第二新卒から契約社員はもったいない?転職する場合の注意点

第二新卒から契約社員はもったいない?転職する場合の注意点の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒から契約社員になるかどうかは、キャリアアップに繋がるかどうかで判断する
  • 正社員と契約社員の主な違いは、雇用契約期間と福利厚生などの待遇にある
  • 第二新卒が契約社員になる場合、目標達成やキャリアチェンジの準備期間にすると良い
  • 第二新卒から契約社員になると、待遇が下がるうえに正社員に戻りにくくなるので注意

第二新卒として一度契約社員になってから正社員への転職を目指す場合、注意すべきポイントが3つあります。キャリアプランにあった仕事を選ぶこと、正社員への転職決定時に契約先を辞めるタイミング、そして正社員になるという目標を持ち続けることです。
このコラムではこの3点についてご説明するとともに、契約社員になるメリットやデメリットについて解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒から契約社員になるのはあり?

第二新卒から契約社員になっても良いかどうかは場合によるようです。焦って決めたり契約社員という雇用形態で最初から諦めたりせず、冷静な判断のうえ決断しましょう。

業務内容がキャリアアップに繋がるかどうか

第二新卒から契約社員になっても良いかどうかは、その業務内容で判断します。契約社員といっても正社員同様のスキルを身に付けられたり、その後正社員登用の道が用意されていたりする企業もあるからです。希望する仕事の雇用形態が契約社員の場合は、「その後正社員への登用はあるか」「どんな業務内容を任せてもらえるのか」といった点を面接時に必ず確認しましょう。

契約社員になるかどうかお悩みの方は「契約社員と正社員の違いは何?自分に合った働き方を選ぶには」のコラムもご参照ください。

契約社員になるとどうなる?正社員との違い

契約社員と正社員の主な違いは、契約期間と待遇です。正社員が期間の定めのない雇用契約であるのに対し、契約社員はその雇用契約期間が限定されています。また、正社員の方が福利厚生が充実しているのも特徴の一つ。契約社員の福利厚生は利用できる制度が限られていたり、ボーナスや手当の支給がなかったりといった場合があります。

契約社員と正社員の違いについてより詳しく知りたい方には「契約社員と正社員の違いとは?登用制度や無期転換についても解説」のコラムが参考になるでしょう。

第二新卒から契約社員になるメリット・デメリット

第二新卒から契約社員になることは「キャリアチェンジの足がかりになる」などのメリットの一方で、「正社員に転職する難易度が上がる」などのデメリットもあります。以下で契約社員になるメリットとデメリットを押さえ、自分に合った転職方法を検討しましょう。

第二新卒から契約社員になる3つのメリット

第二新卒から契約社員になる主なメリットは、以下の3つです。自分のやりたい仕事が明確であれば、以下のようなメリットがキャリア形成に役立つでしょう。

1.比較的気軽に働き始められる

契約社員の仕事は正社員に比べ、比較的気軽に働き始められるのがメリット。契約期間が決まっているのでその間だけ働くことができるうえ、有名企業や人気の職種にもチャレンジしやすいのが特徴です。また、契約社員という形態で働いてみることで、本当にその仕事が合うかどうかも見極められたうえで今後のキャリアについて検討できるでしょう。

2.キャリアチェンジの足がかりになる

キャリアチェンジしたいと考えているときにも、契約社員で働く選択肢は有効です。正社員の求人には経験者が求められることが多いので、今までと異なる業種・職種への採用は難しい場合があります。しかし、契約社員であれば未経験者OKである求人は多いので、正社員としてのスキルを身に付けられるまで経験を積むことができるでしょう。

3.やりたいことの準備期間にできる

近い将来に留学や企業を希望する場合、一時的に契約社員として働くのも良いでしょう。正社員であれば長期雇用を前提としているうえ、業務が忙しいのでやりたいことに注力するのが難しいことも。しかし、契約社員であれば契約期間が決まっているうえに正社員ほど業務が重くないため、働きながら目標への準備ができるでしょう

契約社員のメリットについては「契約社員のメリットを解説!正社員との違いとは?」のコラムで詳しくご説明していますので、併せて参考にしてみてください。

第二新卒から契約社員になる3つのデメリット

一方、第二新卒から契約社員になると以下のようなデメリットがあります。押さえたうえで転職の決断は慎重に行いましょう。

1.正社員より待遇が下がる場合が多い

第二新卒から契約社員になると、これまでより待遇が下がる場合が多いようです。契約社員にはボーナスや退職金はなく、福利厚生も一部しか適用されないことがほとんど。よって、長く働いているとそれらのデメリットが気になるようになるでしょう。スキルや経験を重視して待遇面はある程度納得するか、期間を明確に決めて働くのがおすすめです。

2.正社員より雇用が不安定

契約社員は限られた期間での雇用のため、正社員よりも職を失いやすいのがデメリット。企業の経営状況が悪化した場合には契約終了となるリスクが高いです。また、毎回契約更新されていたのに予期せず契約終了になってしまうことがあるなど、長期的に見ると雇用が不安定なのが特徴。長く働き続けるには向いていない雇用形態といえるでしょう。

3.正社員に転職する際の難易度が上がる

第二新卒から一度契約社員になると、もう一度正社員になりたいと思っても採用されにくくなる傾向があります。採用担当の中には、契約社員に対して「正社員としての仕事を任せられない」「正社員になれなかったのではないか」という懸念を抱く人ももいるからです。そのため、明確な目的意識がなければ契約社員でなく正社員として転職するほうが無難といえるでしょう。

第二新卒が契約社員から就職を目指す際の3つのポイント

第二新卒がいったん契約社員になりその後正社員を目指す場合には、キャリアプランの考慮や退職時期に注意するといったことなどがポイントになるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.自分のキャリアプランにあった仕事を選ぶ

第二新卒として転職活動していてもなかなか転職が決まらなければ、まずは契約社員になるという選択肢もあります。
しかし、契約社員になる場合でも、将来正社員としてどう働きたいのか自分のキャリアプランをしっかり描いたうえで、それに役立つ仕事を選ぶ必要があるでしょう。
将来の目標がないと正社員になるための転職活動に身が入らず、予定より契約社員の期間が長期化する可能性があるので注意しましょう。

2.契約社員から正社員を目指す際は退職時期に注意

第二新卒から契約社員として働き、その後、正社員としての転職を目指す場合は、契約社員やフリーターの仕事を辞めるタイミングに注意する必要があります。
たとえ契約社員であっても、与えられている仕事は責任を持って対応することが求められます。当然転職が決まったからといって、契約社員の仕事を投げ出して退職するのは社会人として許されないでしょう。正社員の転職が決まりそうなら、契約先に辞める時期などについて早めに相談しておく配慮が必要です。
どのような雇用形態でもやるべき仕事をこなし、退職する企業の理解を得たうえで転職しましょう。

3.契約社員を経て正社員になる目標を持ち続ける

契約社員として収入を得るようになるとその仕事中心の生活リズムになっていくので、転職活動の時間を確保することがだんだん難しくなります。また、仕事を覚えてくると職場で頼られるようになっていくでしょう。そのうちに、契約社員で生活できるなら今の仕事を続けても良いのではないかと思い始めることも正社員への転職活動に身が入らなくなる原因の一つ。
そのため、正社員を望むなら常に「正社員になる」という目標を持ち続けることが大切です。

新卒の就活は同じタイミングで多くの学生が動くため心強さがある一方、第二新卒の転職活動は自分との戦いでもあります。そんなとき目標達成をサポートしてくれる就活アドバイザーがいればより心強いのではないでしょうか。
転職エージェントのハタラクティブでは第二新卒の方が契約社員から正社員になるための転職活動をサポートしています。ぜひお気軽にご相談ください!

こんなときどうする?第二新卒が抱えるお悩みQ&A

ここでは、第二新卒で契約社員やフリーターへの転職を検討されている方のお悩みにお答えします。Q&A方式で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

契約社員と正社員はどう違いますか?

契約社員と正社員の違いとは!」にもあるとおり、契約社員と正社員の大きな違いは、「雇用期間」「給料」「福利厚生」です。正社員は契約社員と比べて金銭面での条件が良く、雇用期間の定めがないことが特徴。一方、契約社員は正規雇用の方と比較して残業や休日出勤が少ないのがメリットといえるでしょう。

正社員登用制度について教えてください

正社員登用制度とは、契約社員やパート、アルバイトなどの雇用形態で働く方が、正社員へ転換する制度です。登用できる条件は、面接や筆記試験、勤続年数など、会社によってさまざま。正社員登用制度を用意している会社でも、それらがクリアできないと正社員になれない場合もあるので注意しましょう。この制度を設けている会社を受ける際は、登用実績や登用の条件について聞いておくことをおすすめします。詳しくは「正社員登用制度とは?特徴や注意点」もご覧ください。

契約社員でも5年経ったら正社員になれる?

契約期限のある労働者は、正社員ではなく、勤続5年が経過したら希望に応じて「無期転換雇用」に転換できます。「契約社員は雇用期間に定めがある!無期雇用のルールや正社員との違いを解説」にもあるとおり、無期転換雇用と正社員は、雇用条件が同じというわけではありません。雇用期間のみの変更なので、給料や福利厚生など、そのほかの条件は変わらないこともあります。雇用条件を変えたいとお考えの方は、正社員への転職を目指すのがおすすめです。

就活のモチベーションを保つ自信がありません

「正社員を目指したいけれど、挫折しそう…」と感じている方は、ハタラクティブのご利用をご検討ください。就活アドバイザーが、あなたの適性に合った仕事を紹介します。もちろん、書類や面接対策もサポート。1人での就活に不安がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連タグ