第二新卒もフリーターをしながら再就職できる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒もフリーターをしながら再就職できる?

公開日:

最終更新日:

第二新卒もフリーターをしながら再就職できる?の画像

第二新卒として就職できない状況が続くと、フリーターで働いて収入を確保せざるを得なくなることが多いですが、フリーターとして働きながらだと就活の時間がとりにくくなります。

そこで、第二新卒が早期に就職を決めるためにはどうしたらよいかについてお伝えします。 

◆正社員経験はあるのに…第二新卒が就職できない理由

第二新卒となってからすぐに就職できない場合、フリーターをしながら就職活動をすることになるケースが多いです。
第二新卒とは、新卒で1度就職したけれども、何らかの理由で退職し再度正社員を目指して就職活動をしている人のことです。

第二新卒は、正社員として採用された実績がありますし、採用する会社にとって新人教育をしなくてもよいというメリットもあります。
また在職期間が短かったため退職した会社のカラーに染まっていないこともメリットといえるでしょう。新卒やある程度のキャリアを積んだ転職者にはない第二新卒としてのメリットを活かせば就職できる可能性を高められます。
しかし、また面接時に採用担当者に対してすぐにやめてしまうのではないかというイメージを払拭できなかったり、就職できないまま時間がすぎてしまったことで自信を失い、行動ができなくなってしまうことが原因になり、就職できないという事態が起きてしまいます。
既に一度就職して職場環境が自分のイメージと違ったことに失望して退職した人の場合は、次の仕事探しがどうしても慎重になる傾向があるので、なかなか決められずに第二就職ができないという原因も考えられます。

◆アルバイトと同時で大丈夫?第二新卒の就活で気をつけたいこと

第二新卒がフリーターをしながら就職活動するメリット・デメリットの画像

退職後、雇用保険の基本手当を受給したり貯蓄を取り崩したりして生活費をまかない就職活動を続けていたとしても、就職できない状態が続けば、収入を得るためにフリーターをするなどして稼がなければいけません。
フリーターとして就職活動をする際の、そのメリットとデメリットを理解しておきましょう

メリットとしては、就業することで働く生活のリズムが保てることやフリーターであっても仕事内容や仕事への取り組み方によっては、貴重な経験やスキルが得られることも挙げられます。
一方、デメリットはシフトによってはフリーターとしての仕事が忙しく、就職活動時間が短くなり、充分な対策や準備ができないことです。

◆就職できないと悩む第二新卒がすべきことは?

フリーターとして働きながら就職を成功させるには、プロのノウハウを活用して就職活動の質を上げることがおすすめです。具体的には自分では気づいていなかった適性や能力などを第三者目線で客観的に分析してくれます。また、就職した後のミスマッチを減らすための会社選びのアドバイスをしてくれます。
第二新卒のメリットを正確に把握し、自分の強みをアピールするには、就活アドバイザーによるプロのアドバイスが役に立つでしょう。

是非一度、就活アドバイザーを積極的に活用することを検討してみてはいかがでしょうか。うまく就活アドバイザーを活用できれば、早期にフリーター生活を終了して正社員として働けるようになることが期待できます。


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ