第二新卒と新卒の違いってなに?

第二新卒と新卒の違いってなに?の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒は、新卒入社から短い勤務期間で転職活動をしている人のこと
  • 第二新卒を採用することによって、企業は研修や教育にかかるコストを削減できる
  • 企業は第二新卒者に対して、主体的に仕事に取り組める人材であることを期待している

新卒と第二新卒の違いがわからないと疑問を感じている方は多いのではないでしょうか。就活や転職活動を効率よく行うには、それぞれの置かれている立場に関して理解する必要があります。このコラムでは、新卒と第二新卒の違いに加えて、第二新卒が転職活動を行うメリットとデメリットなどを紹介しています。転職・就職活動中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

新卒と第二新卒の違いは?「第二」が付くと何が変わる?

新卒は「新規卒業者」の略で、来年度までに大学や専門学校などを卒業して就職する学生を意味します。
第二新卒は、大学や専門学校などを卒業して新卒として就職したものの、短期間で転職活動をしている人のこと。第二新卒と見なされる勤務期間は明確には決まっていませんが、一般的には3年以下といわれています。「第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?」のコラムも合わせてご覧ください。

新卒と第二新卒の年齢

新卒は、学校を卒業したあとすぐに新入社員として働く人が該当します。卒業時の年齢にもよりますが、一般的には大学新卒なら22歳でしょう。高校新卒だと18歳が多いようです。
第二新卒には明確な定義はありませんが、前述したように新卒入社した会社で1~3年働いている転職希望者のこと。22歳で新入社員として入社していれば、おおむね25歳くらいまでが該当します。

第二新卒になる理由はさまざまです。例えば、就職先が倒産してしまうなどの事情で新しい就職先を探さなければならない場合があります。また、就職先での仕事内容が想像と違っていたので転職するケースも少なくありません。
第二新卒は社会人の基礎を身に着けているため教育コストが掛からず、年齢が若いことから将来性も見込まれるため積極的に採用を行っている企業は多いです。
ただし、企業が第二新卒に求めるものは、新卒に求めるものとは異なります。また、面接で質問される内容も新卒とは違うため、注意が必要です。

期待される内容の違い

第二新卒は短いながらも社会人経験があります。そのため、企業は、第二新卒には基本的なビジネスマナーを身に付けていることを期待しています
新卒を雇った場合、ビジネスマナーを習得するまでは仕事を任せられないことも多いため、企業は第二新卒が即戦力になることにメリットを感じています。
また、多くの第二新卒者は前職で、新人研修や新人教育を受けているでしょう。
研修を受けていれば、社会人としての基本的な知識やスキルは習得しています。特に第二新卒を採用する企業が前職と同じ業界である場合は、その知識やスキルをそのまま活かせるでしょう。

このことから、企業は第二新卒の採用によって、新卒を雇った場合に必要な研修や教育を省略し、時間やコストを削減できることを期待しているのです。

第二新卒に対して、仕事への主体性を求めている企業も多いです。新卒の場合は、周囲が一斉に就職活動を始めるため、流される形で就職する人も少なくありません。
周囲に流されて就職した人は、就職後も上司の指示を受けてから動くような、受け身的なスタンスであることが多いのです。
一方で、第二新卒の場合は、周囲とは関係なく、自分の考えに基づいて転職する人が多いです。やりたい仕事に就くために転職するなど、強い熱意を持っている人も少なくありません。
そのため、企業は第二新卒者には受け身ではなく、主体的に仕事に取り組める人材であることを期待しています。

第二新卒で転職活動をするメリットとデメリット

第二新卒は基本的なビジネスマナーや社会人の基礎が身についており、かつ年齢が若く柔軟性に富んでいることから、新しい環境に馴染みやすいのがメリット。未経験の業務に慣れるスピードも早く、対応力が高い点も特徴でしょう。
その一方で、早期離職の経歴からネガティブな印象を抱かれたり、転職理由を深掘りされたりするのでしっかり対策する必要があります。

メリット

第二新卒は新卒とは異なり就業経験があります。社会人として数年間は働いていたことから、基本的なビジネスマナーや社会人の基礎が身についているのが特徴。教育コストがかからないことから、若い人材を確保したい企業からは評価を受けやすいのがメリットです。
また、年齢の若さから物事に柔軟に対応できる点も、第二新卒として転職活動を行うメリット。業務経験は少ないものの、それが「凝り固まった考えを持っていない」「新しいことを積極的に取り入れられる」と評価されたり、新しい環境や業務に慣れるスピードが早かったりするのは強みといえます。

デメリット

新卒入社した会社を短期間で離職していることから、忍耐力のない人材と評価されることもある第二新卒。特に離職理由が曖昧だと、面接で深掘りされたときに回答に詰まってしまい、マイナス評価を受けることもあるようです。

面接での違い

第二新卒と新卒は面接で質問される内容が異なります。
新卒でも第二新卒でも、志望理由を面接の最初に聞かれるでしょう。しかし、第二新卒の場合は志望理由だけでなく、前職の退職理由も質問されます。

また、新卒の場合は採用前に具体的な配属先が決まっていないケースがあります。
新人研修が終わる頃に、適性や各部署の状況などを考慮して、配属先を決めることが少なくないのです。
一方で、第二新卒の場合は、面接の段階から配属先の候補が決まっているケースが多いです。新卒と違い、すぐに仕事を任せることを想定しているので当然であるといえるでしょう。そのため、前職での業務経験について詳しく質問されることも多いです。

新卒の場合は学生時代に関する質問が多いですが、第二新卒の場合は学生時代のことはあまり聞かれず、前職に対する質問が中心になります。
第二新卒の面接については、「第二新卒の面接チェックポイントとは?」のコラムも参考になるでしょう。

第二新卒で転職を成功させる方法

第二新卒で転職を成功させる方法を2つ紹介します。これはあくまでも代表的な方法2つですので、それぞれが自分に合う方法を見つけて、工夫をしながら転職活動を進めていきましょう。

転職理由を明確にしておく

転職活動を行う理由は明確にしておきましょう。転職をするということは、前職に対して何かしらの不満や課題を抱えているはず。それを具体的に考え、なぜ転職する必要があるのか説明できるようにしておくと、面接での質問にもしっかり回答できます。「なんとなく仕事に飽きたから」「周りで転職した人がいたから」といった理由ではなく、「前職では希望が叶わないため」「よりスキルを向上させたいから」など前向きな理由を考えましょう。

主体的に行動する

第二新卒としての転職は、新卒のように「情報が一斉に公開される」「◯月に面接が解禁される」など画一的ではありません。転職は基本的に通年採用。新卒のように「◯月に企業情報が解禁」「◯月に面接スタート」と決まっておらず、自分から求人情報を探す必要があります。
第二新卒として転職したいなら、新卒以上に主体的に情報を取りに行く必要があるでしょう。
以上のように、第二新卒の転職活動は新卒の就職活動と異なる点が非常に多いです。第二新卒に不安がある場合は、エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブの転職アドバイザーは、企業が第二新卒に求めている能力や、面接を受ける際に注意するポイントについて、丁寧にアドバイスをしています。
サービスはすべて無料のため、ぜひご利用下さい。

関連タグ