第二新卒におけるUターン就職とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒におけるUターン就職とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒がUターン就職する場合、なぜUターンを希望するのか面接官に説明できるようにしよう
  • ・企業との選考日程が決まったら、地元に腰を落ち着けて求職活動するのがおすすめ
  • ・インターネットのほか、地元の知人からも地元企業の情報を集められる

生まれ育った地域を離れ都心で就職した人が、再び地元に戻って再就職することをUターン転職といいます。

第二新卒の方がUターン転職をする場合、どのように就職活動を進めれば良いのでしょうか。

ここでは、第二新卒フリーターがUターン転職する際に気をつけたいポイントを3つご紹介します。

第二新卒がUターン就職するためには理由が大切

第二新卒が地元にUターンして就職するための1つ目のポイントは、なぜUターンして地元企業に就職したいのかを説明できるようにすることです。

都心の大学卒業後、地元の企業に就職する場合のUターン就職は、面接時Uターンの理由を問われるケースは少ないでしょう。
なぜ地元企業に就職したいかが説明できれば十分です。一方、第二新卒のUターン転職では、なぜUターン転職を希望するのかについて明確にしておく必要があるでしょう。
都会で正社員として過ごした経験がどのように影響して地元企業を希望するようになったか、消極的な理由にならないようにしっかりUターン就職の理由を考えておくと良いでしょう。

第二新卒がUターン就職するための仕事の辞め時

第二新卒フリーターからUターンして就職するための2つ目のポイントは、仕事の辞め時です。

第二新卒となって給料が入ってこなくなると、フリーターとして働いて収入確保する必要に迫られます。雇用保険からの基本手当は期間も金額も限りがあるからです。
例えば、都会ではフリーターとして仕事を見つけるのは地方ほど難しくありませんので、生活のことを考えると地元に帰ってフリーターをしながら就職活動するのではなく、都会でフリーターをしながら面接などの時に地元に帰って就職活動するケースが多いでしょう。

しかし、そのやり方では、就職活動に必要な時間を十分とることができず、移動時間も長く就活に集中することが難しくなるため、就職活動が中途半端になる恐れがあります。
理想は採用が決まってから退職を申し出ることですが、候補となる複数の地元企業の研究と面接日程が決まった段階で、都会でのフリーターを辞めて地元で腰を落ち着けて就職活動することも選択肢の1つとなるでしょう。

第二新卒がUターン就職するための情報収集方法

第二新卒がUターンして就職するために必要なポイントの3つ目は、地元企業の情報をいかに効率的に収集するかです。

収集の方法は主に3点です。1点目は、ホームページなどを活用して自分で興味がある会社の情報を集める方法です。
この方法は、Uターン就職に限ったものではありませんので、新卒の就職活動と同様の方法で行いましょう。
2点目は、地元に残っている友人や知人から情報を集める方法です。候補となる会社で働いている人や、その知人がいる場合には、会社の雰囲気や採用状況などを詳しく聞いて参考にしてみるのも良いでしょう。
3点目は、自分で情報収集することが難しいと感じる方は、就職サポートサービスに登録してみるのも1つの方法です。就職サポートを専門にしているため、採用状況や応募条件などを効率的に知ることができるでしょう。

ハタラクティブは若年層の就職・転職をサポートするサービスで、専任のアドバイザーが求職活動をバックアップしています。
サービスの内容は、カウンセリングや求人紹介、書類作成指導や面接対策、企業との連絡代行など。
1人では不安な求職活動を全面的にサポートし、一人ひとりに合ったお仕事探しを実現します。
就職・転職について第三者のアドバイスを受けたいという人は、ぜひハタラクティブにご登録ください!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ