新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 25歳フリーターの就職事情!高卒でも正社員になれる?将来を考えよう

25歳フリーターの就職事情!高卒でも正社員になれる?将来を考えよう

公開日:

最終更新日:

25歳フリーターの就職事情!高卒でも正社員になれる?将来を考えようの画像

【このページのまとめ】

  • ・25歳までフリーターをしていた人のフリーター期間は選考にほとんど影響しない
  • ・25歳フリーターの選考では、「職業意識」「勤労意欲」「マナー」などが重視される
  • ・フリーターを続けると、高い収入や社会的信用を得られない可能性が高い
  • ・25歳のフリーターが就職するコツは、「自分に合う仕事を選ぶ」「既卒枠を狙う」など

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

25歳までフリーターを続けている人は、これから就職できるか不安に思っているでしょう。しかし、25歳のフリーターでも正社員就職は可能です。このコラムでは、25歳フリーターの正社員採用状況や選考で重視されるポイントなどを紹介しています。25歳フリーターが正社員就職するときのポイントも載せているので、確認してみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

25歳フリーターは就職できる?

25歳フリーターでも就職は可能です。この項目では、フリーターの正社員採用状況をもとにして、25歳フリーターでも就職が可能な理由を紹介しています。25歳フリーターで正社員就職を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

25歳フリーターの正社員採用状況

25歳フリーターの正社員採用率は、厚生労働省の「平成30年若者雇用実態調査の概況『フリーターについて』(p1)」をもとに算出すると、約16%です(調査対象期間は2015年10月から2018年9月までの3年間)。また、25歳を含むフリーター(15~44歳)の正社員採用状況は、以下のように明示されています。

「過去3年間(平成27年10月~平成30年9月)に『正社員を採用する予定があった』事業所の
割合は全体の 49.9%、『正社員を採用する予定があった事業所』の求人にフリーターからの応募
があった事業所の割合は 25.4%で実際にフリーターを正社員として『採用した』事業所の割合は
18.5%となっている。」

上記の「『正社員を採用する予定があった事業所』の求人にフリーターからの応募
があった事業所の割合」と「実際にフリーターを正社員として『採用した』事業所の割合」は、「正社員を採用する予定があった事業所」を100とした場合の割合です。
また、フリーターの年齢は、厚生労働省の「第1回 今後の若年者雇用に関する研究会(p14)」で、15~34歳と定義されています。しかし、「平成30年調査」ではフリーターの年齢を15~44歳として調査しているようです。
分かりやすいように、「フリーターを正社員として採用した事業所」の内訳を年齢層別に見てみましょう。

・15~34歳のみ:10.0%
・35~44歳のみ:2.1%
・15~34歳および35~44歳の両方:6.4%

上記も、正社員を採用する予定があった事業所を100とした場合の割合です。25歳のフリーターは「15~34歳のみ」と「15~34歳および35~44歳の両方」に当てはまるので、正社員採用率は約16.4%と分かります。
また、同調査における調査対象事業所の中で25歳フリーターの採用率が比較的高いのは、「宿泊業・飲食サ-ビス業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「生活関連サービス業・娯楽業」などです。25歳のフリーターが正社員就職を目指す場合は、事業所の正社員採用率や有効求人倍率も1つの指標にすると、より就職できる確率が高まるでしょう。有効求人倍率については、このコラム内の「25歳フリーターが正社員を目指す際の6つのポイント」で紹介しているので、確認してみてください。

正社員採用率や有効求人倍率は定期的に更新されます。より正確な情報を得るために、データを定期的に確認する癖をつけましょう。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況
第1回 今後の若年者雇用に関する研究会資料

フリーター期間の評価

25歳のフリーターが就職する場合、「フリーター期間はほとんど評価に影響しない」と回答する企業が多いようです。正社員採用におけるフリーター期間の評価を、厚生労働省の「平成30年若者雇用実態調査の概況『フリーターについて』(p2)」から抽出すると以下のようになります。

(単位:%)2018年                            

年齢層 正社員採用する予定があった事業所計 フリーターの評価別事業所割合
プラスに評価する 評価にほとんど影響しない マイナスに評価する 不明
15~34歳 100.0 3.1 68.1 13.5 15.2
35~44歳 100.0 1.5 54.9 26.0 17.6

上記から分かるように、フリーター期間が「評価にほとんど影響しない」と回答した事業所は、求職者の年齢層が15~34歳の場合は68.1%で、35~44歳の場合は54.9%です。
25歳フリーターは15~34歳の年齢層に当てはまるので、35~44歳の求職者に比べてフリーター期間が評価に影響しにくいことが分かります。ただし、フリーター期間をマイナスに評価する企業が一定数いることも頭に入れておきましょう。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

重視される項目

25歳のフリーターが就職する際に重視される項目は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」や「マナー・社会常識」「コミュニケーション能力」などです。厚生労働省の「平成30年若者雇用実態調査の概況『フリーターについて』(p2)」に掲載されている、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」のデータを抽出すると、以下のようになります。

(単位:%)2018年

  15~34歳
正社員を採用する予定があった事業所計 100.0
フリーターを正社員として採用した    84.5(100.0)
フリーターの正社員への採用選考にあたり重視した点(複数回答) 学歴・経歴 (7.9)
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神 (68.7)
柔軟な発想 (5.9)
マナー・社会常識 (59.8)
組織への適応性 (33.4)
業務に役立つ専門知識や技能
(資格・免許や語学力)
(19.9)
業務に役立つ職業経験・訓練経験 (17.5)
コミュニケーション能力 (52.5)
従順さ・会社への忠誠心 (7.8)
体力・ストレス耐性 (11.0)
その他 (1.2)
フリーターを正社員として採用しなかった 3.5
不明 12.1

※( )は「フリーターを正社員として採用した事業所」を100としたときの割合

上表から分かるように、25歳前後のフリーターが正社員採用で重視されやすいのは、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神(68.7%)」「マナー・社会常識(59.8%)」「コミュニケーション能力(52.5%)」です。そのため、25歳のフリーターでも就業意欲の高さや一般的なマナーが備わっていれば、就職は十分に可能だといえます。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

高卒でも早いうちに行動すれば就職可能

高卒25歳のフリーターでも、就業意欲があれば就職は可能です。1つ上の項目で述べたとおり、企業がフリーターの正社員採用選考で重視するのは、勤労意欲やマナー、コミュニケーション能力など。学歴や経歴を重視する企業はあるものの、ほかの項目に比べて低い値です。
ただし、このコラム内の「25歳フリーターの正社員移行率」に書いてあるとおり、正社員就職は年齢を重ねるごとに難しくなります。そのため、25歳前後の高卒フリーターが就職を目指す場合は、早めに行動するのがおすすめです。
高卒フリーターでも就職できる?」では、高卒フリーターが就職するときのコツを紹介しているので、参考にしてみてください。

25歳フリーターの正社員移行率

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「資料シリーズNo.217『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』(p72)」によると、25歳フリーターの正社員移行率は、男女計で20.9%です。男性のみの場合は35.0%、女性のみの場合は16.0%となります。
上記の値がほかの年代と比べて高いのか低いのか、次の項目で確かめてみましょう。

25歳以外のフリーターにおける正社員移行率

まずは、独立行政法人労働政策研究・研修機構による「資料シリーズNo.217『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』(p72)」のデータをもとにして、フリーターの正社員移行率を以下にまとめます。

  男性 女性 男女計
15-19歳 37.3% 29.9% 29.9%
20-24歳 38.4% 32.7% 32.7%
25-29歳 40.1% 25.5% 25.5%
30-34歳 34.3% 18.1% 18.1%
35-39歳 29.8% 15.5% 15.5%
40-44歳 27.1% 15.6% 15.6%

上表から分かるように、フリーターの正社員移行率が低下傾向になるのは、男性の場合は30歳以降、女性の場合は25歳以降です。そのため、25歳フリーターかつ女性の場合は、1日でも早く就職に向けて行動することが重要だといえます。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
資料シリーズNo.217若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―

フリーター期間と正社員就職率の関係

基本的に、フリーター期間が延びるほど正社員就職率は低下するようです。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書 No.199大都市の若者の就業行動と意識の分化―『第4回 若者のワークスタイル調査』から―(p128)」では、フリーター継続期間と正社員になれた割合の関係が以下のように掲載されています。

フリーター期間と正社員就職率の関係のグラフ

 

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書 No.199大都市の若者の就業行動と意識の分化―『第4回 若者のワークスタイル調査』から―:図表6-34 フリーター継続期間と正社員になれた割合(p128)

上表から分かるように、フリーター継続期間が7カ月~1年のときに最も正社員就職率が高く、その後は基本的に低下傾向です。また、正社員就職率は、女性よりも男性の方が高いと分かります。
現在25歳で、大学卒業後すぐフリーターになった方のフリーター期間は、3年~4年です。グラフを見ると、フリーター期間が2年~4年の間は大きな変化がありません。しかし、4年以降は一気に正社員移行率が低下しています。25歳フリーターで正社員就職を目指している方は「まだ3年だから大丈夫」と思わずに、早めに行動を起こしましょう。

すべてのフリーターが上表のパターンに当てはまるわけではありません。しかし、「基本的には、フリーターを長く続けるほど正社員就職は厳しくなる」と念頭に置いておきましょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
労働政策研究報告書 No.199大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―

25歳フリーターの将来は?

25歳フリーターがそのままフリーターでい続けると、将来は「高い収入が見込めない」「社会的信用を得にくい」などのデメリットが生じます。また、雇用が不安定な点もフリーターを続けるデメリットといえるでしょう。25歳前後でフリーターをしている方は、以下を参考にしながら将来を想像してみてください。

高い収入が見込めない

フリーターは基本的に、将来高い収入が見込めません。なぜなら、フリーターは正社員に比べて昇給や昇格のチャンスが少なく、ボーナスをもらえない場合が多いとされているからです。大学卒業後すぐに就職した場合、25歳は入社3年目の年であり、役職に就く人もいるでしょう。そのため、25歳のフリーターがそのままフリーター生活を続けていると、正社員との収入差は大きく開いていくと考えられます。「フリーターの収入の平均はいくら?正社員との差はどれくらい?」では、フリーターの年代別収入や正社員との差を詳しく解説しているので、あわせて確認してみてください。

雇用が不安定

フリーターは正社員に比べて雇用が不安定な傾向にあります。なぜなら、フリーターとは有期雇用のパートやアルバイト労働者を指すからです。そのため、契約が更新されなければ仕事を失うことも。特に、25歳でひとり暮らしのフリーターは、仕事を失うと生活費を払えなく恐れがあります。
一方、正社員は会社と無期雇用契約を結んでいる人のことで、重大な過失を起こさない限りは基本的に、減給や解雇の心配はありません。

社会的信用を得にくい

フリーターでい続けると、社会的信用が得られにくくなります。社会的信用を得られる要素は、「高い経済力」や「社会的地位」など。しかし、上記2つの項目で述べたとおり、フリーターは基本的に高い収入が見込めず、雇用が不安定です。そのため、正社員に比べて社会的信用が得にくいといえるでしょう。

25歳は結婚を意識し始める人も多い年齢です。しかし、フリーターのままだと将来住宅ローンの借り入れやクレジットカードの作成ができないことも。結婚後に車や住宅などの購入を検討しているフリーターの方は、正社員就職を検討してみましょう。
フリーターの末路…就職を目指すべき理由とは」でもフリーターの将来について解説しているので、気になる方はご覧ください。

25歳フリーターが正社員を目指す際の6つのポイント

25歳のフリーターが正社員就職するときは、「求人の現状を知る」「自分に合った仕事を選ぶ」など、以下の6項目を参考にしてみてください。

1.求人の現状を知る

25歳フリーターが正社員を目指すときは、「有効求人倍率」を確認して求人の現状を知りましょう。有効求人倍率とは、「求職者1人に対して何件の求人があるか」を表す指標のことです。そのため、有効求人倍率を見ると、就職しやすい時期かどうかがある程度分かります。
ちなみに、厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)について(p9)」によると、2021年の有効求人倍率(全国計)は1.03倍で、求人数が求職者数を上回っていることが分かります。また、業界別で有効求人倍率を確認すれば、狙い目の業界も判断できるのでおすすめです。

有効求人倍率はあくまでも指標の一つに過ぎません。25歳フリーターの方は、就職時期を見計らい過ぎて余計に年を重ねてしまうことがないように注意しましょう。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)について

2.自分に合った仕事を選ぶ

25歳フリーターが就職するときは、自分に合った仕事を選びましょう。自分に合った仕事とは、「やりがいを感じる」「作業が楽しい」などさまざまです。得意・不得意や好きなこと・嫌いなことを明確にして自己分析し、自分にとっての「合う仕事」とは何かを考えてみてください。そうすれば、就職後にミスマッチを起こす可能性が低くなります。「25歳フリーターだからもう後がない…」と焦らずに、まずは自己分析から始めてみましょう。

3.既卒・第二新卒枠を狙う

大学を卒業している25歳前後のフリーターは、既卒や第二新卒枠を狙うのがおすすめです。企業の中には、既卒や第二新卒を積極的に採用しているところがあります。既卒は「企業に染まっていないこと(柔軟性)」、第二新卒は「基本的なビジネスマナーが備わっていること」が評価されやすいようです。そのため、25歳前後の大卒フリーターは、柔軟性やビジネスマナー、仕事への熱意などをアピールしてほかの求職者と差をつけましょう。

4.25歳までフリーターをしていた理由を明確にする

25歳までフリーターだった理由は明確にしておいてください。面接では、「なぜ25歳までフリーターをしていたのか」を問われる可能性が高いといえます。そのため、「25歳までフリーターをしていた理由」や「現在は働く意欲があること」などは、最低限伝えられるように準備しておきましょう。

25歳までフリーターだった理由は、正直に話してください。25歳まで何となくフリーターを続けていた人も嘘をつかず、反省点や今後の目標を語りましょう。

5.就活時のマナーを学んでおく

25歳のフリーターが就活をするときは、事前に最低限のマナーを学んでおきましょう。このコラム内の「25歳フリーターの正社員採用状況」で述べたとおり、25歳のフリーターが就職する際に重視される項目は、「マナーや社会常識」「チャレンジ精神」「コミュニケーション能力」などです。そのため、「25歳でフリーター」という肩書きにとらわれず、最低限のマナーを身につけて就業意欲をアピールしましょう。就活時のマナーを学びたい方は、「これさえあれば大丈夫、フリーター就活で抑えたい最低限のマナー集」をご覧ください。

6.就職エージェントを利用する

25歳までフリーターをしていて、今さら就職できるか不安な方は、就職エージェントを利用しましょう。就職エージェントでは、就職に関する経験や知識を豊富に持ったアドバイザーが、就職活動を一からサポートしてくれます。

就職エージェントのハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層のサポートに特化。
求職者の適性や希望に合った仕事を紹介するので、「25歳までフリーターをしていた」という方にも安心してご利用いただけます。履歴書作成や面接対策などもマンツーマンでアドバイス。サービスはすべて無料なのでぜひお気軽にご相談ください。

25歳フリーターが抱えるお悩みQ&A

ここでは、25歳のフリーターが持つ「実家暮らしするべきか」「結婚できるか」などの疑問に回答します。お悩みの解決にぜひお役立てください。

フリーターは実家暮らしの方が良い?

フリーターとしての収入が安定するまでは、実家暮らしをおすすめします。「25歳だからもう自立しないと…」と考えて無理に1人暮らしをすると、収入と支出のバランスが取れずに生活が立ち行かなくなる可能性も。一度「フリータ-の収入と支出で注意するポイント」を読み、自分が実家暮らしと1人暮らしのどちらに向いているのかを判断してみましょう。
 

25歳フリーターは公務員試験を受けられる?

25歳のフリーターは公務員試験を受けられます。ただし、多くの行政や自治体が公務員試験(一般枠)の年齢上限を30歳と定めているので、早めに対策すると良いでしょう。公務員試験について詳しく知りたい方は、「フリーターから公務員になる方法」を参考にしてみてください。
 

フリーターでも結婚できる?

フリーターが結婚できるかどうかは、交際相手の判断次第です。ただし、交際相手が許してくれても、相手の両親が許してくれない可能性もあります。詳しくは、「フリーターは結婚できる?できない?後悔しないために必要なポイントを紹介」をご覧ください。25歳は20代の折り返し地点なので結婚を考え始める方も多いですが、将来が不安な方は早めに正社員就職を目指しましょう。
 

フリーターの就職に有利な資格はある?

フリーターの就職に有利な資格は、応募企業の業務内容と関連性のある資格といえます。ただし、企業によっては、資格の有無よりも実務経験を重視するようです。そのため、25歳のフリーターは資格取得によって就職時期を延ばすのではなく、初めから正社員就職を目指すのが無難でしょう。どうしても資格を取得したい場合は「フリーターにおすすめの資格と取得時の注意点を解説」を参考にしてください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ