25歳のニートは職歴なしでも就職できる?成功率アップの就活方法とは

フリーター25歳からでも就職できますか?

社会人未経験の25歳でも就職することは可能です。ただし、年齢が上がると経験が重視される傾向があるので、できるだけ早く行動に移すようにしましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

25歳のニートは職歴なしでも就職できる?成功率アップの就活方法とは

25歳ニートから正社員を目指すのは難しいと考えている方は多いようです。実際は、25歳ニートが正社員採用される可能性は十分あります。20代の人材は需要が高く、経歴より将来性を重視した採用が多いからです。ただし、30歳を超えると経験やスキルの重要度が増すため、ニートから正社員採用されるハードルは上がります。就職成功のためには、採用される可能性がある20代のうちに行動を起こすことが大切です。

25歳ニートは今から正社員を目指せる?

20代のうちは年齢や将来性に期待されるため、25歳のニートも正社員になれる可能性があります。以下では正社員への年齢別の移行率や採用で重視される項目について解説。若さやポテンシャルが評価されることを理解し、自信をもって正社員を目指しましょう。

25歳ニートは正社員採用のチャンスがある

少子高齢化が進む日本では、若い人材の需要が高い傾向にあります。25歳のニートも、若さが評価されて正社員採用につながる可能性があるといえるでしょう。

ニートから正社員への移行率は20代がピーク

労働政策研究・研修機構の「資料シリーズNo.217若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③‐平成29年版「就業構造基本調査」より‐(p.105)」 をもとに、1年前にニートだった人が正社員に移行した年齢別の割合を以下にまとめました。

  男性 女性
15‐19歳 16.1% 16.4%
20‐24歳 20.6% 22.7%
25‐29歳 22.0% 18.3%
30‐34歳 12.5% 10.7%

引用元:労働政策研究・研修機構「資料シリーズNo.217若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③‐平成29年版「就業構造基本調査」より‐

正社員になった人の割合が最も大きいのは、男性が25‐29歳で女性は20‐24歳。ニートから正社員への移行割合が最も大きいのは男女ともに20代であることが分かります。30歳を超えると男女ともに割合が減少しているため、25歳からでも正社員を目指したほうが良いといえるでしょう。

参照元
労働政策研究・研修機構
資料シリーズNo.217 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③‐平成㉙年版「就業構造基本調査」より‐

20代の就職では経歴が重視されにくい

20代の就職では選考で経歴が重視されにくいため、働いていない期間があるニートも就職を目指しやすいといえます。厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況」をもとに、若年者(15~34歳)の正社員採用で重視される項目についてまとめました。

選考で重視した点 新規学卒者 中途採用者新規
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神 77.9% 76.0%
コミュニケーション能力 71.1% 62.9%
学歴・経歴 25.4% 23.1%

引用元:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

正社員の採用選考では「学歴・経歴」より「勤労意欲」や「コミュニケーション能力」を重視する企業が多いといえます。経歴に自信がない25歳ニートでも、仕事への前向きな姿勢や人柄をアピールすれば、正社員採用の可能性は高くなるでしょう。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

競争率が高い大手企業は避けるのが無難
25歳ニートが応募先企業を選ぶ際、人気の高い大手企業を避けたほうが就職成功率は高まるでしょう。大手企業や有名企業の応募者は新卒や高いスキルを持った転職者などが多く、ニートは不利になりがちだからです。働きたい会社の難易度が高い場合は、まず中小企業に入って知識や技術を身につけてから転職する方法を検討してみましょう。

25歳ニートは企業からどう見られる?

ニートは、企業側から「就業意欲の低さ」や「社会人生活への適応能力」などを危惧されがちです。企業側の懸念を払拭するために、選考過程ではニート期間中の過ごし方や正社員を目指す理由を具体的に説明しましょう。25歳は若さと将来性が評価される年齢でもあるため、企業側の不安が解消されれば、採用の可能性は十分にあります。

ニート期間がマイナスに評価される傾向がある

企業によっては、25歳までニートを続けたことに対してマイナスのイメージを抱く場合があるようです。仕事への意欲や社会人生活への適応能力の低さを懸念されやすくなってしまいます。

働く意欲の低さが懸念される

ニート期間がある応募者に対して企業側が懸念するのは、「働く気がないからニートになったのではないか」という就業意欲の低さです。意欲がなければ将来の成長は見込めず、25歳と若い人材であっても企業が採用するメリットはありません。ニートを脱却し正社員になりたいと思った理由を明確に述べて、仕事への意欲をアピールする必要があります

正社員の生活に適応できるか危惧される

社会人生活への適応能力の低さも、25歳のニートに対する企業の懸念点の一つ。働かないことを自ら選択したニートは、企業から「嫌なことからすぐ逃げる人」なのではというイメージを持たれ、責任が重い正社員の生活に適応できないという不安を抱かれやすいといえます。また、ニート期間は「不規則な生活を送っている」と見なされることも。規則正しい生活に適応できず、採用してもすぐ辞めてしまうのではと考える企業もあるようです。

25歳以降もニートを続ける3つのリスク

25歳を過ぎてもニートを続けると、生涯年収や社会的信用度が低くなるリスクがあります。また、年齢が上がるほどニート脱出が困難に。以下では3つのリスクについて解説しているので、参考にしてみてください。

1.収入が少なく生活が厳しくなる

ニート期間が長くなると無収入の期間が長くなるうえ、年齢が上がると正社員への就職が困難になるため、生涯年収が低くなる可能性が高いでしょう。貯金することも難しいため、将来的に生活が困窮するリスクがあります。

親の支援があっても将来の生活は厳しい

親の支援で生活が成り立っていても、同じ暮らしを続けられる保証はありません。収入が少ないニートの中には、親の経済的支援によって生活を送っている人も多いようですが、親が退職して収入が減少したり亡くなったりすれば、将来的に生活が苦しくなる可能性は十分あります。

正社員との生涯年収の差は約1億円

ニートの生活が苦しくなれば、アルバイトをして収入を得れば良いと考えている人もいるでしょう。しかし、フリーターと正社員の生涯年収には大きな差があるのが現状です。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2020‐労働統計加工指標集‐」をもとに、大学卒業から60歳までの正社員とフリーターの生涯年収を以下にまとめました。

  男性 女性
正社員 2億7,200万円 2億1,500万円
フリーター 1億5,300万円 1億2,100万円

引用元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2020‐労働統計加工指標集‐」
正社員の生涯賃金(p.319)
非正社員の生涯賃金(p.336)

男女ともに、正社員とフリーターでは生涯年収に1億円近くの差があることが分かります。収入を得て将来の生活を安定させるためには、フリーターより正社員のほうが向いているといえるでしょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計2020‐労働統計加工指標集‐

2.社会的信用が低く将来設計が困難になる

収入がない、または少ないニートの社会的信用度は低く、将来設計に影響を及ぼす可能性があります。社会的信用度の判断材料となる社会的地位や保有資産などは、ニートのままでは得るのが難しいのが実情。社会的信用度が低いと、クレジットカードやローン、賃貸契約の審査などに通りにくくなるようです。
また、25歳は結婚を考え始める年齢ですが、社会的信用度が低いことで結婚に踏み切れなかったり、周りに反対されたりするケースがあるようです。ニートを続けることで、将来の選択肢が限られたものになってしまうリスクがあります。

3.年齢を重ねるとニートからの脱出が難しくなる

ニートのまま30歳を超えると、就職は難しくなります。30代以降の正社員採用で重視されるのは即戦力となる技術や知識のため、ニートはスキル不足と見なされてしまうことが多いからです。
また、正社員だけでなくアルバイトで採用されるのも難しくなるでしょう。アルバイトでは、体力があって教育しやすい若い人材が優先して採用される傾向があるからです。十分な就業経験がないまま年齢を重ねてしまうと正社員はもちろんフリーターになるのも難しくなり、ニートを続けるしかない未来が考えられます。

25歳フリーターの将来は?正社員就職を成功させる方法を紹介」では、フリーターの将来について解説しています。ニートを続けるリスクと併せて参考にしてみてください。

25歳ニートが就職するために取るべき3つの行動

正社員を目指したい25歳ニートは、まず生活習慣の見直しや人との会話を増やすことから始めてみましょう。以下に、就職活動を始める前にやっておくべきことをまとめましたので、参考にしてみてください。

1.正しい生活習慣を心がける

生活習慣を整えて、社会人としての生活に備えましょう。正社員の仕事では、就業時間や休日が固定されていることが多く、日中は働く可能性が高いです。就職後の生活に速やかに対応できるようにするため、昼夜逆転の生活を送っている人は、起床時間や就寝時間に気をつけて正しい生活リズムに戻しましょう。食生活が乱れている25歳のニートは、栄養バランスの良い食事を朝昼夜の3回とることを心がけてみてください。生活習慣が乱れたまま選考に進むと、集中できず実力が十分に発揮できない可能性も。事前に生活習慣の見直しを行い、選考に臨みましょう。

2.社会人にふさわしい身だしなみを整える

社会人にふさわしい、清潔感のある服装や髪型を心がけましょう。髪を切ったり、ひげを剃るなどして見た目を整えます。応募者の見た目は、面接での第一印象を左右することも。特に、25歳で職歴がないニートの人は採用担当者に好印象を与えるために、普段から身だしなみに気を配ることが大切です。

3.人と会話する機会を増やす

人との会話を増やすことも、就活に向けた準備の一つです。25歳のニートのなかには、人と会話をする機会が少ないという人もいるでしょう。人と喋ることに慣れていないと、面接でハキハキ喋れなかったり、表情が硬くなったりする可能性があります。まずは家族や友人と直接会話をすることから始めてみてください。

まずはアルバイトを経験するのも一つの手
ニートからいきなり正社員になるのが不安な場合は、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。仕事をすることで人とコミュニケーションを取る機会も増え、社会人になるための基礎を作れます。ただし、アルバイトを続ける期間は事前に決めておくことが重要です。25歳から期限を決めずにアルバイトを始めると、正社員を目指しやすい年齢を過ぎてしまう可能性が考えられます。

ニートが就活を始める前に取り組むべきことについては、「ニートから正社員は無理じゃない!受かる人の特徴やおすすめの仕事を紹介」も参考にしてみてください。

25歳ニートから正社員就職しやすい業界・職種は?

25歳ニートにおすすめなのは、人手不足で採用人数が多い業界や、未経験でも応募しやすい職種です。以下では、ニートから正社員を目指すのにおすすめの業界や職種について解説しているので、参考にしてみてください。

人手不足で求人が多い業界

人手不足の業界は、積極的な採用活動を行っている傾向にあるため、25歳のニートも目指しやすいといえます。特に採用が活発に行われているのは、以下の3つの業界です。

1.介護業界

高齢化が進む日本において需要が高い業界です。慢性的に人手不足の状態が続いているため、採用の間口が広い業界でもあります。また、需要の高さから都市部や地方など場所を問わず求人数が多いのも特徴。介護施設で働くのに資格は必要ないため、25歳で未経験のニートも目指しやすい業界です。

2.IT業界

デジタル化が進む現代において、業界の成長に併せて人材の確保が必要なため、採用を拡大している業界です。専門的な知識や資格が必要なイメージがあるIT業界ですが、未経験者の採用も積極的に行われています。「学びたい」という意欲や基本的なパソコンスキルがあり、今後の成長が期待できる25歳の人材なら、未経験のニートからでも採用される可能性はあるでしょう。

3.飲食業界

飲食業界も人手不足が続いているため、未経験者の採用も積極的に行われています。飲食業界の働き口は居酒屋やカフェ、レストランなどさまざまあるものの、最初は「店舗スタッフ」として採用されることが多いようです。接客や調理補助が主な仕事で、採用時に資格や経歴が重視されることは少なく、25歳で社会人未経験のニートでも採用されやすいのが特徴。日々の業務をこなして経験を積むことで、将来的に店長に昇進したり、店舗開発や広報といった本社の業務に就いたりとキャリアアップが図れます。

未経験者が挑戦しやすい職種

未経験者可の求人が多い職種は、採用時に資格や専門的な技術を問われにくいものが多いため、経験やスキルが不足しがちな25歳のニートにおすすめです。また、未経験者の採用を行っている企業では、資格取得の支援や充実した研修制度などのサポート体制が整っていることが多いのも特徴。仕事を探す際は、「未経験可」の応募条件に注目してみましょう。

1.接客・サービススタッフ

アパレルやコンビニ、家電量販店などの接客・サービススタッフは、未経験者でも応募可能な求人が多い職種です。接客や商品についてのマニュアルが用意されている場合が多く、経験や知識がない未経験者でも働きやすいといえます。アルバイトの求人数も多いので、まずはフリーターから始めたいという25歳のニートにもおすすめ。接客を通して、コミュニケーション能力や提案力など、ほかの職種でも活かせるスキルを身につけることも可能なので、将来転職する際にも役立つでしょう。

2.配送スタッフ

配送スタッフは、普通自動車運転免許を持っていれば未経験の25歳ニートでも採用されやすい職種といえます。運転する車の種類によっては中型や大型免許が必要なものの、入社後に取得をサポートしてくれる会社もあるようです。配送スタッフの主な業務は、宅配便の配達や集荷を行う軽貨物配送と、決まったエリア内で契約先を回るルート配送の2つに分けられます。どちらの業務も配送先や集荷先で顧客と接する機会があるため、マナーやコミュニケーション能力も習得できるでしょう。

3.工場作業員

工場作業員も経歴や資格が問われにくいため、未経験者が応募しやすい職種の一つです。仕事内容としては、製品の組立作業やピッキング、梱包作業など。ルーティン業務が多いため手順が覚えやすく、未経験者でも比較的簡単に仕事が習得できるというメリットがあります。また、工場内の作業では人と話す機会が少ないのが特徴。人と話すのに苦手意識があり、自分のペースで仕事をしたいという25歳のニートに向いている仕事です。

25歳ニートが就活を成功させるための5つのコツ

25歳ニートが就職するためには、若いうちに就活を始めることが大切です。自己分析や面接練習などの選考対策も徹底して行いましょう。以下では、ニートが就職成功するためのコツを解説していますので、就活する際の参考にしてみてください。

1.「若いから大丈夫」と安心せず行動に移してみる

「25歳はまだ若いから大丈夫」と就職を先延ばしにせず、早い段階で行動を起こしましょう。就活を先送りにしたまま30歳を過ぎると、いざ就職しようと思っても採用のハードルが上がってしまっている可能性があります。前述のとおり、ニート期間が長いほど企業側にマイナスイメージを抱かれやすいため、不安を感じた時点ですぐに就活を始めることが大切です。

2.自己分析をして向いている仕事を考える

やりたいことが特になく、自分に適した仕事が分からないという25歳のニートは、事前に自己分析を行うのがおすすめです。自己分析では、学生時代や部活の経験などを振り返って、自分の性格や得意なことを把握します。仕事に活かしたい自身の強みを明確にすることで、向いている仕事が探しやすくなるはずです。正社員になってすぐにニートに逆戻りしないためにも、自己分析をして向いている仕事を見極めましょう。

3.面接でよくある質問対策を行う

「ニートになった理由」と「ニート期間中の過ごし方」は面接でよく聞かれる質問なので、対策する必要があります。面接でスムーズに答えられるように、事前に答えを考え練習しておきましょう。

ニートになった理由を明らかにする

ニートになった理由を説明できるようにしておきましょう。「家族の介護が必要になり就業できなかった」「資格取得の勉強をしていた」などの具体的な理由があれば、面接官に納得してもらいやすくなります。ただ「なんとなく」ニートになった人も、理由を聞かれた際は正直に答えましょう。はっきりとした理由もなく25歳までニートを続けたことを反省し、現在は就業意欲があるという前向きなアピールにつなげると効果的です。ニートになった理由の説明方法について「ニートになった理由は?空白期間を上手く説明して就活を成功させよう」で解説していますので、参考にしてください。

ニート期間中の過ごし方を整理する

「25歳までのニート期間中の過ごし方」も面接で聞かれる可能性が高い質問なので、具体的に述べられるよう事前に整理しておきましょう。「短期のアルバイトをして自分がやりたいことを探していた」のように、ニート期間中の目標と自分なりに努力したことを述べます。ニート期間の具体的な説明は、空白期間に対する面接官の不安を払拭するのに必要です。

正直に説明することが大切
ニートになった理由や25歳までのニート期間に何をしていたのか選考で聞かれた場合、正直に答えましょう。選考で不利になるのを恐れて嘘をつくと、ほかの回答とのつじつまが合わずに信頼を失う場合もあります。

4.基本的なビジネスマナーを学んでおく

社会人経験がない25歳のニートも、選考の際には基本的なビジネスマナーが身についているかをチェックされます。基本的なマナーが身についていないと、入社後に教育する手間がかかるのではと採用担当者に危惧されてしまう可能性も。メールでの丁寧な言葉づかいや正しい履歴書の書き方、面接での振る舞いなど、基本的なマナーは選考が始まる前に習得しておきましょう。

5.ニート向けの就職支援サービスを活用してみる

一人での就職活動が不安な25歳のニートは、就職支援サービスを利用してみるのがおすすめです。以下では「ハローワーク」「ジョブカフェ」「就職エージェント」の3つのサービスを解説していますので、参考にしてみてください。

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が全国に設置する公共の就職支援機関です。求人紹介だけでなく、就職相談や面接指導などのサービスを無料で受けられます。就職する意思がある人なら誰でも利用できるので、25歳のニートも利用可能です。ハローワークではスキルを身につけるための職業訓練も実施。気になる人は内容や対象者を調べて利用を検討してみてください。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が主体となって若者の就職支援を行うための施設です。現在46都道府県に設置されており、カウンセリングや職業体験、就職セミナーなどのサービスを受けられます。主に20代を対象としており、職歴がない人に向けたセミナーや実習も行っているので、25歳のニートにおすすめです。ハローワークを併設している場合もあるので、まずは最寄りのジョブカフェについて調べてみましょう。

就職エージェント

就職エージェントは、民間の企業が運営する就職支援サービスです。サービス内容は、担当者によるカウンセリングや求人紹介、応募書類の添削や面接対策など。「25歳で職歴なしでも正社員になれる?」といった相談もしやすいといえます。また、企業への応募や面接日程の調整などをすべて代行してくれるのも特徴の一つです。ただし、就職エージェントによって対象者や扱っている求人の内容は異なるため、ニートの場合は若年層や未経験者向けのサービスを選ぶ必要があります。

ニートは求人サイトを使うべき?
自分のペースで仕事を探したい人は、手軽にアクセスできる求人サイトも活用してみましょう。ただし、求人サイトを利用する場合、就活のスケジュール管理や企業とのやり取りはすべて一人で行う必要があります。多くの求人の中から、自分に合った仕事を見つけるのが難しいこともあるでしょう。ニートの就活では、プロのサポートを受けられる就職支援サービスを利用したほうが成功率はアップするはずです。
求人サイトや就職支援サービスについては「25歳の仕事探しのコツ!求人の選び方と就職成功のポイントを解説」でも解説しています。25歳ニートから正社員を目指す際の参考にしてみてください。

25歳でニートから正社員を目指したいと思っている方は、ハタラクティブにぜひご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、第二新卒などの若年層に特化している就職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングにもとづいた求人をご紹介するので、「自分に合った仕事が分からない」という方も安心してご利用いただけます。また、応募書類の添削や面接練習など一人ひとりに合わせたサポート体制も充実。就活に関する不安や疑問を解消し、自信をもって選考に臨めます。ニートから正社員を目指したい方は、ぜひハタラクティブにお問い合わせください。

関連タグ

  • arrow