自身が勧める商品・サービスについての知識が曖昧であれば、良い提案は難しいもの。お客さまに「自信がなさそう」と思われてしまうと、商品・サービスの購入にはつながりません。
商品・サービスの知識は、自分の言葉で自信を持って説明できるようになるまで徹底して身に付けましょう。

発信する力を身に付ける

聞き上手のデメリット」で解説したとおり、聞き上手な人は自ら情報発信するのが苦手な傾向にあります。しかし、ほとんどの仕事において、自身の意見や提案を発信する力は欠かせません。また、「受け身な人」と思われてしまっては評価も下がってしまうでしょう。
自ら発信するのが苦手な方は、まず「上手く話さなければ」「たくさん発言しなければ」といったプレッシャーを捨てることが大切です。必要な場面で、要点を押さえた発言ができれば問題ないととらえ、少しずつ情報発信に慣れましょう。

聞き上手を活かせる仕事探しや自己PRに悩む方は、就職・転職エージェントを活用してみましょう。
ハタラクティブは、若年層を中心に支援する就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、相談者一人ひとりに適した企業や求人をご紹介します。また、応募書類の添削や面接対策など、選考のサポートも実施。自分の強みがうまく伝えられない方にも安心のサービスです。
ご利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

聞き上手な人の仕事探しに関するQ&A

ここでは、聞き上手な人が仕事探しにおいて気になったり悩んだりしがちなポイントをQ&A方式で解説します。就職・転職活動の参考にしてください。

聞き上手を活かせる仕事は何ですか?

聞き上手な人には、相手のニーズヒアリングが重要な営業職や販売職、カスタマーサポートなどが向いています。また、専門知識や資格を得れば、カウンセラーとしても活躍できるでしょう。詳しくは「聞き上手に向いてる仕事5選」をご覧ください。ほかに適した職種があるか知りたい方は「適職診断」を活用するのも手です。
 

聞き上手のメリットは何ですか?

聞き上手な人は、相手のニーズを汲み取るのが得意な傾向にあります。また、理解力が高いため情報の整理が早く、周囲の意見をまとめる力にも長けているでしょう。聞き上手のメリットを就職に活かしたい方は「自己PRと長所をどっちも聞かれるのはなぜ?2つの違いや企業の意図を解説」を参考に、企業にアピールしましょう。
 

聞き上手は短所になりえますか?

聞き上手な人は、自ら情報発信するのが苦手な傾向にあります。そのため「引っ込み思案」「受け身」といった印象を持たれる可能性も否めません。「面接で短所を聞かれたら?回答例を一覧にしてご紹介」を参考に、聞き上手をポジティブにアピールできるよう工夫しましょう。
 

聞き上手な人が仕事で活躍するコツは何ですか?

聞き上手な人が仕事で活躍するには、発信力が大切です。ヒアリングしたことを踏まえて自分の意見や提案を述べられれば、相手に納得感を与えられます。聞き役に徹しすぎて自分の意見が述べられないと、仕事においてはマイナス評価につながる可能性もあるので注意しましょう。
 

聞き上手が活かせる仕事が見つかりません。

聞き上手を活かせる仕事への就職・転職を目指すのであれば、エージェントに頼るのも手です。聞き上手以外の特徴も考慮しながら適職を紹介してもらえたり、選考対策を行ってもらえたりするでしょう。「ハタラクティブ」にお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION