第二新卒は中小企業が狙い目!大手企業との違いや就職するメリットをご紹介

第二新卒は中小企業が狙い目!大手企業との違いや就職するメリットをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 「中小企業」や「大企業」などの企業規模は、従業員数や資本金によって定義されている
  • 大手企業に勤めるメリットは、「安定している」「福利厚生が充実している」など
  • 第二新卒で中小企業に就職するメリットは、「裁量が大きい」「将来性がある」など
  • 第二新卒を歓迎している中小企業は多く、就職・転職のチャンスは大きいといえる
  • 第二新卒で中小企業に応募するなら、自己PRで熱意をしっかりアピールしよう

第二新卒の場合、中小企業と大手企業のどちらを選ぶべきなのでしょうか。企業選びの際は、「入社後どのように働きたいか」を意識することが大切です。このコラムでは、「大企業」や「中小企業」などの企業規模の定義や、就職するメリットの違いについて解説しています。「なんとなく大手企業を希望している」という人は、ぜひ企業選びの参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

企業規模の定義

「大手企業」「大企業」「中小企業」という言葉には、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。「なんとなく使っているものの定義はよくわからない」という人も多いでしょう。「中小企業基本法 第二条」によると、中小企業は従業員数または資本金によって以下のように定義されています。

中小企業の定義

・卸売業…従業員数100人以下または資本金1億円以下
・小売業…従業員数50人以下または資本金5,000万円以下
・サービス業…従業員数100人以下または資本金5,000万円以下
・製造業、その他の業種…従業員数300人以下または資本金3億円以下

これらの定義は、従業員数または資本金どちらかの条件を満たせば良いとされています。一般的には、中小企業として定義された企業規模よりも大きい企業を「大企業」と呼ぶことが多いようです。加えて、業界内の知名度が高い企業は「大手企業」とも呼ばれます。大企業の基準や定義については、「大手企業とは?基準や定義を紹介!大企業や中小企業との違いも解説」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

参照元
e-Gov法令検索
昭和三十八年法律第百五十四号 中小企業基本法

未経験OK多数!求人を見てみる

第二新卒は中小企業と大手企業のどちらを選ぶべき?

「なんとなく大手企業を希望している」という方もいるでしょう。この項目では、中小企業と大手企業それぞれで働くメリットの違いを紹介します。

大手企業に勤めるメリット

・会社のネームバリューがある
・安定性がある
・給料が高い傾向がある
・福利厚生が充実している傾向がある
・社員が多く、組織力が大きい
・ビジネスの規模が大きく、影響力がある など

大手企業の魅力は、ブランド力や安定性などでしょう。ただし、就職希望者が多く、企業によっては新卒採用しか行わないケースもあるようです。もちろん第二新卒の応募が可能な企業もありますが、採用へのハードルは高い傾向があります。次に、中小企業に就職・転職するメリットを見ていきましょう。

中小企業に勤めるメリット

・社員が少ない分、個人の裁量が大きい
・意思決定が早い傾向にある
・経営陣との距離が近く、社内の風通しが良い傾向がある
・将来性が期待できることが多い など

中小企業は、個性を活かして自分らしく働きやすい傾向があるようです。成長中のベンチャー企業やスタートアップ企業も中小企業に含まれるので、企業の成長に携わりたいという気持ちを持っている人に向いているといえるでしょう。大企業・中小企業それぞれに就職するメリットについては、「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」でもまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

第二新卒は中小企業で内定を獲れる?

新卒に比べて社会人経験のある第二新卒者やフリーターは、即戦力のある若い人材として企業からのニーズが高く、特に若い人材を求めている中小企業では積極的に採用している傾向にあります。第二新卒で就職・転職活動をする場合は、働くことに対する強い意欲をアピールすると良いでしょう。履歴書の自己PR欄や面接では、「なぜ転職・就職しようと思ったのか」という志望動機をしっかり企業に伝えることが大切です。自己PRを効果的に伝えるコツについては、「自己PRは熱意が大切!伝えるための具体的なポイントを解説!」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「自分が正社員になれるか不安」「初めての転職で何をしていいのかわからない…」などのお悩みを抱えている方は、ハタラクティブまでご相談ください。転職支援サイト・ハタラクティブでは、優良な中小企業の正社員求人案件を豊富に取り扱っています。プロの就活アドバイザーが、カウンセリングから面接対策まで、就職・転職活動を強力にサポート。求職者一人ひとりの未来を変えるチャンスがハタラクティブにはあります。ご利用はすべて無料ですので、まずはお気軽にご登録ください!

この記事に関連するタグ