25歳フリーターの将来は?正社員就職を成功させる方法を紹介

25歳フリーターの将来は?正社員就職を成功させる方法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 25歳以降もフリーターを続けると、収入と雇用が不安定になる可能性がある
  • 25歳のフリーターは、20代のうちに正社員を目指すべき
  • 就活の前に自己分析をして、自分に合った仕事を見つけよう
  • 25歳フリーターにおすすめの就活方法は、就職支援サービスの利用

フリーター生活に不安を抱いているものの、25歳で正社員を目指すのは難しいと感じていませんか?早めに行動し意欲や将来性をアピールすることで、25歳フリーターから正社員への就職は十分可能です。このコラムでは、フリーターの将来のリスクと正社員を目指すべき理由について解説しています。おすすめの職種や就職方法についてもまとめましたので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

25歳フリーターの将来はどうなる?

25歳以降もフリーターを続けると、収入と雇用が不安定になる恐れがあります。また、フリーターは社会的信用度が低いため、将来設計が困難になる可能性も。以下ではフリーターの将来のリスクについて解説していますので、参考にしてください。

収入アップしづらく貯金ができない

昇給や昇格、ボーナスの機会が少ないフリーターは、同じ勤務先に長く勤めても収入アップしづらい傾向にあります。年齢が上がっても収入はほぼ横ばいとなるため、将来のために貯金することは難しいでしょう。十分な貯金ができなければ、将来的に生活困窮の恐れがあります。

正社員とフリーターの賃金差は30代以降大きくなる

フリーターの収入が上がりづらい一方、正社員は昇給や昇格の機会に恵まれているため、働き続けることで収入アップが期待できます。そのため、フリーターと正社員の賃金差は、年齢が上がるにつれて大きくなるといえるでしょう。以下は正社員と正社員以外の賃金推移を男女別に表したグラフです。

第6図 雇用形態、性、年齢階級別賃金(男)の画像

 

第6図 雇用形態、性、年齢階級別賃金(女)の画像

 

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別

正社員の場合、50代までは男女ともに賃金が上昇傾向にありますが、正社員以外の場合は年齢が上がっても200万円前後をキープしています。また、20代までは正社員と正社員以外の賃金差は小さいものの、30代以降その差が拡大しているのが明確です。正社員とフリーターの賃金差は30代以降顕著になり、年齢が上がるほど大きなものになるといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

実家暮らしでも生活を維持し続けるのは難しい

一人暮らしに比べて家賃や水道光熱費の負担が少ない実家暮らしですが、将来も同じ生活を維持できる保証はありません。フリーターのまま高齢になると満足に働けず収入が減少したり、親の介護が必要になって生活が大変になったりする可能性があるからです。収入が減ったうえに介護も必要となれば、実家暮らしであっても安定した生活の維持は難しいといえます。

フリーターの一人暮らしは可能だが節約が必要
フリーターの一人暮らしは可能ですが、少なからず節約をする必要があるでしょう。安い食材で自炊をして食費を抑える、郊外に住んで家賃を抑えるなど、さまざまな工夫が必要です。収入次第では、日常的な制約に不自由さを感じることもあるでしょう。フリーターを続けても収入の上昇は見込めないため、生活の余裕は生まれにくいのが実情です。

雇用が安定しないため失業のリスクがある

フリーターは正社員に比べて解雇されやすいというリスクがあります。正社員の雇用期間が無期限なのに対し、フリーターは雇用期間に定めがある場合が多く、契約更新の保証はないからです。会社の業績悪化や不景気、雇い主の都合によって契約が更新されず、突然仕事を失ってしまう可能性があります。

社会的信用を得にくい

フリーターは高い収入が見込めず、雇用も不安定なため、社会的信用が低い傾向にあります。社会的信用度が低いと、賃貸契約の入居審査やクレジットカードの審査に通りにくいのが現状です。また、ローン審査の通過も困難なため、車や家など高額の買い物ができない可能性も。社会的信用度の低さによる制限は多く、将来設計の選択肢が狭くなることも考えられます。

社会的信用度の低さが結婚に影響することも
社会的信用度が低いフリーターは、結婚のハードルが高い傾向にあります。住居費や食費、子どもの養育費といった将来の出費を考えると、結婚を躊躇する人が多いようです。そのほかに、当事者同士が納得していても相手の親に反対され、結婚が実現できない場合も。収入と雇用が安定しないフリーターのままだと、結婚が困難になりがちといえます。

25歳フリーターの将来のリスクについて知りたい方は「フリーターのリスクとは?将来の見通しや正社員就職するポイントを解説」も参考にしてください。

25歳フリーターが就職したほうが良い理由

25歳フリーターが就職したほうが良い理由は、20代のうちは正社員採用のチャンスが多いこと、早いうちに収入や雇用が安定すれば将来設計がしやすくなることが挙げられます。就職が難しくなる30代を迎える前に、早めに就職活動を始めましょう。

1.20代フリーターを採用する企業は多い

企業が20代フリーターを採用するのは、若い労働力の確保と将来的に会社に貢献する人材の育成を目的としているからです。20代フリーターが採用される理由を知って、正社員を目指しましょう。

労働力不足により若い人材の需要は高い

若い人材を求める企業が多い理由の一つとして、労働力人口の減少が挙げられます。総務省統計局「人口推計 2019年(令和元年)10月1日現在 概要」によると、労働力となる15~64歳人口の2019年の割合は59.5%。1950年から2019年までの約70年間の中で過去最低の割合です。

図5 年齢区分別人口の割合の推移(1950年~2019年)の画像

引用元:総務省統計局「人口推計 2019年(令和元年)10月1日現在 概要」 

図によると、15歳未満の人口も減少傾向なことから、15~64歳の人口は今後も減っていくと予想できます。労働力不足が進む中で、若い人材を確保したいと考える企業は多く、特に20代の若さは就活で好意的に評価されるでしょう。

参照元
総務省統計局
人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在) 

20代はポテンシャル採用の可能性がある

20代の就活では、過去の経歴より将来の成長を期待される傾向があります。20代は社会人経験が短いため、即戦力となる高度なスキルはまだ備わっていない前提で採用されることが多いからです。そのため20代は、職歴がないフリーターも正社員を目指しやすいといえます。

高卒フリーターも早めに行動すれば就職は可能
高卒でフリーターの人も、20代のうちに就活することで採用の可能性は高まります。20代の就活で重視されるのは若さや仕事に対する意欲で、過去の学歴は考慮されにくいからです。学歴を理由に就職を諦めず、採用のチャンスがある20代での行動が採用につながります。

2.30代以降は就職のハードルが上がる

30歳を超えると、フリーターから正社員への就職は難しくなります。30歳以降の就活では、技術や知識などの即戦力が必要とされる傾向があるからです。フリーターの業務では十分な経験を積めず、正社員選考においてスキル不足と判断されることも考えられます。

年齢別の正社員移行率

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③ー平成29年版『就業構造基本調査』よりー」によると、年齢別の正社員移行率は以下のとおりです。

  男性 女性
20‐24歳 38.4% 32.7%
25‐29歳 40.1% 25.5%
30‐34歳 34.3% 18.1%
35‐39歳 29.8% 15.5%
40‐44歳 27.1% 15.6%

引用元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③ー平成29年版『就業構造基本調査』よりー

正社員への移行率が最も高いのは、男性が25‐29歳、女性は20‐24歳。フリーターから正社員を目指す場合、採用の可能性が高い20代のうちに就職活動を始めると良いでしょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
資料シリーズNo.217 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3ー平成29年版「就業構造基本調査」より 

3.就職すれば将来のビジョンが描きやすくなる

正社員になることで収入と雇用が安定するため、将来設計がしやすくなります。正社員は昇給や昇格など、収入の上昇につながる機会がフリーターより豊富です。また雇用期間の定めもないため、重大な過失を起こさない限り定年まで勤めることも可能。フリーターのように突然仕事を失うリスクは低いといえるでしょう。
収入と雇用が安定すると、社会的信用度も高まります。家や車の購入、結婚して家庭を持つなどのライフプランも立てやすく、実現もしやすいでしょう。若いうちに正社員になることで将来の選択肢が広がり、生活面での充実も得やすいといえます。

25歳フリーターが正社員を目指すべき理由については、「フリーター25歳からでも就職できる?」も参考にしてみてください。

25歳フリーターが就職するための5つのポイント

25歳フリーターの就職成功のポイントは、「自己分析をする」「ビジネスマナーを身につける」などです。以下で5つのポイントを解説していますので、参考にしてください。

1.有効求人倍率をチェックする

本格的に就活を始める前に、有効求人倍率を確認して求人の現状を知っておきましょう。有効求人倍率とは、1人の求職者に対して何件の求人があるかを表す指標のことです。倍率が1より大きければ求職者より求人数が多く、小さければ求職者数に対して求人数が足りていないことが分かります。
厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年9月分」について」によると、 令和3年9月の有効求人倍率は1.16倍で、求人数が求職者数を上回っている状況。有効求人倍率によって、就職しやすい時期をある程度推測できます。

求人の現状を知るのに役立つ有効求人倍率ですが、あくまでも指標の一つとして考えましょう。有効求人倍率の参考対象に含まれるのはハローワークに登録している求人と求職者のみで、インターネット上で展開されている求人や新卒対象の求人・求職者情報は含まれていないからです。また、派遣や契約社員など正社員以外の求人も対象に含まれています。正社員就職の現状を正確に表している数値とは考えず、目安の一つとして就職活動に役立てましょう。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和3年9月分)について

2.自己分析をして自分に合った仕事を選ぶ

仕事探しを始める前に、まず自己分析をするのがおすすめです。フリーターが就活を始める際、「自分に合った仕事が分からない」と悩む人も少なくありません。自分の得意・不得意なこと、強みなどを洗い出すことで、向いている仕事を見つけやすくなります。
さらに、自己分析を徹底することで、自己PRや志望動機を考えやすくなるというメリットも。自己分析で自分の価値観や仕事の目標も明確になるため、企業とのミスマッチ防止にもつながります。就職活動をスムーズに進めるためにも、まずは自己分析から始めてみましょう。

3.ビジネスマナーを身につけておく

25歳のフリーターが就活するときは、事前に基本的なビジネスマナーを学んでおきましょう。面接の際や企業とやり取りする際の振る舞いによって、人柄や仕事に対する姿勢を判断されることもあるからです
まず、フリーターの就活で意識したいのが身だしなみ。髪や髭を整える、派手なヘアカラーやメイクは避けるなど、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。次に意識するのは言葉遣いです。就活の場では略語や砕けた口調は使わず、丁寧な言葉遣いを意識します。面接や企業とのメールのやり取りなどを適切な言葉遣いで行えるよう、事前に習得しておく必要があります。社会人としての最低限のマナーを事前に身につけて、選考に臨みましょう。

4.完成度の高い履歴書を用意する

履歴書は、採用担当者から自分への第一印象に関わる重要なアイテムです。誤字や脱字、間違った言葉の使い方などがないように気をつけて書き、必ず見直しを行いましょう。
フリーターから正社員を目指す場合、アルバイトとして働いた経歴を履歴書の職歴欄に書くことが可能です。応募先企業の業務内容に関連するアルバイト経験は、自身の強みとしてアピールできるでしょう。ただし、記載する際はアルバイト雇用であることを明記する必要があります。

充実した履歴書は、採用担当者に人柄や経験をアピールするのに効果的です。
フリーターのバイト経験の書き方について知りたい方は、「履歴書にバイトの職歴は書かない?書き方やポイントについて解説」を参考にしてみてください。

5.25歳までフリーターを続けた理由を明らかにする

25歳まで就職せずフリーターを続けた理由は、事前に考えておきましょう。「なぜ25歳までフリーターを続けたのか」は、面接で聞かれる可能性が高い質問だからです。フリーターは採用担当者に、「働く意欲が低いのでは」という懸念を抱かれやすいのが実情。採用担当者の不安を払拭するために、フリーターを続けた理由を明確に説明しましょう。
「正社員以外に目指したいことがあった」「資格取得のために勉強していた」など具体的で前向きな理由がある場合は、そのまま伝えます。また、なんとなくフリーターを続けた場合も、嘘をつかず正直に話すことが大切。目標がないままフリーターを続けたことを反省し、今後は正社員として働きたいという意欲をアピールしましょう。

社会人未経験の25歳フリーターが目指しやすい職種

フリーターが目指しやすいのは、採用者数が多く未経験歓迎の職種です。以下で4つの職種を紹介しているので、仕事探しをする際の参考にしてみてください。

1.営業職

営業職は不動産や保険、IT関係などさまざまな業界で必要な職種なので、求人数が多い傾向にあります。また、経歴や学歴があまり重視されないため、未経験者が挑戦しやすい職種の一つです。人付き合いが基本の営業職で必要なのは、マナーやコミュニケーション能力。接客や販売などのアルバイト経験を積んでいる場合、身につけたスキルをアピールしやすいでしょう。

2.介護職

介護業界では高齢化による人手不足が続いているため、採用の間口が広いのが特徴です。資格がなくても介護施設で働くことは可能なので、職歴がないフリーターからでも挑戦しやすいといえます。入社後の研修や資格取得支援制度などを設けている企業が多いため、働きながらスキルアップを図ることが可能です。

3.接客・販売スタッフ

スーパーや飲食店、アパレルショップなどの接客・販売の仕事は、未経験可の求人が多い傾向にあります。対面での業務が多いため、人と接することが好きな人におすすめの職種です。また、接客や販売の仕事は、飲食やアパレル、家電など扱う商品や業務形態が多岐にわたるのも特徴。自分が興味のある業界を選ぶことが可能で、仕事をしながら商品知識や接客のスキルを習得できます。

4.ITエンジニア

需要の高まりにより人材不足の状態にあるIT業界は採用者数が多いため、未経験者でもチャレンジしやすいといえます。未経験者の採用を前提として、研修体制や資格取得支援制度を整えている企業が多いのも特徴です。今後さらなる成長が見込まれる業界でもあるため、専門的なスキルを身に着けることで、将来的な給与や地位の向上を図れるでしょう。

25歳フリーターから公務員は目指せる?
試験を受けて合格できれば、25歳フリーターから公務員を目指すことも可能です。公務員試験には年齢制限が設けられている場合が多く、30歳前後を上限としている行政や自治体が多いのが現状。25歳から公務員を目指したい場合、試験対策の期間も考慮して早めに行動を起こしましょう。

フリーターが目指しやすい職種について知りたい方は、「フリーターから正社員を目指そう!採用されやすい職業と就活のコツを解説」も参照してみてください。

25歳フリーターにおすすめの就活方法

25歳フリーターが正社員を目指す場合、求人サイトやハローワーク、就職エージェントなどの利用がおすすめです。以下で就活方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

1.正社員登用制度の利用を検討する

アルバイト先に正社員登用制度がある場合、利用して正社員を目指すのも一つの手です。正社員登用制度とは、アルバイトやパートなどの非正規雇用を正規雇用に転換する制度のこと。正規登用のための基準は面接や筆記試験、勤続年数など企業によって違うため、事前の確認が必要です。

アルバイト先に正社員登用制度があるとは限らない
企業によっては、正社員登用制度を導入していない場合もあります。登用の実績や明確な基準がなければ、正社員になれないままフリーターとして年齢を重ねてしまうことも。アルバイト先に制度がない場合、ほかの企業に応募して正社員を目指すほうが確実な場合もあります

正社員登用制度について詳しく知りたい方は、「正社員登用制度とは?特徴や注意点を解説!」も併せてご覧ください。 

2.求人サイトを利用する

求人サイトはスマートフォンやパソコンから手軽にアクセス可能なため、すきま時間で仕事探しができるというメリットがあります。求人数が多く、自分に合った条件に限定して検索することも可能。フリーターの場合、「未経験歓迎」や「学歴不問」などの条件を設定することで、仕事が探しやすくなるでしょう。

3.ハローワークを利用する

一人での就活が不安な人は、ハローワークの利用を検討してみましょう。ハローワークは、就職に関するサポートを行っている公共の施設。職業紹介だけでなく、求職相談や面接指導などのアドバイスを受けながら就活を進められます。ハローワークは全国500ヶ所以上に設置されており、無料で利用可能。まずは近くのハローワークを調べて利用を検討してみましょう。

ハローワークについては「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」も参考にしてみてください。 具体的なサービス内容や利用方法が解説されています。

4.就職エージェントを利用する

第三者のサポートを受けながら就活をしたい場合、就職エージェントの利用もおすすめです。就職エージェントは民間の企業が提供するサービス。適性に合った求人の紹介や応募書類の添削、面接対策などが受けられます。
就職エージェントのメリットは、企業とのやり取りを専任のアドバイザーが行ってくれる点。初めての就活でも効率的に進められます。扱っている求人や利用者層は就職エージェントによって異なるため、自分に合ったサービスを選びましょう。

25歳フリーターの仕事の探し方については「正社員になりたい!25歳フリーターの求人の探し方とは」も併せてご覧ください。

ハタラクティブは、第二新卒やフリーターなど若年層に特化した就職エージェントです。「フリーターから正社員を目指したいのに自信がない」「就活のやり方が分からない」という方は、ぜひご相談ください。ハタラクティブでは、カウンセリングにもとづいた求人紹介から選考対策まで、一貫したサポート体制が整っています。さらに、面接日程や初出勤日の打ち合わせなど企業とのやり取りもアドバイザーが代行。初めての就活でも安心して進められます。25歳フリーターから正社員への就職を目指したい方は、ぜひハタラクティブをご活用ください。

25歳フリーターが抱えるお悩みQ&A

ここでは、25歳フリーターが感じる疑問について回答します。ぜひ参考にしてください。

25歳フリーターの就職は難しい?

25歳フリーターは、正社員採用の可能性があります。求人数が多い20代のうちに就活し、意欲や将来性をアピールして採用につなげましょう。ハタラクティブでは、20代のフリーターを含む若年層の就職支援を行っています。フリーターから正社員を目指したいと考えている方は、ぜひ利用をご検討ください。 

25歳フリーターが就職活動で活かせる資格は?

就職活動で活かせるのは、応募先企業の業務内容に関連した資格です。IT関係ではITパスポートや基本情報技術者、不動産関係では宅地建物取引士資格などが挙げられます。汎用的なものではTOEICや簿記など。仕事内容と難易度が適切な資格を選んで取得しましょう。フリーターにおすすめの資格について知りたい方は、「フリーターにおすすめの資格を職種別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」 を参考にしてみてください。

25歳フリーターは実家暮らしの方が良い?

フリーターとして収入が安定しない場合は、実家暮らしをおすすめします。「25歳だからもう自立しないと…」と考えて無理に一人暮らしをすると、収入と支出のバランスが取れずに生活が立ち行かなくなる可能性も。一度「フリーターの収入と支出で注意するポイント」を読み、自分が実家暮らしと一人暮らしのどちらに向いているのかを判断してみましょう。 

25歳フリーターは公務員試験を受けられる?

25歳のフリーターは公務員試験を受けられます。ただし、多くの行政や自治体が公務員試験の年齢上限を30歳前後と定めているので、早めに行動すると良いでしょう。公務員試験について詳しく知りたい方は、「フリーターから公務員になれる?勉強方法や注意点もあわせて紹介」を参考にしてみてください。

関連タグ

  • arrow