職歴がアルバイトのみの場合の職務経歴書はどう書く?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職歴がアルバイトのみの場合の職務経歴書はどう書く?

2016/05/22

【このページのまとめ】

  • ・職務経歴書にアルバイト経験を書いても問題ない
    ・特に「応募先企業で役立つアルバイト経験」があるときは職歴として応募書類に記載する
    ・職務経歴書は簡潔に記入し、「ひと目で分かりやすい見た目」にすることが大切
    ・さまざまなアルバイト経験がある場合は、ある程度絞って記入する

    ・職歴がない、経験が浅いという場合には、志望動機や自己PRに力を入れるのが重要

フリーターの方が就職活動をするとき、「アルバイト経験しかないけど大丈夫?」と不安になる人は多いのではないでしょうか。
このコラムでは、フリーターの方向けに、履歴書や職務経歴書の書き方のコツをご紹介。
アルバイト経験のアピール方法を知り、自信を持って求職活動に取り組みましょう。

 

◆アルバイト経験しかない…と不安になる必要はない

就職、転職活動時に企業から提出を求められることの多い「履歴書」と「職務経歴書」。
応募書類の作成でフリーターの方が特に困りがちなのが、「職歴」の書き方ではないでしょうか。

履歴書や職務経歴書を作成する際、「正社員を目指す場合はアルバイトを職歴欄に記載する必要はない」という考え方が一般的。では、アルバイト経験しかない場合は、何も書いてはいけないの?と思ってしまうかもしれませんが、そういう訳ではありません。

 

アルバイトは正社員と比べると「責任のある仕事をしていたの?」と思われてしまう可能性が高いですが、大切なのはどう仕事に取り組んでいたのかということ。
それをきちんとアピールできるのであれば、履歴書や職務経歴書にアルバイト経験を書くことがプラスに働くこともあるでしょう。

アルバイト経験は、書かなくても特に問題はありませんが、「応募先企業で役立つアルバイト経験」があるときは、効果的なアピール材料になることもあります。
また、アルバイトによって、コミュニケーション力、リーダーシップ、臨機応変に対応する力など、仕事に役立つ能力があれば、より高い評価が期待できるでしょう。

アルバイト経験のみでも、採用担当者にアピールできる材料はたくさんあります。
目立つ経験や能力でなくても良いので、「どんなことが仕事に役立ちそうか」という点を意識して、自分の経験を振り返ってみましょう。

なかなかアピールポイントが見つからないときは、企業のニーズと照らし合わせて考えてみると、探しやすいかもしれません。

「アルバイト経験しかないから…」とマイナスに捉えず、「アルバイトでこんな力が身についた」「この経験は就職後にも役立つかもしれない」と前向きに考えてみましょう。

◆フリーターの方向け!職務経歴書を書くコツ

項目がある程度決まっている履歴書と違い、職務経歴書に記載する内容は自由です。
そのため、読みやすいフォーマットで作成されているか、必要な情報が書かれているか…という部分も見られていることを意識しましょう。

職務経歴書は、正社員経験のある人が記入する書類という印象がありますが、中途採用では履歴書とセットで提出を求められることがほとんど。
特に、1度正社員経験のある人や、フリーター歴の長い人は、職務経歴書の書き方を学んで置いたほうが良いでしょう。

職務経歴書を書くときのコツは、「ひと目で分かりやすい見た目」にすることです。
採用担当者がひと目で応募者の言いたいことが分かるよう工夫し、簡潔に書きましょう。

【フリーターが職務経歴書に書くこと】

・アルバイト先の名前
・入社した時期
・退社した時期
・具体的な業務内容
・身についたスキル
・応募先企業で役立つ能力
・自己PR
・志望動機  …など


正社員の場合は所属部署や役職、実績なども詳細に記載しますが、アルバイトでは業務内容や身についたスキルを詳しく記載しましょう。 
重要なのは、「アルバイトで得たスキルや経験が、仕事にどう活かせそうか」ということ。

アルバイトでリーダーを経験した、お店の売上に大きく貢献した、などの成果や実績があれば、積極的にアピールすると良いでしょう。

◆さまざまなアルバイト経験があるときは?

フリーターの時期が長く、さまざまなアルバイトを経験したという人は、職務経歴書にどのように書けば良いのでしょうか。

「職務経歴書には全てのアルバイト経験を記入する」と思われがちですが、先述したように、正社員を希望する場合、アルバイト経験は職歴に記載する必要はないという考え方があります。
そのため、アルバイト経験をだらだらと全て記入するよりは、「応募先企業へアピールしたいアルバイト」に絞って記入した方が、見やすく分かりやすい効果的な職務経歴書になるでしょう。

また、職務経歴書には時系列順に職歴を記載する「編年体形式」と、職業や業種ごとにまとめる「キャリア形式」の2つの書き方があるので、自分の経歴を伝えやすい書き方を選ぶことも大切です。

職務経歴書に記載するアルバイトは、フリーター生活の中で勤務期間が長かったもの、応募先企業に関連するものなどをピックアップして書くのがおすすめ。 
フルタイムで勤務して社員と同様の働きをしていた場合は、その経験についても記載しておきましょう。


ひとつ注意が必要なのは、アルバイトと次のアルバイトの期間が長すぎると、「空白期間」と捉えられるケースがあることです。
仕事をある程度絞る場合は、「何もしていない期間があるのでは?」と思われないように、「この期間に〇〇のアルバイトを経験」などと、一言付け加えておくと良いでしょう。

◆職歴がない場合は自己PRが肝心

アルバイト歴しかない、志望する業種と無関係の仕事しかしたことがない…そんな不安を抱えている方は、自己PRと志望動機に力を入れて応募書類を作成しましょう。

 

特に20代などの若い方の就職活動の場合、採用担当者は応募者の熱意や志望度の高さを重要視していることが多いのです。そのため、それらが伝わる自己PRや志望動機を添えることで、職歴に自信がなくても内定獲得の可能性が高まります。

 

例えば、志望企業の業務に関わる資格取得をした、取得のために勉強中である…というような内容は効果的。

「業界に関連するニュースを毎日チェックしている」「関連する書籍で勉強している」などの些細なことでも良いので、アピールポイントとして記載しておきましょう。

業界・企業研究をした上で、企業が求めるスキルを身につけようとしている姿勢を見せることが大切です。



いかがでしたか?
このコラムでは、アルバイト経験しかないフリーターの方向けの職歴欄、職務経歴書の書き方のアドバイスをご紹介しました。


それでも書き方がわからない、何がアピールポイントになるのか知りたい…など、応募書類の書き方についてもっと詳しく知りたいという人は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは、フリーターや既卒、第二新卒など、若年層向けのサービスが充実。
求人のご紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書作成のアドバイス、面接対策、スケジュール調整、企業との交渉代行など、幅広く就職活動をサポートしています。

フリーターの方が抱える不安や疑問は、専任の就活アドバイザーへ気軽に相談可能です。
就職活動が未経験という方も、安心してご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ