1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 再就職できる?できない?第二新卒の転職活動とは

再就職できる?できない?第二新卒の転職活動とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・短期間でも社会人の経験がある第二新卒は、採用する企業側のメリットも多い 
    ・他責的な理由での退職や安易な転職は、再就職失敗に繋がる 
    ・転職活動を成功させるためには、キャリアプランをしっかりと描き、計画的に進めよう

再就職できる?できない?第二新卒の転職活動とはの画像

同じ第二新卒でも、転職に成功する人と失敗してしまう人がいます。転職市場で需要が高まっている第二新卒ですが、就職活動に苦戦している人が多いのも現状。前職を短期間で辞めてしまったからこそ、再就職は成功させたいと考えている人も少なくありません。 
第二新卒の転職を成功させるためには、一体どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。 
このコラムでは、第二新卒の再就職に関する情報を解説しています。

◆再就職に有利?第二新卒とはどんな人を指すのか

第二新卒とは、新卒で入社後約3年未満で退職し、転職活動をしている若手求職者のこと。第二新卒という言葉は法的に定められていないため、企業によって定義が異なる場合もありますが、「短期間でも社会に出た期間がある」という部分は共通していることが多いようです。
企業側は、第二新卒に下記のようなメリットがあると考えています。

・ビジネスマナーが身についている(教育にかかるコストが削減できる)
・社会経験が少ないため、柔軟性が高い
・社風になじみやすい
・就活の反省を活かして仕事探しをするので、入社後のミスマッチが少ない

第二新卒は、スキルアップの余地が大きいことから、業種未経験での転職を受け入れている企業も多いのが特徴。業種や職種を問わず、第二新卒を積極的に採用している企業が増えてきています。


◆再就職できない?就活がうまく行かない第二新卒の特徴

第二新卒の需要が高まっているからといって安易に転職してしまうと、入社後にミスマッチを感じてしまう可能性があります。
転職回数が多いと採用で不利になりがち。最初に就いた会社を短期間で辞めてしまったからこそ、次は自分が納得できる転職をして、早期退職や更なる転職を防ぎたいところです。
再就職で失敗する人には、以下のようなパターンが考えられます。

【会社が嫌だから転職したい】

会社に対する不満から転職を考えている場合、転職活動をスムーズに進めることが難しいでしょう。
希望する仕事のビジョンがないと、転職する際に仕事を決められないだけではなく、志望動機が明確にならずに意欲が伝わりにくいというデメリットがあります。

【仕事を辞める理由が他責的】

退職理由を会社や周囲の人のせいにしている人は、転職をしても同じことを繰り返す可能性があります。
また、責任転嫁するクセがついてしまうと、転職活動の面接でも無意識に周りに責任を押し付ける言葉が出てしまい、面接官にマイナスの印象を与えてしまう恐れが。他責的な発言は責任感や主体性の無さと捉えられ、選考に影響する場合もあります。

【自分の能力に合わない企業にこだわっている】

大手企業や有名な企業にこだわりすぎて、自分に合った会社を見落としていると、転職に失敗してしまう場合があります。
そもそも大手企業は競争が激しく、内定を獲得しにくいもの。さらに、自分の能力や強みに合っていない企業に採用される可能性は、あまり高くないのが現状です。
もし大手企業へ就職できたとしても、レベルについていけずに苦労したり、また転職を考えたりする場面が発生してしまう可能性があります。

【退職後、焦って再就職してしまう】

とにかくすぐに辞めたいと思い、転職活動をしないまま退職してしまう人も少なくありません。
しかし、退職後なかなか転職先が決まらないと、焦りから「転職すること」が目的になってしまいがちです。キャリアプランや将来のビジョンを考えずに転職してしまうと、転職後にミスマッチを起こしかねません。


◆第二新卒として再就職を成功させるポイント

第二新卒から再就職を成功させるにはの画像

前項のように、第二新卒での再就職を失敗してしまう人がいる反面、転職を成功させて新しい会社で活躍している人もいます。
下記の3つのポイントを参考に、再就職成功を目指しましょう。

【明確なキャリアビジョンを描く】

転職する前に自己分析を念入りに行い、自分のキャリアビジョンを明確にすることが重要です。
5年後や10年後はどのような仕事をしていたいか、どのような自分になっていたいかなど、将来について考えてみましょう。キャリアビジョンが定まると、自分が今やるべきことが見えてきます。

【業界研究、企業研究を綿密に行う】

事前に業界研究や企業研究をしっかり行い、キャリアビジョンに合った企業を探しましょう。あらかじめ企業について深く調べておくことで、入社後のミスマッチを防ぎ転職成功に繋がります。
また、多くの企業にエントリーする新卒時の就活とは違い、時間が限られている在職中の転職活動では、小数の企業に絞ってアプローチすることが大切。業界研究や企業研究に、より時間をかけられるでしょう。

【スケジュールを立てる】

転職活動を始める前に、全体のスケジュールを立てましょう。転職先の入社日を大まかに設定し、そこから退職日や面接日、応募期間、企業選びの日程などを逆算します。
現職を退職するために行う業務引き継ぎや有給消化の期間も含めて、転職活動は3ヶ月程度かかるのが平均的です。事前にスケジュールを組んでおくことで、転職活動をスムーズに進められるでしょう。


転職を成功させるためには、今の会社を辞めることを目的に転職するのではなく、キャリアアップやスキルアップに繋がるかどうかを考えることが大切です。
転職や退職は感情に流されず計画的に進めることで、希望するキャリアビジョンを実現できるでしょう。

働きながら転職活動をしたいという方は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが面接日や入社日の日程調整を代行。さらに、面接対策や応募先企業に合わせた説明会を実施しているため、効率的に面接準備に取り組めます。
転職や退職について考えている人は、まずハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる