新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒に多い転職理由

第二新卒に多い転職理由

公開日:

最終更新日:

 

第二新卒といえばわりと最近できた枠ですが、正社員として就職した経験がありながらキャリアが十分とは言えないので世間からは新卒と中途の中間的存在と認識されています。どの企業の社員でも転職を考える方が増える頃ですが、第二新卒に多い転職理由はどのようなものでしょうか。実際に転職する際に念頭に置いておく必要がある転職理由について、第二新卒で転職した方の意見で多く聞かれるものをチェックしましょう。

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

第二新卒に多い転職理由

学校を卒業して1~3年、正社員として就職して社会経験を積んで仕事の基本スキルも身についた頃でしょう。世間からは『第二新卒』と呼ばれている時期でしょうが、この枠は不景気の影響で若者の雇用を増やす目的で設けられた枠です。就職浪人中の方やフリーターの方が新卒と同じ扱いで就職できるものですが、正社員経験があってもこの枠が利用可能です。

近年の新卒で就職した第二新卒の方々は全体の3人に1人が3年以内に退職しているというデータがあります。「石の上にも3年」ということわざがありますが、正社員としての基本マナーができていれば他の企業に転職しても順応できると思われている傾向があります。また第二新卒は法律上の定義では新卒と同等のポジションなので1から改めて仕事を覚えるにもピッタリの時期と言えるでしょう。

ですが、実際に仕事と両立しながら就活を始めるのはなかなかハードルが高いことです。それでも転職を決心する理由は人それぞれです。

では第二新卒のときに就活を経験した方々にはどのような転職理由があったのでしょうか。

目立つ転職理由の1つは、就職前のイメージとは違ったということです。

学生時代の就活中に自分は将来どのような仕事をしたいかイメージしていた方がほとんどかもしれませんが、実際の就職先では希望が叶わなかった、やりたかった仕事内容ではなかったという転職理由が多く挙げられています。また人間関係の疲れも転職理由として多いです。上司と相性が悪かった、職場の同僚の方々と馴染めなかったなどがあります。他には頻繁に転勤があって適応しきれなかった、地元を離れてホームシックになってしまったなど人によって転職理由は様々のようです。

以上のことから第二新卒に多い転職理由はネガティブなものが多いことがわかります。では実際に就活で採用担当者に聞かれたらどのように答えれば良いのでしょうか。嘘をつく必要はありませんができるだけポジティブに答えれば良いのです。
前職の不満は極力控えて意欲的に仕事をこなしていたことをPRしましょう。そして自己実現のための明確な目標を持っていることとそれを叶えるには前職では限界があったということを採用担当者に伝えるよう心がければ就職できる可能性が高まります。
ちなみに第二新卒を他のベテランの求職者と同等に見る企業は多くあるため、求人の募集要項をよく確認しましょう。できるだけ『第二新卒OK』と書かれている求人に絞って応募することをオススメします。

第二新卒の就職に関するQ&A

第二新卒の中には、転職成功のポイントや転職市場におけるニーズを知りたい方もいるのではないでしょうか。ここでは、第二新卒が就職するための疑問や悩みをQ&A形式で解決していきます。

第二新卒で転職を成功させるには?

第二新卒で転職を成功させるポイントは、転職理由を前向きに伝えることです。面接で会社の不満を言ってしまうと、「この会社に入社しても同じ理由で辞めるのでは」などと懸念されてしまいます。また、早期退職にならないよう、企業研究を徹底して行うことも重要です。転職成功につながるポイントは、「第二新卒のための転職成功の秘訣」にてご確認ください。

既卒と第二新卒の違いとは?

第二新卒とは、新卒で入社して数年以内に退職した人のこと。既卒とは、大学を卒業後に何らかの理由で正社員にならなかった人のことを指します。第二新卒には職歴があり、既卒にはないのが大きな違いです。それぞれの実態については、「既卒と第二新卒の違いを解説!卒業後に就職できる可能性は?」をご一読ください。

第二新卒は転職に有利って本当?

第二新卒は就業経験があるため、教育コストが省けるのが採用側のメリットにあります。ある程度のビジネスマナーが備わっているため、コストをカットしながら人材を育成できるのが強みです。また、仕事への先入観が少ないことから、組織風土に馴染みやすいこともメリットの一つ。「第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?」では、転職市場で第二新卒のニーズが高いことを解説しています。

転職活動を効率的に進めたいです。

転職活動を効率的に行いたいなら、就職・転職エージェントを活用してみませんか。若年層に特化したハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがあなたの活動をサポート。所持している求人の詳しい業務内容や職場の雰囲気をご説明するので、仕事への理解を深めたうえで応募が可能です。第二新卒に強い転職エージェントをお探しの方は、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ