第二新卒におけるUターン転職とは?

第二新卒におけるUターン転職とは?の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒がUターン転職する場合、地元に戻る理由を明確に説明できるようにしよう
  • Uターン転職のためにいつ仕事を辞めるかは、時間と金銭面を軸に考えてみよう
  • 第二新卒がUターン転職する際は、地元の知人から企業情報を聞くのもおすすめ
  • 第二新卒でUターン転職を考えているなら、転職エージェントに相談するのも手

「第二新卒も地元でUターン就職できる?」とお悩みの方もいるでしょう。Uターン転職とは、生まれ育った地域を離れて都心で就職したあと、再び地元に戻って再就職することをいいます。このコラムでは、「地元に戻って再就職を考えている」という方に向けて、第二新卒がUターン転職する際に気をつけたいポイントを3つご紹介します。再就職を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

第二新卒がUターン転職するには理由が大切

第二新卒がUターン転職するには理由が大切の画像

東京ハローワークの「用語」によるとUターンとは、「地方で生まれ育った人が都心で一度勤務した後に、再び自分の生まれ育った故郷に戻って働くこと」とされています。
そして、第二新卒がUターン転職を成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

Uターン転職の1つ目のポイントは、転職理由を明確にすることです。
都心の大学卒業後に地元の企業に就職する場合は、「なぜ地元企業で働きたいか」を説明できれば十分です。しかし、第二新卒のUターン転職では、「なぜ地元に戻りたいか」について明確にしておく必要があるでしょう。都会での正社員経験を踏まえて地元の会社に就職したいと思った理由や心境の変化を述べるだけでなく、地元でしかできないことや将来的なビジョンも添えるのがおすすめです。

Uターン転職をする理由を明確化する方法が分からない場合は、1回目の就職活動時のように自己分析を行うのも良いでしょう。自己分析については「自己分析とは?実施のメリットと就職活動・転職活動での必要性を解説」のコラムで詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

参照元
東京ハローワーク
トップページ

Uターン転職を希望する理由は前向きに伝えよう

採用選考で採用担当者にUターン転職をする理由を問われた際は、前向きに伝えることを心掛けましょう。たとえば、「都会から離れたいから」と消極的な理由を採用担当者に伝えてしまうと、「慣れない環境だとすぐに辞めるのでは?」という印象を与えかねません。採用担当者に自分の気持ちを正直に伝えることも大切ですが、転職活動では会社側に自分を採用するメリットを感じてもらう必要があります。そのため、「経験を活かして故郷に貢献したい」「キャリアプランを実現したい」など、ポジティブに言い換えるのがおすすめです。

未経験OK多数!求人を見てみる

第二新卒が仕事を辞めてUターン転職するタイミング

第二新卒が仕事を辞めてUターン転職するタイミングの画像

第二新卒からUターン転職するための2つ目のポイントは、仕事を辞めるタイミングです。Uターン転職のために仕事を辞めるべきか悩んでいる場合は、時間と金銭面を軸に考えてみましょう。

在職中に転職活動を始める場合

在職期間中に転職活動を始める場合、働きながら、エントリーシートや履歴書の作成、会社側との連絡や日程調整などを並行しなければいけません。収入が途切れないという金銭的なメリットがある一方、退勤後や休日の時間を転職活動に充てることが考えられるため、時間に追われる生活になる可能性があります。
在職中に転職活動をするメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、「転職活動で「いつから働けますか」と聞かれたら? 在職中に気を付けること」もあわせてご覧ください。

退職後に転職活動を始める場合

退職したあとに転職活動を始めると、転職活動をするための時間をしっかり確保できます。在職中のように縛られない時間の使い方ができるので、地元に帰って対面で選考を受けることも可能です。

ただし、安定した収入が途切れるほか、退職後に雇用保険の基本手当を受け取る場合も支給期間・金額に限りがあります。そのため、内定獲得までは貯金をやり繰りしたりフリーターとして働いて生計を立てたりする必要があるでしょう。退職してから転職活動に専念したい場合には、「会社を辞めたあとにやることは?退職後の生活に必要な手続きをご紹介!」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

仕事を辞めるタイミングは人それぞれですが、なかには都心で働き続けながら、面接時のみ地元に帰って転職活動をする方もいるようです。また、候補となる地元企業との面接日程や入社時期が決まった段階で退職し、地元で腰を落ち着けて転職活動の続きや入社準備をこなすことも選択肢の一つとして考えられるでしょう。
いずれも、Uターン転職をするためには、転職活動をする時間の余裕があるか、内定獲得までどのように生計を立てるかが、仕事を辞めるタイミングを判断する際のポイントになるといえます。

第二新卒がUターン転職するための情報収集方法

第二新卒がUターン転職するために必要なポイント3つ目は、地元の会社の求人情報をいかに効率的に収集するかです。ここでは、Uターン転職のための情報収集方法をご紹介します。Uターン転職の求人の見つけ方を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

転職サイトを活用する

転職サイトを活用して興味がある会社の採用情報を集めてみましょう。
第二新卒が転職サイトでUターン転職先を探す際は、求人情報に「第二新卒歓迎」「Uターン歓迎」「未経験歓迎」などと記載している会社に注目するのがおすすめです。求人情報の応募条件や内容を読んで、第二新卒や未経験、Uターンでの転職を歓迎しているかチェックしてみてください。

地元の友人や知人から話を聞く

地元に残っている友人や知人から気になる会社の求人情報を集めるのも手です。応募したい会社で働いていたり、応募先の会社について知っている知人がいる場合には、会社の雰囲気や採用状況などを詳しく聞いて参考にしてみるのも良いでしょう。

場合によっては、リファラル採用につながる可能性があります。縁故採用とは異なるリファラル採用については、「縁故採用ってなに?メリット・デメリットとは」のコラムで解説していますので、ぜひご一読ください。

転職エージェントに相談する

自分だけで採用情報を収集することが難しいと感じる場合は、転職エージェントに登録してみるのも一つの方法です。転職エージェントは転職者のサポートを専門にしている、民間企業が運営する就職支援機関です。「第二新卒向け」のエージェントを選べば、未経験から挑戦しやすい求人を中心に紹介してもらえるでしょう。また、応募先の採用状況や選考通過のポイントなどを教えてもらえたり、面接の日程調整を代行してもらえたりといったサービスも充実しています。

「第二新卒でUターン転職するか迷っている」「地元に戻って転勤の心配なく働きたい」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは既卒やフリーター、第二新卒など若年層に特化した就職・転職エージェントです。
専任のキャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人を紹介します。所要時間1分程度ででき、性格から分かる適職診断も受けられるため、自分の適性や強みを活かせる求人をじっくり探せるでしょう。
また、応募先の会社に合わせた応募書類の添削や面接対策、企業とのやり取り代行なども実施しているため、安心して転職活動を進められます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

第二新卒のUターン転職に関するQ&A

第二新卒のUターン転職に関してよくある疑問をQ&A形式でまとめました。地元で公務員を目指す場合やUターン転職後再び東京に戻って就職をする場合についても解説しますので、ぜひご覧ください。

第二新卒がUターンして公務員になるのは厳しいですか?

社会人経験を積んだあとに中途採用枠で地方公務員に転職する方は多くいます。ただし、教養、専門、論文、面接の4つで構成されている公務員試験に合格するためには、勉強する時間を計画的に確保する必要があるでしょう。詳しくは「公務員とはどんな職業?転職を目指す前に知っておくべきこと」のコラムでも解説していますので、ぜひご一読ください。

Uターンしてもまた東京に戻りたくなったら戻れますか?

第二新卒としてUターン転職したあとに、再び上京して転職することは可能です。転職するスパンが短くなったり、転職回数が多くなったりすることが転職活動においてネックになる恐れがあるものの、アピール次第で採用担当者に「積極的に新しいことにチャレンジする人材」と評価してもらえる可能性もあります。「転職回数が多いと不利?就活への影響と対策」のコラムでは転職回数にまつわるメリット・デメリットを詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

第二新卒ですが地元で無事転職できるか不安です

地元で無事就職できるか不安な場合は、このコラムの「転職サイトを活用する」でも述べたように、「Uターン歓迎」「未経験歓迎」「第二新卒歓迎」などと記載している求人をメインに応募するのがおすすめです。未経験歓迎の企業であれば、会社側も求職者に経験やスキルがないことをあらかじめ把握しているうえ、入社後の研修やサポート体制も充実していると考えられます。

Uターン転職を考えていますが、良い求人が見つかりません…

自分に合った求人の見つけ方が分からない場合は、転職エージェントに登録して第三者からのサポートを受けるのもおすすめです。「専任のキャリアアドバイザーから自分に合った求人を教えてもらいたい」という方は、第二新卒の転職をサポートしているハタラクティブへお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ