大学院卒は第二新卒として転職できる?就活のタイミングや成功のコツを解説

大学院卒は第二新卒として転職できる?就活のタイミングや成功のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 大学院卒でも、卒業から3年以内なら第二新卒として扱ってもらえる
  • 大学院卒が第二新卒として転職する魅力は、柔軟性や将来性を評価してもらえる
  • 大学院卒の第二新卒は、年齢やイメージなどから転職が不利になる可能性もある
  • 転職を成功させるポイントは、大学院卒ならではの知識や経験をアピールすること
  • 第二新卒向けの転職エージェントを利用して、スムーズな転職活動を叶えよう

大学院卒は「第二新卒」として転職できるのでしょうか?新卒で憧れの企業に入社したものの、「理想と違った」と転職を考えている方もいるでしょう。結論からいうと、大学院を卒業して3年以内であれば第二新卒扱いとなります。しかし、年齢や知識などの理由から不利だと感じることもあるようです。このコラムでは、大学院卒が第二新卒として転職する際のタイミングや経歴を活かせるアピール方法などを解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院卒は「第二新卒」として扱ってもらえる?

結論から言うと、大学院卒でも卒業してから3年以内なら第二新卒として扱われます。
新卒後に入社した企業での在籍期間が短く、社会人としての経験やスキル面で自信がない場合は、若さやポテンシャルが評価される「第二新卒」枠での転職がおすすめです。また、希望する企業が提示する条件を満たしているなら、第二新卒にこだわらず、即戦力を重視した「中途採用」枠として転職するほうが良いことも。
大学院卒が第二新卒枠で転職を成功させるためには、自分の市場価値をしっかり理解したうえで転職活動を進めましょう。
第二新卒については、「第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!」でも詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

第二新卒の定義

第二新卒とは、「学校を卒業後、正社員として就職してから数年以内に退職した者」を指します。
厚生労働省が発表した「若年者雇用を取り巻く現状」では、「それぞれの企業の中で第二新卒の定義がある場合にはその定義によるものとし、特に定義がない場合は、学校(高校、専門学校、短大、高専、大学、大学院)卒業後、おおむね3年以内の者とした(学校卒業後すぐに就職する新卒者は除く。また、職務経験の有無は問わない)。」と定義づけているようです。
先述したように、「大学院卒から3年以内の求職者」も第二新卒となる認識はおおむね一致しているものの、企業によっては第二新卒の定義が大きく異なる可能性があるといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
若年者雇用を取り巻く現状

大学院卒が「第二新卒」として転職する魅力

大学院卒は「第二新卒」として扱ってもらえる?」でも触れたように、企業側は若くて社会人経験が少ない第二新卒に、「正社員経験によって一定の基盤がある」「柔軟性がある」「将来性がある」といった魅力を感じていることも多いようです。また、働く熱意や伸びしろを評価してもらえる「ポテンシャル採用」も大いに期待できます。特に人材不足といわれているIT・エンジニア業界では、入社後の育成にも注力しているため、未経験の業界や職種に応募しても採用される可能性が高いでしょう。
注意点としては、ポテンシャル採用は基本的に20代の求職者が対象であること。ポテンシャル採用に明確な決まりはないものの、30代になるとスキルや経験を重視し、即戦力が採用のポイントになります。大学院卒から第二新卒として転職を考えているなら、年齢で損をしないよう早めに行動することが重要です。
企業側における第二新卒のメリットについて詳しく知りたい方は、「第二新卒のための転職成功の秘訣とは?大手に就職できる?」のコラムもぜひご覧ください。

大学院卒から就職した場合の年齢は?

現役で大学に進学し、留年や休学することなく大学を卒業・就職をする場合の年齢は22歳。修士課程を修了すると24歳。博士課程だと27歳です。休学期間がある場合や博士課程を継続した場合は、同じ年数分、入社時の年齢に追加されます。
先述した「大学院卒から3年以内の求職者」を第二新卒とする場合、一般的に大学院卒で第二新卒が適応される年齢は、およそ24~27歳と認識しておくと良いでしょう。

大学院卒の第二新卒が転職で不利だと感じる3つの理由

大学院卒の第二新卒は、その経験や知識によって「扱いづらい」と判断されてしまい、転職が不利になることもあるようです。ここでは、主な理由について3つ解説します。

1.年齢を重ねると扱いづらいと思われてしまう

年齢を重ねると、これまでの経験から偏った見方をしたり、やり慣れた方法を使ったりしてしまうことがあります。また、年齢の割に社会経験が乏しく、「扱いづらい」と判断される可能性もあるでしょう。本来、企業側からみると第二新卒は人材育成がしやすいといった魅力がありますが、通常の大卒より年齢を重ねている分、やや厳しい見方をされることもあるようです。

2.専門性のある知識がマイナスに捉えられることがある

大学院卒は、専門性の高い知識がある分、「柔軟性がない」「自尊心が強い」「協調性がない」といったマイナスの印象をもたれていることがあるようです。
この場合、大学院卒という学歴は関係なく、個々の性格が影響している可能性が高いといえます。しかし、企業側や採用担当者によっては、このように誤解される可能性があることも理解しておく必要があるでしょう。

3.大学院卒に対する企業側の期待値が高い

前項では、「大学院卒がマイナスに捉えられる」と解説しましたが、一方で大学院卒だからこそ「的確に仕事がこなせる」「何事も完璧に対応できる」といった期待を抱く企業も存在します。
大学院卒の第二新卒として期待値を高くもたれてしまったことで、実際に面接をすると「想像していた人と違った」と思われる恐れも。印象だけで判断されないよう、面接で伝えるべきことは具体的に話すようにしましょう。

博士課程修了者の就活については、「博士課程に進むと就職は難しい?メリット・デメリットや仕事の例を解説」「博士号を持っていると採用されない?就職するためには」のコラムもおすすめです。ぜひあわせてご覧ください。

大学院卒が第二新卒として転職するタイミング

大学院卒が第二新卒として転職する際は、しっかりと将来を見据えて行動することが重要です。ここでは、転職活動を始めるタイミングについて解説します。

ほかで活かせない仕事は続けないほうが無難

大学院卒は、同年代の大卒と比較すると卒業年数が異なる分、実務経験やスキルが足りていないといえます。知識を身につけるために現職を続けることも良いですが、その仕事がほかの会社で活かせないのであれば、時間が無駄になってしまう可能性もあるでしょう。
また、現職を続けていくうちに年齢を重ねてしまうと、第二新卒としての転職も難しくなります。自分の将来のためにも、早めに見切りをつけて転職活動を始めるのが無難です。

大卒者と実務経験の差がつく前に行動を始める

転職活動中は、大学院卒や第二新卒などは問わず、応募者全員が同じ選考を受けることになります。企業側の判断基準や求める人材にもよりますが、基本的には経験値やスキルのある人材を選ぶことがほとんどです。
前項でも解説したように、大卒は大学院卒よりも長い社会人経験があります。そのため、同年代の大卒者が実務経験を積む前に行動を始めましょう。経験値に大きな差が生じなければ、転職活動も有利に進められるはずです。

大学院卒が第二新卒で転職を成功させる6つのポイント

大学院卒が第二新卒で転職をする場合、3年未満で現職を退職することになるため、すでに企業へマイナスの印象を与えてしまうことも少なくありません。第一印象のみで失敗しないためにも、転職活動を成功させるためのポイントを6つまとめました。

1.大学院卒という実績をアピールする

大学院を修了したということは、ほかの人よりも高い目標があり、それに向かっていける「勤勉さ」や目標を達成できる「実現能力」があるということ。今後も学び続けていく意欲があることをアピールできれば、「成長する見込みがある人物」と評価される可能性が高いでしょう。

2.大学院卒をプラスに捉える

「第二新卒であるかどうか」や、正社員経験を気にするより、自身のやってきたことに誇りをもちましょう。大学院卒は年齢による差が生まれてしまうもの。しかし、多角的な視点からのアプローチができたり、1つのことに対してひたむきに取り組めたりなど、年齢を補うほどの力があるはずです。
年齢に対してあまり負い目を感じすぎないこともポイントの一つといえます。

3.第二新卒として転職する理由を明確にする

面接時には、明確な転職理由を伝えましょう。第二新卒が転職する人の多くは、採用担当者から「なぜ退職したのか」と質問されます。退職理由は、企業側にとっても自社とのミスマッチを防ぐポイントになるため、慎重な回答が必要です。
また、ネガティブな退職理由がある場合は、そのまま伝えるのではなく、ポジティブな表現に変換して伝えましょう。

4.大学院卒で得た専門性のあるスキルをアピールする

大学院卒として、研究時に用いたやり方や考え方などをスキルとしてアピールしましょう。
大学院での研究は、「さまざまな意見を取り入れ、新たな可能性にチャレンジしてきた」「1つの事象について理解を深めてきた」という、 仕事に充分活かせる能力を培ってきたといえます。仕事にひたむきに向き合い、効率や生産性を意識しながら取り組める能力があることを、自信をもってアピールしていきましょう。
下記では、それぞれの出身大学院に合ったアピール方法を紹介します。

文系院卒の場合

文系大学院卒は、語学力のアピールがおすすめです。特に学会で英語による研究発表を行った経験がある場合は、大きな経験値となります。また、応募先企業が外資系なら、十分なアピール要素として活かせるでしょう。

理系院卒の場合

理系大学院卒は、あらゆる実験やデータ解析などの経験から、論理的な考え方や分析するスキルなどをアピールできるでしょう。もし応募先企業が研究職なら、大学院時代の研究結果や論文なども提示すると、より高評価を得られるでしょう。

5.社会人経験があることをアピールする

前職での社会人経験をアピールしましょう。第二新卒の強みは、社会人として働いた経験があることです。そのため、企業側からも「基本的なビジネスマナーが備わっている人」と認識されています。これまでの経験を伝えるためにも、丁寧な自己分析を行っておくのがおすすめです。具体的にどんなことを経験してきたのか、何を仕事に活かせるのかが伝われば、採用担当者への好印象にもつながります。

6.転職エージェントを利用する

大学院卒から第二新卒として転職を考えているなら、転職エージェントを利用するのもおすすめです。就活市場を把握しているプロのアドバイザーが、利用者とのカウンセリングを通じて一人ひとりに合った求人を紹介します。数ある転職エージェントのなかでも、第二新卒向けのサービスを利用することで、転職活動がスムーズに進められるでしょう。

「大学院卒から転職したい」「第二新卒からの就活方法が分からない…」とお悩みの方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、高卒や既卒の方だけでなく、大学院卒で第二新卒の方へのアドバイスも行っています。専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングによって、希望に合った募集求人をご紹介!書類添削や面接対策も行っていますので、安心して転職活動ができます。サービスの登録・利用料はすべて無料です。ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?大学院卒業後の転職に関するお悩みQ&A

大学院卒業後すぐに退職した人は、第二新卒としての転職に悩むこともあるでしょう。ここでは、想定される大学院卒業後の転職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

大学院卒の転職は不利ですか?

大学院卒だからといって転職が不利になるということはありません。ただし、早期離職を繰り返している場合や30代を過ぎて未経験業界へチャレンジする場合などは、転職活動に一定の難しさを感じるでしょう。また、入社してすぐの転職は、新卒時の就職活動を振り返っておくのがおすすめです。大学院卒の就活の特徴については、「院卒は就職で不利になる?進学するかどうかの基準や就活のポイントを解説」をご覧ください。

大学院卒業後すぐに仕事を辞めたらどうなりますか?

大学院卒業後数ヶ月程度で仕事を辞めた場合は、「第二新卒」として転職活動をする可能性が高いでしょう。ただし、志望企業が提示する条件を満たしているのなら、「中途採用」枠で転職活動をしたほうが成功しやすいこともあります。大学院卒が第二新卒として適用されるかどうかについては、「大学院卒は「第二新卒」として扱ってもらえる?」を参考にしてみてください。

何歳まで第二新卒扱いになりますか?

第二新卒に明確な基準はありませんが、一般的には「入社後3年以内」でおよそ25歳前後の人を指します。企業によっては、29歳を上限にするところもあるようです。また、第二新卒である条件に当てはまっていたとしても、1度でも転職経験がある方は第二新卒に該当しません。第二新卒についての詳しい解説は、「第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?」でもご覧いただけます。

大学院卒が転職を成功させる方法は?

大学院卒の方が転職を成功させるには、できるだけ年齢の若いうちに行動することが大切です。企業によって異なりますが、20代のうちは若さやポテンシャルを重視する「第二新卒」として転職活動を行えます。年齢が上がるにつれ、経験やスキルを重視されるようになるので、採用ハードルも上がってくるでしょう。転職活動がうまくいかないときは、「第二新卒が書類選考に通らない理由とは?アピールすべきポイントも解説」をチェック。1人での転職が不安な方は、ハタラクティブがお手伝いいたします。

関連タグ