第二新卒で受付の正社員になるには?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒で受付の正社員になるには?

公開日:

最終更新日:

第二新卒で「受付の仕事をしてみたい」という方へ。第二新卒なら、受付業務が未経験でも正社員になるために活かせるスキルを持っているはずですよ。まずは、受付の仕事内容からチェックしていきます。

◆受付の仕事内容

・来客対応

受付の仕事で最も代表的なものは、来客対応です。受付に訪れたお客様の名前や用件を聞き、内線電話で担当者や担当部署に連絡します。その後応接室や会議室までお客様を案内する場合もあるでしょう。案内後にお茶出しすることも少なくありません。

・電話対応

企業の代表電話に対応するのも受付の仕事である場合が多いようです。外部からの電話を受けたら、該当する部署を内線で呼び出してつなぎます。社内の内線番号を頭に入れて、素早く対応する必要があります。

・事務・庶務

職場によっては、受付業務の合間に会議室のスケジュール管理や来客データの整理などの事務作業を任されることもあります。会議室使用後に片付けをしたりといった庶務、雑務のような仕事も。受付業務だけではなく、社内外の人々が気持ちよく過ごせる空間を作るための業務までカバーしていきます。

受付は、業界や職場によっては、フロントやレセプション、コンシェルジュなどの名前で呼ばれることもあります。近年は受付を外部委託するケースも多くなっているため、受付の業務委託を行なっている企業に所属して活躍するという選択肢もあるでしょう。
受付が働く場所は、企業の受付カウンターのほか、複合ビルの総合受付など。デパートやアミューズメント施設のインフォメーション、病院といった一般のお客様への対応がメインの受付もあります。カードカウンターやカーディーラー、ショールームなどでは、受付のほかにサービスそのものの対応も担当する正社員もいるようです。

◆受付に向いている人はどういう人か

受付は、お客様が企業を訪れて初めて接する、企業の顔とも言えるポジション。企業のイメージを保てる、しっかりしたビジネスマナーやホスピタリティを身につけた人に向いています。人とのコミュニケーションが好きなこと、笑顔で対応ができることは大切な条件です。また、社内部署の構成や担当業務、よく訪れるお客様の顔と名前、社名などを記憶できれば、素早く配慮が行き届いた対応ができるでしょう。
また受付では、困っている様子のお客様にこちらから声をかけたり、アポイントのない営業への対応やクレームの初期対応など臨機応変な判断が必要な場面も発生します。正社員として責任ある対応をするために、冷静な判断力が求められます。

・役立つ資格や経験

受付になるために必要な資格は特にないので、第二新卒で未経験から受付を目指せる可能性があります。カフェ、アパレルやホテルなどの接客業、サービス業からの転職は歓迎されるようです。秘書検定などおもてなしに関連する資格、TOEICなどの語学系の資格、PCスキルに関する資格などがあれば有利になることもあるでしょう。

◆第二新卒でどうやったら受付になれるか

第二新卒は正社員としての就職経験があるので、ビジネスマナーはひと通り習得しているのではないでしょうか。さらに、受付の仕事が未経験であっても、接客やサービスの正社員経験があるなら転職の際に活かすことができます。営業などの経験があって人と話すことが好きだという場合も、面接でアピールできる材料になるはずです。
秘書検定などの資格を優遇する企業もありますが、資格取得のために空白期間が長くなってしまうのは好ましくありません。ビジネスマナーをおさらいしながら平行して転職活動を進めるのがいいでしょう。


受付は、第二新卒にもおすすめの職種です。ハタラクティブは、高卒や既卒の正社員就職、そして第二新卒の転職を応援するサイト。第二新卒にピッタリの求人募集情報も多数ご用意しています。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ