高卒の第二新卒とは?就活のコツは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 高卒の第二新卒とは?就活のコツは?

2016/01/04

高卒の第二新卒者とは、どのような状態の人をいうのでしょう? 高卒の第二新卒者が、転職を成功させるポイントを検討。自分に合った企業へ入社する就活の秘訣を見てみましょう。

【関連記事】
高卒に人気の就職先と仕事内容
第二新卒のための転職成功の秘訣

♦高卒の第二新卒とは

第二新卒とは、一般的に学校を卒業した後、就職をしたもののおよそ3年以内に離職をし、転職活動を行っている人を指します。
よって、高卒の第二新卒とは、高校を卒業してから、新卒で就職をした仕事先をおよそ3年以内に離職し、転職活動をしている人ということになります。
よく比べられる既卒者とは、就職経験の有無の差が大きなポイント。既卒は内定がないまま卒業し、フリーターなど正社員以外の雇用形態で働いている人を指します。
しかし、第二新卒には卒業後何年以内という厳密な基準はないため、採用条件は企業によって異なります。

♦高卒新卒者の離職率と主な離職理由

高卒新卒者の離職率

厚生労働省が公表している若者雇用関連データの「新規学卒者の離職状況」によると、高卒の3年後の離職率は40.0%(平成24年3月卒業者)になっています。

高卒新卒者の主な離職理由

・卒業時の就職難による不本意な就職先への入社
・職場の人間関係
・キャリアアップのため
・想像していた仕事ではなかった

高卒で就職をし、学生時代のギャップと悩む人も少なくありません。企業の情報収集の甘さや仕事に対しての理想と現実の違いも原因の一つと言えるでしょう。
ただ、第二新卒は実務経験こそ浅いですが、ポテンシャルの高さや基本的なビジネスマナーが身に付いていることから、積極的に採用を検討している企業も少なくありません。
ここで、高卒の第二新卒者が転職を成功させるポイントを見ていきましょう。

♦就職活動のポイント

・企業研究

イメージや周りの評判だけではなく、どのような企業なのかをしっかり研究しましょう。長く働くには、仕事内容だけではなく福利厚生や就業環境も大切です。

・面接対策

前職を辞めた理由や、今後のキャリアプランを聞かれた場合にしっかりとした対応ができるようにしておきましょう。
特に、離職理由はマイナスの印象を与えがちなので、そこから何を学んだかを自己分析しておくことが大切です。

上記のように、第二新卒とは、転職市場においてデメリットばかりではありません。転職のコツをしっかりと身につけ、自分に合った職場を見つけましょう。
ハタラクティブでは、第二新卒者向けの正社員募集求人を多数取り扱っています。
専任のコンサルタントが面接対策や求人選びのサポートをマンツーマン体制で対応。
転職活動は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ