第二新卒に多い転職理由

2015/03/31

第二新卒といえばわりと最近できた枠ですが、正社員として就職した経験がありながらキャリアが十分とは言えないので世間からは新卒と中途の中間的存在と認識されています。どの企業の社員でも転職を考える方が増える頃ですが、第二新卒に多い転職理由はどのようなものでしょうか。実際に転職する際に念頭に置いておく必要がある転職理由について、第二新卒で転職した方の意見で多く聞かれるものをチェックしましょう。

第二新卒に多い転職理由

学校を卒業して1~3年、正社員として就職して社会経験を積んで仕事の基本スキルも身についた頃でしょう。世間からは『第二新卒』と呼ばれている時期でしょうが、この枠は不景気の影響で若者の雇用を増やす目的で設けられた枠です。就職浪人中の方やフリーターの方が新卒と同じ扱いで就職できるものですが、正社員経験があってもこの枠が利用可能です。

近年の新卒で就職した第二新卒の方々は全体の3人に1人が3年以内に退職しているというデータがあります。「石の上にも3年」ということわざがありますが、正社員としての基本マナーができていれば他の企業に転職しても順応できると思われている傾向があります。また第二新卒は法律上の定義では新卒と同等のポジションなので1から改めて仕事を覚えるにもピッタリの時期と言えるでしょう。

ですが、実際に仕事と両立しながら就活を始めるのはなかなかハードルが高いことです。それでも転職を決心する理由は人それぞれです。

では第二新卒のときに就活を経験した方々にはどのような転職理由があったのでしょうか。

目立つ転職理由の1つは、就職前のイメージとは違ったということです。

学生時代の就活中に自分は将来どのような仕事をしたいかイメージしていた方がほとんどかもしれませんが、実際の就職先では希望が叶わなかった、やりたかった仕事内容ではなかったという転職理由が多く挙げられています。また人間関係の疲れも転職理由として多いです。上司と相性が悪かった、職場の同僚の方々と馴染めなかったなどがあります。他には頻繁に転勤があって適応しきれなかった、地元を離れてホームシックになってしまったなど人によって転職理由は様々のようです。

以上のことから第二新卒に多い転職理由はネガティブなものが多いことがわかります。では実際に就活で採用担当者に聞かれたらどのように答えれば良いのでしょうか。嘘をつく必要はありませんができるだけポジティブに答えれば良いのです。
前職の不満は極力控えて意欲的に仕事をこなしていたことをPRしましょう。そして自己実現のための明確な目標を持っていることとそれを叶えるには前職では限界があったということを採用担当者に伝えるよう心がければ就職できる可能性が高まります。
ちなみに第二新卒を他のベテランの求職者と同等に見る企業は多くあるため、求人の募集要項をよく確認しましょう。できるだけ『第二新卒OK』と書かれている求人に絞って応募することをオススメします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ