本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 25歳の平均年収はどの位?フリーターと正社員の違い

25歳の平均年収はどの位?フリーターと正社員の違い

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・25歳の多くは入社3年目という節目を迎え、転職を考える人も出てくる時期
    ・25歳から30歳までの平均年収は351万円だが、男女別、職種別などで収入差がある
    ・フリーターは昇給や賞与、福利厚生がないため、正社員との間に収入格差が生まれている
    ・正社員で収入アップを目指すなら、昇給が見込める会社やインセンティブのある企業に転職するのを考えてみよう
    ・フリーターの場合は、ポテンシャル採用される可能性のある若いうちに転職活動を始めよう

25歳と言えば、大学で就職した社会人が入社してから3年目を迎え1つの分岐点に立っている時期と言えるでしょう。一般的な25歳の平均年収はどのくらいなのでしょうか?
男女の差や都市部か地方かといった居住地の違いによっても収入金額は変わり、またフリーターか正社員か雇用形態の違いなども大きな収入差を生じさせます。
このコラムでは、25歳の平均年収と正規・非正規職員の収入差などについて取り上げます。収入をアップさせるにはどのような方法があるか、コラムを読んで一緒に考えてみましょう。

◆25歳の平均年収はどれくらい?

25歳の平均年収はどのくらいかご存知でしょうか。25歳と言うと、大卒なら働き始めて3年目くらいで仕事に慣れてくるころと言えます。

自分の適正に気が付き、転職を考え始める人もいる時期でしょう。

20代を前半と後半に区切ると、平均年収は以下のようになります。

・20~24歳の平均年収は258万円
・25~30歳の平均年収は351万円

上記は年齢別の平均で、男女別では男性が多い傾向があり、居住地の違いでは都市部が地方よりも平均年収が高めです。

業界や企業規模によっても、それぞれ収入差が生じます。業界や企業規模での平均年収が1,000万円を超えている企業であれば25歳で年収600万円もあり得ますが、地方公務員などの場合は年収が約304万円から約368万円くらいとなっています。

参照元:厚生労働省 - 平成28年分 民間給与実態統計調査 https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf


◆正社員とフリーターの差

正社員か、そうでないかによって、収入差はどれくらい変わるのでしょうか。

年功序列のシステムが根強く残る日本では、年齢や勤続年数によって正社員は給与が上がるため、収入は年を経るごとに増えていきます。
しかしながら、フリーターは何年間も同じ場所で働くスタイルを取ることが少なめ。長期的にアルバイトとして勤務する人でも昇給は少ないため「昇給あり」と謳っている企業であっても収入アップは期待できないことが多いでしょう。

正社員は1年、2年と過ぎるうちに昇給したり、企業によってはボーナスや諸手当が出たりする一方、フリーターは昇給もボーナスもなく、福利厚生の恩恵も受けられません。このようにして、正社員とフリーターとの両者で給与格差が広がってしまうようです。

◆収入を上げるには?

では、収入アップを図るには何をすれば良いのでしょうか。

【正社員の場合】

正社員の場合でも、昇給の見込みがないと判断できるなら転職してみるのも1つの方法です。今ある技術や資格を活かして働くことで、昇給も期待できる企業を探してみましょう。
また、年功序列で自分がいくらがんばっても、評価が給与には反映されないと悩んでいる場合も、成果主義の会社に移って自分の実力を試してみるのも良いかもしれません。
評価方法に不満がある場合は、インセンティブがある企業に転職するのも手です。職種によっては高額のインテンティブが支給される企業があるため、能力次第で高収入を目指すことも難しくありません。

【フリーターの場合】

時間にしばられない、転職しやすいなど、さまざまなメリットがあるフリーターですが、結婚して家庭を持つ、経済的な安定を目指すなど長期的な視点に立つと、正社員として働くことがベターだと言えるでしょう。
フリーターから正社員への転職は、経験よりもポテンシャル採用がほとんどのため、就活はできるだけ早く進めるのをおすすめします。

転職するならプロの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは約60,000件の実績があるプロの転職エージェント。20代の若者を中心に転職サービスを行っています。
求人数が豊富なのであなたに合う職場を提案することも可能です。まずはお気軽にご相談を。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?