第二新卒とフリーターの違い!正社員就職のチャンスは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の就活
  6. >
  7. 第二新卒とフリーターの違い!正社員就職のチャンスは?

正社員は給与や保証がしっかりしているため、安定した生活には欠かせない要素と言っても過言ではありません。
しかしながら、正社員を募集する企業では新卒が歓迎される傾向があり、第二新卒は遅れをとっているのが現状です。
コラムでは、第二新卒の特色や就職のコツをご紹介。特に、退職後にフリーターをしながら正社員就職を目指そうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【このページのまとめ】

・第二新卒は、学校卒業後に一度就職し3年以内に離職した人のことで、フリーターは、アルバイトで生計を立てる人のことを指す
・第二新卒は、年齢が若く、ビジネスマナーの基本が身についていることから採用の場で一定のニーズがある
・第二新卒の魅力を活かして求職活動したいなら、できるだけ離職期間やフリーター期間は作らないようにする
・簿記や宅建、ファイナンシャルプランナーなど就職に役立つ資格もあるが、取得するために仕事を辞めるのは避ける
・転職を考えるなら退職のタイミングに注意し、待遇面だけで応募先を決めない

第二新卒、フリーターの定義

「第二新卒」とは、学校を卒業後に一度就職した後、3年以内に離職した人のこと。
主に正社員として就職し、社会人経験を積んだ人のことを言い、アルバイトやパートといった非正規雇用者は第二新卒の範囲外とする考えが一般的です。
大学卒業後に就職し、3年程度で離職すると25歳前後になることから、新卒に近い若年層の人材として企業から一定のニーズがあります。
また、学校卒業後に就職せず、社会人経験のない人のことを、第二新卒と区別して「既卒」と呼びます。

一方フリーターとは、和製造語である「フリー(ランス)アルバイター」の略で、アルバイトやパートで生計を立てる人のことです。
明確な定義はありませんが、15~34歳までの若年者で、在学していない非正規雇用者を指してフリーターと呼びます。

第二新卒の採用ニーズは?

第二新卒の中には、すぐに転職をせず、フリーターをしながら再就職を目指す人もいるでしょう。
就職率や景気が上向きになっている現在、第二新卒は、採用の場で一定のニーズがあります。

【第二新卒を歓迎する理由】

・年齢が若い
年齢が若く勤務経験が浅い人が多いので、環境への順応性や吸収力が高いと認識されています。
また第二新卒は若年層なので、正社員で採用しても給与を低めに抑えることができ、企業にとってはメリットになるようです。

・ビジネスマナーの基本が身についている
第二新卒は短期間でも社会経験があるため、ある程度のビジネスマナーが備わっていると考えられています。
そのため正社員になった後は研修の時間を短縮し、すぐに仕事を任せられると期待している企業が多いようです。

第二新卒は、企業にとってニーズが高く、歓迎されるポジションにあると言えます。
転職して新しい環境で働きたいと考えている第二新卒の方は、若い内に行動するのがおすすめ。第二新卒の利点を活かして、本気の就活を始めてみませんか?

正社員を目指すべき理由

第二新卒の中には、再就職せずにフリーターを続けるのも良いと考える方もいるでしょう。
しかしながら、正社員とフリーターでは待遇が大きく変わります。
正社員とフリーター、明らかに違うのは給与です。

新卒の正社員の年収は平均で300万円程度、それに対してフリーターは200万円ほどと言われています。
さらに正社員には、勤務内容や経験に関係なくボーナスや厚生年金などもあるため、正社員とフリーターの生涯年収には大きな差が生じるでしょう。

また、企業がアルバイトを募集する際、フリーターが歓迎される理由は、仕事内容が同じなら、正社員に任せるより給与を安く抑えられるためです。
フリーターは簡単な仕事や比較的責任の軽い仕事を任せられるほか、ある程度時間の融通が利く働き方ができる半面、経済面では不利な立場となりやすいのが現状。
若くて体力があるうちは求人募集も多いですが、年齢を重ねると就職率は下がり求人数は減ってきます。

将来、年を取ってから問題に直面しないためにも、フリーター期間はできるだけ作らず、正社員としての再就職を目指しましょう。

取得しておくと役立つ資格

新卒に比べて、第二新卒は採用ハードルが上がります。
企業から歓迎されるには、企業の目を引くような資格を持っておくと、就職に有利に働くこともあるでしょう。

例えば事務系では、今も昔も強みになるのは簿記の資格。
不動産系や金融系といった専門的な職種なら、宅建、ファイナンシャルプランナーなどが人気です。

第二新卒の場合、社会経験や業務経験があるのが評価ポイントとなりますが、まだまだ不十分と判断されるケースも。スキルや業務経験を補うため、専門的な資格を持っておくと好印象を与えることもあるでしょう。

一方、転職は実務経験が物を言う世界でもあります。
資格が有利に働くからといって、職歴に空白期間を作ってしまうのは得策ではありません。
第二新卒の就職率は、ブランク期間が長い人の方が低くなる傾向があります。
同じ資格保持者の第二新卒が正社員の求人に応募した場合、「仕事を辞めて取得した人」と「実務経験を積みながら取得した人」では後者の方が歓迎されることが考えられるため、資格取得を目指すのなら、在職期間中がおすすめです。

第二新卒が気をつけること

第二新卒は社会経験がある人材として歓迎され、就職率も上昇傾向にあるため、一見すると採用ハードルが低いようにも見えるでしょう。

ただし、退職するタイミングには注意が必要。
「ビジネスマナー」がきちんと身についていないうちに退職してしまうと、社会人未経験者と能力がほとんど変わらないため、評価に繋がらない恐れも。
そのため、入社後短期間で退職するのは避けた方が無難です。

また、待遇面だけで応募先を決めないようにするのもポイント。
第二新卒が転職を考える理由として、「残業が多い」「給与が低い」といった待遇面の不安から転職を希望する人もいます。
しかし、勤務時間や給料だけで安易に転職先を選ぶのは考えものです。
第二新卒から正社員に就職して給与アップに成功しても、勤務時間や仕事内容が合わないと、企業には歓迎されても就活としては失敗と言えるので、気をつけるようにしましょう。

まだまだ新卒が就職に有利な社会ですが、第二新卒の求職活動に焦りは禁物。
正社員を目指す方は、給料面以外の部分も十分に考慮した上で、慎重に求人を選ぶことが大切です。

社会人デビューしたはいいものの、勤め先がイメージと合わずに、転職を考えてしまう人は多いようです。
「新卒とは状況が違う中で、どうしたら理想の仕事に巡り合えるの?」
そんな不安をかかえる第二新卒の方は、転職エージェントのハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは20代を中心とした若年者向けのエージェント。
丁寧なカウンセリングとアドバイスで求職者をフルサポートしています。
サービスは求人紹介に留まらず、応募書類の添削や面接対策、選考のスケジュール調整、企業とのやり取り代行など、さまざま。
ご利用は全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

社会人デビューしたはいいものの、勤め先がイメージと合わずに、転職を考えてしまう人は多いようです。
ですが、社会はまだまだ新卒有利。「新卒時代とは状況が違う中で、理想の仕事に巡り合えるの?」

そんな不安をかかえる第二新卒の方に向けて、ハタラクティブでは丁寧なカウンセリングとアドバイスでサポートします。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ