履歴書にアルバイトの職歴は必要?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職歴欄は、経験や仕事で得たスキルをアピールする役割を持つ

    ・アルバイト求人へ応募する場合や正社員経験がないときは、アルバイトの職歴を記載しよう

    ・正社員から正社員へ転職する際や新卒での就活の際は、アルバイト経験について書かなくて良い

    ・アルバイトの職歴は雇用形態がわかるように書こう

    ・ポジションや得たスキル、学んだことを書いてアピールにつなげよう

    ・アルバイトをしながら就活をしている方は、「現在に至る」の記載を忘れずに

    ・バイト先が複数あって書ききれない場合は、応募先へのアピールにつながる職歴を抜粋しよう

フリーター歴の長い方や短期のアルバイトを転々としていた方の中には、応募書類の職歴の書き方に悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回のコラムではアルバイトの職歴は履歴書にどう記入するのが正解なのかをまとめました。

アルバイト歴を書かないほうが良いケースについてもご説明しているので、就活を始める前にぜひ目を通してみてください!

◆職歴欄の役割って? 

就職・転職において履歴書の職歴欄は、採用担当者が求職者の能力や人物像を判する材料になります。

職歴欄は単に事実を並べる項目と思っている人もいるようですが、職歴を通して企業に自分の力をアピールする箇所であることを忘れずに。

 

企業の担当者は、職歴から応募者がどんな業界で、どんなポジションで経験を積んできたのかを知り、応募者が持っているスキルやポテンシャルを判断しています。

入社や退社についてだけではなく、「〇〇を担当」「〇〇や〇〇を学ぶ」など、具体的なポジションや実績、その職で得たスキルを書き込むことで、採用担当者の目を惹く職歴ができるのではないでしょうか。

◆アルバイトの職歴、書いた方が良い場合は?

アルバイトの職歴を書いた方が良い時とは、どのような時なのでしょうか。具体的なケースを挙げてみました。

 

【アルバイト求人へ応募する場合】

アルバイト求人へ応募するときは、応募先で過去のアルバイト経験が活かせることもあるため記入しておきましょう。

特に、長く勤めた経験や応募先の求人と同じような職種を経験している場合は、「即戦力になりそうだ」と採用担当者に良い印象を与える可能性も。

派遣社員の求人に応募する場合も、アルバイト経験を職歴として記載すると良いでしょう。

 

【正社員経験がなく、応募企業で活かせるアルバイト経験がある場合】

正社員求人へ応募する場合、基本的にアルバイト経験を記載する必要はありません。

しかしながら、長く勤めたアルバイト(1年以上が目安)や、応募先企業の業務に関連するアルバイトは、自分の強みや自己PRにつなげることもできるため、記入すると良いでしょう。

 

【正社員経験後、アルバイトをした場合】

正社員として勤めた企業を退職しアルバイトをしていた場合は、職歴でアルバイト経験を抜いてしまうと退職後に何をしていたのか分からない“空白期間”が生じてしまいます。

空白期間があると、「ブランクがある」「遊んでいたのでは」と、採用担当者にネガティブな印象を与えてしまうケースも。



正社員経験とともにアルバイト歴を記入しておくことで、ブランクではなく“自己啓発やスキルアップのためのアルバイト経験”としてアピールすることもできるでしょう。

企業や応募職種によっては、正社員経験よりもアルバイトで得た経験やスキルを重視するところもあります。

「アルバイトだから評価されない」と思うのではなく、アルバイト経験であってもアピールできる点をきちんと記載し、担当者が魅力的に感じる履歴書を作成しましょう。

◆アルバイトの職歴、書かない方が良い時とは? 

前項とは違い、職歴を書かないほうが良いケースとはどのような時なのでしょうか。

 

【正社員から正社員へ転職する時(ブランクなし)】

前項でも紹介した通り、正社員の就職活動では、基本的にアルバイト歴を記入する必要はありません。

中途採用では“職歴=正社員としての経歴”というのが一般的で、アルバイトは職歴と捉えない傾向にあるためです。

そのため職歴欄には、アルバイト歴は書かずに正社員として企業に勤めた経験のみ記入します。

 

【新卒として就職活動をする場合】

新卒の場合も、上記のケースと同様に、アルバイト歴の記入は不要です。

社会人経験のない学生は就職活動をする際は、職歴欄には「なし」と記入するのが一般的。

アルバイト経験についてアピールしたいことがある場合は、“学業以外の取り組み”などの項目に記入する欄に書きましょう。もしくは、自己PRでアルバイト経験から学んだ内容について言及するようにします。

◆アルバイトの職歴の書き方 

アルバイト歴を職歴欄に書くポイントは、アルバイトだと分かるように記入することです。

特に、正社員経験のある方は、企業へ入社したこととアルバイト歴が混同しないように注意が必要です。

 

例:〇〇年×月 株式会社△△入社

  〇〇年×月 株式会社△△退社

  〇〇年×月 株式会社□□入社(アルバイト)

  〇〇年×月 株式会社□□退社(アルバイト)

 

また、アルバイトの職種や業務内容が、応募先企業で活かせるアピールポイントになる時は、その旨を書き込むことも可能です。新人の指導経験、バイトリーダーの経験、評価された点、数値でわかる実績などを記入しておくと、採用担当者が求職者の経験やスキルを想像しやすくなります。

 

例:〇〇年×月 株式会社△△入社(アルバイト)

  バイトリーダーとして新人指導を行う

 

さらに余裕がある場合は、配属された部署や職種、仕事の内容についても触れると良いでしょう。

また、資格試験などの勉強をしていた場合、勉強しながらアルバイトした旨を書き込むことで向上心や成長したいというモチベーションを示せるかもしれません。

とはいっても履歴書の職歴欄は見やすくシンプルにまとめるのが基本。

アピールしたい内容が多く文章量が増える場合は、履歴書に概要を書いた上で詳細について職務経歴書に書き込むのがおすすめです。

◆就職活動中もアルバイトを続けている場合 

アルバイトをしながら就活をしている人は、職歴の最後に「現在に至る」の一言を入れます。

さらに、「現在に至る」と書いた次の行に右寄せで「以上」と記載するのが履歴書の基本ルールなので、覚えておくと良いでしょう。

「現在に至る」とは、今もその勤務際に勤めていることを意味する言葉で、変わりに「在職中」といった表記を使っても問題はないでしょう。

◆アルバイト経験が多く書ききれない人は? 

短期間のアルバイトを転々としていた場合は、アルバイト歴を羅列するのではなく、応募先企業へのアピールにつながりそうなものをピックアップするのがおすすめです。代表的なものを記入した後は、履歴書の自己PR欄や職務経歴書にアルバイトの詳細をまとめるようにしましょう。

「バイト歴がありすぎて書くのが面倒!」とアルバイト歴のほとんどを省略してしまうと、「この人は何もやっていなかったのでは?」と思われる危険が。

職歴は適当にまとめるのではなく、応募先にアピールするポイントは何かを意識しながら作成するようにしましょう。

◆就職・転職で正社員を目指すならハタラクティブへ! 

学校のサポートや合同説明会などが豊富で、就職活動に対するバックアップが充実している新卒に対し、アルバイトやブランクがある状況からの転職・就職活動は自分から行動する必要があり、1人は不安だという方も多いようです。

 

「正社員になりたいけど何から手をつけて良いのか分からない」という方は、1人で行動するより、専門の就活アドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブは高卒や既卒、フリーターといった若年層に特化し、内定決定までを手厚くサポート!

経験豊富な就活アドバイザーが、希望や条件に合った正社員求人の紹介をはじめ、履歴書作成のアドバイス、面接対策、入社後のフォローまでを行います。

 

「アルバイトから正社員へ転職したい」「ブランクがあるけど正社員を目指したい」という方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ